「ほっ」と。キャンペーン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

プッチーニ唯一の喜劇オペラとヴェリズモ・オペラの傑作

プッチーニ              レオンカヴァッ

『ジァンニ・スキッキ』 『道化師』

Gianni Schicchi & Pagliacci


a0113718_12341462.jpg



『ジャンニ・スキッキ』プッチーニの唯一の喜劇であり、ダンテの神曲の「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」から発想を得た三部作、『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』の3つのオペラの中で、軽妙で機知に溢れた『ジャンニ・スキッキ』最も上演機会も多いと言われています。

道化師』は、ヴェリズモ・オペラの傑作で、緊張感みなぎる熱いドラマと感情を歌い上げる音楽の連続で、第2場の劇中では、劇芝居と現実が交錯します。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-02-17 12:41 | オペラ | Trackback | Comments(0)

独自の絵画を追求し28歳で散った天才画家と傑作誕生の秘話

映画 『エゴン・シーレ 死と乙女』

EgonSchiele: Death and the Maiden

a0113718_12450968.jpg


 エゴン・シーレは、意図的に捻じ曲げられたポーズの人物画などインパクトの大きい独自の絵画を追求し、独自の美意識を持った画家です。私もエゴン・シーレの作品は数多く見て魅了されましたが、シーレがなぜこのような絵画を描けたのかは謎でした、今回エゴン・シーレの生涯を描いた映画が公開されたので見てきました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-02-14 13:35 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(18)

遠藤周作の最高傑作の完全映画化 と 窪塚洋介の完全復活

映画『沈黙-サイエンス』
"Silence" by Martin Scorsese  

a0113718_20141075.jpg

 戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれている遠藤周作の最高傑作といわれる「沈黙」を、アカデミー賞に輝き、世界の映画人たちに尊敬されている巨匠マーティン・スコセッシ監督が、全員でアカデミー賞®受賞6回、アカデミー賞®ノミネート23回の最高のスタッフと、時代考証や美術で日本人チームも参加して江戸初期の長崎を再現し、映画化しました。人間の強さ、弱さとは?信じることとは?そして、生きることの意味とは?貧困や格差、異文化の衝突など、この混迷を極める現代において、人類の永遠のテーマをあまりに深く、あまりに尊く描いた、マーティン・スコセッシの最高傑作という触れ込みに期待して、久しぶりに映画館に行ってみてきました。


More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-02-12 09:35 | バレエ・演劇 | Trackback | Comments(23)

フランス革命を舞台とした「ヴェリズモ・オペラ」の最高傑作

ジョルダーノ 「アンドレア・シェニエ」
Umberto Giordano " Andrea Chénier "
a0113718_1036249.jpg


 19世紀に入り、現実をそのまま表現する写実主義の流れが西洋の美術や文学で現れます。絵画ではクールベ、文学ではフランスのフローベール、バルザック、イギリスのディケンズが写実主義の芸術を展開します。オペラの世界でもこの影響を受け、それまでの神話や英雄伝などの歴史物を題材としたロマン主義と異なり、同時代の人間の日常生活を写実的に捉える「ヴェリズモ・オペラ」という新しい性格のオペラが19世紀末に制作されました。

More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-02-07 00:44 | オペラ | Trackback(1) | Comments(45)

世界で一番親しまれている人気オペラ『カルメン』の魅力

ビゼー『カルメン』

Georges Bizet"Carmen"


a0113718_00165849.jpg


 カルメンの歌う「ハバネラ」、エスカミーリョが歌う「闘牛士の歌」、可憐な娘ミカエラが歌うアリア「何が出ても恐くない」を始め叙情的で極めて美しい魅力あるアリアや合唱、スペイン的な異国情緒あふれる音楽、数あるオペラでも最も親しまれているビゼーの『カルメン』、久しぶりに新国立劇場の舞台で楽しんできました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-02-02 11:21 | オペラ | Trackback | Comments(14)

ノートルダム大聖堂とラテン文化とゲルマン文化が交流した要塞都市の歴史

ルクセンブルク 

LuxembougNotre Dame Cathedral& country history


a0113718_09453038.jpg

 戦略上の拠点である地の利は希に見る地の利は、希に盛る波乱に満ちた歴史を残しました。世紀ゴルターニュ、スペイン、フランス、プロイセンの注目の的となり、1815年自治を回復するまで外国勢力の統治下にありました。「北のジブラルタル」と呼ばれるほど歴代の統治者により強化された強固な要塞は、その一部がその姿を留め、ルクセンブルクの街の象徴となっています。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-01-22 10:27 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(2)

美しい緑と中世の街並み、豊かな文化と富に恵まれた街

ルクセンブルク 

Luxemboug Beautiful green and medieval townscape


a0113718_14445178.jpg

 ルクセンブルク大公国、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家です。首都のルクセンブルク市は、アルデンヌの標高500mの高地にあり、ベトーリューシュ川がモーゼル川の支流、アルゼント川と合流する派所位置し、西と南がフランス、北のベルギー・ブリュッセルから188km、東のドイツに接し、文化と富に恵まれた世界で最も裕福な都市1つです。東のドイツ・ケルンからは190kmにあり、文化と富に恵まれた世界で最も裕福な都市1つです。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-01-19 15:16 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(0)

全米有数の印象派、ポスト印象派・ドイツ絵画の奇跡のコレクション

デトロイト美術館展

Detroit Institute of Arts

a0113718_17132713.jpg




 デトロイト美術館は、1885年に創立して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を通じて、ゴッホやマティスの作品を初めて購入したアメリカの公共美術館で、古代エジプト美術から現代美術まで65千点以上の作品を所蔵する全米でも上位6館に入る世界屈指のコレクションを誇る美術館でした。特別設計されたボザール・ルネサンス様式の施設は、デトロイトで最も瀟洒な建物のひとつです。美術館の中心には、メキシコの画家ディエゴ・リベラの自動車産業を始め、デトロイトの代表的な産業の労働風景を四方の壁に描いた傑作フレスコ画『デトロイトの産業』で装飾されているそうです。今回美術館のコレクションの中核を成である印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作52点が、上野の森美術館に展示されました。その中から代表的な作品について鑑賞レポートを書いてみました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-01-13 18:02 | 美術展 & アート | Trackback(4)

ルターの宗教改革に貢献したデューラーと並ぶドイツ・ルネサンスの最大の画家

ルーカス・クラナッハ

Lucas Cranach the Elder

a0113718_12443180.jpg

 ルーカス・クラナッハはアルブレヒト・デューラーと並ぶ、北方ルネサンスを代表するドイツ人画家ですが、彼の作品を見る機会は今日本ではあまりありませんでした。ウィーン美術史美術館の特別協力により、この稀有な天才芸術家・ルーカス・クラナッハの全貌に迫る美術展が東京西洋美術館で解されました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-01-13 13:56 | 美術展 & アート | Trackback(1) | Comments(19)

2つの川とアルデンヌの森に囲まれた「ムーズ川の真珠」と呼ばれる美しい町

ナミュール
Namur
a0113718_22255736.jpg

 ナミュールは、ブリュッセルの南東60kmにある人口10万の街で、アルデンヌ地方観光の玄関口にあり、「ムーズ川の真珠」と讃えられる美しい街並みが魅力で、の旅の拠点となっています。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-01-04 22:50 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(4)

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite