人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   


7月初めに大きな手術をして、今まで入院していましたが、やっと退院しました。

本日久しぶりにパソコンを開きました。

沢山のブログのなどありがとうございました。心から御礼申し上げます。

未だ退院したばかりで慌ただしい毎日を過ごしております。

戴いたコメントは落ち着いたら拝読し、ご返事など申し上げます。

大変遅くなって申し訳ありません。  

# by desire_san | 2019-09-17 23:27 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

サンタ・プラッセーデ大聖堂

Basilica of Saint Praxedes

a0113718_09445428.jpg



 サンタ・プラッセーデの聖堂は、ローマでも最も有名なサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂からすぐそばのモンティ地区、エスキリンの丘の上に位置する神聖な建物です。その歴史を教皇パスクアレ1世、西暦2世紀に住んでいた若い殉教者・プラッセーデに由来します。何世紀にもわたってローマ中世初期の芸術と歴史の両方の機能を備え、9世紀から保存されている保存状態の良いモザイクを有し、サンピエトロの当時のバシリカの特徴をたどることによって造られました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-06-22 09:59 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(7)

罪のない病院:捨て子養育院美術館

Spedale degli Innocenti

a0113718_01072353.jpg


大聖堂から歩いてわずか5分、サンティッシマ・アンヌンティアータ広場のサンティッシマ・アンヌツィアータ教会を背にして左側に、イタリア語で Spedale degli Innocenti” 「罪のない病院」と呼ばれる捨て子養育院美術館があります。設計はドゥオーモのクーポラを設計したフィリッポ・ブルネレスキで、ブルネレスキが新しいフィレンツェの15世紀のスタイルを創設した最初の完全な作品です。新しい ハーモニーの調和 優雅さ、バランス 、そして新しい 比例関係 は、後期ゴシック様式とは異なる新しい価値観で、それらを刺激する古典的なモデルとも比較されます。美術館を併設しており、ギルランダイオの『東方三博士の礼拝』などルネサンス美術の傑作が見られます。



More 全体を見る
# by desire_san | 2019-06-20 18:39 | フィレンツェ美術の旅 | Trackback(10) | Comments(6)

ギュスターヴ・モロー

Gustave Moreau

a0113718_19013509.jpg



ギュスターヴ・モロー((1826-1898)は、主に聖書と神話の神話や聖書に登場する魅惑的な女性像を描き、19世紀末フランスに花開いた象徴主義の中心人物でした。画家として、モローは象徴主義作家や芸術家の想像力に訴えました。彼はイタリアのルネサンスと異国情緒の影響を受けており、中でも、新約聖書に登場するサロメを描いた作品は、世紀末宿命の女性のイメージ形成に影響を与えました。




More 全体を読む
# by desire_san | 2019-06-17 00:46 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(5)

グスタフ・クリムト

Gustav Klimt Exhibition

a0113718_00020545.jpg


クリムト『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I1907年 ノイエ・ガレリエ、ニューヨーク



 グスタフ・クリムトは、絵画におけるデザイン的要素を切り開き、写実的な人体と、まるでデザインされた模様のような平面的な要素が混在し、奥行きや遠近感を持たず、観る者に不思議な感覚を呼び起こす絵画を世紀末ウィーンに残しました。男女の愛や性を連想させる官能的な表現と「死」を感じる描写の両面をもち、官能的で装飾的、絵画でありながら工芸的、クラシック調なのに前衛で、華やかなのにどこかもの哀しく、見る者に鮮烈な記憶を残す、19世紀世紀末ウィーンを象徴するグスタフ・クリムトの芸術の全貌に迫りたいと思います。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-06-09 22:53 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(5)

ヴィラ・ファルネジーナ

VillaFarnesina

a0113718_17081333.jpg



ヴィラ・ファルネジーナは、ルネサンスの宝石ともいわれ、完成当時、ローマ中のインテリや貴族達の集まるサロンともなった美しい館でした。現在は、ガリレオ・ガリレイなどが会員として活動していたこともあり、1603年創立の世界的にも由緒ある学会であるAccademia Nazionaledei Linceiという国立科学アカデミーが管理しています。特別な来客に対しては、ヴィラ・ファルネジーナを迎賓館としても利用しています。内部にはルネサンス時代のフレスコ画があり、小さな庭園も一般公開されていました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-05-13 21:20 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(8)

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会

SantaMaria della Pace

a0113718_15341520.jpg

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会は、ナヴォーナ広場の北部から西へ約100m、サンタマリアデルアニマ教会の隣にある第5ローマリオーネ ポンテに位置しています。15世紀の外側に4対の支柱で支えられたバロック様式のファサードと内部の繊細で素晴らしい内装と絶妙なモニュメントが残っています。ルネサンス期最大の建築家・ドナト・ブラマンテの最初の仕事、近隣の回廊もよく知られています。



More 全体を観る
# by desire_san | 2019-05-09 01:20 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(5)

マッシモ宮殿

TheVilla of Livia in the Palazzo Massimo

a0113718_00562689.jpg


 マッシモ宮殿は、枢機卿フェリーチェペレッティの別荘で、ネグローニ家の敷地に建てられました。1981年に、イタリアの州はディオクレティアヌスの浴場で、主要な建物が近くにあるローマ国立博物館の建物と別館を取得し、博物館は1998 年に完成しました。最上階の3階の第2室には、博物館で最も美しいフレスコ画と言われる”リヴィア家のフレスコ画が展示されています。ヴィラディリヴィアのガーデンルームは-1863年に発見され、庭園のフレスコ画が描かれた地下空洞に付けられた名前で、第二ポンペイ様式として知られているローマの庭の最も古い壁画の一つです。



More 全体を観る
# by desire_san | 2019-05-02 03:47 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(6)

サンティッシマ・アンヌツィアータ教会

Santissima Annunziata, Florence

a0113718_15253549.jpg


フィレンツェのドゥオーモを背にして、サンマルコ広場方面に伸びる2つの重要な広場を結ぶフィレンツェの主要道路の1“Via dei Serv”を進むと、サンティッシマ・アヌンツィアータ広場に突き当たりました。広場は、人が少なくのんびり過ごせる雰囲気です。広場の真ん中にジャンボローニャ作フェルディナンド1世の騎馬像が立っていました。教会の西は2つの大きな回廊がある修道院の建物です、図書館、多数の多目的ルーム。これらの建物の半分以上は、現在軍事地理研究所とフィレンツェ大学によって使用されており、大学に沿った路地を抜けるとサンマルコ広場に出ます。この市中心部近くのサンティッシマ・アンヌツィアータ広場の北東側に、今日の目的地であるサンティッシマ・アンヌツィアータ教会がありました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-04-26 16:10 | フィレンツェ美術の旅 | Trackback | Comments(8)

東寺の密教美術   

Esoteric art of Toji Temple

a0113718_13313183.jpg



東京国立博物館 平成館で特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」が開催されています。東寺講堂の15体の仏像が集結。史上最大規模の仏像曼荼羅が21体の仏像からなる立体曼荼羅から、15体が展示されていました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2019-04-17 13:39 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback(1) | Comments(39)