dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オスマントルコ帝国の栄光

イスタンブール  Ⅱ    
İstanbul and Islamic art
a0113718_13395126.jpg


 イスタンブールの2日目は、ホテルからトラムに乗ってトプカプ宮殿に行き、次にブルーモスク、スレスマニジャーミーとイスタンブールの代表的なモスクを廻り、カーリエ博物館を回った後、城壁の向こう側に出て、トラムを利用してホテルに帰りました。ほとんど旧市街の名所を一回りした感じです。



More全体を読む
[PR]
by desire_san | 2018-02-16 18:07 | トルコ | Trackback(2) | Comments(26)

「綿の宮殿」と呼ばれる自然のつくった芸術

パムッカレ
Pamukkale

a0113718_1714226.jpg


 パムッカレは、ローマ時代から知られていた石灰華段丘からなる丘陵地で奇岩の大地です。数千年にもわたる長い歳月の間に、二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となり、その地下水が地熱で温められて湧き出して温泉となりました。



More全体を見る
[PR]
by desire_san | 2018-02-11 10:14 | トルコ | Trackback(1) | Comments(13)

ビザンティン・モザイク美術の宝庫 ・世界有数の初期キリスト教建物群

ラヴェンナ 

Early Christian Monuments of Ravenna

a0113718_14405951.jpg
ポポロ広場


 ラヴェンナは、ヴェネツィアの南150kmでアドリア海に面し、イタリアの中で最も豊かな地域の一つで、ボローニャ、モデナ、パルマ、フェラーラなどルネサンス都市も多いエミリア=ロマーニャ州にあます。ラヴェンナは、かつてローマ帝国の都市で、8世紀までイタリアのビザンティン様式の宮殿があり、イタリアのビザンティン美術が花咲きました。 そのため初期のキリスト教のモザイク美術の遺跡がたくさんあり、イタリア最大のビザンティン・モザイク美術の宝庫です。



More 全体を観る
[PR]
by desire_san | 2018-02-04 17:00 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback(2) | Comments(0)

日本最大の珍しい苔の群生地の渓流との織り成す風景

チャツボミゴケ公園
Jungermannia vulcanicola


a0113718_08520749.jpg

 

 日本でも珍しい穴地獄に自生するチャツボミゴケの生息地。群馬県吾妻郡中之条町六合地区元山には鉄鉱石の鉱床があり、露天掘りによる採鉱が行われていました。その露天掘りの窪み「穴地獄」に自生しているのが「チャツボミゴケ」です。チャツボミゴケは酸性の水の流れる所に生育し、窪みの側壁からは鉱泉も湧き出ています。このような風景は日本でも珍しく、本州では中之条町のチャツボミゴケ公園だけで、苔と渓流の織り成す風景を潺を聴きながら探索する体験は、珍しい自然を体験する貴重な体験でした。



More全体を見る
[PR]
by desire_san | 2018-02-01 09:12 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(5)

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite