「ほっ」と。キャンペーン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

2つの川とアルデンヌの森に囲まれた「ムーズ川の真珠」と呼ばれる美しい町

ナミュール
Namur
a0113718_22255736.jpg

 ナミュールは、ブリュッセルの南東60kmにある人口10万の街で、アルデンヌ地方観光の玄関口にあり、「ムーズ川の真珠」と讃えられる美しい街並みが魅力で、の旅の拠点となっています。





Namuris a city with a population of 100,000 located 60 km southeast of Brussels.Namur is at the gateway to Ardennes region sightseeing. The beautiful cityscapethat Namur is praised as "the pearl of the Meuse River" isattractive. This town is a base for traveling around the old castle.



ベルギーの南東部、ワロン地方のナミュール州、リュクサンブール州、ルエージュ州の3州はアルデンヌ地方と呼ばれ、緑深く起伏に富んだ地形の中を川が流れ古城が点在します。 ナミュールはアルデンヌ地方の玄関口で、ムーズ川とソンブル川の合流点でもあります。昔は戦いの重要な拠点だったそうです。



a0113718_22033900.jpg


 ナミュールの城砦については、古代に城砦があったという記録もありますが、現在の城址は17世紀のものです。ルイ14世やオラニエ公ウィレムが所有していたこともあり、第2次大戦ではドイツ軍が間近まで迫りました。今では広大な庭園になっていて、森林博物館や野外劇場があります。頂上から見た渓谷や街並みの景観は絶景です。ナミュールの眺めは、ヨーロッパを実感させます。ミニトレインに乗って楽に見学できます。城砦内に、国際コンクールで多くの賞に輝いた香水クリエイターのギー・デルフォルジュ氏のアトリエがあります。香水調合についてのデモンストレーション見学の他で香水の購入もできます。



a0113718_22071291.jpg ジャンブ橋は、ムーズ川に架かる石造橋です。橋の周辺から美しい街の景色を望むことができます。アルム広場は、街の中心にある広場で広場の周りの花壇が美しく、市庁舎もこの広場に面しています。


 ナミュールの鐘楼は、ユネスコの世界無形遺産に登録されているベルギーの鐘楼群のうちの一つです。聖ピエール教会の鐘楼でしたが。の教会の火災によってナミュールの町の城壁の一部として1388年に建設された聖ジャック塔に移され、城壁の開門、閉門の時を鐘が告げていた。高さ20メートルの聖ジャック塔は14世紀の軍事的建造物として重要な遺産でもります。


 鐘楼と市庁舎のすぐ近くのアルム広場には、ジョゼフとフランシェのユーモラスな銅像があります。ナミュール生まれの漫画家ジャン・ルグランの作品のキャラクターで、漫画ではナミュール人ののんびり、おっとりした性格が描かれています。ミュールの聖オーバン大聖堂は外観からは想像も出来ないような内部の美しさが魅力の素敵な聖堂でした。




a0113718_22094980.jpg


 
鐘楼と市庁舎のすぐ近くのアルム広場には、ジョゼフとフランシェのユーモラスな銅像があります。ナミュール生まれの漫画家ジャン・ルグランの作品のキャラクターで、漫画ではナミュール人ののんびり、おっとりした性格が描かれています。



a0113718_22144033.jpg


ミュールの聖オーバン大聖堂は外観からは想像も出来ないような内部の美しさが魅力の素敵な聖堂でした。




a0113718_22234363.jpg


a0113718_22242934.jpg





a0113718_22110953.jpg

 ノートルダム女子修道院には、13世紀初頭の修道士金工師だったユゴーが制作したベルギー七つの傑作」の一つ、福音書カバー、聖餐杯、聖遺物箱などの秘宝が展示されています。フェリシアン・ロップス美術館は、画家フェリシアン・ロップスの生家に近い1819世紀の館に1000点を超える作品が収蔵されています。ナミュール考古学博物館は、ナミュール州にかかわる先史時代からガロ・ロマン、メロヴィング朝時代にわたる考古学資料の展示。建物はかつて食肉業者の会館です。



 ムーズ川、サンブル川クルーズは、ナミュールを出発点として、ナミュール周辺のサンブル川、ナミュール~ウェピオン間往復、ナミュール~ディナン往復などのクルージングが可能です。ムーズ渓谷の景色はワロン地方屈指の美景です。




a0113718_22005526.jpg



a0113718_22195560.jpg ミュールから南東に27kmには、創立1121年の古い修道院であるナミュール・フロレッフ修道院があります。聖ノルベールによって建立されました。現在の建物は1718世紀のものです。付属の醸造所でビールを造っています。デュ・ボック醸造所は、地ビール「ラ・ゴロワーズ」、「ブランシュ・ド・ナミュール」などを醸造しています。




ナミュールの歴史

 ナミュールは中世初期に、2本の川が交わる場所の、町を見下ろす岩の懸崖上にメロヴィング朝の城が築かれてから有名になった。1262年、ナミュールはフランドル伯の手に落ち、1421年にブルゴーニュ公フィリップ善良公によって買い上げられた。



a0113718_22285093.jpg


 ナミュールはスペイン領ネーデルラントの一部となり、城塞が強化された。しかし、大同盟戦争でフランス王ルイ14世は1692年に侵入し、フランスへ併合したフランス支配は短期で終わり、イングランド王ウィリアム3世によって奪われた1709年の和平でオランダ共和国はナミュールの要塞権を獲得した。しかし町を支配したのはオーストリアのハプスブルク家で、要塞はオランダ管理下にあった。




a0113718_22310007.jpg



 1794年にナミュールはナポレオンのフランスに併合され、革命政府の政治が押しつけられた。ナポレオン敗退後、ウィーン会議で現在のベルギーはオランダ王国の一部となった。1830年にオランダからの分離独立を求めベルギー独立革命が勃発、ナミュールは重要な要塞の町として新たな政権の支配下に置かれた。

   


a0113718_22315520.jpg




 第一次世界大戦中町はドイツ軍に占領された。第二次世界大戦中はアルデンヌの戦い、1944年のバルジの戦いでは前線地帯となった。ひどい被害を受けました。1977年まで、ナミュールはベルギー軍落下傘部隊の本拠地でした。



a0113718_22340399.jpg











このブログを満たす方は下記のマークをクリックしていただくよう、お願いします。











[PR]
by desire_san | 2017-01-04 22:50 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/23523548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2017-01-05 21:48
遅ればせながらあけましておめでとうございます!今年は天気に恵まれて穏やかなお正月でしたね。年末年始は短かったし風邪引き気味でしたのでどこにも出かけずゆっくり過しており箱根駅伝TV中継などを見てゆっくり家で過しておりました。正月早々、インフルエンザや風邪が相当はやっているようです。本年もどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by desire_san at 2017-01-06 23:51
rollingwesさん、こちらこそよろしくお願いいたします。毎回いろいろな名所をご案内いだくのを楽しみにしております。
Commented by snowdrop-nara at 2017-01-21 06:15
ナミュールの美しい自然と町並みの裏には複雑な歴史があるのですね。ヴェルディの歌劇「ドン・カルロ」を思い出しました。Eテレのニューイヤーオペラコンサートで「友情の歌」を聴きましたので…ルクセンブルグも改めて拝見いたします。
クラナハ展、desireさんのおかげで、関西に巡回するのがいっそう楽しみになりました。
desireさんは焼きものはお好きでしょうか。いま台北の故宮博物院から水仙盆という青磁が来日中です。
Commented by desire_san at 2017-01-21 08:32
snowdrop-naraさん、コメントありがとうございます。
ヴェルディの「ドン・カルロ」は、スペインの王子ドン・カルロが、父のスペイン王・フィリッポ2世の圧政に苦しむフランドルの救済に力をそそごうという親友のロドリーゴに共鳴して幾はナシでしたね。ルーカス・クラナッハの時代に近く、小国ルクセンブルグも、スペイン。神聖ローマ帝国のハプスブルグ家の大国に翻弄されていた時代ですね。
今のルクセンブルグは、その時代が嘘のように旧市街と美しい緑に包まれ、街歩きが楽しい国でした。次回は波乱にとんだルクセンブルグの歴史と美術を紹介しますので、是非またご訪問ください。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite