dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

イタリア代表する作曲家・ロッシーニが生まれた街と世界的美術の至宝

ペーザロ
Pesaro
a0113718_1534356.jpg

 ベーザロは、ベーザロ・エ・ウルビーノ県の県都でアドレア海に面した観光の中心です。ロッシーニが生まれた町として知られ、彼の家だった博物館やロッシーニの名を冠した音楽学校や劇場などがあります。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-22 13:19 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback(2) | Comments(14)

『ニーベルングの指環』第3日 ワーグナー究極の楽劇 オペラと楽劇の違い

ワーグナー『神々の黄昏』

Richard Wagner' “Twilight of the Gods


a0113718_18275153.jpg



新国立劇場では、飯守泰次郎芸術監督の下、201510月から、ワーグナーの『ニーベルングの指環(リング)』をドイツで活躍したゲッツ・フリードリヒ演出フィンランド国立歌劇場の舞台をベースに飯守泰次郎が自ら指揮して上演してきました。その第4弾となる楽劇「『神々の黄昏』の公演は、2015年から3シーズンにわたり新制作上演してきた『ニーベルングの指環』の完結であります。 日本のワーグナー指揮の第一人者・飯守泰次郎さんの新国立劇場芸術監督としての最後のワーグナーの舞台という意気込みが感じられ、白熱のワーグナーの楽劇の醍醐味を体感できました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-15 15:42 | オペラ | Trackback | Comments(13)

優れた文学を生んだ抽象的で幻想的な都市・ペテルブルグとその歴史

サンクトペテルブルグの宮殿と寺院
Palaces and Temples of St. Petersburg

a0113718_13453637.jpg



 世界最大級の美術館エルミタージュ美術館、世界で最も美しい宮殿といわれるエカテリーナ宮殿、そして、世界で最も美しい王宮の庭園といわれるピョートル大帝なの宮殿を一度見ておきたいと思い、ロシア・サンクトペテルブルグの旅に出かけました。サンクトペテルブルグでは、他にも魅力的な宮殿や寺院を見つけましたので写真で紹介します。 それらはもちろん美しく見事なものでしたが、それに加えて心に焼きついたのは、まばゆいばかりの王宮とは対照的なサンクトペテルブルグの重たい雰囲気、言い換えれば影の部分でした。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-11 14:50 | ロシア | Trackback(2) | Comments(23)

偉大な天才を生み、ヒットラー、スータリンを育てた街・ウィーン

ウィーン

Vienna


a0113718_16450723.jpg


 ウィーンの街を象徴する「リング」は、世界でも類のないもので、世界で最も美しい大通りに国を代表する重要な歴史的建築分が集中しています。「リング」の大規模な建設事業は。巨大な社会変革の始まりであり、新興の市民階級が政治経済への進出し、社会的にも確固たる地位を築き、建築や美術の分野でも飛躍的な発展をもたらしました。この150年の歴史における歳月は、明暗も含めた多彩な側面での変貌がありました。ウィーンという街の特殊性は、ハプスブルグ帝国の都という運命の影響も大きいと思います。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-10-06 17:35 | オーストリア | Trackback | Comments(4)

リング通りに沿って建つ歴史の変化を秘めた最も美しい建造物

ウィーン   Ⅰ
Vienna


a0113718_17011979.jpg


 ウィーンは質の高い生活で知られ、2005年の世界の127都市の調査では、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが、世界で最も住みやすい都市の都市をトップにランク付けされていると聞いていました。初めて私がウィーンの街に入った時、まずトラムに乗ってウィーンの象徴・リングシュトラーセを一巡してみました。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-10-04 17:29 | オーストリア | Trackback | Comments(0)

機能主義的建築の父・オットー・ワーグナーの建造物を巡る

ウィーン   Ⅱ

Vienna


a0113718_16025249.jpg



 ウィーンの歴史的中心部には、リング通りに沿ってオーストリアで最も美しく重要な歴史的建造物が並んでいます。歴史的様々な建築様式が見られるとともにファザードの背後には様々な都市の歴史の変化が秘められています。バロック様式の城や庭園、壮大な建物、モニュメント、公園が並んでいます。ウィーンではヨーロッパ史における全ての建築スタイルを見ることができます。ゴシックのシュテファン寺院やバロックのシェーンブルン宮殿には、全世界から多くの旅行者が訪れます。



More全体を観る
[PR]
# by desire_san | 2017-10-03 08:10 | オーストリア | Trackback | Comments(0)

モザイク絵画の美術館: 血の上の救世主教会

スパース・ナ・クラヴィー教会  

Church of the Savioron Blood

a0113718_15142808.jpg


 芸術広場のロシア美術館の奥の、グリボエドフ運河の道路上に、キリスト復活教会として建てられた、通称、血の上の救世教会とよばれる、ペテルブルグでは珍しい純正ロシア風のスパース・ナ・クラヴイーナ教会があります。



More全体を見る
[PR]
# by desire_san | 2017-09-17 18:19 | ロシア | Trackback(3) | Comments(24)

帝政ロシアのシンボルとして築かれた世界最大級の豪華な大聖堂

イサク聖堂

SaintIsaac's Cathedral


a0113718_16505662.jpg



 ネフスキー大通りからネヴァ川に向って進み、アレクサンドルの庭を左に進むと、バチカン宮殿などと並んで世界最大級の教会建築といわれるイサク聖堂があります。



More全体を見る
[PR]
# by desire_san | 2017-09-10 17:08 | ロシア | Trackback(1) | Comments(21)

ウィーンの宗教建築:多様な建築様式の魅力

ウィーンの聖堂・教会

Vienna'scathedrals


a0113718_20051391.jpg

ヴィーナーノイシュタットの祭壇(シュテファン大聖堂)



 ウィーンには、たくさんの寺院・教会があります。シュテファン大聖堂コンサート、ペーター教会・ミヒャエル教会・アウグスティン教会でのオルガンコンサート。カールス教会等でのモーツァルトコンサート等、定期的に、多彩な音楽コンサートの会場となります。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-09-09 03:30 | ウィーン美術の旅 | Trackback | Comments(0)

李白の詩に魂と人生を歌いあげた最もマーラー的な作品とその魅力

マーラー『大地の歌』

Gustav Mahler “DasLied von der Erde”

a0113718_18473641.jpg

 『大地の歌』は。声楽(2人の独唱)を伴う「交響曲」と「管弦楽伴奏による連作歌曲」とを融合させたような作品で、色彩的で甘美、かつ耽美的な表現が全面に打ち出されていますが、マーラーが交響曲第8番まで重層的な展開による多義性を持っていたことを鑑みると、私には非常に難しい音楽と感じていました。 今回、独唱に高橋ちはるさん、中嶋克彦さんを迎え、アンサンブル・ヴァガボンズの第1回公演でこの『大地の歌』を聴けるといいことで、鑑賞してきました。



More全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2017-08-16 19:03 | 音楽・オーディオ & 写真 | Trackback | Comments(11)

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite