dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

想像力と表現力、躍動感と気迫を絵画に込めた世界的な浮世絵画家

葛飾北斎

Hokusai

a0113718_13474836.jpg

 今年は、世界的な画家として評価の高い葛飾北斎は、1760年に本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)で生まれ、90年の生涯のほとんどを墨田区内で活躍したことから、東京都墨田区では、「郷土の偉大な芸術家である北斎」を田墨田区民の誇りとして永く顕彰意味で「すみだ北斎美術館」を開設しました。更に今年秋は、あべのハルカス美術館で「北斎―富士を超えて―」、東京西洋美術館で「北斎とジャポニスム」、東京の太田記念美術館で「葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」と葛飾北斎に関する企画が目白押しです。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-11-17 19:39 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(0)

イタリアの最も美しい村・"天空の城"・絶滅のおそれがある"死にゆく街"

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

Civita di Bagnoregio


a0113718_13363572.jpg

 イタリアの最も美しい村の中の一つと認められたチヴィタ・ディ・バーニョレージョは、ローマやフィレンツェから2時間の距離にあります。崩れかけた火山岩が危険なまで切り立った山頂の最も高いところにこの町は位置しており、雲があるときは雲の上にのっているかのように見え、遠くから眺めるとこの世のものとも思えない絶景です。 火山の噴火による堆積物には、エトルリア人のつくった洞窟、古代の遺跡、中世の住宅、ルネサンス風の田舎風の邸宅といった無数の建物が入り交じって経っており、2500年間にわたる建築の興亡を見ることができます。台地辺縁部の崩落によってその上の建物が崩れる危機に常にさらされており、「死にゆく町」とも言われています。



More 全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-11-12 16:19 | イタリア | Trackback | Comments(0)

気品と現代的感覚を備えたウエイン・イーグリングの振付と小野絢子さんの魅力

バレエ『くるみ割り人形

TchaikovskyThe Nutcracker


a0113718_11335737.jpg
  

 かつては、英国ロイヤル・バレエのプリンシパル・ダンサーとして活躍し、ダンサーとしての現役を引退後は、オランダ国立バレエの芸術監督として『Ruins of Time』『魔笛』『春の祭典』を新制作し、ロンドンのイングリッシュ・ナショナル・バレエの芸術監督として『レゾリューション』(『Men Y Men』『くるみ割り人形』『遊戯』の新振付を行ない、気品と現代的感覚を兼ね備えた振付を評価されたウエイン・イーグリングが、新国立劇場バレエ団の『くるみ割り人形』を新しい振付で新制作しました。物語が‘少女クララの夢’ として構成されており、理解しやすいストーリーの展開の舞台を楽しんできました。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-11-06 15:50 | バレエ・演劇 | Trackback | Comments(15)

後期ルネサンスの巨匠パッラーディオが建設した美しい理想都市

ヴィチェンツァ

Vicenza


a0113718_15590193.jpg


 ヴィチェンツァは、イタリア共和国ヴェネト州にある人口約11万人の都市(コムーネ)でです。ヴィチェンツァは、ルネサンス期の優れた建築家アンドレーア・パッラーディオが手がけた美しい町並みで知られ、「パッラーディオの街」と称されています。その市街は、ユネスコの世界遺産「ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ」の一部として登録されていますが、1996年には拡張され、16世紀に活躍した建築家アンドレーア・パッラーディオの設計したパラッツォおよびヴィッラを対象とする建築物が追加されました。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-11-04 06:38 | イタリア | Trackback | Comments(3)

ルネサンスの幕開けを告げるジョットのスクロヴェーニ礼拝堂の町

パドヴァ

Padova

a0113718_04201816.jpg

パドヴァ市立博物館


 イタリア北部のパドヴァは、紀元前 12 世紀にトロイ人が建造したという話が本当だとすれば、この一帯で最も古い都市ということになります。1222 年創立でヨーロッパ最古級として有名なパドヴァ大学や、聖アントニオの永眠の場所である 13 世紀のサンタントーニオ聖堂、ジョットが 14 世紀に描いた有名なフレスコ画があるスクロヴェーニ礼拝堂などがあります。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-11-01 05:01 | イタリア | Trackback | Comments(7)

『ニーベルングの指環』第3日 ワーグナー究極の楽劇 オペラと楽劇の違い

ワーグナー『神々の黄昏』

Richard Wagner' “Twilight of the Gods


a0113718_18275153.jpg



新国立劇場では、飯守泰次郎芸術監督の下、201510月から、ワーグナーの『ニーベルングの指環(リング)』をドイツで活躍したゲッツ・フリードリヒ演出フィンランド国立歌劇場の舞台をベースに飯守泰次郎が自ら指揮して上演してきました。その第4弾となる楽劇「『神々の黄昏』の公演は、2015年から3シーズンにわたり新制作上演してきた『ニーベルングの指環』の完結であります。 日本のワーグナー指揮の第一人者・飯守泰次郎さんの新国立劇場芸術監督としての最後のワーグナーの舞台という意気込みが感じられ、白熱のワーグナーの楽劇の醍醐味を体感できました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-15 15:42 | オペラ | Trackback | Comments(16)

優れた文学を生んだ抽象的で幻想的な都市・ペテルブルグとその歴史

サンクトペテルブルグの宮殿と寺院
Palaces and Temples of St. Petersburg

a0113718_13453637.jpg



 世界最大級の美術館エルミタージュ美術館、世界で最も美しい宮殿といわれるエカテリーナ宮殿、そして、世界で最も美しい王宮の庭園といわれるピョートル大帝なの宮殿を一度見ておきたいと思い、ロシア・サンクトペテルブルグの旅に出かけました。サンクトペテルブルグでは、他にも魅力的な宮殿や寺院を見つけましたので写真で紹介します。 それらはもちろん美しく見事なものでしたが、それに加えて心に焼きついたのは、まばゆいばかりの王宮とは対照的なサンクトペテルブルグの重たい雰囲気、言い換えれば影の部分でした。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-11 14:50 | ロシア | Trackback(2) | Comments(23)

偉大な天才を生み、ヒットラー、スータリンを育てた街・ウィーン

ウィーン

Vienna


a0113718_16450723.jpg


 ウィーンの街を象徴する「リング」は、世界でも類のないもので、世界で最も美しい大通りに国を代表する重要な歴史的建築分が集中しています。「リング」の大規模な建設事業は。巨大な社会変革の始まりであり、新興の市民階級が政治経済への進出し、社会的にも確固たる地位を築き、建築や美術の分野でも飛躍的な発展をもたらしました。この150年の歴史における歳月は、明暗も含めた多彩な側面での変貌がありました。ウィーンという街の特殊性は、ハプスブルグ帝国の都という運命の影響も大きいと思います。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-06 17:35 | オーストリア | Trackback | Comments(4)

リング通りに沿って建つ歴史の変化を秘めた最も美しい建造物

ウィーン   Ⅰ
Vienna


a0113718_17011979.jpg


 ウィーンは質の高い生活で知られ、2005年の世界の127都市の調査では、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが、世界で最も住みやすい都市の都市をトップにランク付けされていると聞いていました。初めて私がウィーンの街に入った時、まずトラムに乗ってウィーンの象徴・リングシュトラーセを一巡してみました。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-10-04 17:29 | オーストリア | Trackback | Comments(0)

機能主義的建築の父・オットー・ワーグナーの建造物を巡る

ウィーン   Ⅱ

Vienna


a0113718_16025249.jpg



 ウィーンの歴史的中心部には、リング通りに沿ってオーストリアで最も美しく重要な歴史的建造物が並んでいます。歴史的様々な建築様式が見られるとともにファザードの背後には様々な都市の歴史の変化が秘められています。バロック様式の城や庭園、壮大な建物、モニュメント、公園が並んでいます。ウィーンではヨーロッパ史における全ての建築スタイルを見ることができます。ゴシックのシュテファン寺院やバロックのシェーンブルン宮殿には、全世界から多くの旅行者が訪れます。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-10-03 08:10 | オーストリア | Trackback | Comments(0)

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite