人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ブルネレスキが創設したハーモニーと優雅さ、ルネサンス美術の傑作美術

罪のない病院:捨て子養育院美術館

Spedale degli Innocenti

a0113718_01072353.jpg


大聖堂から歩いてわずか5分、サンティッシマ・アンヌンティアータ広場のサンティッシマ・アンヌツィアータ教会を背にして左側に、イタリア語で Spedale degli Innocenti” 「罪のない病院」と呼ばれる捨て子養育院美術館があります。設計はドゥオーモのクーポラを設計したフィリッポ・ブルネレスキで、ブルネレスキが新しいフィレンツェの15世紀のスタイルを創設した最初の完全な作品です。新しい ハーモニーの調和 優雅さ、バランス 、そして新しい 比例関係 は、後期ゴシック様式とは異なる新しい価値観で、それらを刺激する古典的なモデルとも比較されます。美術館を併設しており、ギルランダイオの『東方三博士の礼拝』などルネサンス美術の傑作が見られます。





「罪のない病院」は、1419年に創設されたとき、フィレンツェのヨーロッパで最初の孤児院でした。貧しい親が子供を育てるために残すことができる場所でした。新しい美術館は建物の4つの階にまたがって、施設の歴史とその起訴について語っています。放棄された子供たちを救済する慈善団体です。「罪のない病院」は、黒死病で両親の一人息子として生を受け、「母の代理人」呼ぶ人物によって育てられたプラートの商人・フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニが多額の基金を遺贈した"捨てられた子供のための歓迎の場所"を作成しました。無実の大虐殺の聖書のエピソードから、"病院"という用語は古代のフィレンツェの方言に由来し、その名前は "放棄された子供の病院"として理解されます。



1419年にフィレンツェの最も裕福な絹織物組合がブルネレスキに依頼し、1412年には慈善目的での病院の建設が始まりました。最初の段階(1419年から1427年)では、ブルネレスキの監督の下、彼は何とか基礎を築き、主壁を上げ、回廊の下を歩くクリプトーピカスで地下室を完成させ、正面の下部をロッジアに向けました。その後屋根裏部屋の物語(1439)が追加されました。建物は南に拡大し(1430)。アンドレア・デッラ・ロッビアによる色付きのテラコッタメダリオンは、1485年に建てられたアーチ型の「幼児」の中に見られ、1400年代フィレンツェには、11の病院があったと言われています。



a0113718_17532279.jpg


ヨーロッパ最古の孤児院として知られており、ルネッサンス期の赤ちゃんポストでした。上の写真が1660年から使われていたいわゆる赤ちゃんポストです。初期のルネッサンス期のフィレンツェの社会的人間的倫理を表し、投資家は慈善機関を貯蓄銀行として利用したとも説明できます。病院は人々の慈悲を表わす重要な場所として残っています。寛大な寄付を通じては幼児期と幼年期に完全に捧げられた世界で最初の機関となりました。



病養育院は放棄された子供たちの世話をし、彼らに社会に再び参加する能力を与えました。放棄された最初の乳児を受け取り、濡らして看護し、離乳させ、男の子に読み書きを教えました。男の子は彼らの能力に従って技能を教えられました。女児は、女性に求められる縫製方法、調理方法、その他の職業について教えられました。病院は女の子に持参金を提供しました、そして、彼女らは結婚するか、修道女になるかの選択肢を持っていました。1465年には年間200人の子供たちを受け、1400年代末にはそれまでに収容した子供の数が1000人に及びました。






アンドレア・デッラ・ロッビアによる色付きのテラコッタメダリオンは、1485年に建てられたアーチ型の「幼児」の中に見られます。昔イタリアでは、赤ん坊は包帯でくるむ習慣がありました。ぐるぐる巻きにしますが決して締め付けず、母胎の中のように包帯で柔らかく包みました。脚はまっすぐ伸ばされ、自由な動きに制限を与え、子供が次第に空間の感覚に慣れるのを助けまました。包帯を巻かれた子供は自分の周りに空間があるということを自然に理解し、自分の外の存在を意識するようになります。赤ん坊は消化する時に体熱が内部に集中するため、手足の先が冷たくなる場合があります。包帯で体が暖めてあると手足を冷やさずに消化することができるそうです。また、身体を包む包帯があることで、赤ん坊は「守られている」感覚を得ることができます。





a0113718_17551246.jpg





「罪のない病院」は子供たちが匿名で放棄される場所でした。1875年の病院の閉鎖がするまで、親が見られずに赤ちゃんを建物の中に連れてくる特別な回転水平車輪付きのドアが運転していて、人々が匿名で孤児院に介護される自分の赤ちゃんを残すことができました。最初の子供は1445年に受け入れ、最後の赤ちゃんは1875629日の夜でした。その後「赤ちゃんポスト」は閉鎖され、病院は孤児院になりました。研究所は何世紀にもわたってその使命を果たしてきました、そして今日では子供の権利を促進することに焦点を合わせています。この献身は2016年にその扉を開いた無実の博物館の創設につながりました。



この施設は15世紀のフィレンツェの最も重要な作品の1つで、建築におけるルネッサンスの時代の幕開け、そして公益事業への注目の文脈では高くて目に見える文明の象徴でもあります。この施設は放棄された子供たちの避難所、介護および教育の問題に対して現代的かつ効果的な方法で対応しようとしました。複雑で多数のインテリアやスペースに捧げられた豊富な研究は膨大であり、何世紀にもわたってそして特に18世紀から19世紀の間に修正され拡張されてきました。



a0113718_17561782.jpg


特にロジアは、建築と守護聖人のためのフランチェスコ・ダティーニの遺産の保証人として確認されたポル・サンタ・マリアの芸術によって1419年に始まったフィリッポ・ブルネレスキの作品です。14211月、柱廊の最初の柱がその地域から教会に向かって持ち上げられました。建築家の指示の下で、彼らは1427年に建てられました。柱廊、教会の左側に、そして子供の寮の右側に、入り口の男性の回廊から分離された2つの建物があります。




a0113718_17590252.jpg



ブルネレスキ・ロッジアの丸いアーチは、とんどのゴシック様式のように平らな外形を持ち、三角形の断面はありません。古代の骨董品がアーチの形で半円に折り畳まれています。アーチの間に配置された逆ピラミッドトランクの形をした建築構造要素プルビノのビザンチン建築・最大の表現であるロマニク飾りに、触発されたブルネレスキによって好ましい型は、サン・ピエル・スケラッジョやサンティアポストリ。円形のアーチの活用は、シニョリーア広場の角にあるロッジア・ディ・ランツィのような過去の都市建築にとられていました。古代建築の重要な要素であり、モールディングや帯状装飾で飾られる柱頭の上部へ水平に構築される部分、エンタブレチュアは、単純な傾斜成形品と列によって戴冠された複合です。一方、三角形の鼓膜の窓はフィレンツェのサン・ジョヴァンニ洗礼堂のアーチに触発されています。ブルネレスキの建築に繰り返し見られるようになったもう一つの要素は、ペンダントの中の眼球でした例について見出されるように、アークとアークとの間の旧聖器室または屋外に、三位一体のマザッチョ斜視方式が同じブルネレスキによってもたらされたと推測されます。見かけの多様性にもかかわらず、ラストラシグナのロッジアでブルネレスキとそのアーチとの内容はブルネレスキの直接的な知識を実証し、最も驚くべきことは独創性と創造的自由です。




a0113718_18003224.jpg


白と青の艶をかけられたテラコッタのレリーフは、1487年にアンドレア・デッラ・ロッビアによって追加されました。現在のラウンドは、後に「スペデール」自体の象徴となった、着替え用の服の新生児の姿の胴体内の存在によって特徴付けられます。



ファサードは、古代ローマ建築の列柱様式の古代ローマ建築の列柱様式の柱から跳ね上がる9つの半円形アーチで構成されています。半円形の窓は建物を地上に降ろし、古典的な様式の復活で先の尖ったアーチではありません。アーチの外側の曲線の片側、壁、および天井または骨組の間のほぼ三角形の空間にアンドレア・デッラ・ロッビアによって設計された赤ん坊の浮き彫りの艶をかけられた青い艶をかけたテラコッタが建物の機能を示唆しています。建物は高さよりも水平方向が強調されています。それぞれの半円形のアーチの上に三角形のペディメントがある長方形の窓があります。建物は清潔で明確な均整の感覚を表しています。柱の高さは、列間の幅とアーケードの幅と同じで、各ベイは立方体になります。建物の単純な均整は、新しい時代、世俗的な教育の時代、そして偉大な秩序と明確さの感覚を反映しています。



a0113718_18034977.jpg


外部の柱廊は確かにブルネレスキの作品でした。長さ71メートルで、ピエトラセレナの柱の上に横たわるアーチ型の丸天井と丸いアーチを備えた9つの湾で構成されています。正方形と比較して、それは階段の飛行によって上げられていて、端で溝がある柱状体によってそしてそれぞれポストで区切られた2つの完全なボディによって隣接されています。上部は一連の窓で構成され、ひも状のコースフレームと、突き出た溝で覆われた傾斜した屋根があります。ブルネレスキのデザインは、古代ローマ、イタリアのロマネスク様式と後期ゴシック様式の建築に基づいていました。よく知られた建物の典型であったイタリアのフィレンツェにあるシニョリーア広場の角にある建物ロッジア・ディ・ランツィ。しかし、古典的に正しい首都を持つ円柱の使用、イオン秩序の首都の渦巻とコリント紀のアカンサスの葉を組み合わせたこの場合の複合秩序は混合秩序であり、インポストブロック(柱の上にあるか壁に埋め込まれた突出したブロック)と組み合わせは斬新でした。円形のアーチとセグメント化された球状のドームその背後にあり、建築要素は、すべての灰色の石に連接壁の白に対してオフに設定しました。このモチーフはフィレンツェの建築物には良く使われるようになったピエトラ・セレーナ(イタリア語:穏やかな石)という石比例論理もまた斬新でした。たとえば、柱の高さは任意でなく、柱の上部に沿って水平線が引かれると、柱の高さと1つの柱から次の柱までの距離から正方形が作成されます。柱廊は美しい優美なリズム感を感じさせます。規則性と幾何学的秩序に対する希求は、ルネサンス建築の重要な要素でした。





ベノッツォ・ゴッツォリ『サンタゴスティーノの葬儀の大衆』(1464-1465


a0113718_18145688.jpg





ポーチにはフレスコ画があるベルナルディーノ・ポッチェッティ(病院との角に店でレジデントを持っていた経由デッラコロンナは)クラウニングに後者の場合は、両端の眼鏡の両方で、両方の中間の鐘の金庫に、大公のフランチェスコとフェルディナンドの大理石の胸像。左側の最初のものは、17世紀の緩衝窓の形をした「角を持つ」ことで広く知られており、近づくにつれて、大公の頭の上に2つの角が描かれているように見えます。




ベルナルディーノ・ポッチェッティ『罪のない大虐殺』



a0113718_18111485.jpg


この絵(1488)はフィレンツェの罪のない病院に依頼されました。作曲の中心にある六面祭壇は、十六日目の十字架の犠牲を指しています。 聖霊のしるしである祭壇に火が燃えています。 聖母マリアの身振りは、彼女が幼児キリストをささげ、その犠牲に参加していることを示しています。シメオンの身振りは受け入れの1つです。 彼は永遠の父の像です。 セントジョセフは彼のマントの中に亀鳩を抱いています。ヨセフは神によってその謎を覆い隠すために選ばれました。 左端の絵に入っているアンナは、彼女の信仰と願いを待ち望んでいた司祭と犠牲者、イスラエルの慰めの神殿への到着を目撃するのを目撃するので、火をつけた蝋燭を持っています。



内部空間は細心の注意を払って合理化され、その後のすべての病院の建物のモデルとなっていました。1つは男性用、もう1つは独立した女性用です。ブルネレスキの女性たちの長い回廊で、イオンスタイルの細身の柱を使っていました。樋としての役割を果たすコーナーコラム内の空洞の存在など、多くの人工物や技術的な装置がありました。



a0113718_18053441.jpg


1435年以降に建てられた上層階は、鼓楼のある長方形の窓が各アーチにあるマルカダヴァンツァーレでのみ装飾されています。おそらくこの計画は当初のプロジェクトの一部ではなく、それなしでは中庭の周りの建物は広場から見た、ロッジアにしか見えないという観点からでしょう。サンタゴスティーノ教会でベノッツォ・ゴッツォリ(1464 - 1465)によって、聖アウグスティヌスの葬儀でルネットの上階なしでは病院に見えなかったことについての図像的な文書があります。



中断の期間の後で、仕事はフランチェスコ・ルナの指示の下で1436年に再開されました。そして、その人は当初子供たちの寮を越えた地域で働きました。フランチェスコ・ルナは、すでに、計画窓付きポーチ付きの増設は、常に子供たちの滞在に割り当て、大きな屋内部屋を得るために追加されました。プロジェクトを再解釈単純な傾斜した屋根で覆われたロッジアを予見し、その両側に教会と寮の2つの等価な容積が配置されたブルネレスキの肖像画は、正面玄関の高さを超え、屋根のすべての三角形の尾根で突き出ていました。ブルネレスキのオリジナルのプロジェクトへの追加と修正は柱廊と側面構造の間の仕切りを強調し、窓の間の距離の増加したギャップを埋めました。病院は1451 411日に司教アントニノ・ピエロッツィによって奉献されました。




a0113718_18170867.jpg


この博物館はドメニコ・ギルランダイオ、サンドロ・ボッティチェリ、そしてルカとアンドレア・デッラ・ロッビアのような世界的に有名な芸術家による80以上の作品を保持してします。ここの主役はこれらのドアを通り抜けた子供たちで、その小窓のベイビーボックスで放棄された子供たちの物語に触れて、この主題を共有できました。何十年ものアーカイブ作業を通して、歴史家たちはオーディオとビデオを通して来場者のために生きてきた70人のイノセントニーニの物語を再構築しました。



今日の建物は、イタリア・ルネサンス期のフィレンツェで活動した画家ルカ・デッラ・ロッビア、サンドロ・ボッティチェリ、ピエロ・ディ・コジモらによってルネサンス芸術の作品を収容する小さな美術館を併設しています。女性回廊の中庭の1階にロッジアルカ・デッラ・ロッビアの作品がありました。ドメニコ・ギルランダイオの『マギの礼拝』の祭壇画は教会の高い祭壇のために描かれました。2階にはギルランダイオの『東方三博士の礼拝』など有り、ボッティチェリだけでなく絵画はどれも美しく、また人も少ないのでじっくりと観ることができました。





ギルランダイオ『東方三博士の礼拝』1485-88



a0113718_18221631.jpg


『東方三博士の礼拝』は、ドメニコ・ギルランダイオによる148588年頃の木の上のテンペラ技法で制作されました。14851028日に、フィレンツェの孤児院「罪のない病院」の修道院長であった、フランセスコ・ディ・ジョヴァンニ・テソーリは、属教会の主要祭壇に飾る祭壇画の委で詳細な契約をギルランダイオと結びました。祭壇画の題材には『東方三博士の礼拝』が選ばれました。285 x 243 cmの大きさの絵画です。主題は「魔術の崇拝」ですが、背景には、このスピードが名付けられたという無実の子供たちの殺害という出来事がありました。



ボッティチェリ『聖母子と二人の天使たち』1465



a0113718_18205110.jpg



ボッティチェリ20歳の作品です。優美なマリアはルネサンスの時代には身近な若い女性の姿で表現された聖母像が数多く制作され、特にボッティチェリの描く優雅で繊細な表現は高く評価されました。マリアは内側に赤、外側に紺の服を着て、ルネサンス当時の最もファッショナブルでボッティチェリが最良と考えるマリアを表現し、架空の世界を作り出しています。何百年の時を経た今も私たちの心を和ませ、豊かにしてくれる作品でした。



マリオット・アルベルティネッリ『マドンナと子供と天使の輪』



a0113718_18232993.jpg


ルネッサンス末期のフェィレンツェ生まれの画家で、コジモ・ロッセリに師事しました。ペルジーノ、ヴェロッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチの影響をうけました。




ジャコピーノ・デル・コンテ『罪のないマドンナ』



a0113718_18321730.jpg





ルカ・デッラ・ロッビア『マドンナと子供』




a0113718_18325343.jpg



オスペデールには長い歴史があります。 それは1964年から1975年の間に根本的な改装を受け、その中でそれは可能な限り元の状態に復元されました。すべての変更にもかかわらず、1つのことは変わりませんでした:建物はまだ子供たちのために使われています。 今日では、デイケアセンターと小児科施設があります。博物館の最上階には街の美しい景色を望むレストランがあります。レストランからはフィレンツェの街を一望することができました。




a0113718_18335075.jpg








参考文献

地球の歩き方イタリア2 フィレンツェ/ミラノ 201-2011ダイヤモンド社

宮下孝晴の徹底イタリア美術案内

2)北イタリア〜フィレンツェ・ベルガモ編 2000年美術出版社

Ospedaledegli Innocenti Firenze

Museodegli Innocenti 公式サイト

Spedaledegli Innocenti - UNICEF Office of Research

Museodegli Innocenti | Istituto degli Innocenti

Spedaledegli Innocenti - Wikipedia

MarcoMulazzani 著「罪のない病院」2016

前之園幸一郎 著「インノチェンティ捨て子養育院の成立」1998







このブログを見た方は、下のマークをクリックお願いいたします。








by desire_san | 2019-06-20 18:39 | フィレンツェ美術の旅 | Trackback(10) | Comments(6)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/10638075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from gala at 2014-02-19 21:56
タイトル : 船を編む
辞書づくりは大変な作業です。 ひたすら根気強く、そして、まじめに作らないといけない。 どんな人が、どんな思いで作るのか、それなりに興味はあったんですが、 やはり《馬締くん》みたいな人や、《松本さん》みたいな人が、作っているんですね。 ただただ敬服します。 最近は、本の辞書は殆ど使わず、本棚の飾りになっていますが、 時にはめくってみようかと思わせたくらいです。 去年の公開時は、結局観ませんでした。 原作は読んでおり、内容の面白さには納得していたのですが、 映画の公開時には、観ま...... more
Tracked from 気ままな読書ノート、絵手.. at 2014-03-03 15:50
タイトル : 「小さいおうち」監督山田洋次
解説 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。家の主人で玩具会社に勤める平井雅樹、その妻・時子、2人の5歳になる息子の恭一とともに穏やかな日々を送っていたある日、雅樹の部下で板倉正治という青年が現れ、時子の心が板倉へと傾いていく。それから60数年後、晩年のタキが大学ノートにつづった自叙伝を読んだタキの親類・荒井健史は、それまで秘められて...... more
Tracked from のほほん便り at 2014-04-07 16:28
タイトル : 花子とアン「花子と呼んでくりょう!」
随分と思い切りましたね。朝ドラのナレーションに美輪明宏だなんて…でも、想像の翼を大いに広げる主人公だから、ある意味で、とても似合ってるかも。最初は、微妙に抵抗あった、毎日の終わりをしめくくる「ごきげんよう」も、「なるほど、連続テレビ小説だな」と、次第に慣れてきたのでした。自分は、朝ドラ歴「梅ちゃん先生」からだから、こういう、もうひとつ昔の時代は、なかなかに新鮮。それに、随所に、アン・ブックスのディテールが織り込まれていて、思わずニンマリ。学校デビューするなり、いきなり、石版で頭をバコン事件に始まり、寡...... more
Tracked from のほほん便り at 2014-07-28 18:08
タイトル : 若者たち2014「苦い秘密」
今回の見どころは、帰ってきた瑛太との兄弟喧嘩で、熱くなるあまり、自転車を投げる、妻夫木聡とつかこうへい劇を熱演。周囲が「ををっ」となる、橋本愛、だったかな?(^^;)芸達者さん達だけに、ひたすら、古さが惜しいのでした。昭和並みに人と人の距離が近くて熱いのに、現代ツールの携帯、等々、ミスマッチが切なくて… どうして、思い切って、舞台を、まんま昭和にしなかったんでしょうね。人気者と、怖いもの見たさが混じった複雑な心境です (^^;)   (ストーリー)出所した佐藤暁(瑛太)が戻ってきたことで、佐藤家は大混...... more
Tracked from のほほん便り at 2014-12-17 11:17
タイトル : ごめんね青春!「今日大事な人にごめんねとさよならを言います」
文化祭の空気が懐かしい~~っ!ついに、平助 (錦戸亮) 、りさ (満島ひかり) に告白しましたね。14年前の真相と彼女への気持ち…最悪のタイミングだったけれど、最高の返事だったように思われました。どこまで強いんだ、いずっばこのハートのつり革の運命パワー。「私達は運命で結ばれています。(中略)放火魔の… それも全て試練です。今は許しませんけど乗り越えましょう」ですもんね。また、平助は知らなかった事実。14年前、警察が来た時も、どこまでも、平助を信じ続けた、両親の対応も感動的くわえて、平太 (風間杜夫) ...... more
Tracked from 日々好日 at 2014-12-24 08:23
タイトル : 白い春の女
2015年版:実力派若手女優、真木よう子、黒木華、安藤さくら躍進で激戦化... more
Tracked from のほほん便り at 2015-02-13 17:33
タイトル : 問題のあるレストラン「バレンタイン決戦で奇跡が!」
たしかに、男社会で不遇な目にあってる、個性派キャラ達が、はいあがり「見返す」物語だけあって、「ムカつく男」達のディテールがハンパないこと!閑古鳥のなく、『ビストロ フー』に、雨木(杉本哲太)と、部下の土田(吹越満)がやってくるのですが、あまりにも、嫌~~な感じで「どうか今回は、立腹のあまり、せっかくの料理を台無しにしませんように」と願ってしまったのでした (^^;)それに、今回はライバル店『シンフォニック表参道』に勤めてた、藍里(高畑充希)が、理不尽な目にあっても我慢する勘違いぶりから目覚めて成長。初...... more
Tracked from のほほん便り at 2015-02-27 07:01
タイトル : ダルマさんが笑った。
改めて、安藤サクラは魅力的な俳優さんだなぁ、と感じました。幸福の「ダルマ夕日」に心惹かれる、バツイチ・子持ちの恋人がいる美奈を熱演。基本的にコミカルなのが良いです。人情コメディ…そして、「ダルマ夕日」について詳しいという浜田公子(倍賞美津子)の“はちきん母ちゃん”ぶりと、「ダルマ夕日」にこだわる事情が泣かせます。高知発地域ドラマだけに、ローカル色豊かで味わい深かったです。心温まる佳作だけに、再放送で見られて (^。^)    (ストーリー)1年に20日ほどしか出ないという“幸福のダルマ夕日(ゆうひ)”...... more
Tracked from のほほん便り at 2015-03-10 16:11
タイトル : 小さいおうち
やはり、第64回ベルリン国際映画祭、最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した黒木華の、純朴な昭和顔が、とても雰囲気で、圧倒的存在感! 奥様を演じる、松たか子の華やかさともども、とてもハマってました。ただ、個人的に、板倉正治役は、吉岡秀隆も誠実に好演してましたが、もっと色気ある存在… たとえば、綾野剛や斎藤工あたりが演じたら、説得力になったのでは?と感じた私は、ミーハーすぎ? (^^;)舞台になった、赤い家もモダンで、可愛かったし、山田洋次監督作品らしい、丁寧で、華と品のある描写が素敵でした。おそらく、最後の「...... more
Tracked from piece of lif.. at 2015-03-18 16:52
タイトル : ソロモンの偽証 前篇・事件
ソロモンの偽証 前篇・事件現在公開中(2015年3月現在)の日本映画で、前後篇の前篇で、宮部みゆきの小説「ソロモンの偽証」の「第I部 事件」、「第II部 決意」、が原作です。内容は、クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止め...... more
Commented by rollingwest at 2019-06-23 16:09
「サンタ・プラッセーデ聖堂」「罪のない病院」など一般的には殆ど知られていない場所ですね。ローマの街を深く掘り下げて探訪されていることに驚きます。
Commented by desire_san at 2019-06-23 17:14
rollingwestさん  私のブログにご訪問頂きありがとうございます。

私の好きな旅は、外国の街をぶらっと歩いて、このような人気のないあまりところに入ってゆっくり過ごす旅です。

変わり者と思われるかも知れませんが、日本人がいない酒場やレストランに入って、現地の音楽と意味の分からない言葉に囲まれて、異邦人の気分を味わうのも、旅の醍醐味まひとつですね。






Commented by くちなしの花 at 2019-06-24 18:23 x
ご紹介、とてもうれしかったです。有難うございました。

この孤児院、行ったのですが休館で、中を見学することができませんでした。

外を飾る赤ちゃんのセラミック、ブルーと白でとてもきれいなのですが、おくるみで色んなふうにグルグル巻きになっているのは、興味深い造形ですね。

Commented by desire_san at 2019-06-25 00:06
昔イタリアでは、赤ん坊は包帯でくるむ習慣がありました。ぐるぐる巻きにしますが決して締め付けず、母胎の中のように包帯で柔らかく包みました。

身体を包む包帯があることで、赤ん坊は「守られている」感覚を得ることができるそうです。



Commented by snowdrop-nara at 2019-06-25 06:40
フィレンツェで一番美しい広場ですね!
ロッビアの受胎告知をうっとり眺めたのを思い出します。

赤ん坊の包帯は、ぐにゃぐにゃした幼い体を安定させるのにもいいそうですね。
ジォットの描いた幼子イエスもぐるぐる巻きです。

参考文献のMarco Mulazzaniは原書ですね?
degli Innocentiは「罪なき者たちの」ということですね。
捨てられた幼児に罪はありませんものね。

Commented by desire_san at 2019-06-25 14:13
snowdrop-naraさん、コメントありがとうございます。

イタリアはいたるところに芸術があるところがすごいです。

イタリアの中世からルネッサンス以降、膨大な芸術作品が制作されていて、その大部分がイタリア国内にあります。
イタリアも日本ほどではありませんが、地震国なので、地震で壁画などが破損しますが、数年後には修復されて、元通りの姿になっています。

国民不在の規制緩和と経済発展の道を進み続ける日本の政策のアンチテーゼのように感じます。
一世紀後生き残るのはどちらなのか、そのころ生きていないので知る由もありませんが、知らない私達のほうが幸せなような気がします。