ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)

ヴェネツィア (1日目)
Venice
イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18235467.jpg


 フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅からユーロスターに乗り、イタリアの田園風景を眺めながら優雅な列車の旅です。ボローニャ、バドゥバ、メカシレを通って約2時間の列車に乗るとヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に着きました。



Venice is the capital of the Veneto region. The name is derived from the ancient Veneti people who inhabited. The city historically was the capital of the Venetian Republic.

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_1826295.jpg


 ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅を降りると、眼前に運河が広がり、フィレンツェとは別世界のようです。早速予約しておいたホテルHESPERIAに寄って荷物を預けました。フィレンツェでは食べるところを探すのに苦労しましたので、ホテルの人に日本から持ってきたお土産を渡して、安くておいしい店をいくつか教えてもらいました。

 ヴェネツィアの中は一切自動車が走っていないため、移動は全て船なので、最初にヴァポレット(水上バス)の36時間券を買いました。これで明日の夜までヴァポレットを乗り放題で、自由にヴェネツィアの街を移動できます。

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18361951.jpg


ヴェネツィアの街は運河の水と造形美のある古い建物のコントラストが絶妙で、言葉に表現できないくらい美しい街だと感じました。一通り街を見たいと思い、ヴァポレットの先頭に陣取って、水の都を堪能しながら溜息の橋のある終点のS.Zaccariaまで行きました。

Venice produced the best and most refined Rococo designs. At the time, Venice was in a state of trouble. It had lost most of its maritime power, was lagging behind its rivals in political importance, and society had become decadent, with nobles wasting their money in gambling and partying. But Venice remained Italy's fashion capital, and was a serious contender to Paris in terms of wealth, architecture, luxury, taste, sophistication, trade, decoration, style, and design

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18364818.jpg


イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_1837918.jpg


イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18375826.jpg


イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18381391.jpg


イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18391948.jpg


ドュカーレ宮殿の前を通ってサン・マルコ広場まで歩き、早速サン・マルコ大聖堂に入りました。

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18443172.jpg


Venetian Rococo was well known for being rich and luxurious, with usually very extravagant designs. Unique Venetian furniture, such as the divani da portego, or long Rococo couches and pozzetti, objects meant to be placed against the wall. Venetian bedrooms were usually sumptuous and grand, with rich damask, velvet, and silk drapery and curtains, a beautifully carved Rococo beds with statues of putti, flowers and angels.

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18404693.jpg マルコ大聖堂の中は、外の華やかな風景とはうって変わって重厚なモザイク画に囲まれた壮麗な落ち着いた空間です。奥に入ると、この寺院の秘宝である金に宝石が散りばめられ非常に美しいパラ・ドーロヲ見る事ができました。
イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18415185.jpg










Venice was especially famous for its beautiful girandole mirrors, which remained among, if not, the finest in Europe. Chandeliers were usually very colourful, using Murano glass to make them look more vibrant and stand out from others, and precious stones and materials from abroad were used, since Venice still held a vast trade empire. Lacquer was very common, and many items of furniture were covered with it, the most famous being lacca povera (poor lacuqer), in which allegories and images of social life were painted. Lacquerwork and Chinoiserie were particularly common in bureau cabinets


2階に上がると大聖堂の中が上から一望でき、外に出るとか華麗な建物が並ぶサン・マルコ広場が一望できました。非常に贅沢な空間で1時間ほどゆっくり過ごすことができました。

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18454667.jpg



 お昼がとっくに過ぎていたので、マルコ大聖堂を出て、ホテルの人から紹介されたセルフサービスのレストランChat.Qui.Ritに入り昼食をとりました。ホテルの人のお勧めの店に相応しく、値段も安くメニューも豊富で、しかも店のインテリアもシャレていて落ち着いた雰囲気で食事ができました。

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18472230.jpg 満腹になって元気が出たので、再びサン・マルコ広場に戻り、高さ98.6mの鐘楼にエレベーターで登りました。ここからは眼下にサン・マルコ広場を望み、ヴェネツィアの街全体が一望でき、海の向こうには、サン・ジョルジョ・マジョーレ教会のある島が美しい姿で望めました。ヴェネツィアの街全体はオレンジ色で統一されていて、所々に大きな寺院があり、地図と見比べるとどこに何があるかが分かります。ここでたっぷり時間をとって空からのヴェネツィアの景色を楽しみました。

イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18482117.jpg


イタリア一人旅 Ⅱ  ヴェネツィア (1日目)_a0113718_18484324.jpg


鐘楼を降りるともう夕方になっていて、急に雨が降ってきました。急いでS. Marcoから
ヴァポレットに乗り込み、ホテルに戻りました。

 ヴェネツィアの市街地のホテルは1泊数万以上のホテルばかりでしたが、唯一朝食付で1万円程度のホテルを見付けたのが今日から泊まるHESPERIAでした。それでも部屋は見違えるほどきれいでダブルベットがありお風呂もついていました。朝食の選択も豊富で、フィレンツェのホテルの1泊約5千円のホテル比べると天国のようでした。(2010.10.4)

 







にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方はここをクリックお願いします。

 
by desire_san | 2010-10-17 18:51 | イタリア | Trackback(1) | Comments(41)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/11437327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 道楽ねずみ at 2010-10-18 22:42
タイトル : 美の巨人(小椅子の聖母)
本日放映されたテレビ東京の「美の巨人」はラファエロの「小椅子の聖母」がテーマでした。 昔,相方とフィレンツェに行った際には,ウフッツィ美術館のほかにピッティ宮殿にももちろん行きました。 「小椅子の聖母」はその中でもとても素晴らしい作品でした。...... more
Commented by hirune-neko at 2010-10-17 20:07
イタリアの街々には、音楽と美術が溢れ
情緒があっていいですね。
Commented by ike at 2010-10-17 22:11 x
コメントありがとうございました。

写真、とっても素敵ですね。

ホテル情報も有益です。ひきつづきアップをお願いいたします。
Commented by ゆりこ at 2010-10-17 23:08 x
こんばんは。ヴェネツィアの写真も手すきですね。
船の位置がちょうど良いところでシヤッターを押しているのはさすがですね。
サンマルコ広場は人がすごく多いと思いますが、人に邪魔されずに良く写真が撮れましたね。
秘訣が合ったら、今度あったとき教えてくださいね。
Commented by hisashi at 2010-10-17 23:14 x
ブログのご紹介ありがとうございます。
いつもいただくだけでコメントを書かなくて申し訳ないのでたまにはコメントします(笑)
フィレンツェでもそうでしたが、写真がすごくきれいです構図いいですね。
かなりの数を撮っているとご推察しますが、何枚くらいとれば良い写真が撮れるのですか。
わたしなんか、コンパクトデジカメでしか撮らないので、いつも帰ってから見てガッカリすることばかりです!
Commented by 智子 at 2010-10-17 23:20 x
こんばんは。ご無沙汰しております。
ブログのご案内ありがとうございました。ひとりでイタリア旅行なんてすごいですね。
私なんか語学に自信がないのでとてもそんな勇気がでませんね。 (*δ。δ)  
Commented by やっくん at 2010-10-18 04:55 x
水の都ベニス、川に面した建物は土台は大丈夫なんでしょうか。イタリア南部の街ですから気風は明かるいところでしょうね。タイトルは忘れましたが、ベニスを舞台にしたアメリカ映画がありましたよね。あれを見て憧れたものです。
Commented by cocochanman at 2010-10-18 06:13 x
街が綺麗のでしょうが写真が見事で綺麗なのに驚きました。
Commented by rudolf2006 at 2010-10-18 08:48 x
お早うございます〜
拙ブログにコメント、ありがとうございます。

ヴェネチア旅行 良いですね〜
ゴンドラに乗って旅するのは良いですね〜
イタリアはヴェローナとミラノしか行ったことがありませんので、記事を愉しみにしております〜

=^・ω・^=
Commented by 高橋正彦 at 2010-10-18 08:54 x
ブログへのコメントありがとうございました。イタリア旅行いいですね。旅行記とても楽しく拝見しました。

僕も友達がいるので来年か再来年にはイタリアに行きたいと思っています。
Commented by まめあちゃ at 2010-10-18 16:09 x
早速、お邪魔させて頂きます。
イタリア、美術、写真と、お詳しいのですね♪
私もヨーロッパの建物や美術は、大好きです。(詳しい訳ではありませんが)
シャガールやポール・デルボーなどの不思議な幻想的な絵画も好きですよ。(重ねて、詳しい訳ではありません(^_^;))
感性だけで生きて来たようなところがあるので、理屈は二の次になりがちですが、芸術って心癒す以上の何かがありますよね(*^_^*)
常に、そういったものには、ちょっとでも触れていたいなあと思います(^-^)
Commented by sachi at 2010-10-18 16:28 x
こんにちは。
ベニスは私の亜子がけの場所でいつか行きたいと思っていましたが。こんなに美しい街なんですね (^0^ *)ノ
写真を見せて頂き、絶対行きたい ☆彡 という気持ちになりました。
ベニスをひとりで観光されたということは、かなりベニスに詳しくなられたのですね。
私が計画するときは相談に乗ってくださいね。.。o○
Commented by akiru at 2010-10-18 16:52 x
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございましたm(_ _)m私もヴェニチア、フィレンツェ、ローマと行きました。ヴェネチア、フィレンツェは本当にステキなところですよね~(*^^*)何度でも行きたいです。ヴェニスでゴンドラに乗って、気持ちよかったのですが、最後のほうで船酔いしてしまった思い出が(^^;)写真もとてもステキで、又行きたくなっちゃいました。desireさんは一人で行かれたのですか?凄いです~。又お邪魔させていただきます(^^)
Commented by Tomas at 2010-10-18 17:21 x
こんにちは。
ツアーで何年か前ヴェネツィアのに行きました。宿泊がヴェネツィアの外なので旅行社の人に聞いたら、ヴェネツィアの中のホテルは値段が非常に高いから、という答えでした。ヴェネツィアに泊まれなかったことが非常に残念でした。
desireさんはご自分で調べて、非常に値段が安くて良いホテルをヴェネツィアの中に見つけたんですね。HESPERIAの情報ありがとうございました。
Commented by koala29 at 2010-10-18 17:29 x
すばらしい写真、感銘いたしました。世界中を旅なさってるのですね。
小生も外国への思いはありますが、今となっては実現出来そうもありませんのでテレビの旅番組で行ったつもりになっています。これからおじゃまして楽しませていただきます。ありがとうございます。
Commented by からすやま at 2010-10-18 18:48 x
はじめまして。
ご訪問いただき、ありがとうございました。
すばらしいお写真ですね。
私もヴェネツィアには三度行きましたが、まだ見足りないほど美しいですね。
フィレンツェとはまた全然違うところが魅力的です。
また立ち寄らせていただきます。

ぽちっ☆ ブログ村
Commented by コデマリ at 2010-10-18 19:30 x
こうして見せていただくとヴェネツィアは水の都だという事がよくわかります。
ヴェネツィアのホテルは素敵だったようですね♪
Commented by calaf at 2010-10-18 20:32 x
My Blogにお立ち寄りいただきありがとうございました。
私がヴェネツイアに行った7月はじめには、サン・マルコ広場で雨の中
仮装行列をしていて気の毒でした。私はツアーで行ったのですが、運河のすぐ近くのホテルで散歩に最高でした。
Commented by jasmine at 2010-10-18 21:04 x
ご訪問ありがとうございます!
ヴェネツィアは、小さい頃家族旅行で行き、水上タクシーに驚いた記憶があります。写真を見ていると、懐かしく、また行ってみたくなってきました!
Commented by love-lettre-to at 2010-10-18 22:19 x
初めまして!小平のモグラです。
私のブログ「忘れえぬ人々と道草フォト575」に
コメントを頂き有難うございました。
テレビ番組で「世界遺産の旅」を見る度に駆り立てられ、イタリアへ心は飛んでいるのですが…。

往年の名画「旅情」のキャサリン・ヘップバーンの
ように新しい恋人と出会うかしら…と。
Commented by desire_san at 2010-10-18 23:43
「旅情」はキャサリン・ヘップバーン演じる婚期を過ぎたキャリアウーマンが憧れていたヴェネツィアを訪れ、恋にに落ちるというお話でしたね。ヴェネツィアの街のロマンチックなムードが映画に効果的に生きていたと記憶しています。行ってみて、確かにヴェネツィアは恋をするには最高の環境と実感しました。私の一人旅には”恋”はありませんでしたが。
Commented by mammi_venezia at 2010-10-19 02:14
desireさんコメントありがとうございました。
いつも見慣れている町並みも素敵な写真と文章で見ると
ヴェネツィアって素敵な街だなぁ~とあらためて思いました。
犬がサンマルコで鳩を追いかけて遊ぶのでよく行くのですが
もしかしたらすれ違ってたかしら??
二日目の記事も楽しみにしていますね!
Commented by florentia55 at 2010-10-19 04:03 x
Dezireさま 
コメントありがとうございました。 嬉しかったです!
ほんとに 素晴らしいブログですね! 
大好きだ―った 伝わってくるお写真に 感動してます。
また お邪魔しますね。         新米ブロガ―より
Commented by tkomakusa1t at 2010-10-19 05:49
おはようございます。
建物が運河とマッチして美しいですね。
一人旅は見たいものには十分時間がとることができて
よかったですね。
Commented by kirafune at 2010-10-19 07:00
desire_san さん

おはようございます!
これが、ヴェネツィアなんですね♪
なんて、ロマンチックで美しいのでしょう!
一生に一度は必ず行ってみたい街ですね。
憧れます。
そんな気持ちにさせてくれる、素敵なお写真でした。
Commented by ももの at 2010-10-19 08:37 x
どこも日本人の団体客ばかりじゃなかったですか。
貴兄の一人旅,いいですね。
Commented by m-lfo986 at 2010-10-19 09:05
はじめまして、ご訪問させて頂きます♪
青い空と古都ベニスが絵葉書のようでステキですね!

ベニスの仮面カーニバルに一度行きたいと思っていますが、、
行きたい気持ちが、グイグイ上がってきました^^
Commented by KEN_yokohama at 2010-10-19 10:22 x
すばらしい旅をされたようですね?
写真から歴史と文化の香りが伝わってきました。
Commented by kurukuru at 2010-10-19 12:33 x
コメントありがとうございました。
フィレンツェからヴェネツィアの旅、楽しく拝見いたしました。
自分には実現できないであろう海外旅行…
美術館巡りは憧れです。
Commented by wood-side at 2010-10-19 22:40
ヴェネツィアの風景すてきですね!行ってみたいです。
一人旅、列車の旅、最高ですね。
Commented by Youko at 2010-10-19 22:51 x
こんばんは
ヴェニスには一度だけツアー行きましたが その魅力に心が奪われてしまいました。 今でも最高の思い出として心に残りっています。素晴らしい思い出がよみがえってきて懐かし気持ちで写真をみせていただきました。。
Commented by つるりんこ at 2010-10-20 11:26 x
ヴェネツィアは素晴らしいですね、水没しそうな緊張感もたまりません。フェニーチェ劇場も再建されて以前の趣きはなくなってしまったそうですが、是非行ってみたいですね。
Commented by htt-bird at 2010-10-20 23:50
ヴェネツィアは本当に水の都ですねえ。
水上バスの乗り放題チケットいいですね。あっちこっちと1日中異国の街を彷徨ってみたいです^^)。
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-10-21 15:06
 残念ながらヴェニスには写真旅行でけです。
全ての建物に焦点を合わせたくなるような気分ですね。
 大国の興亡の中で、ヴェニスが出てきますが古の繁栄が透かして見えてきそうです。
 円高の内に行ってみたいと思いますが、desierさんのように一人旅ができると最高ですね。
Commented by sacromonster at 2010-10-22 09:20
初めまして。懐かしのベニス、大好きなベニスの
写真を見せていただき嬉しくなりました。
過去に3回、ツアー旅行でしたが、行ったことがある
ベニスです。
私のブログにも載せましたが、お粗末なもので
比べものにはなりませんがリド島に泊まっています。
イタリア大好きな私には魅力のあるブログ・・・
楽しませていただき有難うございました。
Commented by ディック at 2010-10-23 14:12 x
通常は道路があるべきところが運河になっている。やはりかなり不思議な景色です。都市の景観そのものが芸術品ですね。
ヴェネツィアの美術はあまりよく知りませんけれど、バロック時代の音楽なら大ファンです。
>フィレンツェでは繊細な優美な芸術が好まれ、力強く奥の深い芸術はあまり好まれなかった
と前の記事にありましたが、フィレンツェがルネサンス好みなら、ヴェネツィアはバロック好みでしょうか。音楽はバロックのほうが圧倒的におもしろいですが…。
Commented by まさみ at 2010-10-24 21:23 x
遅くなりましたが、お邪魔させてもらいました。やっぱりヴェネツィアは素敵ですね~。写真がとても綺麗に撮れているので、私が訪れた時のことも鮮明に思い出すことができました。イタリアの街はどこに行ってもそれぞれに違う魅力があって飽きることがないですよね。
これからもまたお邪魔させてもらいますね^^よろしくお願いします。
Commented by mika at 2010-10-25 23:50 x
素敵な写真ですね*
ベネチアに行きたくなりました^^
私もいつか行ってみたいです^^
Commented by 4nobu at 2011-02-12 22:09 x
旅行、山、写真、オペラ、バレーいずれも私と共通するところですがレベルがちがいます。本当にプロです。と言ってもいずれもプロと言う事はないですね。しかし本当にそのレベルなので圧倒されました。これからじっくりと見せていただきます。
Commented at 2011-07-14 16:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-03-13 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by desire_san at 2013-03-13 17:50
フォートラベル株式会社 石川さん  
公開しているブログは旅行のクチコミサイトにリンクしていただくこと、歓迎です。