ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ルーベンス展―バロックの誕生

RubensExhibition - The Birth of Baroque


a0113718_15190549.jpg



国立西洋美術館で『ルーベンス展―バロックの誕生』が開催されていたので、お出かけしてみました。今回はルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのか、ルーベンスとイタリア・バロック美術との関係を解きほぐし、イタリアとの双方向の影響関係に焦点を当てた初の試みだそうです。



More全体を詠む
# by desire_san | 2019-01-15 20:46 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(3) | Comments(41)

ムンクとゴッホ・ゴーギャン 素晴らしい比較

Munchand Goch · Gauguin excellent comparison


a0113718_16055948.jpg




 ノルウェーのエドヴァルド・ムンク(1863 - 1944年)とオランダ人のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ1853 - 1890年)は出会いませんでしたが、彼らは魂の同胞と言えるように感じます。繰り返され続ける生や死、愛と希望の喪失による恐怖と苦痛に心痛めつけながら、人間の存在の意味という、答えのない本質的で普遍的な問題を追求し、苦悩しながら熱心に取り組み続けました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-01-12 20:26 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(0)

エドヴァルド・ムンク

Edvard Munch


a0113718_17201677.jpg



 東京都美術館「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が開催されています。エドヴァルド・ムンクは、ノルウェー生まれの表現主義者で 20世紀後半には、ドイツの表現主義と後に続く芸術形式において大きな役割を果たしました。彼が作成した作品の多くに表示されていた強い精神的苦痛の表現は、決して見ていて心地よいものではありません。それにもかかわらず、ムンクの絵がなぜこんなに人気があるのか、人はムンクの絵に魅せられるのか? ここでは1993年出光美術館で開催された「ムンク展―愛と死」など、過去に来日した絵画も含めて今まで見たムンクの絵画を振り返りつつ、ムンクの魅力を考察してみました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-01-07 02:49 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(14)

雪の白馬村

Hakuba village ofsnow

a0113718_22231785.jpg



 白馬村の最大の魅力は類稀な山岳環境です。白馬村の西側には3,000m級の北アルプスが間近にそびえ立ち、街から観る山の迫力は魅力的です。数年前に白馬村に出かけたときは、折からの大雪で、都会にいては想像できない白馬村の雪景色を見ることができました。  白馬駅前の駐車場で質素なお昼を食べて白馬村の中心部にむかいました。白馬駅からそんなに離れてはいませんが、もう深い雪景色でした。





More 全体を観る
# by desire_san | 2019-01-05 09:30 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(0)

フラワー・フェスティバル

Pictures & poetry for you in the New Year


a0113718_21142260.jpg


Celebrating my NewYear to my friends, I will present pictures and poetry.



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-01-03 01:44 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(0)

新年にあなたに心から贈る写真アルバム


a0113718_23104127.jpg




友人のあなたに、新年を祝って、写真アルバムと好きな和歌と詩の言葉を贈ります。



More 全体を見る
# by desire_san | 2019-01-01 07:22 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(1)

2018年の美術展 ベスト5

a0113718_19154068.jpg




平成30年にも、様々な美術展が開催されました。平成30年に開催され見てきました。

私が見た美術展から、ベスト5を選んでみました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2018-12-27 20:05 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(0)

ピエール・ボナール

Pierre Bonnard

a0113718_21064627.jpg



 六本木の国立新美術館で「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」が開催されていたので鑑賞してきました。19世紀末フランスで活躍した画家ピエール・ボナールの回顧展は久しぶりで、オルセー美術館所蔵の作品を始めボナールの作品130点以上が見られる大々的な作品展は初めてでしょうか。



More 全体を観る
# by desire_san | 2018-12-23 22:01 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(8)

永遠の都・ローマ街歩

WalkingRoman street in eternal city

a0113718_18325461.jpg



 永遠の都・ローマは、歴史の絵巻であり、賞賛されるに値する見逃すことのできない美しい宝物でした。 ローマの街は、西洋の街並みのモデルとなり、何世紀にもわたって都市文化の根拠を見ることができました。ローマの街通りは、私が想像していた以上に都市の真実を表しているように感じました。多様な観光案内や文学と非常に豊富な画像を通して、多くローマに関する本のが、主要な文化の発展を明確に教えてくれましたが、現在の都市の問題と矛盾を理解するためにも、ヨーロッパの歴史に最も深く関わってきた街・ローマは、美術、建築、西洋の文化史などあらゆる文化に興味を持っている私には刺激的な魅力ある街でした。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-12-21 23:07 | イタリア | Trackback | Comments(6)

カナダ:ロッキー山脈を望む

Canada: Rocky Mountains


a0113718_00320027.jpg




 世界遺産カナディアンロッキーのジャスパー、バンフのふたつの国立公園はユネスコの世界自然遺産に登録され、雄大な山々、蒼く輝く宝石湖、雪上車で行く大氷河など、絶景をお楽しむことがではきました。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-12-14 00:24 | アメリカ | Trackback | Comments(0)