dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

ノートルダム大聖堂とラテン文化とゲルマン文化が交流した要塞都市の歴史

ルクセンブルク 

LuxembougNotre Dame Cathedral& country history


a0113718_09453038.jpg

 戦略上の拠点である地の利は希に見る地の利は、希に盛る波乱に満ちた歴史を残しました。世紀ゴルターニュ、スペイン、フランス、プロイセンの注目の的となり、1815年自治を回復するまで外国勢力の統治下にありました。「北のジブラルタル」と呼ばれるほど歴代の統治者により強化された強固な要塞は、その一部がその姿を留め、ルクセンブルクの街の象徴となっています。





Inthe 14th and early 15th centuries, three members of the House of Luxembourgreigned as Holy Roman Emperors. In 1437 the House of Luxembourg suffered asuccession crisis, precipitated by the lack of a male heir to assume thethrone, which led to the territories being sold by Duchess Elisabeth to Philipthe Good of Burgundy.



 ルクセンブルクは、14世紀のボックフェルゼンに始まります。10世紀ルクセンブルク家の祖先であるアルデンヌ地方のジーゲロイド伯爵が小さな城を立てたのが由来と画家が得られています。14世紀ボヘミアと密接な関係を結んでいたルクセンブルク伯爵家から4人の神聖ローマ帝国皇帝がでて、ルクセンブルク家の皇帝カール4世によって伯領から公領へ昇格しました。15世紀始め、ヴェンツェル2世により、「ヴェンツェルの環状城壁」が築かれました。もう一つはボックフェルの下から始まりました。その後紛争が度々起こり、ヴェンツェルは要塞都市として重要な役割を果たしました。



a0113718_09502930.jpg



Inthe following centuries, Luxembourg's fortress was steadily enlarged andstrengthened by its successive occupants, the Bourbons, Habsburgs, Hohenzollernsand the French.



 スペイン王、フランドルの統治者でルクセンブルク公を兼ねていた神聖ローマ帝国皇帝・カール5世はマスフェルトにルクセンブルク統治を任命しました。マスフェルトはスペイン・ルネサンス様式の建物を次々と建設しました。現在の大公宮殿のもっとも古い部分は当時の建築家。アダム・ロベルティが市庁舎として建てたものです。

TheCathedral of Notre-Dame in Luxembourg is the cathedral of the Catholic religionof the city of the same name in the south of the country. It was, originally, aJesuit cathedral, and its base was constructed in 1613.



a0113718_10021905.jpg




 ノートルダム大聖堂のひときわ目を引く尖塔は、ルクセンブルクの空の景色を特徴づけています。ノートルダム大聖堂は、最初イエズス会の聖堂として建築され、17世紀トーリア司教により献堂式が行われ、1870年司教座が置かれ、大聖堂となりました。ジャン前大公とベルギー皇女ジョセフィーヌ=シャルロットとの婚礼が行われた場所で、ノートルダムの名前は19世紀で、その前はマリア・テレジアにちなみ聖ニコラと聖テレジアの名前が付いていました。




a0113718_10011311.jpg


TheNotre Dame Cathedral is considered to be the heart of the city of Luxembourgand the inner church is a great example of ancient Gothic architecture and yetit also has many elements and decorations of the Renaissance architecture. Atthe end of the 18th century, this historic temple received the miraculous imageof Mary Consolatrix Afflictorum, the patron saint of the city and nation.




a0113718_10054215.jpg



 イエズス会の建築家・シャン・デ・ブロックが設計した聖堂は、当時フランドル地方に取り入れられていたゴシック建築の代表作と言えますが、ルネッサンスやバロックの要素も取り入れられています。1985 年に尖塔が火災に見舞われ、鐘楼と屋根に甚大な被害がもたらされました。そのため、現在見ることができるのは再建されたものですが、建物のほとんどは当初のままです。




a0113718_10064534.jpg



Later,it was blessed as the Church of Our Lady (that is the translation of NotreDame, our lady) and in 1621 the church was consecrated by the auxiliary bishopof Treves, Georg von Helffenstein reason why it was elevated to rank ofCathedral by The Pope Pío IX. The last enlargement works were carried outbetween 1935 and 1938 that left her as we can see today.




a0113718_10035476.jpg



 ルネサンス様式の入口は、彫刻家・ダニエル・ミューラーの代表作です。エントランスの上の彫像は、憂き人の慰めなる聖母マリアは 0.7 メートルの色鮮やかな彫像で、他に聖ペテロや聖パウロの姿があります。大聖堂の北門は、ルネッサンスとバロックの要素がもっともよく表れている建造物です。




a0113718_10044117.jpg




Itwas made under the designs of the Jesuit father Jean du Blocque who could notgive more witness to the beauty he drew on paper and the construction hand ofUlrich Job that came from Lucerne masterfully finished the project. Worthnoting is the grandstand that was masterfully sculpted with a realism worthy ofadmiration, centimeter by inch, by Daniel Muller, who came from Saxe to do hisgreat work. In 1778, Empress Maria Theresa of the Netherlands donated thechurch to the city of Luxembourg and perhaps this was the reason why it wascalled in ancient times Our Lady Maria Teresa.




a0113718_10092900.jpg




 ノートルダム大聖堂の魅力は、歴史的な芸術作品と荘厳なステンドグラスです。祭壇の周囲にあるガラス作家ルイバリエのステンドグラス作品です。テンドグラスが美しく、抽象的にイエス・キリストや聖母マリア、周りに天使をいっぱい表現しおり、細部をガラスの上に描いているものとあります。美しい壁画も見ごたえがあります。




a0113718_10131583.jpg


a0113718_10134078.jpg



a0113718_10112974.jpg


a0113718_10144882.jpg



a0113718_10150701.jpg




Accustomedto the constant changes, in 1854 all the baroque furniture was replaced by aneogothic one that came better to the designs of the temple, gave to him moredepth and more intimacy and with the phenomenon of the peregrinations wererealized in the XX century the works of extension Which have given a grandioseaspect while they have provided a place for the great event that takes placebetween the third and the fifth Sunday after Easter, ideal date to visit theplace because it combines in a single act the vision and Admiration for theserious and straight lines of the temple and the colorful presence of thepilgrims who do not bother at all to cross the best corners of this stony mass,filling it with warmth by the prayers that make a perfect background to admireit even more.




a0113718_10112974.jpg



 ルクセンブルク家はカール4世の孫の代で断絶し、ルクセンブルク公領は抵当に入れられた後、1461年にブルゴーニュ公国に併合されました。その後、ネーデルラント一帯はハプスブルク家領となり、ルクセンブルクはハプスブルク領ネーデルラントの一州としてスペインやオーストリアの支配を受けました。



a0113718_10183315.jpg



 紛争も続き、ルクセンブルクは城塞都市としての役割を果たし、『北のジブラルタル』と呼ばれました。街は繰り返し軍隊に包囲。略奪、破壊される不運にあい、火薬庫に雷が落ち、激しい爆発事故も経験しました。しかし、これを機会に年の再建冷覚も実行されました。17世紀、ルイ14世は、お抱えの建築家を送って要塞の近代化を行い、またの防衛を強化しました。グルントの水門も建設され、アルゼット川とペトリュス川がせき止められて巨大な湖となり、街を外敵から守りました。張り巡らされた城塞に橋がかけられ、街の高台とつながりました。




a0113718_11164602.jpg


Atthe time of the Belgian Revolution of 1830–1839, and by the 1839 Treatyestablishing full independence, Luxembourg's territory was reduced by more thanhalf, as the predominantly francophone western part of the country wastransferred to Belgium. In 1842 Luxembourg joined the German Customs Union Thisresulted in the opening of the German market, the development of Luxembourg'ssteel industry, and expansion of Luxembourg's railway network from 1855 to1875, particularly the construction of the Luxembourg-Thionville railway line,with connections from there to the European industrial regions.] While Prussiantroops still manned the fortress, in 1861 the Passerelle was opened, the firstroad bridge spanning the Pétrusse river valley, connecting the Ville Haute andthe main fortification on the Bock with Luxembourg railway station, opened in1859, on the then fortified Bourbon plateau to the south.




a0113718_10170215.jpg



 ルクセンブルクはフランス革命期にフランスの支配を受けた後、1815年にウィーン会議の結果、ドイツ連邦に加盟しながらもオランダ国王を大公とするルクセンブルク大公国となった。1830年のベルギー独立革命の際にはベルギーと行動を共にし、首都ルクセンブルクを除いてその統治下へと置かれました。1831年ロンドン会議によって領土の西半分をベルギー、残りをオランダ国王の統治下帰属と決められましが、1867年にはロンドン条約によってプロイセン王国とフランスの緩衝国とするため永世中立国となりました。



Afterthe defeat of Napoleon in 1815, Luxembourg was disputed between Prussia and theNetherlands. The Congress of Vienna formed Luxembourg as a Grand Duchy within theGerman Confederation in personal union with the Netherlands, being at the sametime a part of the Netherlands and ruled as one of its provinces, with theFortress of Luxembourg manned by Prussian troops.[15] This arrangement wasrevised by the 1839 First Treaty of London, from which date Luxembourg's fullindependence is reckoned




a0113718_10222840.jpg



 第一次世界大戦と第二次世界大戦では、ドイツの占領下に置かれました。終戦後も戦闘的な緩衝である要塞の明け渡しの問題があり、永世中立は1948年まで続きました。ルクセンブルクは、ヨーロッパや世界の様々な政治・軍事機構に加入するため、永世中立を破棄したかったので、ロンドン条約で16基の城塞と全長26kmの要塞の撤去が決められました。16年と歳月と150万フランの撤去作業が行われましたが、完全な撤去は出来ませんでした。





a0113718_10192646.jpg



Luxembourg during World War II, the country was treated as German territory andinformally annexed to the adjacent province of the Third Reich. A government inexile based in London supported the Allies, sending a small group of volunteerswho participated in the Normandy invasion. Luxembourg was liberated inSeptember 1944, and became a founding member of the United Nations in 1945.Luxembourg's neutral status under the constitution formally ended in 1948, andin 1949 it became a founding member of NATO.In 1951 Luxembourg became one ofthe six founding countries of the European Coal and Steel Community, which in1957 would become the European Economic Community and in 1993 the EuropeanUnion, and in 1999 Luxembourg joined the Euro currency area. In 2005, areferendum on the EU treaty establishing a constitution for Europe was held.




a0113718_10204054.jpg



 1948年、ベネルクス間の関税同盟が成立し、NATOに加盟し82年間続いた永世中立を放棄しました。ルクセンブルクは欧州経済共同体、に欧州連合ユーロ圏へと原加盟国として参加しています。ルクセンブルクの公用語はフランス語ですが。ドイツ語の方言の使用も認められています。




a0113718_10252392.jpg




 ルクセンブルクは、ゲーテ、ターナー、ヴィクトル・ユーゴーがそれぞれの事態に滞在し、色々な感想を残したり、絵画に描いたりしています。要塞が張り巡らされていたころは「日中は美しいが、夜は恐ろしい街」と言われていました。歴史を刻んだ旧市街とは対照的に、周辺には近代的国際金融センターが建設され、現代のルクセンブルクを象徴しています。





参考文献:

建部 和仁「小さな大国 ルクセンブルク (美しき偉大な小国)2010

 ジルベール トラウシュ, Gilbert Trausch, 岩崎 允彦 ()

   「ルクセンブルクの歴史―小さな国の大きな歴史」 1999












このブログを満たす方は下記のマークをクリックしていただくよう、お願いします。












[PR]
by desire_san | 2017-01-22 10:27 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://desireart.exblog.jp/tb/23567093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by doitsuwine at 2017-01-22 20:49
ルクセンブルクへ行って来たのでしょうか。
説明文は海外のサイトからの引用でしょうか。
私がここを訪れたのは20年前。
ドイツから高速道路で入ったのですが、ルクセンブルクに入った途端、道路が綺麗になったことを今でも覚えています。
町中の人のいる写真を見せて頂けるとうれしいです。
Commented by desire_san at 2017-01-23 05:42
doitsuwineさん、コメントありがとうございます。
私はヨーロッパリ証拠にに未海を持ち、昨年ルクセンブルクに実際行って、この国についていろいろ興味深いことを知りました。この旅で知ったことをより詳しく知るために、参考電顕にあげたような本を読み、整理して自分で撮った写真とともに旅行記としてまとめてみました。

写真の続きは、ツぞの日記に掲載しましたので、是非ご覧になってください。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite