dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

チェコが誇るアール・ヌーヴォーの旗手・アルフォンス・ミュシャの魅力

アルフォンス・ミュシャ
Alfons Maria Mucha : Leader of Art Nouveau
a0113718_22333745.jpg

 東京・国立新美術館で日(水)~日まで(月)ミュシャ展が開催されています。これからミュシャ展をご覧になる方のために、アルフォンス・ミュシャの初期から晩年期にまでわたる生涯にわたる創作活動と、ミュシャ芸術の特徴をご紹介させていただきます。





Alphonse Mucha (1860-1939) is the representative painters of theArt Nouveau, which has blossomed as an art movement during the late 19th andearly 20th centuries. Mucha was born during the height of the Czech RepublicRevival movement momentum independent of the Slavs was growing in the CzechRepublic now. Mucha drew the illustrations of the magazine and then was workingas illustrator house of Armand Collin in Paris. Representation of the ArtNouveau style let us feel the visual beauty while draw by grasping accuratelythe characteristics and personality of women, and the convergence has producedposters and illustrations. He also worked on the theme of literaryinterpretation and religious thought, demonstrated the artistry that sublimebeauty that motif.



 2013年に六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで大規模なミュシャ展が開催されました。その時は、夜6時に美術展の会場に入りましたが、若い女性と若いカップルが圧倒的に多く、ミュシャは女性に人気がある画家であることを実感しました。


 この時の美術展の最初には、アルフォンス・ミュシャの芸術の原点である祖国愛の原点となる自画像、家族や友人の肖像画など、故郷イヴァンチッツェを題材とした作品が展示されていました。幼い少女の肖像は美しく魅力がありましたが、色調は暗く重くミュシャに対する今まで描いていたイメージとは異なるものでした。



 アルフォンス・ミュシャ(18601939)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて芸術運動として開花したアール・ヌーヴォーを代表する画家です。ミュシャは、今のチェコ共和国で生まれました。スラブ民族の独立の機運が高まっていたチェコ民族復興運動の最盛期に生まれました。ミュシャは雑誌の挿絵を描いていましたが次第に認められ、パリのアルマン・コランの挿画家として活躍するようになりました。女性の個性や特徴を的確に掴んで描きつつ視覚的な美しさを感じさせる独自のアール・ヌーヴォー様式の表現が融合し、数多くのポスターや挿絵を制作しました。宗教的思想や文学的解釈をテーマとした作品でも、そのモチーフを美に昇華する芸術性を発揮しました。


 アルフォンス・ミュシャはチェコ人としての祖国愛が生涯変わらぬ芸術の支柱となっていましたが、彼の才能を最初に送り出したのは、「女神・サラ」と呼ばれたフランスの大女優・サラ・ベルナールとの出会いでした。舞台女優サラ・ベルナールの舞台「ジスモンダ」のために作成したポスターは、大女優サラ・ベルナールに気に入られました。ミュシャはサラ・ベルナールと5年契約の画家に抜擢され一躍有名になりました。威厳に満ちたサラ・ベルナールの姿と、細部にわたる繊細な装飾性に優れた表現は、サラ・ベルナールだけでなく当時のパリの人々を魅了し、絶大の人気を博しました。ミュシャは一躍アール・ヌーヴォーの旗手と呼ばれるようになりました。

a0113718_22345420.jpg


『ジスモンダ』 1894年 カラーリトグラフ 

 アルフォンス・ミュシャがサラ・ベルナールの最初のポスターです。『ジスモンダ』はサラ・ベルナールがお気に入りのフランス演劇界の戯作者ヴィクトリアン・サルドゥーの中世を舞台とする宗教劇で、』第三幕のクライマックス・シーンで、ジスモンダが復活祭直前の日曜日の行列に加わるため棕櫚の花を手にしている場面を描いたものです。ジスモンダが手にしたシュロの枝は「シュロの日曜日」というキリスト教の祭日に因みます。ジスモンダが「棕櫚の日曜日(復活祭直前の日曜日)」の行列に加わるため、棕櫚の花を手にしていので、繊細な線の表現やビザンティン風の装飾が当時のパリ市民には「啓示」のような印象を与えたといいます。







a0113718_22373684.jpg ミュシャのこの作品は、ロートレックなども含めて従来のポスター画にはない非常に斬新なものがあります。技術的にはビザンティン風のエキゾティックな衣裳や、サラの印象的なポーズ、モザイクを模したレタリングなどがあります。しかしそれ以上に斬新なのは、現代のポスターでもそうですが、ポスターは映画、芝居、オペラそのものをアピールするもので、主役のスターの写真や絵はその一翼を担っているにすぎません。しかしミュシャの『ジスモンダ』は、女優・サラ・ベルナールがポスター画の中に女王のように品位と威厳のある姿で君臨させたのです。サラ・ベルナールが多くの候補作品から無当時無名だったミュシャのこの作品に魅了され、異例の5年契約を結んだのも、作品を見ると当然の成り行きのように思えます。


 ミュシャの描いたサラ・ベルナールの舞台「椿姫」「ロレンザッチオ」「メディア」「トスカ」などの作品も展示されていました。ミュシャの作品は異国趣味や古典古代、ビザンティン時代のモザイク絵画にも通じ、日本や東洋の美術の要素も含んだ装飾的な表現に特徴があります。ミュシャのは、女性の長い髪などのしなやかな曲線に美しい色彩でアール・ヌーヴォーの典型的美術の世界を築きました。



『ジョブ』 1896 Poster 
a0113718_22393717.jpg

 タバコ用葉巻ジョブの宣伝ポスターです。ジョブで巻いたタバコを吸い、陶然となる美しい女性像を描いています。タバコから立ち上る煙は「紫煙」となり画面上にひろがっています。ミュシャ好みの女性が波打つような長い髪で描かれ画面に装飾性を与えています。JOBの文字、ジグザグ枠の描き方はミュシャが好んで用いたビザンティン時代のモザイク絵画を参考にしていると思われます。このポスターはね後の「フラワー・ジェネレーション」に強い影響を与えました。





Encounter with Mucha and Sarah Bernhardt, the great actress inFrance, made up Mucha to the world know talent. Sarah Bernhardt was evaluatedof Mucha very high, with the poster,stage of stage actress Sarah Bernhardt"Jisumonda". Mucha was appointed painter of Sarah Bernhardt to thefive-year contract, he became famous. "Jisumonda".attracted people ofParis In "Jisumonda",the figure of Sarah Bernhardt was full ofdignity, representation with excellent delicate decorative detail over, I gainedimmense popularity. Mucha came to be known as the standard-bearer of ArtNouveau..



a0113718_22401251.jpg

『ムーズ川のビール』 

1897年 カラーリトグラフ 

 泡立つ大きなジョッキを抱えて上機嫌の女性の頭は赤いケシの花とビールの原料となる大麦の穂、ホップなどで飾られ、装飾的な画面構成で描かれています。女性はほろ酔い加減の表情で、ベル・エポック時代に好まれた酒の神バッカスを女性にしたような印象を与えます。『ジョブ』の優美な曲線を描きながら流れ落ちる女性の長い髪は、ミュシャ独特の美の世界とし一世を風靡しました。下の部分のビール工場とムーズ川を表す女性の寓意像は別の画家により描かれたと言われています。ミュシャの芸術表現は進化し、ミュシャ様式の特色となる演劇的な要素、特に限られた空間で象徴的な身振りを表現する手法は、この作品から着想を得たものと言われています。



 アール・ヌーヴォーという芸術運動とポスターという新たなジャンルで頭角を現したのがミュシャで才能を開花させたミュシャでしたが、優美なイメージの女性とエキゾティックな花の装飾モチーフで心に強く響くデザイン感覚はミュシャ様式として親しまれ、「アール・ヌーヴォー」の代名詞となります。ミュシャは意識的に「スラヴ的要素」も吸収して自分の美術として昇華させていきます。装飾パネル画や油彩、素描などを通して、メッセージ性とデザイン的な輝きを増し、ミュシャ独特の女性のイメージも変化していきます。


『夢想』 1897年 カラーリトグラフ
a0113718_22413382.jpg 膝に乗せた画帳を開いた女性がうつろで「夢想」の題名にふさわしいような眼差しで正面を見つめています。女性が美しいだけでなく品位があり、親しみが持てる温和な表情は好感が持て、非常に美しい作品で清潔な色香さえ感じます。リエンタル的な衣裳の縫い取りの装飾はミュシャの祖国ボヘミアを思い起こさせます。キリストや聖人の頭部を囲む円光(光輪)のような大きな円が彼女を囲んで彼女の頭部や全身を囲んでいます。晴れやかな女性像を引き立てる円環、多彩な色彩に彩られながら見事に調和しています。円の内部から外部に向かう抽象的で装飾的な曲線も効果的です。植物の曲線は美しい調べを奏で、温麗な雰囲気を醸し出しています。咲き誇る花は、画面の華やかさを与えていて、日本画でいう美人画と花鳥画を合わせたような雰囲気を感じさせます。これらはミュシャが好んだモチーフで再三登場し、この作品は「ミュシャ様式」の典型ともいえる作品です。




 ミュシャはいろいろな表現で女性像を描いているので。女性の美しさのイメージが交錯して、どんな女性が本当に美しいのかわからなくなってきます。『四季』のシリーズでもいろいろな女性像を描いており、ドレも違った意味で美しさがあり、どの女性が理想美なのか分からなくなってきます


a0113718_22432752.jpg

『四季』  

1896年 カラーリトグラフ

 古くから行われていた四季の季節を絵にした作品です。ミュシャはベル・エポックの時代に好まれたように、若い女性を擬人化して季節を表現していました。ミュシャの絵で「季語」に相当するのは、「冬」は雪、「夏」は大きな赤いケシの花、ひたしている冷たく心地よい水、「春」では春らしい花の咲く中、小鳥たちがさえずり、「秋」は女性が手にしているブドウです。女性の表現はロココ調の優美で快楽的な表現で繊細な画面の美しさが魅力的です。



a0113718_2244422.jpg
 もうひとつ展示されたい枚の『四季』のシリーズの連作では、女性は品位と威厳があり、ミューズのようです。上記の『四季』とは別の作家が描いたようですが、こちらも魅力的です。これらの作品は、1枚ずつで商品の宣伝ポスターや四季のカレンダーとして用いられたようです。『宝石』の連作では、アメジスト、エメラルドなどの宝石のイメージを擬人化しています。




a0113718_22471381.jpg

『四芸術: ダンス、絵画、詩、音楽』

 様々なジャンルの芸術を擬人化したもので、《ダンス》、《絵画》、《詩》、《音楽》、4点で1セットになっていて、若い女性は赤く咲く花をじっと見つめています。古来絵画は「自然の模倣・再現」と考えられてきたので、この花は画家が模倣すべき自然のシンボルを示していると考えられます。抽象的な観念、概念(愛、正義、運命、時間など)を擬人化などの手法を使って表すアレゴリー(寓意画)に相当する作品です。





 ミュシャは、リトグラフやポスターでは繊細で華やかな作品を残していますが、油彩画では初期から一貫して重く暗い色調で描いています。全体に思い指揮さ手の作品が多いですが、アメリカ滞在時代中にニューヨークで生まれた肖像画では、明るさを感じます。


『ヤロスラヴァ』 1920  油彩 

a0113718_22483068.jpg

 ミュシャの油彩画の傑作です。アメリカ滞在時代にニューヨークでミシャの娘ヤロスラヴァを堂々とした姿で表現しています。生まれた頭に巻いた大きなスカーフと両側のふくらんだ布はオリエンタルな風情を漂わせています。手にした赤い花は色彩的なアクセントになっています。チェコ民族の衣装を来て若い娘は巫女のように聖化された存在に描かれています。


 1900年。パリ万博のために描いたオーストリア館ポスターやボスニア・ヘルツェゴミア館のレストランのメニューなども展示されていました。『スラヴ叙事詩』、プラハ市民会館の壁画の習作、祖国愛をテーマにした油彩やポスター、ミュシャ最後のプロジェクトである三部作、《理性の時代》《叡智の時代》《愛の時代》などが展示されていました。これらの作品を通して、パリ時代に確立されたミュシャ様式が、彼の思想と関わりあってどのように変遷していったのかを見ることができます。


 成功をおさめある程度の富を得たミュシャはアメリカで資金援助を得た後、1910年、パリ時代から温めていた。『スラヴ叙事詩』の構想を実現するために、ミュシャは長年離れていた祖国チェコに帰国しました。ボヘミア地方のズビロフ城をスタジオとして借りたミュシャは、余生の殆どを。『スラヴ叙事詩』に費やします。

a0113718_22503964.jpg

 チェコ人とスラヴの同胞たちの、共通の栄光と悲哀の歴史を描くことにより、長年の植民地政策によって離散していた民族の統一を促し、各国家の独立へと向かう力になりたいと考えていたようです。スメタナの組曲『わが祖国』を聴いたことで、構想を抱いたといわれています。第1次世界大戦を経て、スラヴ民族は一致団結しながら他民族との共存に努20点の絵画から成る生涯をかけた連作の大作『スラヴ叙事詩』は完成まで20年を要していました。1928年チェコスロヴァキア独立10周年にあわせて完成した。『スラヴ叙事詩』はプラハ市に寄贈されます。《究極のスラヴ民族》には「人類のためのスラヴ民族」という副題がつけられています。政府や市などの注文により、ほかにたくさんのポスターのデザインもしました。『スラヴ叙事詩』は門外不出の大作でさすがにパネルと映像での紹介だけでしたが、『スラヴ叙事詩』展のポスターがあわせて展示していました。



 スラブ民族の人々を描くミュシャの色彩は重く沈んでいます。仕事としては華やかなリトグラフやポスターの傑作を残していましたが、ミュシャ自身は自らの民族の悲哀に悩み苦しんでいたことがうかがえます。『スラヴ叙事詩』でチェコ人やスラブ同法の共通の栄光や悲哀を描くことで、スラブ民族の心を一つにし、スラブ民族の団結と独立、他民族との共存による人類の平和を願っていたのかも知れません。


918-1928:チェコスロヴァキア独立10周年記念』

a0113718_2255633.jpg第一次大戦終了後の1918年、ハプスブルク帝国し、その属領だったチェコスロヴァキアは独立を勝ちとり共和国として一歩を踏み出しました。この作品は、独立10周年を記念するポスターです。強い眼差しで正面を向いた若い女性は新生チェコスロヴァキア共和国を表し、彼女の額に巻かれたバンドにはボヘミア、モラヴィア、スロヴァキアなど、新しい共和国を構成する地方、民族のエンブレムが縫い込まれています。彼女の後ろで、彼女に美しい花輪を捧げている女性は第一次大戦の勝利の擬人的表現だそうです。


Patriotismas the Czechs had become a pillar of art which does not change failure AlphonseMucha, but it was sent out for the first time his talent, great actress, SarahFrench was called "goddess, Sarah" - it was a meeting with Bernard.Poster that was created for the stage stage actress Sarah Bernhardt in"Jisumonda" was like the great actress Sarah Bernhardt. Mucha becamefamous suddenly been appointed to the painter of five-year contract with SarahBernhardt. It attracts people of Paris at the time as well as Sarah Bernhardt,and the appearance of Sarah Bernhardt, full of dignity, representation withexcellent delicate decorative meticulous, has gained popularity of great. Muchacame to be known as the standard-bearer of Art Nouveau at a bound.

    


    
a0113718_22573918.jpg また、この時期にはチェコ人の愛国心を喚起する多くの作品群やプラハ市庁舎のホール装飾などの仕事も残していす。聖ヴィート大聖堂のステンドグラスはステンドクラスの傑作で、今回下絵と高さ3m近くある写真が展示されていました。プラハの市民会館には天井画も含めた内装をすべて行った一角があります。プラハに残した壁画の習作も展示されていました。




 今回展示されていた多様な作品を見て、スラブ民族の同胞への愛にあふれ、強い意思を感じます。女性は芯が強く、祈りを捧げ、子供なのに対する深い愛の表現は心をうたれました。


 ミュシャは売れっ子の職業画家としての繊細な華やかさと、『スラヴ叙事詩』やプラハに残した壁画を描いた表現主義的な重厚さの2面性を持った芸術家であったと感じました。初期の油彩画の色彩の重さと、リトグラフやポスターの華やかさに最初は違和感を覚えましたが、改めて初期の作品を見なおすと、やはりこれもミュシャの表現だと思いました。ミュシャの背負ってきた人生の重さと心の葛藤を感じさせてくれたミュシャ展でした。

 ミュシャが願っていたことかどうかは分かりませんが、現在アルフォンス・ミュシャの膨大な作品群は、チェコの民族が誇る偉大な芸術家であることを示す遺産として、芸術の街プラハのシンボルとなっています。

    


聖ヴィート大聖堂 

ルーベンスの絵画について詳しくは、上記サイトを参照ください。(文字をクリックするとリンクします。)

プラハの市民会館 

ルーベンスの絵画について詳しくは、上記サイトを参照ください。(文字をクリックするとリンクします。)










この記事を読んだ方は上のマークをクリックして頂くようお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村






[PR]
by desire_san | 2013-05-09 23:03 | 美術展 & アート | Trackback(7) | Comments(58)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/17671587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ヨシトのたびかん at 2013-04-24 23:28
タイトル : 3月の東京旅(ミュシャ・会田展・お寺)
長徳寺 山口晃さんの『ヘンな日本美術史』に載っていたので行ってみた。 ちょっと変わった六道絵があるお寺である。 アポなしの一般人が文化財を見せてもらえるわけもなく、 それでもお寺の方のご厚意でカラーコピーした冊子を頂き、五分くらいで敷地を後にする。 ただただ、申し訳なかった。 淨眞寺 渋谷から自由が丘駅で乗り換え、九品仏駅で降りて数分。 両脇に(たしか)松の木の参道が見えてくる。 浄真寺はとても広かった。 なのに拝観料は無料。 近所の方たちが散歩がてらお堂...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-04-26 05:52
タイトル : 19世紀のアールヌーボー様式の残る街
リーガ Ⅲ  新市街 リーガには、運河とラトヴィア独立の自由記念碑の立つ公園を境として東側は19世紀以降の建物が並ぶ新市街になります。洒落たお店が並ぶ都会的雰囲気で、活気のある町です。アルベルタ通りの中心には美しいユーゲントシュテール建築群があります。  ユーゲントシュテールは、19世紀後半に世界的に流行したアールヌーボーをドイツ語で表現した言葉で、植物文様、デ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-04-26 05:53
タイトル : 中央ヨーロッパ有数の世界都市
プラハ  Ⅰ  プラハ城とマラー・ストラナ  プラハは1000年以上前に母なる川、ヴォルダウの沿いに築かれ、中世都市として世界で最も美しい町の一つに数えられます。しかし、他国の侵略など歴史に翻弄されつづけ、その歴史の時代の建物が残されています。 プラハはヴォルダウ川沿いの小さな砦でしたが、ボヘミア王国の国王カレル1世が神聖ローマ帝国の皇帝に即位して、神聖ローマ帝国の首都に定めた、優秀な建築家を集めプラハの町を造営しました。 プラハはヴォルダウ川沿いの小さな砦でしたが、ボ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-04-26 05:54
タイトル : 中世町並みを今に残す建築の博物館
プラハ Ⅱ    カレル橋と旧市街  プラハの町は、中世から近代まであらゆる建築様式が共存しています。ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、アールヌーボーなどの建物が一体となって保存されている街角は、時には詩的な、時には浪漫的な魅惑を感じさせ、ヨーロッパの他の町とは異なる独特の雰囲気があります。 プラハの2日目は、いにしえの王の道といわれている登城道から火薬塔まで歩きました。 また昨日と同じように朝ホテルからトラムでMalostranska駅まで行きました。トラムに乗るとチェコ...... more
Tracked from 感性の時代屋 at 2015-03-04 12:25
タイトル : アルフォンス・ミュシャの「我が祖国」
アルフォンス・マリア・ミュシャ(チェコ語:ムハ) :Alfons Maria Mucha は・・・ 1860年、当時の旧オーストリア帝国領モラヴィアのイヴァンチツェ: Ivančice, Moravia (現在のチェコ共和国モラヴィア州イヴァンチツェ) に裁判所の官史をしていた父オンドジェイ・ミュシャと家庭教師であった母アマリエ・マラーの間に生まれた・・・ チェコ共和国|モラヴィア州イヴァンチツェ|Googleマップ ミュシャは中学校を中退後、19歳でウィーンに行き舞台装置工房で働きなが...... more
Tracked from 感性の時代屋 at 2015-06-08 09:01
タイトル : アルフォンス・ミュシャの「我が祖国」
アルフォンス・マリア・ミュシャ(チェコ語:ムハ) :Alfons Maria Mucha は・・・ 1860年、当時の旧オーストリア帝国領モラヴィアのイヴァンチツェ: Ivančice, Moravia (現在のチェコ共和国モラヴィア州イヴァンチツェ) に裁判所の官史をしていた父オンドジェイ・ミュシャと家庭教師であった母アマリエ・マラーの間に生まれた・・・ チェコ共和国|モラヴィア州イヴァンチツェ|Ivančice, Moravia|Googleマップ ミュシャは中学校を中退後、19歳で...... more
Tracked from Spice -映画・本・.. at 2017-03-10 00:57
タイトル : ミュシャ展
「ミュシャ展」 国立新美術館公開日の前日に行われた開会式と内覧会へ行ってきました。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、オースト... more
Commented by REIKO at 2013-04-24 12:58 x
こんにちは、さっそく伺わせ頂きました。
dezireさんによるミュシャ展の詳細な解説は展覧会を思い出すと共に大変勉強になりました。
そしてミュシャ展は本当に若い女性が多かったですね、驚きました。

展覧会の他にも色々な記事がフラットな視点で詳細に記されていて読みごたえがあります。
これからじっくり拝見致しますね。
Commented by mocorit0125 at 2013-04-24 13:05
はじめまして、こんにちは。
コメントありがとうございました!

desire_sanは本当に美術、芸術がお好きなんですね。
沢山展示にも行かれていて、
感想やご意見、考えを持たれていて素晴らしいです。

私もミュシャ展見に行きましたが、
この展示は、ミュシャがチェコ人として使命感を持って制作、活動していた
というのが知れて、少し意外でした。

これからも素敵な展示のご紹介楽しみにしております。
よろしくお願いします。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-04-24 13:46
ミシャのことがよく分かりました。
ありがとう。
今日もスマイル
Commented by akie_knit at 2013-04-24 14:08
初めまして!コメントありがとうございます。
私は正直編物先生なのでアートには詳しくありません。
でもできるだけいろんなものを見るように心がけています。
その中でもミュシャはみたかったので会期中ぎりぎりに行きました。
ブログを読ませていただいてすごく詳しい説明に作品を見る目がすごいなと思いました。
勉強になりました。
Commented by okira935 at 2013-04-24 14:45 x
はじめまして。
ミュシャには以前から興味はありましたが
今回の展示を見てまさにパンフにうたわれているように本当のミュシャを知ることができたように思います。
その上こちらのブログでしっかり復習させていただき
思い出しながら一層心惹かれています。
作品も良かったのですがモデル写真も面白く見ました。
装飾品のモチーフのデッサンなども、なるほど~という感じ。
またおしゃれで美しいだけでなく、ミュシャが故郷に
持つ熱い想いや愛国心、誇りを感じる力強い絵が
見られたことも収穫でした。

ところでチェコ記事も拝見!
内容も写真もすごく素敵。
今後も楽しませて、もとい、勉強させていただきます☆





Commented by alimy7 at 2013-04-24 19:52
こんにちわ(^^)ありみです。早速コメント入れました。ブログ拝見しまして、魅力的な心魅かれるものばかりでした。絵は描けませんが鑑賞するのは大好きです。素人感覚で「ミュシャ」が男性だったことも恥ずかしながら鑑賞日に知り作品一つ一つの見方が変わりました。
desireさんはいろいろな所に行かれているんですね(^^)
私も時間が有る限り 沢山の美術館を訪問したいですので いろいろ教えて下さい
Commented by hana_8464emk at 2013-04-24 20:31
こんにちは。
ブログにコメントをいただきありがとうございます。さっそく覗かせていただきました*
お家にあるミュシャのポストカードを眺めながら。
美術館にきたような気分になるほど詳しく書かれていて、感激です。会場では分からなかったこともありますが、こうやって書いていただけると再発見があって楽しいですね。その他のカテゴリーの記事も興味深いです。美術関係の事柄に触れる際は、こちらのブログを覗いて勉強しようと思います。
私の素人記事を読んでいただきありがたいのとお恥ずかしいのと、、笑
またお暇な時に覗きにいらしてくださいね。
Commented by fukafukasheep at 2013-04-24 21:07
ミュシャ好きなのでこの展覧会だけはどうしても行きたい!って思ってました。desire_sanさんの記事を読んで予習はばっちりです!夜6時ということでしたが、この時間に行っても混んでいるのでしょうか!?
Commented by 管理人F at 2013-04-24 21:29 x
ブログ拝見させていただきました。
作品に対する豊富な知識とそれに対する管理人様の造詣の深さに感服しました。
私はポスターなどで描かれるあの独特の画風が好きなのですが、油彩画などの画風もまた違った魅力を醸し出していていいと思います。
また、女性の柔らかさを十分に引き出していて大変魅力的な画家だと思います。
大阪の堺にあるミュシャ館にまた行きたくなりました。
Commented by p-3h at 2013-04-24 22:24
コメントありがとうございました。

美術に造詣が深いのですね。興味深く拝見させて頂きました。

ミュシャなど見るのは好きなのですが、ミュシャの知識は全くなかったので、勉強になります。
Commented by e-ku-bo3 at 2013-04-24 23:42
ミュシャの描く女性は、ほんとに品位があります。
むしろ、ミュシャ自身も、女性に大して敬意を込めた視線で
表現しているように思えます。
美しい女性の芯の強さも感じさせます。
それでいながら、柔らかく美しい色彩。
また素敵な衣裳が、女性を魅了するのだと思います。
Commented by hon-j at 2013-04-24 23:48
はじめましてこんばんは!ヨシトと申します。
ブログの方にコメントありがとうございます。
こんなに詳細に書ける方に読んで頂いて恐縮でした。

今回の展覧会は油彩画や鉛筆画などが多く展示してあり、民族や国のことを考えて描いていたミュシャの色んな面が見れた展覧会だったなぁとブログを拝見しながら思い返していました。
ヤロスラヴァは目力があって素敵ですよね。

トラックバックしてみましたが慣れないのでうまくいってなかったらすみません。

またお邪魔します(^-^)
Commented by prahalife2 at 2013-04-25 07:38
チェコからコメント致します。アルフォンス・ムハの東京での展示もかなり充実しているようですね。日本人のお客様の約6割くらいの方がアルフォンス・ムハをご存知で、日本での知名度の広さを感じます。アール・ヌーヴォーの時代はチェコの建築や絵画が原点に戻った時期でもありました。ハプスブルク支配時代から、チェコ・スロヴァキア共和国の建国に至る期間、チェコの人々は自分の国を守り、存続させていくために、体を張って戦い、愛国心が生み出し描いたものが当時のアールヌーヴォーの絵画や建築物によく表わされていると思います。この時代に生み出されたものからは、力強い信念や敗北や勝利の躍動を感じずにはいられません。現在チェコが世界の人々を魅了し、沢山の観光客の人々がチェコを訪れるのは、こうしたアーティストや建築家・音楽家などの想いが凝縮された場所だからなのかもしれません。ちなみに私は「夢想」がとても好きです。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:42
REIKOさん、mocorit0125さん、コメントありがとうございます。
ミシャは、アールヌーボーという美術運動をもっとも完成度の高い芸術日表現で残した画家ですね。繊細で草食性もある作品は大変魅力がありますね。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:44
akie_knitさん、okira935さん、コメントありがとうございます。
ミュシャのポスターのデザイン感覚はすばらしいですね。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:44
akie_knitさん、okira935さん、コメントありがとうございます。
ミュシャのポスターのデザイン感覚はすばらしいですね。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:48
alimy7さん、hana_8464emkさん、コメントありがとうございます。
初期の作品から、ポスター、リトグラフ、油彩画までこれだけ広い範囲で実視野の作品の全貌を見られる機会は初めてです。私も非常に貴重な経験で、楽しめました。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:51
fukafukasheepさん、KawazuKiyoshiさん、p-3hさん、コメントありがとうございます。
ミシャは感じるままにみても、美しさが伝わったくる画家ですね。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:56
管理人Fさん、 e-ku-bo3さん、コメントありがとうございます。
ミュシャの女性の表現は非常に個性的な美しいものですね。美しい女性を描く画家はいろいろいますが、究極的美しさのひとつと言えるのではないでしょうか。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:56
管理人Fさん、 e-ku-bo3さん、コメントありがとうございます。
ミュシャの女性の表現は非常に個性的な美しいものですね。美しい女性を描く画家はいろいろいますが、究極的美しさのひとつと言えるのではないでしょうか。
Commented by desire_san at 2013-04-25 11:59
hon-jさん、ミュシャはチェコ民族に対する思いを強く持ち続けていた画家のようですね。自分の娘を描いた「ヤロスラヴァ」はミシャの民俗の誇りを強く感じることができました。
Commented by desire_san at 2013-04-25 12:10
prahalife2さん、昨年プラハなどチェコを訪れました。市民のモラルは非常に高く、女性は気高く、男性は親切で、民族の誇りが非常に高い人たちであることをかんじました。サンな経験もあり、prahalife2さんのお書きになっておられることに大変共感いたします。
私もたくさん魅力的な作品がありましたが、「夢想」が一番気に入りました。
Commented by mottainai-amata at 2013-04-25 12:38
コメント有り難うございました。
とても美しい写真のブログを綴っておられますね。
他のページも興味深い内容でした。

ミュシャ展は、関西からも足を運んでおられる方が多いです。
大変な人気です。アールヌーヴォーの影響は、ジャポニスムから受けて
いるので、親近感が自然に湧いてくるのかもしれませんね。
女性が社会に進出する時代の大塔として、ポスター芸術は支持されたのでしょう。
東京展は観られそうもなかったので、展示会の様子がわかり勉強になりました。
Commented by ばぁ~ばです at 2013-04-25 20:19 x
こんばんは、早速コメントを入れさせてもらいます
いい年をしていますが~“お初”には、いつも緊張します、、、お恥ずかしい。
ミュシャ展を、もう一度ゆっくり丁寧に見て回ったような
気になり、、、イヤホンガイドを今回も借り
小ネタ(「チャコスロバキア独立10周年記念」の後ろのブルーぽい人は
米国を表していると言われているとか)を面白く聞きましたが・・・
desire sanさんの深い知識でよりミュシャ氏の絵が
判りました ありがとうございます。
美術だけでは無く、旅行に演劇に山登り・・・沢山の
素晴らしいものをお持ちなのですね、、、今後もゆっくり
遊びに来させて貰います どうぞ宜しくお願いします。。。
Commented by cardiacsurgery at 2013-04-25 21:52
コメント多謝。プラハの聖ヴィート大聖堂や市民会館を思い出されたことでしょう。私も訪問時のことを思い出しながら、この展覧会を見ていました。現在はプラハ市内で《スラブ叙事詩》が見られるようですね。何とか日本に来てくれることを願っています。 
Commented by tabinotochu at 2013-04-25 22:03
コメントありがとうございました。
私は自分のブログでは絵を載せませんので、いつもながらの綺麗な編集を拝見し、改めて美術館を歩いているような気がしました。
今回は、祖国愛を絡めて展示したところが面白いと思いました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by chocola-wakaco at 2013-04-25 22:49
コメントありがとうございます^^ 本当に勉強になりました。
もっとたくさんの人に、しってほしいですよね^^*

Commented by momokyone6 at 2013-04-25 23:31
ブログへコメントを頂き有難うございました。

desire_sanの詳しい解説大変分かりやすく勉強になりました。
今回の展覧会幅広くミュシャの作品が展示されており
ますますミュシャの作品に魅了されました。

これからもブログ拝見させて頂きます。



Commented by Takeyan at 2013-04-25 23:46 x
こんばんは。
ご訪問&コメント、ありがとうございました。
2日にわたり、じっくり読ませていただきました。
詳細な解説文に感服いたしました。作品の時代背景や、ミュシャ自身の人となりを把握すると、また違ったものが見えてきますね。
何だかまたミュシャ展に行きたくなりました。
Commented by Haruna_Takahash at 2013-04-26 05:44 x
アルフォンス・ミュシャの作品展は行きたいと思っていましたので、詳しいご説明、大変助かります。ミュシャは始めチェコのプラハで身を立てたかったらしく、プラハの美術アカデミーを受験しましたが、皮肉にも受験に失敗し、ウィーンに行き、舞台美術などを手がける工房へ助手になりました。。その後、失業を経験しますが、、エゴン伯爵の援助を受け、ミュンヘン美術学校に入り、古典的な写実的表現を勉強しました。ミュンヘン美術学校を卒業後、パリ行き、ポール・ゴーギャンと出会い、ゴーギャンの装飾的絵画の影響を受けました。私は、ポール・ゴーギャンと出会いが、大女優サラ・ベルナールを魅了する作品を生むような画風の展開の基礎となったように思えてなりません。
Commented by Masayuki_Mori at 2013-04-26 13:38 x
ご自身のミシャ感も織り込んだ丁寧なミシャの美術のご説明、大変参考になりました。今回のミシャ展では、初期の作品やパリに出てきても芽が出なくて苦労していた頃、道往く人をスケッチしていた作品、チェコから出てきてる画家仲間をモデルに描いていた作品など、今まで見たことのなかった作品が見られておもしろかったです。挿絵の仕事が来て、ポスター画家として人気が出てからは、魅力あるモデルを描けるようになり、絵が変わりましたね。。初期の油彩画やスケッチなどがを見た後に売れたああとの作品を見ると、同じ画家の作品とは思えませんでした、dezireさんの、ミシャは二面性のある画家だというご見解を読んで、私のこの疑問が、晴れたような気がしました。
Commented by mk_mina at 2013-04-27 23:03
詳しいご説明ですね、すごいです。勉強になりました。今回の展示では、私が知らなかったミュシャの一面を拝見することができ、非常に新鮮でした。
Commented by atelier-terra at 2013-04-28 11:30
素晴らしい記事に感動しました!!
もう一度会場の雰囲気を思い出しながら、ゆっくりと説明を読ませていただきました。ご訪問&コメント、ありがとうございました。
Commented by moewo at 2013-04-28 21:51
こんにちは。
ブログ拝見させていただき、ありがとうございました。

すばらしいですね。
参考になりました!
Commented by ecru20060111yt at 2013-04-29 01:41
こんばんは、コメントをありがとうございます。

とっても詳しい説明でとっても参考になりました。
今までとは違った一面を知ることができ またミュシャ展に足を運んでみたくなりました。
Commented by yaska33333 at 2013-04-29 02:15
行けない人もここを見れば行った気になりそうですね(笑)
背景すっとばして絵は感じるってだけで観に行くので、
参考になりました!
Commented by Artschalar at 2013-04-30 00:47 x
こんにちは。私もミュシャ展に行きました。ミュシャの日本での人気は、明治以来だったようです。明治時代の文学雑誌『明星』で、挿絵を担当した藤島武二はミュシャの挿絵やイラスト盛んに模倣下という話を聴きました。
Commented by 宵待ち草 at 2013-04-30 00:57 x
ミュシャの作品は。堺市はの有力なコレクションがあります、「カメラのドイ」の創業者の土居君雄が、ミュシャの知名度が低かったころからミュシャを気に入り、仕事で渡欧した時に買い集め、「ドイ・コレクション」と呼ばれています。ミュシャ子息のジリ・ミュシャとも親交を結び、彼の仲介によってコレクションの中核が築かれました。この関係で、土居氏はチェコ文化交流最高勲章を授与されています。土居氏が他界すると遺族は相続放棄 し、土居夫妻が新婚時代に居住したことのある堺市にコレクションは寄贈しました。今は、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館で一部が公開されています。 
 
Commented by Park_nachure at 2013-04-30 01:02 x
ミシャは日本とつながりの深い画家だと思います。ミュシャは浮世絵に大変興味をもっており、作品の中にも浮世絵から得たものを取り入れています。19世紀後半に印象派の作品と同じく、日本に紹介され多くの人がその魅力に気がつき日本の文化にも溶け込ンでいきました。ミュシャが日本人と共通する美の感覚があったことも、日本人に人気のある一因かもしれません。
Commented by at 2013-04-30 09:56 x
こんにちは、ブログの方にコメントありがとうございました。
ミュシャの絵とともに、作品について大変詳しく書かれており、一冊のミュシャについての本が書けてしまいそうですね。勉強になります。

商品のポスターから「スラヴ叙事詩」まで多彩な作品を残したミュシャは素晴らしい芸術家なのだと改めて感じさせられました。
Commented by desire_san at 2013-04-30 11:45
mottainai-amataさん、ありがとうございます。
アールヌーヴォーとジャポニスムは表裏一体の関係にあり、アールヌーヴォーも明治の画家に大きな影響をを与えたようですね。
Commented by desire_san at 2013-04-30 11:55
「 ばぁ~ばです さん、 チャコスロバキア独立10周年記念」の後ろのブルーぽい人は米国を表しているとというお話は初めて知りました。チェコ人のウイットに富んだ性格が感じられますね。
Commented by desire_san at 2013-04-30 11:59
cardiacsurgeryさん、プラハに行ってミシャは、ウイーンのクリムトのような大きな存在であることを知りました。逆に日本でこんなに人気があることは最近初めて知りました。
Commented by desire_san at 2013-04-30 12:03
tabinotochuさん、 chocola-wakacoさん、momokyone6さん、
ありがとうございます。皆様に読んで頂けれるは大変励みになります。
またしっかり勉強して、読んで頂けるような内容のものにしたいと思いますので、よろしくお願いします。
Commented by desire_san at 2013-04-30 12:07
Takeyan さん、 mk_minaさん、 atelier-terraさん、ありがとうございます。
ミュシャ展は時々開かれているようですが、今回ほど充実したものは初めてです。大変良い機会でしたね。
Commented by desire_san at 2013-04-30 12:12
moewoさん、 ecru20060111ytさん、yaska33333さん、ありがとうございます。
今年は、エル・グレコ、ラファエロ、ミュシャなど全く異質の画家のまとまった作品展があり、それそれ゛れノ美意識が全く違うので、比べてみるのも面白いですね。
Commented by desire_san at 2013-04-30 12:14
Takahashiさん、Moriさん、ミュシャに関する興味あるお話ありがとうございました。
たいへん勉強になり、ミュシャの理解が深まりました。
Commented by desire_san at 2013-04-30 12:19
光 さん、ありがとうございます。
自分の勉強のために、自分なりにその画家のレビューを書くよう努めています。ご興味がある内容でしたら、また読んでいただけると嬉しいです。
Commented by 智子 at 2013-04-30 15:48 x
こんにちは。
ミュシャが若い女性に人気があるのは分かるような気がします。あまりにロマンチックで、乙女心をくすぐるようなところがあり、それが若い女性に受けるのだと思います。少女漫画の世界では、ミュシャに描かれているような女性がよく登場します。 おそらく、多くの少女漫画家がミュシャのイメージを参考にしてマンガのキャラクターを作っているのだと思います。
Commented by Ruiede at 2013-05-01 09:08 x
プラハに行ったとき、ミュシャ(ムハ)の美術館にいきました。思っていたより小さく、こじんまりした美術館でしたが、聖ヴィート大聖堂のステンドグラスのデザイン画、パリ時代のポスター、原画等などがてんじしてあり、ミュージアムショップには、ミュシャ関連グッズがいろいろ売っていました。今回の六本木のミュシャ展の展示は作品がほとんど来ていたので、それと比べると内容はそれ以上のものは、、聖ヴィート大聖堂のステンドグラスのデザイン画クマ来でしょうか。
Commented by ミルテ at 2013-05-01 11:59 x
今週末にミュシャ展行ってきます。
若かりし頃新婚旅行はプラハって思っていたのに、まだかなっておりませんが、かなり惹かれる国の画家です。
楽しみに行ってきます。
見てきてこの記事を読んだらまた違う感想を持つかもしれないなと思いながら楽しく読ませていただきました。
ミュシャの描く女性はいずれも美しいと思います。
Commented by taohuayuan at 2013-05-03 11:26
コメントありがとうございました。
その後、ルーベンスも見てきました。
家族はラファエロやクラークコレクションも見てきたようです。わたしは行けなかったので、desire_sanさんのブログを拝見して行った気になろうと思います。
大変ありがとうございました。
Commented by 6-gousitsu at 2013-06-08 21:23
desire_sanこんにちは
月に一回、パソコンを開く日に素敵な写真を見せていただくので、頻繁に来られなくてすいません
いつもいろいろな情報ありがとうございます
展覧会に行けなかったので雰囲気を味わえたようです
ミュンシャの第一印象は浮世絵みたいでしたが、晩年の意思を込めた絵もポスターのような絵も優しさが込められているようで大好きです
次回も楽しみにしています
お体大切にしてください
Commented by ディック at 2013-06-11 08:50 x
dezire さん、
森美術館に「会田誠展」を観にいったとき、だったでしょうか。隣のアーツセンターが大混雑でした。
ぱっとみた画風が、現代のイラストレーションの先駆者という感じで美しく、装飾的でもあり、現代の若者の感覚にぴったりと合うのではないかな、と思っております。
dezire さんの記事を読んでいると「会田誠さんの展覧会よりもミュシャ展のほうがよかったな」なんて思いますけれど、「森美術館の現代美術の紹介はすべて観る」という方針で年間パスを買ってますし…(笑)。
3月から5月にかけては、花を追いかけてカメラを携え野外へ出るということを中心にして活動していまして、気がついたときにはミュシャ展は終わってシマした。
Commented by desire_san at 2013-06-11 09:32
ディック さん、コメントありがとうござます。
「会田誠展」は私も興味がありましたが、その時は忙しくて身に行けませんでした。躍動感あふれる自由奔放な作品を描かれる方だつたのではないでしょうか。  ミュシャの絵画は、売るための作品はモデルや買い手を意識して、そうでない絵は祖国のと人々の苦しみを背負っているようで、自由奔放なとは程遠い美術と感じました。作品全体に何かを背負っている重たさを感じ、見終わったら結構疲れました。妻からは「3時間もかけてみれば当たり前よ!」と言われますが。(笑)
Commented at 2013-06-25 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by desire_san at 2013-06-26 10:14
T.Akiyama さん、。「JOB」は、手巻きの紙巻きたばこを作るための「巻紙」のことですか。教えていただき、ありがとうございました
Commented by yumitea630 at 2013-07-01 11:42
ブログにコメントいただき、ありがとうございました。
気づくのが遅くなり、申し訳ございません。
ミュシャ展、とても好きな展覧会でしたので、改めてdesire_sanさんの記事を読み、記憶が蘇りました。
売れっ子であると同時に、祖国愛に満ちた、信念を持った芸術家だったのだなと思います。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite