dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ナポレオンがイギリス・プロイセンなど同盟軍に敗れた古戦場

ワーテルロー

Waterloo

a0113718_14160257.jpg


 1815618日、ナポレオン率いるフランス軍72,000とウェリントン将軍率いるイギリス・オランダ・プロイセン連合軍116,000のヨーロッパの覇権を賭けた戦いが繰り広げられた戦場跡です。戦いの結果、ナポレオンは敗れ、イギリスに降伏。退位したナポレオンはセントヘレナ島に流され、1821年にセントヘレナで死去しました。



More全体を観る
[PR]
by desire_san | 2016-09-29 14:23 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(4)

シャガール、ピカソ、マティスらの代表作から20世紀絵画の魅力を探る

ポンピドゥー・センター傑作展

Centre Pompidou masterpiece Exhibition

a0113718_11250529.jpg


 東京都美術館で、「ポンピドゥー・センター 傑作展」題して、パリのポンピドゥー・センターの近現代美術コレクションから1906年から1977年のタイムラインをたどって、一年ごとに一作家一作品を厳選した展覧会が開催されています。展覧会の題名に恥じず、息をのむような多彩な傑作ぞろいで、20世紀美術を一望しながら楽しむことができました。また、制作年代順に展示されていたようですが、制作年代と美術史における前衛性とは必ずしも一致しないことを視覚的に体験することができ、それも大きな収穫でした。



More全体を読む
[PR]
by desire_san | 2016-09-22 12:48 | 美術展 & アート | Trackback(2) | Comments(31)

北方ヨーロッパ絵画の最高傑作で人類の至宝 『神秘の子羊』のモニュメント

『ヘントの祭壇画』 ファン・エイク兄弟


a0113718_13504492.jpg

 聖バーフ大聖堂が所蔵する『ヘントの祭壇画』は、フーベルト・ファン・エイクとヤン・ファン・エイクのファン・エイク兄弟により制作された、北方ヨーロッパ絵画の最高傑作のひとつであり、人類の至宝と見なされています。当代隋何時の画家として世に知られたヤン・ファン・エイクとより優れた画家と言い伝えのあるフーベルト・ファン・エイクが残した唯一の作品です。兄フーベルトが構想を練り下絵を指図し、弟ヤンが20年の歳月を経て完成させました。



More全体を読む
[PR]
by desire_san | 2016-09-22 12:25 | 北方ルネサンスとフランドル美術 | Trackback(1) | Comments(8)

祭壇画の秘宝「神秘の仔羊」と世界遺産に登録されている建造物

ゲント  聖バーフ大聖堂と歴史的建造物 

GhentSint Baafskathedraal& Historic monuments


a0113718_16173073.jpg

 ゲントは、ベルギー・フランデレン地域のオースト=フランデレン州の州都で、南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市です。 南西に位置するフランスのリールにも近く、花の都市の異名を持っています。5年に1度、「ヘント・フロラリア」という花の祭典が行われます。




More全体を観る
[PR]
by desire_san | 2016-09-20 08:04 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback(1) | Comments(2)

花の都市という異名を持つ美しい水辺の風景

ゲント  ゲントを象徴する美しい水辺の風景

GhentKorenlei & Graslei

a0113718_15320379.jpg


ブリュッセルから列車で約30分の場所に位置するゲントは、12世紀より栄えたベルギー有数の古都として知られています。街を流れる2つの川の水運を利用して交易が盛んに行われ、中でも羊毛産業によって、ゲントは莫大な富を築きました。現在は近代産業都市としてベルギー第3の規模を誇るゲントですが、街の象徴である鐘楼を中心とした旧市街地区では、中世の繁を感じさせる建造物も多くあり、古都の趣を感じさせる街です。



More全体を観る
[PR]
by desire_san | 2016-09-19 16:01 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback(1) | Comments(0)

ルーベンスの故郷、ヨーロッパ第2の港、ダイヤモンドの街アントワープ

アントウェルペン

Antwerp

a0113718_16522097.jpg

 アントウェルペンは、ヨーロッパ第2の港を持ち、賑やかで活気溢れる総人口は約50万人。面積は204.51 km²のベルギー第2の大都市です。アントウェルペンは、画家ルーベンスの故郷、ダイヤモンドの街、クリエイターの街など、さまざまな顔を持ち、世界中から多種多様の目的の人々がアントウェルペンを訪れてきます。 アントウェルペンの街はどこを歩いても、中世の時代から続く長い歴史と、格調ある伝統を感じさせる美しさがあります。英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルスと呼ばれることもあり、アントウェルペン市内には、3件の世界遺産が登録されています。アントウェルペンにはアントウェルペン王立芸術学院があり、優れたファッション・デザイナーを輩出して、国際的に活躍しています。ワーグナーのオペラ『ローエングリン』は、10世紀のアントウェルペンを舞台としています。



More全体を観る
[PR]
by desire_san | 2016-09-16 12:30 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback(2) | Comments(3)

ルーベンスの宗教画の傑作 4 点を保有する聖母マリアに捧げられた教会

ノートルダム大聖堂(アントウェルペン)

TheCathedral of Our Lady

a0113718_11524831.jpg



  アントウェルペンの青の広場の中央に立つルーベンスの像を目にすると、この町は「ルーベンスの故郷」であることを実感します。像の向こうにバシリカ様式の古い教会堂が見えてきます。その堂内に収められている二点の三連祭壇画がルーベンスの像をこの場所に建立させたのだと考えたほうが適切なのかもしれません。とにかくその像は故郷の町に建つフランドルの類まれな風格を備えたルーベンスなのです。



More全体を観る
[PR]
by desire_san | 2016-09-13 17:46 | 北方ルネサンスとフランドル美術 | Trackback(1) | Comments(4)

ルーベンスが描いたノートルダム大聖堂が誇るキリスト教絵画の2つの金字塔

ルーベンスキリスト降架キリスト昇架

"The Descent from the Cross"&"TheElevation of the Cross"


a0113718_16261611.jpg



 アントウェルペンのノートルダム大聖堂には、ルーベンス「キリスト降架」と「キリスト昇架」という美術史上に燦然と輝く宗教絵画の2点の傑作が展示されています。「キリスト昇架」と「キリスト降架」適当に離して展示してあります。一方の位置から他方を眺めると、それぞれの違いがはっきりします。それぞれの主調をつかむことができますこのように並べることで絵画表現というものの性格をその意味を悟ることができます。


ノートルダム大聖堂(アントウェルペン)

文字をクリッマすると、画像と詳しいさ説明を見ることができます。



More全体を読む
[PR]
by desire_san | 2016-09-09 12:52 | 北方ルネサンスとフランドル美術 | Trackback(3) | Comments(9)

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite