dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

傑作ラブストーリーオペラのバレエ化で、3人のプリマ・バレリーナが競う

バレエ『ホフマン物語』
Ballet"The Tales of Hoffmann"
a0113718_12221955.jpg


『天国と地獄』などを作曲したオペレッタの奇才・オッフェンバックの唯一のオペラで、未完に終わっているため様々な版のある名作オペラ『ホフマン物語』 を、英国の偉大な振付家ピーター・ダレルにより振りつけられたドラマティック・バレエ『ホフマン物語』が新国立劇場で初上演されました。詩人ホフマンの恋物語が、オッフェンバックの美しい音楽と、新国立劇場バレエ団オリジナルの美術と衣裳で一晩の夢の世界を楽しませてくれました。







PeterDARRELL was a choreographer during the same period as Kenneth MACMILLAN andJohn CRANKO, and is an indispensable figure in the history of British ballet.Darrell choreographed Tales of Hoffman in 1972 for the Scottish Ballet. Incharacteristically British form, it is a piece with a strong dramatic element,and demands very high levels of expressive power and technical skill from theperformers. The piece fascinates with its theme of love woven by richlyindividual stage presences: the hero, Hoffman, who appears in various lifestages from youth to the onset of old age, the three women whose hearts hestole, and the devil who appears in a multitude of roles under different guises.Thisperformance breathes new life into the piece by way of scenery and costumedesign by Japanese designers, making it very much an National Ballet of Japanproduction. This "fantasy for grown-ups" develops to OFFENBACH'sbeautiful music replete with variations, romantic yet with a whiff offorlornness--a production to be looked forward to.

 主人公ホフマンの恋愛遍歴を通じて、多彩で濃密な人間ドラマを描いたオペラ『ホフマン物語』をバレエ化した作品で、バレエ作品は圧倒的に女性が主役だか、このバレエでは男性のホフマンをタイトル・ロールに据え、高さと多彩なスタイルのバレエ踊ります。


a0113718_12253133.jpg 舞台に彩りを添えるのは、ホフマンを魅了する女性たち。第1幕はオリンピア、2幕はアントニア、3幕はジュリエッタと、すべてプリンシパルのダンサーが演じ、トップバレリーナ3人が全く違ったキャラクターの女性を3種類の踊りで演じます。


 オペラでは、4人目のソプラノ・女神ミューズが友人ニコラスとしてホフマンを導き、最後に「詩人としてよみがえるのよ」と励ましてホフマンの人生を導いていく筋書きになっていて、ミューズが他の3人のソプラノより存在感があり、女性たちと彼を追い回す悪魔に翻弄されるホフマンの悲哀が、凛としたミューズの存在により、詩人ホフマンの本来の生き方は何かを強く問いかけてくる作品になっていました。


 ダレル振付のバレエでは、20代、30代、40代の詩人ホフマンの、純情に女性を愛した恋のてん末を50代になって振り返るという演劇的な構成になっていました。物語を全編通じて、女性たちに翻弄され、悲劇に終わるホフマンの人生の悲哀だけが印象に残り、人間としての詩人ホフマンに魅力を感じられません。魅力ある主役は不在で、3つの別々の作品を見ている気持ちがするほど、それぞれの幕の個性違いと完成度の違いが気になる作品に感じられました。


a0113718_12273525.jpg 3人の女性が踊る3つの幕では、第2幕の病弱なバレリーナ志望のアントニアが、幻影のバレエ場面のプリマ・バレリーナを踊る絶妙な構成が際立っていました。 オーロラ姫を思わせる舞台場面、衣装と群舞も美しく、清楚で清純なアントニアと華やかな幻影のプリマ・バレリーナを踊り分ける小野絢子さんは秀逸でした。踊る喜びを胸に命懸けで踊り続ける姿は感銘を与えました。この膜の最後でバレリーナから瀕死のアントニアに早変わりたとのは、あまりに早い衣装替えに驚いてしまいましたが、これは幻影のプリマ・バレリーナの早変わりの直前は、小野絢子さんは似た容姿のバレリーナに入れ替わっていたそうです。とにかくこの幕の踊りも構成も見事で、オペラのアントニアの悲しい歌の場面を凌ぐものでした。


Thisballet is made up of three curtain that three women dance...Antonia sicklyballerina aspiring second act will dance the Prima ballerina of the apparitionof the ballet scene. This exquisite structure stood out.. Stage scene reminiscent of Princess Aurora,costume and group dancing also beautifully, Ayako Ono that separates dance thePrima ballerina of pristine Antonia and glamorous illusion neat was excellent...Figureto continue dancing for life to breast the joy of dancing was impressed..Anyway dance of this curtain also configuration is also a superb, it wasintended to surpass the sad song of the scene of the opera of Antonia.



a0113718_12285820.jpg 第1幕のオリンピアは、オペラではコルトローラの華やかな歌に合唱が呼応する華やかな舞台でしたが、バレエでは、長田佳世さん一人のからくり人形のようなぎごちない踊りが主体で舞台を造っていましたが、長田佳世さん一人に頼った舞台演出は、彼女には荷が重すぎて気の毒なような気がしました。もっとコミカルな踊りの群舞を入れるなどしないと、オペラ第1幕のオリンピアの場面のような盛り上がりは無理なのではないでしょうか。



 第3幕のジュリエッタの米沢唯さんも、本来彼女は清純なイメージが手特色のバレリーナなので、普通の振付ではジュリエッタの妖艶さが伝わって来ないのは仕方がなく、新国立バレエ団の人気バレリーナもこの幕を一人で背負うのは気の毒な気がしました。フラメンコやカルメンのような、第2幕とは全く雰囲気の異なる振付をして、踊りの違いで第2幕と違いを明確に打ち出した方が、作品全体として充実したものになったのではないかと思います。


a0113718_12301544.jpg 演劇的な要素の強いのは、英国バレエの特徴でしょうが、ホフマンとリンドルフ(悪の化身)をそれぞれひとりの男性ダンサーが演じる。プロローグでは初老の男性だったホフマンは、各幕で20代、30代、40代と順に年齢があがり、エピローグでは再び初老の男性に。リンドルフ(悪の化身)もホフマンと同様、全編を通じて登場し、幕が変わるごとに名前も立場も異なる悪に変身するという構成をとっていましたが、華のあるミューズがいないことで、最後は老詩人の愚痴を聞かされているようなやるせない雰囲気を感じてしまいました。


Beautyof the second act is intended to prove that this work is a theme and musicappropriate to ballet. .Muse existence of Opera andAct 1, Act 3 of choreography, in a further twist of the director, the acidproduct is going to be a masterpiece ballet remain in ballet history.


 どうしても元のオペラと比較してしまいますが、第2幕のすばらしさはこの作品がバレエにも相応しい題材と音楽であることを立証するものですので、男性ダンサーや踊らなくても風格のある女性でもよいのでミューズ的な存在がほしかったと思いました。第1幕、第3幕の振付、演出にもう一工夫あれば、バレエ史上に残る傑作バレエになるか可能性を秘めた作品だと感じました。

21015.11.3 新国立劇場オペラパレス)






















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






[PR]
by desire_san | 2015-11-19 12:31 | バレエ・演劇 | Trackback(1) | Comments(18)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/21849417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-11-20 08:10
タイトル : 快楽と陶酔の悪夢を魅惑の世界に描くフランスオペラ
オッフェンバック 『ホフマン物語』Jacques Offenbach:The Tales of Hoffmann 新国立劇場の「ホフマン物語」の上演は10年ぶり、フィリップ・アルローの演出で戻ってきました。機械の絡繰り人形・オランピア、病弱な歌手・アントニア、高級娼婦・ジュリエッタの魅惑的で幻想的な夢の世界に迷い込むホフマン、夢と現実と交錯した世界を美しく描いたオペラで、10年前も確かこの演出で見ましたが、歌手陣も変わり、演出も少し変わったようで10年前とは少し違った印象を受けました。... more
Commented by デデ at 2015-11-20 15:40 x
desireさんこんにちは。いやあよくご覧になっていますね。確かに言われてみればアントニア幕が飛び抜けて美しかったのかもしれません。

ただ全体にホフマンの原作とも、オペラ版の筋書きともかけ離れてしまって、まあ踊るのに都合のいいところだけを取り出したんだろうなっていう気がします。だから今回のバレエ版はちょっと入り込めなくて、アントニア幕は半分寝てました。なんか生理的に受け付けられなかった感じ。

話は変わりますがピエロの絵好きです。特に不思議な鞭打ち。現地においでになったみたいですね。私はずいぶん昔に西洋美術館で見ました。
Commented by desire_san at 2015-11-20 16:58
デデさん、コメントありがとうございます。
オペラもいろいろな版がありますが、ミューズも含めた4人なのソプラノが各幕で見せ場をつくっていましたが、バレー版では3人の全くプリマ級のダンサーを揃えるというのは現実的に無理だと思いますし、結局奇抜な演出でカバーするしかないのですが、それも難しかったようです。アナニアシビリ、ギエム。アリーナ・コジョカルクラスの人が3人の女性を演じたらすばらしいバレエ演目になったでしょうが、現実にはありえないですね。(笑)

ピエロの「鞭打ち」が来日したことがあるのですか。知りませんでした。フレスコ画は無理ですので。せめてウルビーノのマルケ美術館の「セニガリアの聖母」あたりが来日してほしいですね。
Commented by usakichi71 at 2015-11-20 21:40
desireさん、こんばんは。うさ吉です。初めてコメントさせていただきます。とても充実したブログですね、私はバレエもオペラも諸々素人で、でも美しいもの、素敵なものが大好きなので、最近になってようやく劇場などにも通うことが出来るようになり、感想を自分のブログにも載せている程度なのですが、こちらを拝見して、とても勉強になりました。
「ホフマン物語」、私はオペラの方が楽しめました。バレエの最後が本当にやりきれない感じだったので…。これからも色々観て行きたいなと思っていますが、desireさんが、たくさんの作品を紹介してくださっているので、参考させてください。
私のブログにもコメントいただきありがとうございました。
Commented by ウェストエンダー at 2015-11-20 23:19 x
こんにちは。
コメント返しいたしますね。
私はオペラを全く観ないので、バレエ「ホフマン物語」との違いはわからないのですが、
バレエはセリフ(歌詞)がないので、複雑なプロットを表現するのは無理ですよね。イメージで見せるというか、視覚的な部分に訴えるものなので、オペラファンの方には物足りないかもしれません。
オペラとの比較をされている方の記事はとても参考になるし、刺激にもなります。
いろいろ観てみたいなと思いました!
Commented by kurukuru at 2015-11-20 23:49 x
お久しぶりです。コメントありがとうございました。
オペラのホフマンは知らないので、3人の女性がどう見えたら正解なのかは分かりませんが、小野さんは素晴らしかったですね。それに比べ、ホフマンの印象が薄い。ホフマン役を井澤くんが踊った同じ日で観てますよね。
ポスターになってる福岡くんなら、またちょっと違った印象を受けたのかもしれませんよね。
Commented by デデ at 2015-11-21 02:00 x
うん十年前ですが、ピエロの「鞭打ち」は「ヨーロッパ美術の構図とナントカ」というくくりの奇妙な展覧会に、マンテーニャの「死せるキリスト」なんかと並んで展示されていました。馬鹿馬鹿しい話ですが、当時さる予備校で週に一コマだけ美大受験生向けの英語を担当していました。この展覧会の図録の英語解説が秀逸だったんで、教材に使わせてもらったのを覚えています。でも受験生はこんなもんに全然関心がないんですよね。
Commented by ヨコ at 2015-11-21 09:01 x
初コメントさせていただきます。

この作品のオペラや原作の小説も知らないので、比較ではコメントできませんがバレエとして、暗いストーリーでしたが私はこういう余韻が残り、しばらく色々と考えさせる今回の作品、改善点は当然有るのでしょうが全体を通して好きですね。

また再公演を期待したいです。
Commented by ここなっつ at 2015-11-21 11:45 x
desireさん(ですね?)
芸術監督の大原永子さんによる新製作の作品ですから、まずはご自身が「踊った作品そのまま」の上演をされたのでしょう。ピーター・ダレルさんの振付をいじるのも、怖いでしょうしね(*_*;
様々な感想が出て、次回上演時にどのように変更が加えられるのかが楽しみではあります。ただ、華のある出演者でないと、私は見ないかも…。
Commented by desire_san at 2015-11-21 12:33
うさ吉さん、コメントありがとうございます。
オッフェンバックのオペラ「ホフマン物語」も未完成だったので、終わり方も含めていろいろな演出があり、悲劇で終わる演出もありますが、私はホフマンが詩の世界に希望を持って生きようと終わる演出が好きです。
バレエはオペラの舞台より美しかったので、もうすこし明るく華やかな方が好きですが、ピーター・ダレルさんがこの作品に振付をしてバレエ作品にしたことは非常に価値があると思います、
Commented by desire_san at 2015-11-21 12:43
ウェストエンダーさん、ありがとうございます。
オペラとバレエは異質の芸術ですので、単純に比べるのは無理があることは承知していますが、マスネの『マノン』などは、オペラとバレエは同じ音楽なのに全く違った印象の舞台となりましたが、オペラとバレエのそれぞれの表現力を見事に生かした傑作でした。『ホフマン物語』は題材も音楽もバレエに適しているような気がしてましたので、初めてのバレエ化今回の舞台は期待をし過ぎたのかも知れません。これからいろいろな方が振付を行い、完成度が高まっていくことを期待したいですね。
Commented by desire_san at 2015-11-21 12:50
kurukuruさん、おしさしぶりです。コメントありがとうございます。
ご指摘のように、ホフマン役の技量が大きいのかもしれませんね。3人のプリマバレリーナの配役と自分の都合を最優先に選んでしまったので、この舞台に打ち込んでいる熱意と力強い豊富を書いておられた福岡さんの舞台を見ていたら、かなり印象が変わったかも知れませんね。演劇・映画・ドラマなどでも配役により全く違った作品になってしまいますからね、
Commented by desire_san at 2015-11-21 13:00
デデさん、マンテーニャの「死せるキリスト」も来日したことがあったのですか。全く気が付きませんでした、見たかったですね。
ピエロもマンテーニャも日本人好みの画風ではないので、受験生が全然関心を示さないのも当然かもしれません。日本初のエル・グレコでも期待されたほど、観客が集まらなかったそうです。ポロックに至っては大赤字でした。ルーベンスも日本では人をあまり呼べない画家のようです。来年のカラヴァッジョ展がどのくらい人が入るか見ものですね。
Commented by desire_san at 2015-11-21 13:10
ヨコさん、コメントありがとうございました。
オペラとして評価が確立した作品のバレエ化は大変難しい仕事だと思います。見ている時は十分楽しめ、不満を感じたわけではありません。かえって頭を冷やしてクールにオペラと比べて感じた事を書いただけです。批評家のように上から目線で批判することは嫌いですが、演出家も出演者も頑張っているので、観客である私も鑑賞力や感性を高めてく必要があると思い、いろいろ感じた事を書いています。すなおに受け取れば、視野が広がってきますので、批判的意見も歓迎しています。
Commented by desire_san at 2015-11-21 13:21
ここなっつさん、コメントありがとうございます。
オペラとして評価が定着しているこの作品に振付してバレエ作品にしたピーター・ダレルさんには敬意を感じていますし、この作品を新製作として上演した大原永子さんにも感謝しております。ダレルさんの振付をいじるのは簡単ではないことも理解しておりますが、『ホフマン物語』は題材も音楽も名作バレエになる要素を十分持っていると期待をこめて、考えたことを思うままに書いてみました。確かに演出を複雑にすると、ダンサーに要求される所も大きくなるまで、キャスティグが一層難しくなってしまうかも知れませんね。
Commented by marquee at 2015-11-24 16:46 x
はじめまして。私のブログへいらしていただきありがとうございました。
はじめたはいいが、手探り状態で、desireさんの幅広いブログ、とても勉強になります!

一緒に観た友人は、オペラも観たことある人ですが、縷々と心情を歌うオペラよりはスッキリ観られると。。。突出したスターはいないもののコール・ドの美しさなど見所は多く、再演して精度高めて看板演目になるようにしたらダンサーも育つと思うのですが芸監が大原先生じゃなくなったらどうなるやら。
また、立ち寄らせて下さい。
Commented by desire_san at 2015-11-27 10:19
marqueeさん、オペラの『ホフマン物語』が好きなので、それと比較して、いろいろ書きましたが、この作品をバレエ化した最初の作品としては実で良かったと思いました。これからいろいろな振り付けや演出が行われ、よりすばらしい作品が生まれる予感がします。
一つ感じたのは、新国立劇場で育ったバレリーナはもみんな清楚で、お姫様を演ずるには良いのですが、今回のような役による個性が要求される作品では、もう少し個性的なプリマバレリーナがほしい気がしました。往年の吉田都、アナニアシビリ、シルビー・キエムで今回の3人の女性を演じたら、全く同じ演出でも、すごい舞台になっていたでしょうね。ギャラが高くなりすぎてありえない話ですが。
よろしかったら、またご訪問いだけると大変嬉しいです。
Commented by naomi at 2015-11-30 01:48 x
こんにちは。ブログにコメントを頂いていたのに、旅行に行っていたためにお返事が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。以下、自分のブログにもほぼ同じお返事を書いています。

私は実はオペラを観ていないので、比較はできないのですがやはり「ホフマン物語」のオペラに親しんでいる方の話を聞くと、ミューズがいないということで結末が何だか救いがないような感じになってしまうとおっしゃっている方が多いようですね。ご指摘されているような欠陥は、たしかにこの作品にはあると思います。4つのまるで違った物語を並べられていて、しかもホフマンは人間的に成長もしていないし、魅力的な男かというとそうでもない。振付家が亡くなっている方なので改訂は難しいかもしれませんが、その辺何とかならなかったのかな、とは思います。そう言う点で、dezireさんは的確なご指摘をされていると思いました。ありがとうございます。
Commented by desire_san at 2015-11-30 08:52
naomiさん、コメントありがとうございます。ご指摘の通りだと思います。
オペラでは、4つのまるで違った恋の物語を芸術の女神ともいえるミューズをホフマンを見き、物語を通じてホフマンに詩人として生きるように導いていくという筋立てになっています。従ってミューズ役の歌手はいちばん歌に力のあるソプブラ歌手をあてています。naomiさんが書かれているように劇中でホフマンがホフマンは人間的に成長していく問いストーリーに変えれば、ミューズは必要ないでしょうが、それを表現するには、ホフマン役のダンサーは相当の表現力が必要で、外国から一流のダンサーを招かなければならず、そうすると今度は3人の女性ダンサ―がそれに見合う力量が要求される、というジレンマに陥ってしまうようです。そう考えるとそもそも何人も主役級のダンサーが必要なこの演目の満足な上演は難しい、ということになってしまいますね。naomiのコメントを読んで、そんなことも考えてしまいました。
最もオペラもいろいろな演出があり、2回目の新国立劇場の舞台では、最後にホフマンが自殺してしまいました。これではミューズの存在は何だつたのか?と疑問がのこ凝ってしまいました。バレエもオペラも演出に左右され、演出家も大変ですね。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite