人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

マザッチオ『三位一体』

Masaccio.” Holy Trinity ”..

早逝の天才画家が最後に描いたルネッサンスの人文主義精神の完璧な統合_a0113718_01400439.jpg




フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会では、芸術史におけるルネサンスの誕生の基本的な作品の1つと一般的に見なされているマザッチオ『三位一体』(1426 -1428年)を見ることができます。この作品は、317 x 667 cmの大きさですが、27歳で亡くなった天才芸術家の最後の既知の作品です。その中に人文主義文化のすべての主要な情報が結集し、絵画、彫刻、建築の間に完璧な統合があります。



More 全体を読む
# by desire_san | 2020-07-05 01:07 | アメリカ | Trackback

ドロミーティ

Dolomites

イタリア唯一の美しい山岳風景の世界遺産_a0113718_23281093.jpg



「ドロミーティ」は北イタリアの山群で、最高峰のマルモラーダ山(標高3342m)をはじめ、3000m を超える山が18峰あります。日本では「ドロミテ渓谷」と呼ばれて親しまれ、険しい山々、山の湖、美しい景色を持ち、イタリア北部で最も美しい地方のひとつで、2009年ユネスコの世界遺産に登録されました。



More 全体を観る
# by desire_san | 2020-07-05 01:06 | アメリカ | Trackback | Comments(2)

東京と西欧の文化都市

コロナウイルス危機で見えてはきた東京


コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_16332428.jpg
チェコの首都 プラハ


東京は、日本の芸術と文化の中心だと思っていました。東京に住んでいると、どこかの美術館に行けば、一年中世界や日本の美術の一級品がみられ、コンサートホール行けば世界の音楽を聴くことができ、オペラ、ミュージカル、音楽ライブと様々な音楽、芸術を楽しむことができました。東京を出発点として新幹線や高速場使えば日本中に行くことができました。東京は、住むには最高だと思っていました。



ところが、新型コロナウイルスの流行で、東京の街は一変しました。美術館は沢山あっても、企画展がなければ見るものがない。コンサート、オペラ、ミュージカル、音楽ライブも開催されなくなり、中身がなければ無機質な箱が並ぶだけ。総建設費は約1529億円という新国立競技場も、「亀が泳いで逃げるため、日本が沈むのを待っているかのよう」と表現されるようにつまらない退屈な形状にしかみえない。され以上に困るのが、網のように張り巡らされた交通機関はあるが、電車もバスも大抵混んでいて、新型コロナウイルスが感染したら、おそらく生きていられないような私のような人間、怖くて電車に乗れず、どこに行くこともできません。





コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_16430967.jpg
ドイツ ドレスデン





国連が発表した2018年の世界の都市圏別人口ランキングで、東京圏が第1位となりました。「東京」は大規模開発が予定されていて、さらに発展を遂げようとしているようです。虎ノ門・麻布台地区 A街区は広大な広場を中心にオフィス・住宅・ホテル・商業施設・文化施設・インターナショナルスクールが集まって都市を形成します。都市機能の面で見た東京の最大の特色は「コンパクトシティーが連なってできている」、日本橋、八重洲、丸の内、大手町、虎ノ門、神谷町などの都心部では、大手企業グループが主導する大規模再開発プロジェクトが進行しています。個性的で最新の機能・環境を備えたコンパクトシティーが競い合いで「東京」はさらなる進化へ!さらにそれぞれの周辺では中規模なオフィスビル、マンションの建設が進み、主役は知識集約型産業、人工知能(AI)、ロボット、5Gなど最新のテクノロジーと結びついて、「多様な知識・知見の組み合わせ」で付加価値を創造していく、というのです。


2013年に高さ140mの赤坂プリンスホテルが解体されました。構造体の鉄も疲労破壊されますし、コンクリートも中性化するので、いずれは解体することになります。老朽化した既存ビルの建て替えが中心のため、オフィスが大量に余ることはないという見方もありますが、オフィス床が大量に余ることをなくオフィス需給を維持するため、外資系企業を呼び込む必要があり、オフィス大量淘汰時代が到来に備えて、さらに東京都では、今後東京をアジアの金融センターにする構想もあるそうです。



しかし、今東新型コロナウイルスが社会や経済に大きな影響を与えています。東京が連日感染者数100人を超え、東京周辺が突出して新型コロナウイルスの感染が進んでいます。日本の総人口の3割弱が集中する東京圏人と経済が東京に過度に一極集中するという日本が抱える弱点が改めて浮き彫りになっています。人口1395万人、人口密度は1㎢あたり6359人の超過密都市。新型コロナウイルスの感染拡大では、密閉、密集、密接の「3密」を避けることが難しい大都市の脆さが表面化してきました。オフィスビルのツルツルテカテカの無機質な空間というのは、調温性も調湿性もなく、花粉やウイルスが吸着されずに舞ってしまうこともあるのかも知れません。人口が密集し、大気が乾燥してくることは、火災の危険性が高くなります。夏場は50度を超えるような環境で、地元の人たちショッピングモールという人工環境に避難してきます。


人口過密な沿線の街は、平均的な勤労者世帯が確保可能な住宅地を探していたが、都市の姿は無機質でありながらも、確たる存在感を持つに至りつつ進行して、同一の地平において執拗に描写され、人工的で無機質な街になっていきます。東京の多摩ニュータウンなどは、最近では少子高齢化や人口流出で老朽化が止まりません。京都江東区の埋立地を歩くと、無機質な街並みを見続けなければならない。江東区の有明はいずれ、日本の都市計画の失敗の象徴的なエリアになるような気がします。





コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_22420929.jpg





クロアチアの都市は、輝くアドリア海を背景にオレンジ色の屋根が広がり、街には地中海貿易で栄えたかつての面影が色濃く残っています。宮殿や教会、修道院など歴史的な建築も多く私達を魅了します。チェコのプラハには旧市街と呼ばれる街並みが数多くあります。古い建物と新しい建物が共存し、ヨーロッパを旅した美しい街の記憶は、ヨーロッパで美しいと言われる街には、旧市街と呼ばれる美しさと清潔さに満ちた古い街並みが多く残っています。街並みを形成している背後には、歴史と未来への眼差しがありました。




コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_00313722.jpg
クロワチア ドゥブロブニク





ドイツシュツットガルトでは中央駅の大市街地周辺部では、旧市街地を取り囲むように、20世紀以降に建てられた中層集合住宅中心の街並みが広がって. います。水路がずっと続いていて、農民の生活が守られています。ドイツでは人口100万人を超えるのはベルリン(361万人)、ハンブルク(183万人)、ミュンヘン(145万人)、だけで、ケルン、フランクフルト、シュトゥットガルト、デュッセルドルフ、ドルトムント、エッセン、ライプツィヒ、ブレーメン、ライプツィヒ、ドレスデン、ニュルンベルク、ブレーメンなど旧市街と緑豊かな中堅都市がドイツ経済を支えています。



コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_00322093.jpg

ドイツ  ハイデルベルク





13 世紀初頭にドイツ人によって造られた都、リガはバルト最大の都市として、その端正な輝きはいまなお健在です。ハンザ同盟時代の商家や教会に交じって新しい建物が顔を出し、重層的に発展してきたリガの歴史が感じられます。旧市街を南北に分けるカリュチュ通りから市庁舎広場を中心に旧市街の北東に広がる新市街エリアではユーゲントシュティール建築が美しいです。




コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_00443371.jpg

ラトビア  リガ




ドイツでは、ワイマール憲法という当時世界一民主主義的な憲法のもとで、独裁者ヒットラーを選び、世界を戦争の惨禍にしました。この教訓から、民主主義は国民と政治家が優秀でなければ、いかに脆い制度化を学びました。ドイツでは、単独政党で過半数以上を占めるのが難しい、政治家には最も厳しい小選挙区制を選びました。学校教育にディベイティンクを取り入れ、多様な価値観で議論することを若いころから学んでいます。



ドイツ人技術者と一緒に仕事をしたことがありますが、彼らは幅広い専門知識に加えて、哲学、歴史から芸術に至るまで幅広い視点を身に着けおり、自らの生き方にある種の人間哲学を持っているように感じました。彼らの多くは経済至上主義を嫌い、エコノミックアニマルを軽蔑していました。専門力と語学が優秀な日本人でも、多様な価値観と自ら勝子たる人間哲学を持っているドイツの技術者には、議論しても大抵の場合歯が立たないことを目の当たりに見てきました。




コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_00492139.jpg
フランス  パリ




以前シンガポールに仕事で訪問した時の話です。シンガポール駐在員をしていた会社の仲間が、シンガポールは世界一美しい街だと聴いていたので、シンガポールの街歩いてみたのですが、たしかにどこを歩いても新しいビルが立ち並んでいました。しかし、街を歩いても面白くない、それはどこを歩いても同じような新しいビルばかりなのです。シンガポールの歴史は、表現・言論の自由を抑圧し、徹底的な能力別教育を行うなど、経済至上主義を貫いた“成果”でした。エリート開発主義国家シンガポール人工都市に住んでいると、これを美しいと感じるようになってしまうのでしょうか。東京の大手企業グループが主導する東京の大規模再開発プロジェクトを推進していた人たちは、この街をイメージしていたのでしょうか。




日本は敗戦を経験しても、相変わらず明治以来の富国強兵政策が、経済成長以上主義に置き換わっただけで、既得権益を守ることに汲々として、敗戦から何も学ぶことなく、利権社会が構築されていったのかも知れません。中央銀行・日銀の金融政策の独立性を奪い央銀行を財布代わりに利用、日銀信用を動員して国債を増発する「禁じ手」、国際ビジネスの恩恵、貿易立国としては致命的な近隣のアジア諸国とのあつれき、減税で富裕層と大資本は潤っていますが、貧困率が16%、約832万世帯が貧困状態にあると考えられ、一人親世帯の貧困率は50%を超えています。先進国最高の高齢化率も問題ですが、深刻なのは2017年高齢者の就労率は先進国でダントツの23.0%で年々増えづけているのです。2017年ドイツは7.0%、イタリア4.3%、フランス3.0%です。高齢者の貧困化は深刻な問題です。しかし、日本は国民生活という実体経済よりも、株価や経済指標にしか興味がないかのようです。




コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像_a0113718_00503725.jpg
スペイン  バルセロナ




東京で「旧市街」を求めるならば、明治以降に建てられた近代建築や橋など鉄とコンクリートの街並みしか想起できません。東京一極集中とは、政治・経済など国の高次中枢機能の大部分が日本の首都である東京に集中する現象で、少子高齢化とともに様々な要因一極集中が進んでいったのでしょう。グローバル化社会に経済至上主義者たちは、徹底した規制緩和しか思いつかなかなかったのでしょう。彼らには、奈良、京都のような世界屈指の美術遺産の宝庫の街を世界遺産の街にできなかったことなど一遍の恥じらいもなかったのでしょう。



新型コロナウイルスの問題でも、緊急事態全面解除は、感染リスクより経済優先で判断したと考えられ、「命」より「経済」を優先するのかが正しいのか問われています。政府は国民個人にモラルを求めているのかも知れませんが、指導者が利権体質で都合の悪いことは隠蔽し責任感がないと若者の目に映るなら、この国の若者のモラルの低さを助長するのは当然の成り行きでしょう。指導者が文化・芸術を守り育てる意識を高める努力をしなければ、本当に心安らぐ美しい街は未来永劫築いていくことは無理なのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染で「人命」と「経済」の選択を迫られても、自らが確固たる哲学と歴史から学ぶ習慣を持っていない指導者たちは、適切な時期に断固たる決断ができるのでしょうか。





《参考文献》

野村総合研究所 ()『東京・首都圏はこう変わる! 未来計画2020

日経ムック2014

小林 克己 (監修) 366日の世界遺産 』2020

岡和田晃:著『反ヘイト・反新自由主義の批評精神 いま読まれるべき〈文学〉とは何か』

金田真聡: 著『ベルリン建築日和』

山田博文『経済社会評論』「異次元金融緩和」政策のリスク





《参考》

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、カントが国境のない世界政府を提唱していると考えてカントの見解を誤解してはならない。メルケルの守護神が言ったように、主な目的は自由国家の世界連合を作ることでした。「世界の平和を実現するために、世界を1つの大きな組織にしたいと考えています。EUが最初のステップであり、次のステップはグローバル組織です。現在の国連よりも強力なものです。」すべての国は平等で独立している必要があり、それぞれの国の問題を公に共有する必要があります。



メルケル首相の新型コロナウイルスに対するスピーチ「民主主義に必要なことは、私たちが政治的決断を透明にし、説明すること、私たちの行動の根拠をできる限り示して、それを伝達することで、理解を得られるようにすることです。・・・旅行および移動の自由が苦労して勝ち取った権利であることを実感している私のようなものにとっては、このような制限は絶対的に必要な場合のみ正当化されるものです。しかし、それは今、命を救うために不可欠なのです。・・・私たちがどれだけ脆弱であるか、どれだけ他の人の思いやりのある行動に依存しているか、それをエピデミックは私たちに教えます。・・・・・民主主義社会です。私たちは強制ではなく、知識の共有と協力によって生きています。これは歴史的な課題であり、力を合わせることでしか乗り越えられません。・・・私たちは今、一致団結して対処できます。現在の制限を受け止め、お互いに協力し合うことができます。・・・・一人一人がどれだけきちんと規則を守って実行に移すかということにも事態が左右されるということです。・・・・私たちは、思いやりを持って理性的に行動し、それによって命を救うことを示さなければなりません。それは、一人一人例外なく、つまり私たち全員にかかっているのです。」








More全体を見る
# by desire_san | 2020-07-05 01:04 | アメリカ | Trackback | Comments(5)

演技力だけで選ぶ女優ベスト10

《若手・中堅女優編》 

若手女優と中堅女優の演技対決、女優演技力ランキングベスト10_a0113718_23110448.jpg



 映画、ドラマで見せた演技の表現力、演技の幅となど演技力だけからベスト10を選んでみました。人気やルックスなどに全く関係ありません。演技では全く違ったキャラクターの役を演じられるか、微妙な心の変化のなどの繊細な表現力などを重視しました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2020-07-01 23:27 | アメリカ | Trackback | Comments(0)
音楽で選ぶアイドルソング ベスト10
アイドルソングだって名曲はあるよ !!_a0113718_00262037.jpg


 アイドルソングでも名曲と言われる曲はたくさんあります。独断と偏見で、アイドルソングから音楽の観点から ベスト10 を選んでみました。歌っているアイドル歌手が好き、嫌いとは関係ありません。

More 全体を見る
# by desire_san | 2020-07-01 18:02 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

独断と偏見で選ぶ

織田信長俳優ベスト5

織田信長は本当はどんな人物か? 信長の正しく演じられる俳優は誰か?_a0113718_00313315.jpg

 大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役に異例の大抜擢された染谷将太が今までの信長とはイメージを変えた演技が話題になっています。

日本史において、織田信長は近世統一権力のフロントランナーです。今まで数多くの俳優が織田信長を演じてきました。大河ドラマで織田信長を演じた俳優は市川海老蔵、江口洋介、豊川悦司、反町隆史、吉川晃司、舘ひろし、緒形直人、松方弘樹、渡哲也・・・。他にも村上弘明、玉木宏、東山紀之、伊藤英明と織田信長を演じた俳優は数知れず、スター俳優で織田信長をやらなかった人を探す方が難しいようです。



More 全体を見る
# by desire_san | 2020-07-01 17:40 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

サンタ・クローチェ聖堂

Basilica di SantaCroce




サンタ・クローチェ聖堂は、フィレンツェの東側に位置するフィレンツェ最古の広場サンタ・クローチェ広場にあるフィレンツェの代表的なゴシック建築の教会です。フランチェスコ派修道院付きの教会として建てられた、16の礼拝堂から構成される世界最大のフランシスコ会の教会です。



More 全体を読む
# by desire_san | 2020-06-26 15:32 | フィレンツェ美術の旅 | Trackback | Comments(2)

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

The Parish Basilica of Santa Maria del Popolo

カラヴァッジオの名画や秘宝を有するフラミニア街道の門に隣接する教会_a0113718_18222955.jpg


サンタ・マリア・デル・ポポロ教会はローマの歴史的中心部に位置し、古代ローマ時代のフラミニア街道がアウレリアヌス城壁を通過するフラミニア門のあるポポロ広場の北隅にあるローマで最も古い教区の中にあります。この教会は、ルネサンス建築の素晴らしい例であり、歴史的傑作や宝物が豊富に発見されています。



More 全体を読む
# by desire_san | 2020-06-22 03:16 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(6)

サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会

Church of San Luigi dei Francesi

カラヴァッジョが美術史に新しい扉を開いた記念碑的傑作:ローマのフランス人国教会_a0113718_12101204.jpg


 サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会は、パンテオンとナヴォーナ広場の間にあるローマ教会で、ローマのフランス人の国教会です。私がこの教会を訪れたのは、カラヴァッジョの 3つの傑作絵画を見たかったからでした。



More 全体を観る
# by desire_san | 2020-06-21 20:40 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(2)

バッハ『マタイ受難曲』

ohannSebastian Bach “Matthäus-Passion

バッハが人類に残した至高の贈り物、貴重な自省の時間を与えてくれる音楽_a0113718_19494708.jpg



バッハの最高傑作『マタイ受難曲』を生演奏で聴くと何度聴いても、深い感動と生きる勇気を与えられます。そのような体験を求めて、バッハの『マタイ受難曲』の演奏会が開催されるのを知ると、何度も演奏会を聴くために足を運びました。『マタイ受難曲』を聴くたびに、新たな発見があり感動があります。言葉で書くのは難しいですが、『マタイ受難曲』すばらしさを私なりに書き綴ってみました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2020-06-14 23:38 | 音楽・オーディオ | Trackback(3) | Comments(34)