dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

多様な建築様式が混在する幻想的の人工都市

サンクト・ペテルブルグ Ⅱ

a0113718_9134519.jpg


サンクトペテルブルグ最終日、ホテルからタクシーでエカテリーナⅡ世の銅像のあるオフトロフスキー広場に向いました。




a0113718_9152864.jpg

 この周辺には、宮殿広場を介してエルミタージュ美術館に向き合って建つ壮大な旧参謀本部の建物を設計した、カルル・ロッシのクラシック様式の調和の取れた建物を数多く見ることができました。黄白色の落ち着いた建物がオフトロフスキー広場の庭園の緑と調和して、ロッシが目指した建築美を展示したテーマパークのようです。

a0113718_9161847.jpg

 建築家ロッシ通りを後にして、ネフスキー大通りに出ました。ネフスキー大通りは、パリのシヤンデリゼ通りに相当するペテルブルグ最大の目抜き通りです。サンクトペテルブルグの記念碑的な建物は、エルミタージュ美術館、ペテロパブロスク要塞やペテロ・パウロ寺院などに代表されるバロック様式の建物とカルル・ロッシの設計によるクラシック様式の建物があります。

a0113718_9171374.jpg
 バロック様式とクラシック様式が共存する理由は、ピョートル大帝がこの町を1712年都と定めたとき、新都の建設を推進したのが、イタリア系スイス人のバロック様式の建築家、ドミニコ・レッツイーニで、それ以降バロック様式の建物が数多く建築されましたが、1762年即位してサンクトペテルブルグをヨーロッパ隋一の文化都市に育てた女帝、エカテリーナ2世は、壮麗なバロック様式よりクラシック様式を好んだからと言われています。

a0113718_920448.jpg しかし、19世紀中頃になると、ロシアにも資本主義的工業生産の波が押し寄せ、ロシア社会も複雑化、多様化しました。建築物もゴシック様式、バロック様式、ロシアの伝統的様式、異国趣味などが混在した折衷様式の建物が建てられていきました。ネフスキー大通りの商業的な大きな建物は、折衷様式の建物が多くみられました。食料品店衣料品店なども古典主義様式の建物から折衷様式の建物など様々な建物の中にありました。



a0113718_9274465.jpg

 ネフスキー大通りを少し歩き始めて、小さなクリボエードフ運河を渡ると古代ローマを思わせる円柱の回廊をもつカザン聖堂にでました。ここは、イワン雷帝がカザン汗国を攻略したとき、守り神となったカザン聖母像を祭るために、ロシア人の設計でロシアの健材を用いて建造されたそうです。

a0113718_924522.jpg

 更にネフスキー大通りを進み最後のモイカ川を渡ると、王宮のように豪華なバロック様のストロガノフ宮殿が見られました。ここは帝政ロシア時代の代表的な富豪の邸宅だったそうです。

a0113718_9263067.jpg

 ネフスキー大通りを抜けてエブァ川に河岸まで歩き、宮殿橋の中ごろまで行きました。対岸には、ピョートル大帝時代の迎賓館であったメンシコフ宮殿、ピョートル大帝記念人類学・民族学博物館などが望めました。右側にはペテロパブロスク要塞とペテロパブロスク聖堂の美しい塔、振り返ればエルミタージュ美術館、旧海軍省やサンクトペテルブルグの街並みと、エブァ川を介して360度の大パノラマが望めました。

a0113718_9355741.jpg


a0113718_933274.jpg
 
 エルミタージュ美術館、旧海軍省を眺めながら、イサク聖堂に行きました。前回は中にはいましたが、今回は急で長大な階段を汗だくで登ってドームまで上がりました。足がしばらく上がらなくなるほど疲れましたが、ドームからは、美しいサンクトペテルブルグの街を見渡せました。

a0113718_938372.jpg


a0113718_9385156.jpg


a0113718_9391332.jpg

 サンクトペテルブルグはねロシア地域から遊離した人工都市と言われますが、現在登っているイサク聖堂やスパークス・クラヴイーナ教会など眺めがよいところにロシア正教寺院が建っており、ここがロシアの都であることを主張しているようにも思えます。

a0113718_9405467.jpg


a0113718_9413084.jpg

 広大な旧海軍省の前のアレクサンドルの庭と宮殿広場を抜けて、再びネフスキー大通りに出ました。ネフスキー大通りを北側に行く、道路わきで絵画などが売られており、パリのモンマルトルのような雰囲気です。その先には、モザイク画の装飾で覆われたスパークス・クラヴイーナ教会が見えてきました。

a0113718_9491843.jpg


a0113718_9483721.jpg


a0113718_9442185.jpg

 スパークス・クラヴイーナ教会を見学し、外に出て少し歩くと、ミハイロフ宮殿が見えてきます。ここはロッシの設計によるクラシック様式の典型的な建物で、現在はロシア美術館として使われています。

a0113718_945737.jpg


a0113718_9454027.jpg


a0113718_946341.jpg

 ロシア美術館の前には、プーシキン像の立つ芸術広場の公園があります。周りにはオペラ劇場、バレエ劇場、音楽ホールなどがあります。

ここから近くの地下鉄の駅に行き、地下鉄でホテルまで帰りました。







にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方はここをクリックお願いします。
[PR]
by desire_san | 2011-08-20 23:45 | ロシア | Trackback(4) | Comments(29)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/13232276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-08 15:55
タイトル : 北のヴェネツィアといわれるロマノフ王朝の都
サンクト・ペテルブルグ Ⅰ  ロマノフ王朝時代の約200年にわたる帝政ロシアの都、サンクトペテルブルグは、皇帝や貴族の豪華な宮殿が、張り巡らされた運河を介して立ち並び、ヨーロッパでも最も美しい町と言われています。  ピョートル大帝が1700年頃バルト海に開かれた港として、沼沢地に築いたため、80以上の運河と300以上の橋があり、運河が交通手段として使われており水の都でもあり、「北のヴェネツィア」と呼ぶ人もいます。しかし、ヴェネツィアがルネサンス様式の建物が水面から立ち並び、昨年ヴェ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-08 15:56
タイトル : 優れた文学や芸術を生んだ抽象的で幻想的な都市
ロシアの歴史、文学とペテルブルグ  世界最大級の美術館エルミタージュ美術館、世界で最も美しい宮殿といわれるエカテリーナ宮殿、そして、世界で最も美しい王宮の庭園といわれるピョートル大帝なの宮殿を一度見ておきたいと思い、ロシア・サンクトペテルブルグの旅に出かけました。それらはもちろん壮大で見事なものでしたが、それて以上に心に焼きついたのは、まばゆいばかりの王宮とは対照的なサンクトペテルブルグの重たい雰囲気、言い換えれば影の部分でした。  バスの車窓から、観光名所ではない人々が暮らす...... more
Tracked from エルミタージュ図書館 at 2011-08-10 09:22
タイトル : 『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2011-08-14 22:41
タイトル : 血の上の救世教会
スパース・ナ・クラヴイーナ教会  芸術広場のロシア美術館の奥の、グリボエドフ運河の道路上に、キリスト復活教会として建てられた、通称、血の上の救世教会とよばれる、ペテルブルグでは珍しい純正ロシア風のスパース・ナ・クラヴイーナ教会があります  農奴解放令を出して、改革に熱心で、民衆から「解放者」と呼ばれたアレクサンドル2世はテロリストにより暗殺されました。息子のアレクサンドル3世は、命を犠牲にして人々を救ったイエス・キリストの業績に通ずるものと唱え、父親の殺された場所教会を建てました。...... more
Commented by youpv at 2011-08-08 16:42
こんにちは~。
ブログへのコメント、ありがとうございます~。
様々な建築様式が沢山見る事が出来るのですね。

街並みを眺めるのが好きですので、街中を歩いて行くだけでも
テンションが上がってきそうです(^^)
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-08-08 16:52
こんにちはdesire sanさん
 旧都らしく素晴らしい建築物が目白押しですね。
欧州の建築様式については余り詳しくないので、ネットで歴史の勉強をしながら眺めています。
 貴方が「ロシアを主張している」と感じているように、イタリアやフランスの建物とは雰囲気というか何かしらニュアンスが違っているように感じます。
 街並みが整然としていて、改めてその美しさと歴史資産に魅力も感じます。
 花火ブログへのコメント有難うございました。
これからも海外ブログ、山ブログ他楽しみにしています。
Commented by kyonshogo at 2011-08-08 21:56
こんばんは~!

ロシアは、随分前に、空港のみ降り立ったことがありますが、
実際に国を訪問したことはなく、
興味深く見せていただきました。
スケールが大きいですね!
歴史を感じることもできて、素晴らしいですね!
Commented by phantom at 2011-08-09 00:36 x
いつもブログにコメントありがとうございます。

エルミタージュといえばソクーロフの「エルミタージュ幻想」が
印象深ですが、写真を拝見していると、NHKの「世界ふれあい街歩き」を
観ている様な気分になりました。ロシアはこれまで映画史以外は個人的
には馴染みが薄い国でしたが、改めて好奇心を刺激されました。
ありがとうございました。
Commented by arak_okano at 2011-08-09 08:37
アラック、バリ島からです。
川が広い、道が広い、建物が大きい、広場も広い、
大陸ですね、バグース!!
協会ですか?
アジアみたいですね?
Commented by rollingwest at 2011-08-09 09:11

あいかわらず素晴らしい歴史探訪の旅が続いていますね!
いつか行ってみたい、東欧の旅!

PS:
昨夜、北海道日高山脈から無事に帰って参りました。
テント泊2日間、ベース野営地からは往復12時間以上のピストン、ハードな山旅でしたが、沢歩き・滝・見応えあるお花畑、本当に感動的な名峰でした。羆も近くに出たらしくビビりながら登っていました。(笑)
Commented by ryuu at 2011-08-09 15:49 x
dezireさん、こんにちは。
ロシアの古都、サンクトペテルブルグのクラシカルな建造物や
風景はとてもすばらしいです。
花と緑の庭園は、落ち着いた雰囲気がありほっとする空間ですね。
ロシアのすばらしい景色と、そこに住む人々の厳しい現実が
dezireさんの今回の旅行記を通じて伝わって来ましたよ。
ありがとうございました。
Commented by felice_vita at 2011-08-09 21:27
こんにちは!
サンクトペテルブルクとは・・・うらやましすぎます。
聖都、水都なのですね。ドストエフスキーの研究でますますこの都市にひきつけられているのですが、本当に信じられないくらい美しい、芸術の都ですね。
Commented by kirafune at 2011-08-09 22:28
こんばんは!

ネフスキー大通りにエブァ川河岸。
ロシア文学を読んでいたものには
懐かしい響きです。
それにしても、立派な建物に圧倒されますね。
なんて壮大なのでしょう!
お写真もダイナミックです。
いいものを見せていただきました。
Commented by tkomakusa1t at 2011-08-10 22:34
どの建物も素晴らしく夢の世界に迷い込んだように
思います。
良い旅でしたね。
Commented by ゆりこ at 2011-08-11 18:47 x
こんばんは。

ロシアのサンクトペテルブルグを自分の足で歩かれると、旅をされたという思いもひとしおでしょうね。
ロシアは英語が通じない国だと聞いていますが、勇気がありますね。

ツアーでは行かないところにいろいろ行かれて、すてきな写真をたくさん撮られて、充実した旅だったことと思います。
私もサンクトペテルブルに一度行ってみたいととう気持ちとが強くなりました。

私も、
Commented by Ruiese at 2011-08-11 19:41 x
こんにちは。

ロッシのクラシック様式な建物がとすてきですね。
芸術広場というのもあるのですね。パリのモンマルトルのような所でしょうか。

様々な建築様式の建物があるのに驚きました。
本当に世界のどこにもないような街なのですね。

自分の足で街を歩いて、街の雰囲気を体感されたことと思います。
私もそのような旅がしたいです。
Commented by Haruna_Takahash at 2011-08-11 20:41 x
こんばんは。

サンクトペテルブルグを歩かれたのですが。ロシアはほとんど英語が通じないのにすごいですね。

サンクトペテルブルグにはいろいろな建築の建物があることは聴いていましたが。このように具体的に写真を見せていただくと良く分かります。
うれしいレポートですね。ありがとうございました。
Commented by 平石悟 at 2011-08-11 21:53 x
ブログのご案内、ありがとうございます。

旧ソ連時代、レニングラードといっていた頃のペテルブルグは、日本時の旅行者がプライベートにネフスキー大通りを歩けるような情勢ではありませんでした。

その頃のペテルブルグを知っているので、「ネフスキー大通りを抜けて」などの記載を読むと、時代が変わったのだなあ~と感じ、感慨深いものがあります。

有意義な旅をされましたね。
Commented by 智子 at 2011-08-11 23:42 x
こんばんは。

ロシアの旅のツアーでサンクトペテルブルグに行きましたので、その旅行を思い出しながら、ブログの写真など楽しく拝見しています。

私たちはツアーだつたため、バスで名所に移動し、フスキー大通りは、バスで通っただけで、歩くことはありませんでしたが、歩いてみたかったですね。

ルル・ロッシの建築はすてきですね。ツアーだつたので、これらは見る機会がなかったので、その写真が見れてうれしいです。
ありがとうございました。
Commented by 慶子_Kinoshita at 2011-08-12 10:52 x
こんにちは。

クリーム色と白の組み合わせのロッシの設計の建物が、上品で美しいですね。
サンクトペテルブルグの街並みの中に異彩を放っているように思います。

ほんとうにサンクトペテルブルグは、いろいろ異質の建物が共存し、世界に類のない街だとおっしゃっていた意味が分かったような気がします。
Commented by Nukaya at 2011-08-12 11:56 x
サンクトペテルブルグの旅行の一連のブログを読ませていただき、。たくさんの写真をみせていただいていますが、サンクトペテルブルグという町は、ほんとうに変わった町ですね。

西欧風の大聖堂やロシア教会、宮殿、要塞、様々な建築様式の建物、このような一見不釣合いの異質のものが、平然と混載している、他の国でこのような町は、私は知りません。

一度は訪れておくべき町かも知れませんね。

Commented by Aira at 2011-08-12 13:10 x
こんにちは。

ロシアには。クレムリンのイメージがあり、派手な宮殿や葱坊主のが並んだような教会やいかめつい要塞というイメージがせつよかったのですが、サンクトペテルブルグの写真ほ拝見すると、シャレた建物がたくさんあるのですね。

新鮮な気持ちでたくさんの写真を見せてもらっています。
ありがとうございます。
Commented by Erizaverta at 2011-08-12 16:21 x
始めまして。

私も昨年ロシアにツアー出回りました。
サンクトペテルブルグも色々なところをまわりましたが、みんなバスで連れて行ってくれたので、町を歩くことはありませんでした。

サンクトペテルブルグを個人的に歩いてまわったとのこと、すごいですね。
私にはとてもそんな勇気はありません。
語学がおできになるので出来るのでしょうね。
Commented by Margaret at 2011-08-12 17:06 x
こんにちは。

西欧はほとんどの所に行きましたので、今度はロシアに行きたいと思っていましたので、写真などでのご紹介はうれしく、今までのレポートやお写真を全部見せていただきました。

写真がとてもきれいで、すばらしいです。私も旅先で写真をたくさん撮っていますが、とてもこんなにきれいには撮れません。

旅行の前に、いい予習をさせていただきました。
大変ありがとうございました。
Commented by Masayuki_Mori at 2011-08-12 17:31 x
こんにちは。

サンクトペテルブルグは、宮殿、寺院などが゛たくさんあり、色々な建築様式の建物があり、まさに建造物の博物館のようですね。

色々なところを実際に歩かれて、写真を撮っているので、臨場感を感じます。
貴重な経験をされましたね。ロシアという国の雰囲気も体感できたのではないでしょうか。
Commented by Nomitro_77 at 2011-08-14 20:53 x
始めまして。
2年前に6泊7日ツアーで、モスクワ、サンクトペテルブルク、キジ島などを回りました。
ロシアという国のスケールの大きさに圧倒されました。
サンクトペテルブルクの運河クルーズもよかったです。
白夜ということですが、闇夜がありませんで、結構明るかったのに驚きました。
白夜音楽祭というのがありました。
楽しい思い出でした。
Commented by やっくん at 2011-08-14 21:14 x
緑も古い建物も多く、歴史を感じさせます。翻って、日本は新しいビルばかり作って由緒ある建物は文化財にはなっても周囲街並みに同化していません。残せばいいというものではないと思うのですけど、日本の文化政策の弱さを思ってしまいます。
Commented by BERUBARA at 2011-08-14 21:51 x
はじめまして。
ブログを楽しくみせてもらいました。
私もサンクトペテルブルグに行きました。
ただ、安いツアーだつたので、ロシアの航空機で行ったので、少し恐かったです。飛行機は古いし整備ななんか不安でした。ロシアの航空会社の飛行機は、アメリカや西欧の航空機会社のボーイングの払い下げ機体のようで、機体がガタガタ行っていて窓から見ると機体がなんか汚いのです。事故が起きないかふあんを感じながらの乗っていましたが、大変怖かったです。
サンクトペテルブルグは歴史的な建物が多く観光には素晴らしい町だと思いまました。写真が上手に撮れナカッので、このブログを私のアルバムのように、時々見せてもらいたいと思いますが、よろしいですね。
Commented by yuka_82 at 2011-08-15 07:43 x
ロシア全土を回る10日間のツアーでサンクト・ペテルブルグにも行きました。
ビートル大帝夏の宮殿、エルミタージュ美術館や聖堂、教会、運河クルーズなどはオプショナルツアーでした。
噴水の庭園をとるか、美術館をとるか迷いましたか、美術館を選びました。
Desireさんは、オプショナルツアーの候補にあがっいた所をすべて行かれ、それ以外にも色々なところを見てこられて、少しうらやましく思いました。
まあ、語学が全くできない私としては、ツアーで行くしか方法はありませんね。
いろいろなところを美しい写真で紹介いただき、ありがとうございました。
Commented by yaeko at 2011-08-15 15:25 x
はじめまして。ロシアはずっと行ってみたいところです。
美しい数多くのロシアの写真を見て、立ち寄らせていただきました。
写真は、アングル、構図などどれをとっても素晴らしいですね。

Commented by ディック at 2011-08-16 19:43 x
遠景をよく見れば、煙突とか塔とかビルとかあるようですが、川沿いなど低い位置から見た景色は、時代を間違えたかのようです。この街並みがきちんと残されているというのはすごいです。
Commented by イワノブッチ at 2016-05-03 17:57 x
本日は 拙ブログにお越しくださり
ありがとうございます
クレラー・ミュラーの他にもいろいろ拝見いたしました
サンクトペテルブルクは ヨーロッパに行ったときに
上空から見ただけですが きれいな街だな と思いました
Commented by desire_san at 2016-05-03 22:32
イワノブッチさん、私のブログを読んでいただいてありがとうございます。ロシアに興味はなくても、サンクトペテルブルクはヨーロッパ文化や芸術に興味のあるかは1回は行く価値がある街だと負います。ロシアに存在する西欧文化がサンクトペテルブルクに集約されているという感があります。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite