ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

ウフィツィ美術館 

Uffizi Gallery Early Renaissance

ウフィツィ美術館 ➊ルネッサンスの曙~初期ルネッサンスの傑作美術_a0113718_14521061.jpg




ウフィツィ美術館は、1560年から1580年の間に建設され、ジョルジョヴァザーリによって設計された大きな建物の1階と2階を完全に占めています。古代の彫刻や絵画の傑出したコレクションで世界的に有名で、14世紀とルネッサンス時代の絵画のコレクションには、ジョット、シモーネマルティーニ、ピエロデラフランチェスカ、ベアトアンジェリコ、フィリッポ・リッピ、ボッティチェッリ、マンテーニャ、コレッジョ、レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、カラヴァッジョなどの傑作に加え、ドイツ、オランダ、フランドルの貴重な作品も数多く含まれています。



More 全体を読む
# by desire_san | 2021-07-22 18:49 | フィレンツェ美術の旅 | Trackback | Comments(2)

フィリッポ・リッピを巡って

Fra Filippo Lippi

敬虔な宗教的理想主義絵画を描いた天才的な破戒僧_a0113718_11202272.jpg



フィリッポ・リッピ1406 - 1469)は、15世紀前半のフィレンツェ派を代表する画家で、ボッティチェリの師としても知られています。フラ・アンジェリコが敬虔な修道士であったのとは対照的に、リッピは好色で破天荒な性格で、修道女と駆け落ちするなど奔放な生活を送りました。フィリッポ・リッピが聖職者の地位も権力者の寵愛も失わなかったのは、敬虔な宗教的理想主義とおおらかな世俗性という15世紀のフィレンツェの二面性を象徴していると言えます。



More 全体を読む
# by desire_san | 2021-07-21 23:33 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(0)

イタリア・国際ゴシック美術

ItalianInternational Gothic Art

色の透明度に溶け込む美しい聖母マリア、非常にエレガントな人物表現_a0113718_01445612.jpg


国際ゴシック様式は14世紀後半からゴシック美術のうち、14世紀後半から15世紀前半にかけてブルゴーニュ、フランス、北イタリアで発達した発展した美術様式です。その後、この一地方で独自に発展したゴシック美術様式が、13世紀末ごろから王侯貴族の間で、鮮やかで美しい装飾を施した「装飾写本」をコレクションするのがブームに乗って、西ヨーロッパ全域に広がっていきました。



More 全体を観る
# by desire_san | 2021-07-16 16:55 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback

将軍・徳川慶喜

家康以来の名君と期待された秀才・徳川慶喜の虚像と実像_a0113718_13271370.jpg



大河ドラマ『青天を衝け』で、草彅 剛さんが徳川幕府の改革に奔走する徳川慶喜を好演しています。



More 全体を読む
# by desire_san | 2021-07-16 13:38 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

聖林寺『十一面観音像』

The Shorinji Temple"Eleven-faced Kannon Statue"


天平彫刻の最高傑作-優雅な表情の顔立ち、究極の均整-息をのむ美しさ_a0113718_10092936.jpg




聖林寺『十一面観音立像』は、第一回指定の国宝であり、天平時代の彫刻を代表する美しい仏像で、フェノロサや岡倉天心フェノロサや岡倉天心たちによってその美しさを絶賛され多くの人々を魅了してきたことは、中学時代の頃から写真集を持っていてその存在は良く知っていました。



More 全体を観る
# by desire_san | 2021-07-11 15:41 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(14)