dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

北のヴェネツィアといわれるロマノフ王朝の都

サンクト・ペテルブルグ Ⅰ

a0113718_848318.jpg


 ロマノフ王朝時代の約200年にわたる帝政ロシアの都、サンクトペテルブルグは、皇帝や貴族の豪華な宮殿が、張り巡らされた運河を介して立ち並び、ヨーロッパでも最も美しい町と言われています。




a0113718_8524896.jpg

 ピョートル大帝が1700年頃バルト海に開かれた港として、沼沢地に築いたため、80以上の運河と300以上の橋があり、運河が交通手段として使われており水の都でもあり、「北のヴェネツィア」と呼ぶ人もいます。しかし、ヴェネツィアがルネサンス様式の建物が水面から立ち並び、昨年ヴェネツアを訪れた私には、ペテルブルグがとてもヴェネツアに似ているとは思えません。

a0113718_15112433.jpg


a0113718_8543734.jpg

 ピョートル大帝は、当時隆盛を極めた先進国・オランダのアムステルダムのような町をロシアに築こうとしたという説もありますが、小さな建物が立ち並ぶアムステルダムと、決して似ているとは思えません。フランス風の建物が多いことから「ロシアのパリ」と書いている人もいますが、パリのような町全体が華やかさに溢れるような雰囲気でもありません。ペテルブルグに始めてきてここは、フランス、イタリア、オランダのどこにもない町、ペテルブルグに来たのだという印象を持ちました。

a0113718_8554485.jpg

 ペテルブルグについて、ドストエフスキーは、「罪と罰」の中で、「ペテルブルグ地獄」「神は高く、皇帝は遠い街」と表現しています。あるロシアの詩人は、ペテルブルグを、シンガポールやドバイのような、17世紀に造られた人工都市と表現しています。実際にペテルブルグを訪れてみて、どの表現も納得でき、多面性が共存する街であることを知りました。ペテルブルグには光と影の部分がはっきりと共存しているのです。

a0113718_910396.jpg
 定番の観光コースとして、エルミタージュ美術館とイサク聖堂を廻りました。その後、フォンタンカ川とエヴァ川の運河クルーズの船に乗りました。船はまずネヴァ川、白鳥運河など水路に囲まれた緑の木々が生い茂る夏の庭園にさしかかりました。この庭園内にサンクトペテルブルグに現存する最古の石造りの建物であるピョートル大帝の時代の宮殿があるそうです。

a0113718_9111220.jpg

 船は、エルミタージュ美術館とエルミタージュ劇場の間を抜けてエブァ川に出ました。エブァ川の川幅は300mほどありまるで海のようで、ペテロパブロスク要塞、エルミタージュ美術館が一望できました。

a0113718_912222.jpg

 トロイツキー橋を潜り、ペテルブルグの新市街を望んだ後、フォンタンカ川に入り、ペテルブルグの街並みの風景を水辺から楽しみました。運河クルーズの船から見ると、ペテルブルグは美しい水の都であることが実感できました。

a0113718_153925.jpg


a0113718_158467.jpg


a0113718_1582459.jpg


a0113718_153384.jpg


a0113718_1545893.jpg


a0113718_1562354.jpg


a0113718_1571060.jpg


a0113718_1591748.jpg


a0113718_1573146.jpg


a0113718_11381645.jpg


a0113718_1585534.jpg


a0113718_1542432.jpg


 芸術により洗練されたこペテルブルグは、何日かけても廻りきれないほど多くの歴史的な建造物が建ち並び、町自体が巨大な舞台装置のようにさえ感じられます。この町はゴーゴリ、ドストエフスキー、トルストイの小説の舞台となり、チャイコフスキーのバレエなどロシアが世界に誇る芸術のほとんどがこの町でうまれたものとさえいえますが、その理由が、運河クルーズの船に乗ってこの町を巡っていると分かるような気がしました。

a0113718_1511151.jpg


a0113718_15121872.jpg










 


















にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方はここをクリックお願いします。
[PR]
by desire_san | 2011-08-23 22:57 | ロシア | Trackback(3) | Comments(45)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/13091672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-01 20:48
タイトル : 優れた文学や芸術を生んだ抽象的で幻想的な都市
ロシアの歴史、文学とペテルブルグ  世界最大級の美術館エルミタージュ美術館、世界で最も美しい宮殿といわれるエカテリーナ宮殿、そして、世界で最も美しい王宮の庭園といわれるピョートル大帝なの宮殿を一度見ておきたいと思い、ロシア・サンクトペテルブルグの旅に出かけました。それらはもちろん壮大で見事なものでしたが、それて以上に心に焼きついたのは、まばゆいばかりの王宮とは対照的なサンクトペテルブルグの重たい雰囲気、言い換えれば影の部分でした。  バスの車窓から、観光名所ではない人々が暮らす...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-08 15:58
タイトル : 多様な建築様式が混在する幻想的の人工都市
サンクト・ペテルブルグ Ⅱ サンクトペテルブルグ最終日、ホテルからタクシーでエカテリーナⅡ世の銅像のあるオフトロフスキー広場に向いました。  この周辺には、宮殿広場を介してエルミタージュ美術館に向き合って建つ壮大な旧参謀本部の建物を設計した、カルル・ロッシのクラシック様式の調和の取れた建物を数多く見ることができました。黄白色の落ち着いた建物がオフトロフスキー広場の庭園の緑と調和して、ロッシが目指した建築美を展示したテーマパークのようです。  建築家ロッシ通りを後にして、ネ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-14 22:42
タイトル : 帝政ロシアのシンボルとして築かれた世界最大級の豪華な大聖堂
イサク聖堂 ネフスキー大通りからネヴァ川に向って進み、アレクサンドルの庭を左に進むと、バチカン宮殿などと並んで世界最大級の教会建築といわれるイサク聖堂があります。  イサク聖堂は、ピョートル大帝が、フランスの建築家、オーギャスト・モンフランに設計させ、40年の歳月を費やして立てた高さ、奥行きとも100m以上の巨大な建物です。サンクトペテルブルグ軟弱な地盤に2万5千本のくいを打ち込み、そこに花崗岩や石灰岩を敷き詰めて土台作りをしたそうです。  イサク聖堂はロシア正教の様式と西欧のク...... more
Commented by kawazukiyoshi at 2011-07-17 17:29
早速、やってまいりましたよ。
懐かしい。
私はレニングラードしか知りません。
ふふふ
もう変わっているところがいっぱいかも。
あのエルミタージュ、夏の宮殿、冬の宮殿。
若かりし時を思い出してしまいました。
本当に有難う。
嬉しかった。
今日もスマイル
Commented by はるこ at 2011-07-17 19:48 x
こんにちは !
さきほどはコメントをいただきありがとうございました。
さっそく伺いに飛んできました。
見たこともないようなすばらしい写真の数々と歴史や文化の説明、、、
すっかり観光気分です!
美しいところですね、、サンクトペテルブルグ。
建物の色合いがロシア独特ですね、、、
私はロシアは通りすがっただけなので(それもモスクワのみ)
よく知りません、、、
(プーティンさんがセクシーだなぁ....って思うくらいで...笑)
でも私にコンピューターを教えてくれたのは
ロシア人の坊やなんですよ。
ピアニストのイワンくん。
ペータースブルグ出身の子です。
もうロシアに帰国しましたけど、、
もう一度ゆっくりブログを拝見させていただきますね、、


Commented by shizushizu131 at 2011-07-17 20:14
素敵ですね。
建築物もさることながら、お天気が良く映えますね。
「北のヴェネツィア」ですね。河川と街並みが一体となり、歴史の歩みを感じます。ため息が出そうなくらい、美しい都市ですね。
また、写真が素晴らしいですね。リアルで色彩がとても美しいと思います。建物のパステル調の色合いが光に映えてうっとりします。
Commented by stormwarning at 2011-07-17 20:15
ロシアといえば「イワン・デニーソビッチの一日」の強制収容所とチャイコフスキー、曇った空、というイメージでしたが、こんな青空と綺麗な色の建物もあるのですね。澄んだ空気が気持ちよさそうです。
Commented by dankkochiku at 2011-07-17 20:17
サンクトペテルブルグは訪れたことはありませんが、上空から見た整然とした街の様子には感動しました。 旧ソ連時代は、レニングラードと改名しましたが、当時の市民たちは共産主義体制をどう思っていたのでしょうか。
Commented by kzofigo at 2011-07-17 21:38
こんばんは。コメントありがとうございます。
旧ソ連、旧レニングラードですね。僕はあの時代の町のほうが好きです。なぜなら、ムラビンスキー指揮、レニングラード・フィルによるショスタコーヴィチの交響曲第5番が似合うからです。写真、どれも美しいのですが、絵はがき的ですね。マット・デイモン主演の映画「ジェイソン・ボーン」シリーズのように町のなかに入り込んだ写真、人の息づかいが聞こえてきそうな写真も見てみたいです。そうしたらショスタコーヴィチの5番も似合うでしょう。これは好みの問題なのでお気になさらぬよう。キエフも見てみたいですね。
ではまた。

Commented by roseblush at 2011-07-17 22:30 x
楽しく読みました。 クリックさせてもらいました。
私も 2年後娘の卒業式にはロシアから 招待状が届くので
そのとき ペルミから 他の街もまわる予定です。今は 映画や本などで ロシアの文学 歴史物などを 楽しんでいます。
Commented by desire_san at 2011-07-18 11:50
皆様、色々コメントをいただき、ありがとうございます。

サンクト・ペテルブルグは、ロマノフ王朝時代からロシアらしくない、西欧的な町でした。kawazukiyoshiさん、dankkochikuさんが旧ソ連のレニングラード時代のお話をされていましたが、この町には、少なくても旧市街には、共産主義体制時代の面影は全く感じられませんでした。市民たちの意識までは分かりませんが、色々な文化が雑居していて、光と影が同居する多面性のある町と言う印象を持ちました。

Commented by kawazukiyoshi at 2011-07-18 13:24
あー、そうだ、
まだ、サトコというレストランは残っていますか。
昔はそこで音楽を聞きながら皆で食事したのです。もう、昔の話です。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by Haruna_Takahash at 2011-07-18 15:11 x
こんにちは。サンクト・ペテルブルグの写真を楽しく見せていただきました。北のベニスとよばれるようですが、ベニスは海面から直接建物が建っているのが大変魅力的で、ベニスとは全く違う風景ですね。アムステルダムにも何度も行きましたが、アムステルダムは小さな縦長の建物が軒を連ねていて、アムステルダムとは全く違いますね。やはり、世界のどこにもない、独特ま町のようですね。

美しい街のようなので、一度行って見たいと思います。ブログの今後の連載と写真を楽しみにしています。


Commented by 平石悟 at 2011-07-18 16:21 x
デュッセルドルフ駐在員をしているとき、何度かペテルブルグに仕事で行きました。始めに行ったころは旧ソ連の時代で、レニングラードと呼ばれたころで、町全体が暗くくすんだような状態で、あまり美しいむという印象はありませんでした。

ソ連崩壊の混乱期にも行きましたが、人々も荒れているようで何か恐ろしいような雰囲気です。ペテロブルグ出身のプーチン大統領の時代になって、ペテロブルグもずいぶんきれいになったと聞いていましたが、写真を拝見拝見して、こんな美しい町になったのか驚きました。もっとも写真の技術で、美しいところだけをきれいに撮られているのかも知れませんね (笑)
Commented by ゆりこ at 2011-07-18 18:12 x
サンクト・ペテルブルグのことは初めて知りました。美しい街ですね。旧ソ連時代のレニングランラードの引用しかもっていませんでしたので、眼が覚めたような重いです。これからもすてきなサンクト・ペテルブルグの写真を期待しています。
Commented by Wamploo at 2011-07-18 23:18
こんにちわ
ロシアとは思えない美しさ?!
川と街が共存してますね。

そのむかしソビエト時代にトランジットでマイナス35℃のモスクワ空港の機中にいたことはあるのですが、まだ遠い国です。
 それだけにこの景色にはビックリしました。
また訪問いたします。
Commented by Ruiese at 2011-07-19 07:13 x
おはようございます。

ロシアというと暗いイメージがあり、ドストエフスキーの小説でもペテルブルグは悪臭の漂う地獄のような場所のように表現しているので、あまりきょうみを持っていませんでした。

ペテルブルグの写真を始めてみせいいだき。こんな美しい町なのだと初めて知りました。私もことつ賢くなったようです。 (笑)

サンクト・ペテルブルグ ”Ⅰ”とあるので、まだ続きがあるのですね。月のペテルブルグのレポートを楽しみにしています。

Commented by Non_chan at 2011-07-19 08:17 x
美しい写真をありがとうございました。友人から、サンクトペテルブルクを訪れた方からお話聞いていましたが、写真を拝見し、と旅行気分になれました。

まずヴェニスをいつかゆっくり旅をしてみたいみたいですが、サンクトペテルブルクも行ってみたくなりました。



今日はちょっと旅行気分になれました。
素敵な写真の紹介ありがとうございました。
Commented by antowanet_033 at 2011-07-19 08:24 x
サンクト・ペテルブルグは美しいまちですね。一度は是非訪れたい場所だと思いました。

ただ、ロシアというと個人旅行で行くのは難しそうですね。西欧の国と比べると、スリが多いいという話も聞きますし、集団の強盗にあったという話も聞きます。モスクワでは地下鉄の爆破私見もありましたね。
かなり怖いような印象があります。

行くなら、しっかりしたツアーで行った方が無難のような気がします。

Commented by カレンの母 at 2011-07-19 08:25 x
なんともきれいな街なのですね。
重厚な建物ばかりで圧倒されます。

こういう街でチャイコフスキーなど、聴くことができたらどんなに幸せなことでしょう!!

Commented by 慶子_Kinoshita at 2011-07-19 13:26 x
こんにちは

サンクト・ペテルブルグには、ある種の憧れがあったので。ペテルブルグのシリーズ?は嬉しい企画ですね。エルミタージュ美術館は是非一度行って見たい場所です。いずれ、詳しく紹介して下さるのでしょうね。私はバレエが好きなので、マリンスキー劇場も是非行ってみたいと思っています。マリンスキー劇場は行かれましたか?

何回かに分けてサンクト・ペテルブルグを紹介していだけるとのこと、今後も楽しみにしています。

Commented by Satoshi at 2011-07-19 15:25 x
ペテルブルグは、ロシア革命のとき、この革命のうねりがここで爆発した町ですね。革命以降、首都はモスクワに移され、高い精神的誇りと独立の気風のあるこの町を嫌い、粛清の商的となったと聴いています。

ペテルブルグ出身のプーチン大統領がでたこともあり、このようなむ美しい町に復活したことは、大変嬉しいことだと思います。

Commented by Masayuki_Mori at 2011-07-19 16:31 x
こんばんは。

サンクト・ペテルブルグは昔レニングラードと呼ばれていた町ですね。
どの写真もきれいですね。美しい町なのですね。

ムラビンヤカキー/レニーグラートフィルのチャイコフスキーの演奏は最高でしたね。レニーグラートフィルは今はどうなったのでしょうか。現在世界的に活躍している、ゲルギエフ/マリンスキー劇場管弦楽団と関係あるのでしょうか。

エルミタージュ美術館も行って見たいですね。是非、ブログでエルミタージュ美術館の紹介もお願いします。

Commented by Nukaya at 2011-07-19 17:21 x
こんばんは。

サンクト・ペテルブルグは夏の白夜の季節と冬の寒い季節の2回行きました。冬はエヴァ川の一部が凍り、川からふいてくる風は熱い毛皮のコートも突き抜けるほど寒く、気分が憂鬱になりますが、音楽祭でオールやバレエ劇場などはハイシーズンとなり、町の中心部は輝き出します。日照時間が短く、空は雲って薄暗いのですが、町のの輝きとのコントラストが極めて幻想的な雰囲気になります。

ヴェネチィアも冬のカーニバルのときに行きました。サンクト・ペテルブルグもヴェネチィアも冬は非常にすてきな体験ができると思います。但し、サンクト・ペテルブルグの冬は相当寒いので、お勧めするのは、少しためらいますが。

Commented by WANKO at 2011-07-19 17:39 x
私も1年前に行きました。サンクトペテルブルグは歴史的建造物が多く、観光は大変満足しました。しかし、ロシアのエアロフロートで行ったのですがは、飛行機が古く、機体が汚れていて、乗っていて落ちるのではないかと心配で少し怖かったです。

ツアーで安いホテルだつたのか、食事などのサービスの手際が悪く、朝食の時間が遅れたり、あまりよい印象がありませんでした。

私は写真を撮っていなかったので、写真を拝見して、改めてこんな美しい場所だったのかと思いました。


Commented by yamanteg at 2011-07-19 18:58
たしかにヴェネツィアの風情を感じますね。

帝政王朝の古都は富の集中で豪華な宮殿が残っている。
当時の一般ピープルの生活は悲惨だったかも知れないけど、旅行者にとっては目をみはるものがあります。

一度訪れたい所です。
Commented by QSS_0867 at 2011-07-19 19:34 x
こんにちは。

サンクト・ペテルブルグきれいな写真をたくさん拝見しました。

サンクト・ペテルブルグを建国したビョートル大帝は、妻と別れ。農民のリトワニア人と結婚してエカテリーナとなりました。ロシアのシンデレラ物語として有名です。たビョートル大帝はわがままな人で、家柄のよい前の妻より、苦労していてわがままな男の扱いが上手なエカテリーナを愛したようです。

別れた妻は修道院に入れられてしまいました。わがままなビョートル大帝の犠牲になり、可愛そうなはなしですが、ロマノフ王朝では、陰謀による暗殺や毒殺が日常茶飯事で、在位後、数念で殺された皇帝はたくさんの数に及ぶようです。

Commented by UCCR_51 at 2011-07-19 21:30 x
初めて訪問させて頂きました。ブログの内容が充実していて凄いですね。
私は海外旅行に変わる仕事をしています。音楽や絵画もすきなので、このブログを大変楽しませて頂きました。
これからも、新しい記事や写真を載せられるのをを楽しみにしています。

Commented by 智子 at 2011-07-20 00:13 x
こんばんは。

何年か前にツアーでモスクワ、キジ島、サンクト・ペテルブルに行きました。ツアーだつたので、美術館も駆け足で、ペテロ・パウロ寺院も行けませんでした。

dezire さんのブログは、旅行のアルバムのようで、ロシアの旅を思い出させてくれます。私たちは、名所は一通り見ることができたようで、初めてだったので、いい思いででした。写真を拝見して、思い出がよみがえってきました。

Commented by ルゥ兄さん at 2011-07-20 01:56 x
ブログ拝見させていただきました。
モスクワは雑然とした人工都市と言う感じですが、やはりサンクトは整然としていて、良さそうですね。
実は行った事が無いので、機会があれば是非行きたいと思っております・・・
またブログを覗かせて頂きますので、よろしくお願いします。
Commented by hoshimaru1295 at 2011-07-20 07:31
こんにちは。コメントありがとうございました。早速拝見させていただきました。ロシアにはまだ行ったことはなかったのですが、素晴らしいですね。こう言う画像を観ると、やはりロシアはヨーロッパと言う感じがしました。また、寄らせていただきます。
Commented by Aira at 2011-07-20 10:40 x
こんにちは。

サンクト・ペテルブルグの写真は始めて見ました。たしかに世界のどこの町とも違った感じの町ですね。

まだ、これからいろいろ写真を見せてくれるようで、期待しています。

Commented by tkomakusa1t at 2011-07-20 14:45
ペテルブルグ良いですね。
なぜか窓が印象に残ります。
水の都一度行ってみたいです。
Commented at 2011-07-20 14:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neko_4586 at 2011-07-20 16:13 x
サンクト・ペテルブルグの写真、どれもすてきに撮れていますね。エルミタージュもイサク聖堂も、要塞も見事な構図で撮れていますが、特に上から2番目と3番目の写真がすてきですね。

私はサンクト・ペテルブルグに何度か行ったことがありますが、売っているガイドブックや絵葉書の写真よりきれいなので、楽しく見せて頂きました。

ありがとうございました。
Commented by ディック at 2011-07-20 20:50 x
要するにレニングラードですね、というようじゃ古いですかね。きれいな町なんですね。ソ連の頃にはたいへんだったのでしょうけれど、いまは簡単に旅行ができるのですね。
どれが何の建物かもよくわかりませんが、ぼやっと眺めているだけども美しい。こういう環境で生活するのってどんな気分だろうか、と思います。
Commented by vetroluna at 2011-07-21 15:17 x
先日は、私のブログへ訪問頂きありがとうございます!

サンクトペテルブルグは、プーチンさんご自慢の通り美しい街ですよね。
美しい写真ですね、desireさんはベストシーズンに行かれたようで羨ましいです。
今後の写真も楽しみにしています :D
Commented by bernardbuffet at 2011-07-21 23:01
サンクト・ペテルブルグに行かれたのですね!
言われるとおり、ヴェネツィアにはあまり似ていませんね。こちらはすべてが一回りも二回りも大きそうです。
Commented by youpv at 2011-07-22 06:24
おはようございます~。
ブログへのコメント、ありがとうございます。
お返事が遅れてしまいました。

ずっと関西に住んで写真を関西圏で撮っていますので
海外には行った事がないのですが、お写真を拝見していると
あたかも自分が行ったような気分になれますね(^^)
こういった風景を直接、肌で感じてみたいです(^^)
Commented by liliy-717s at 2011-07-22 18:59 x
ロシアの建築物は、なんだか大きな壁のようですね☆
こんなに明るい外壁の色をしているとは思いませんでした
ロシアの教会はとても可愛らしいフォルムで好きです
お写真があれば載せて下さいね〜♪
Commented by knarumi15 at 2011-07-22 20:27
暑中お見舞い申し上げます
ブログにコメントいただき有難うございます
早速伺わせていただきました
見たこともないようなすばらしい写真の数々すっかり観光気分です
観光気分 旅行した気持ちでこのブログを大変楽しませて頂いています
素晴らしいところへ案内していただき有難うございます
Commented by NAO310 at 2011-07-23 00:11 x
ソビエトというと趣味で買ったライカをコピーしたカメラしか縁が無いです。
あれらはこんなに美しい街を写す為に作られたのだな~と感心しました。
古い都のようですが、高層ビル等が景観に無いままに維持されている事が素晴らしいと思いました
Commented by Mae at 2011-07-26 10:48 x
初めまして サンクト・ベテルブルクの写真を見せて頂きました素晴らしい所ですね 又綺麗に撮れています。行った気分にさせていただきました ありがとうございます。

Commented at 2011-07-28 16:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アルチーナ at 2011-07-29 13:30 x
写真、キレイですね!
サンクトペテルブルクは行ったことが無いのですが、確かに運河を見ると、ヴェネツィアっぽい雰囲気もありますが、スケール感が違いますし、サンクトペテルブルクの方が、天気のせいもあるのか、明るい印象がありますね!
ロシアも行ってみたいところの一つです。
まだまだ行ったことの無いところが沢山あるのですが・・
これからも素敵な写真と記事、楽しみにしております。
Commented by 森 裕 at 2011-08-29 17:40 x
こんにちは。さっそく訪問させていただきました。私は、運河クルーズでの観光が時間的に難しく断念しました。もし、また、サンクトペテルブルグを訪れる機会がありましたら是非乗船したいですね。ところで、サンクトペテルブルグについてなのですが、私がお世話になりました現地人の日本語ガイドさんによると、ピョートル大帝はドイツに強い憧れを持ってサンクトペテルブルグの街を築いたと話していました。サンクトペテルブルグの発音もドイツ語の発音になっているそうなのです。是非、お調べになられてください。
Commented by desire_san at 2011-08-30 12:14
皆様、いろいろ貴重な感想、ご意見をコメントいただき、ありがとうございます。

森裕さん、サンクトペテルブルグの呼び方はご指摘のようにドイツ語だと思います。
現地のロシア語では、Санкт-Петербург, サンクトピチルブールクと発音するそうです。
ちなみに英語では、Saint Petersburg、セントピーターズバーグと発音するようです。
なぜか、日本では、現地語でも英語でもなく、ドイツ語の発音を採用していますが、コメントいただいたようにこの街を築いたピョートル大帝の意思を反映しているのでしょう。

フィレンツェも英語ではフローレンスで、まるで別の場所のようですね。

Commented by ソメ at 2012-01-01 12:51 x
素敵な大きな街ですね。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite