人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

レンブランド・印象派から抽象表現主義まで

川村記念美術館
Kawamura Memorial Museum of Art

a0113718_14453670.jpg


 千葉県佐倉市郊外に広大な庭園のなかに建つ、ヨーロッパの古城かワインセラーを思わせる美術館があります。巨大な現代美術の作品群が鑑賞できる広大な展示室が設けられ、20世紀の抽象主義の絵画の全貌を鑑賞できる数少ない美術館です。佐倉に住む先輩に案内して頂き、この美術館を訪問しました。



Kawamura Memorial Museum of Art opened in n order to publicly exhibit art collected by DIC Corporation and its affiliates in Sakura City, Chiba prefecture in Japan. The first collected artwork was Crows and Herons by Tohaku Hasegawa. Then Focusing on 20th century art such as Picasso, Braque, Kandinsky, Malevich and Cornell, the collection developed.

a0113718_1515156.jpg


 休日は早めに行かないと入れないというシャレたレストランBelvedereで早めの昼食をとりましたが、このレストランから美術館の庭園全体が見渡せました。

a0113718_1504048.jpg


a0113718_15101240.jpg 美術館の最初の展示室は印象派からヨーロッパ近代絵画の展示室です。ルノワールの「水浴する女」など印象派の作品が数多くありましたが、特に強く印象に残ったのがシャガールの「赤い太陽 」と「ダヴィデ王の夢」でした。「赤い太陽 」は、鮮やか色で描かれた人物や動物、花束などが無重力で浮遊するに浮かび上がります。背景が黒く闇のようです。美術館の開設によると、暗い時代を経て再生に向かおうとするシャガールの画家の心の反映との事です。他に気になったのは藤田嗣治の「アンナ・ド。ユワイユの肖像」クリムトを思わせる面白い絵で、藤田嗣治には珍しい作品だと思いました。

Artworks of emergent artists of the same era, who had not yet been introduced in Japan.Western painting masterpieces were further collected and the third president, American Contemporary painters such as Louis and Stella who were starting to be recognized in Europe, were focused upon at an early time and collected.

a0113718_15105995.jpg 次の部屋はこの美術館の自慢一品、レンブラント・ファン・レインの「広つば帽を被った男」が1室を占めていました。日本でただひとつレンブランドの真作だそうです。次の部屋は日本の美術の部屋で橋本間雪の画風の違う2つの名作を見ることができました。展示室の隣に茶席があって美しい庭を見ることができました。

Rembrandt van Rijn is known for a style that made masterful use of Baroque chiaroscuro in paintings of great psychological depth. His paintings take subjects from mythology and the Bible, and he is also celebrated for his work in portraiture and group portraits. Rembrandt painted many portraits of the city’s wealthy merchants, leaders of the church and government officials. This is one such work, and from the man’s apparel it can be assumed that he is one of the city’s wealthier citizens. The light that falls on the model’s face from the left shows his lively expression with rich contrasts of light and shadow and accentuates the impeccable skill and detail with which the artist depicts the texture of the skin and beard, the hair and lace collar and the black fabric of his clothes.

a0113718_1521855.jpg


 実はこの美術館の他の美術館にはない特色は、1940年代からかアメリカで盛んになった抽象表現主義の作品群です。

a0113718_1528669.jpg アメリカ抽象表現主義の本格的な美術展は、日本では1995年東京近代美術館で1回だけ開かれています。このとき私は初めてジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングの作品に直接触れ、その斬新さと作品が観る人に与えるエネルギーの大きさに圧倒されました。それ以来ポロックの作品が観られる美術展はできるだけ行くようになりました。

American Art, collected Rothko's mural artworks, Newman's Anna's light and various works of Stella, which are significant in American Art history. The number of collected artworks exceeds 1000.

 しかし、同じ美術展に出品されていたマーク・ロスコの作品は全く理解できませんでした。
この美術館に詳しい先輩の話では、マーク・ロスコ、バーネット・ニューマンの作品は普通の絵画のようにひとつの作品を絵画作品として観るのではなく、その作品によって作られた空間を味わうものだということです。そのように考えると、マーク・ロスコの作品も面白いと感じました。


a0113718_15222780.jpg 巨大なキャンバスを使い、画面に焦点となる点がなく、地も柄もなく、どこまでも均質な色や線の広がり、全体を一面に覆っているような空間です。マーク・ロスコやバーネット・ニューマンらの芸術は既成概念を覆し、新しい絵画空間の創造を試みようとするものだそうです。川村記念美術館には、マーク・ロスコが高級レストランのために描いた7点の作品展示した「ロスコ・ルーム」もあります。マーク・ロスコのシーグラム壁画は、横幅が4.5メートルに及びます。これまでにない大作となったのは、マーク・ロスコはこれを「絵」ではなく「壁画」と考えました。この壁画群に囲まれていると、言葉に表現できないような静けさと落ち着きを感じます。まるで自分の心までが赤く染まってくるような感じがします。この絵画群に長い時間囲まれていると人間は深い内省をうながされるそうです。

The seven paintings of Mark Rothko’s "Seagram Murals" series in the collection of the Kawamura Memorial Museum of Art are works that were originally intended to hang in the same room. These "Seagram Murals" are different in a number of ways from other representative paintings of Rothko that release a light quietly from within a cloud-like expanse of color. First of all, the majority of them are horizontal works and larger that earlier Rothko paintings, with many reaching 4.5m in width. The reason they are so much larger than his earlier works is that Rothko thought of them as murals, not paintings, and from sketches he left on paper it is clear that he intended to hang several of them in sequence with no space in between, thus literally covering an entire wall in mural fashion. Also, they no longer have the cloud-like color field of his previous paintings. Instead, each painting has a deep reddish brown base color over which is painted a window frame-like form in red or black or a light orange. That said, it is not a literal window frame but the concept of a "window" that is represented—a window to a red expanse of the world beyond, perhaps a door. And whichever, it is closed, it only represents a boundary between this world and the world beyond and it defies any desire we might have to cross over into that world. Some people might feel averse to the color, finding it suggestive of dried blood, or the unique texture of his finely layered paint. But if you sit for a while surrounded by these murals, you may find yourself feeling as if your consciousness itself has been dyed the same red and your thoughts turned toward deep introspection.

a0113718_15305048.jpg 既成概念を覆し新しい絵画空間の創造を試みる別のアプローチとして、川村記念美術館にはフランク・ステラの部屋があります。アルミニウム板を使い多数の部品を組み合わせて立体化した作品です。模型の各パーツを拡大し、アルミニウムやマグネシウムなどの金属で鋳造して組み合わせた大型作品、巨大な飛び出す絵本のように壁から突き出てくる作品は、異空の空間を感じさせます。

Frank Stella(1936-)is an artist who continued to overturn the artistic conventions of the day with bold new concepts, while progressing in style throughout his career by experimenting with new types pictorial spaces.The year after Stella painted his Tomlinson Court Park paintings, he abandoned the long-held painting convention of working on rectangular canvases. The painting Hiraqla III executed on a canvas shape resembling a pair of glasses is from Stella’s "Protractor Series" composed of semicircular units. Indeed, the radiating color sections of the semicircular forms are as if drawn according to the angle calibrations of a protractor. The shapes are the product of Stella’s attempt to achieve a complete unify between the image he wanted to paint and the shape of the canvas he painted it on. As Stella’s artistic quest continued, he went beyond the painting canvas and applied color to a variety of new materials. From 1971 these new materials included cardboard and felt, and from 1975 he used sheet aluminum in works assembled from numerous parts in increasingly 3-dimensional form. In 1986, Stella began work on what would become his largest series: the Moby-Dick series that takes its titles from the Melville novel. These large works are assembled from parts cast of aluminum or magnesium. Among these, Merry Christmas 3X (third version) protrudes out more than 1.5 meters from the wall like a giant page from a pop-up picture book and enters our space with.

a0113718_15341994.jpg 開館20周年記念展でアメリカ抽象表現主義のもうひとりの巨匠、バーネット・ニューマンの企画展も開かれていました。川村記念美術館は、ニューマンがその生涯に制作した最も大きな作品「アンナの光」を所蔵しています。鮮烈な朱赤の大画面が異空の世界を体験させてくれるような気がします。

Barnett Newman is one of the leading artists of the Abstract Expressionism movement that emerged in the U.S. after World War II.None of Newman’s paintings surpass this one, not only in terms of size but also the intensity and magnitude of the color. The enormous 2.8m high by 6.1m wide canvas is covered with red paint, applied in multiple coats, first with a roller and then with a brush. There is nothing particular that is painted on the picture plane but it is full of rich color, a strong red that fill the viewer’s field of vision.About his own painting, Newman says: "Since I was not painting anything that I was looking at in relation to the painting, there was nothing really to scrutinize---there was the painting itself that had its subject matter, had its content, which I hoped had an effect on me and therefore would have an effect on anybody else who saw the painting ---that I in some way characterized the emotional content at least that I had had when I worked at it. So my titles, I think I try in my titles anyway to evoke the meaning that the painting had when I was painting it."

 アメリカ抽象表現主義の画家たちは、絵画のキャンバスを従来の画家のように人物、現実の風景などの造形を表現する場とは考えず、ジャクソン・ポロックのアクション・ペインティング(Action painting)に代表されるように、芸術家の創造行為のフィールドと考えていたようです。このように考えると、全く画風の違うジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングとマーク・ロスコやバーネット・ニューマンが美術史で抽象表現主義という同じグループに位置づけられているのが理解できます。

 川村記念美術館は広大な敷地に見事な庭園が築かれ、桜やツツジなど四季折々の花や紅葉が楽しめるそうです。先輩に案内して頂いて広い庭園を散策して一日を過ごしました。(2010.10.11)

a0113718_1535546.jpg


a0113718_15371659.jpg










にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
by desire_san | 2010-10-11 23:22 | 美術展 & アート | Trackback(2) | Comments(38)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/11510840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Art & Bell b.. at 2015-02-14 07:42
タイトル : マーク・ロスコ 瞑想する絵画 @川村記念美術館
 川村記念美術館にはロスコルームがあり、有名なシーグラム壁画が7点も掛かっているが、部屋全体が暗くてあまり好きになれなかった。今回は世界のシーグラム絵画が、ワシントンから5点、ロンドンから3点が来て、川村の7点とあわせ、合計15点が一室に展示されていると知って、初日に見に行った。  常設展の日本美術室には、清方《四季美人》、等伯《烏鷺図屏風》、又造《鶴舞》、光琳《柳に水鳥図屏風》がでており、マグリット、ジョセフ・コーネル、フランク・ステラ、エンツォ・クキなどの作品にみるべきものが多いのだが、すっ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-11-23 14:14
タイトル : マルモッタン・モネ美術館所蔵作品展から見る印象派を超えた..
クロード・モネClaude Monet クロード・モネ(1840-1926)は、生前に成功した画家で、晩年のものを中心に多くの作品を最期まで手元に残しました。これらは息子のミシェルが相続しミシェルの遺志でマルモッタン美術館に遺贈されました。その数およそ150点。モネが晩年に何度も取り組んだ「睡蓮」や「日本の橋」から、10代後半で描いたカリカチュア(風刺画)も含まれ、画家本人によるプライベート・コレクションです。この作品群を譲り受け、マルモッタン美術館は、「マルモッタン・モネ美術館」の名称となりました。... more
Commented by kyonshogo at 2010-11-02 17:30
佐倉へは何度か訪れているのですが、
こちらはまだ行ったことなくて。。。
素敵なところですね!
芸術の秋だし、是非とも足を運んでみたいです^^

アメリカの抽象主義も気になるし、
なによりこちらのロケーションが素晴らしいですね^^
Commented by ゆりこ at 2010-11-02 18:29 x
こんばんは
きれいな美術館ですね。全然知りませんでした。ご案内ありがとうございます。いつかいってみたいと思います。桜の季節がお勧めでしょうね。
Commented by 智子 at 2010-11-02 18:34 x
こんばんは
川村記念美術館は名前は聞いたことがありますが、どなところか知りませんでしたので、
大変参考になりました。
でも、中にある美術品は難しそうですね。頭が痛くならないと良いのですが(笑)
でも、美術って理屈じゃないですよね。気持ちよいものを感じればよいのだと思いますね。
Commented by Ruiese at 2010-11-02 18:39 x
お久しぶりです。相変わらず多様な内容の記事や写真を載せてているのに驚きです。
抽象絵画はまったく分からないので、行くとしたら桜の花見ですかね。!(^0^ *)ノ
Commented by やっくん at 2010-11-02 19:19 x
佐倉にこういう美術館があることを初めて知りました。かつ、レンブラントの真作が唯一この美術館にあることについては何をかいわんやです。
Commented by yodogawasyuhen at 2010-11-02 19:30 x
こんばんは
良い美術館ですね。
去年は旅兼ねて足立美術館に行きましたが、こちらの美術館にも行ってみたいです。
Commented by hirospace at 2010-11-02 20:00
コメント、ありがとうございました。

外見は美術館とは違ったイメージがありますね。
そして中庭は広大で素晴らしいですね。
展示してある抽象主義の作品は僕には理解が難しいと思われます。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-11-02 20:00
こんにちは。

日本にも、このような立派な建物があるんですね。
川村記念美術館は私立の建物ですね!

市や県の建物なら、税金が多量投入されているから
納税者はいやになります。
日本は必要もないのに箱物が好きですから・・・・・・

Commented by KEN_yokohama at 2010-11-02 21:04 x
佐倉在住の友人が居て、10年ほど前に案内してもらっています。当然ですが展示作品の一部は変わっていますので興味深く拝見しました。レンブラント、ルノアール、シャガール好きな私としては楽しい時間でした。
Commented by tkomakusa1t at 2010-11-02 21:18
川村美術館は近いので時々行きます。
絵画はレンブラントがあったりでとても素晴らしいです。
私にはわけのわからない物 部屋があったりですが
庭の植物が四季折々に咲くので
それが楽しみで訪れています。
時々絵画を売る絵画展もお店でやっています。
庭の手入れが行き届いて何回でも行きたくなります。
Commented by htt-bird at 2010-11-02 21:28
流石にレンブラントの「広つば帽を被った男」は見たことがあります。
実物ではなく本やTVなどでですが^^;。
庭園も綺麗で雰囲気がいい所ですね。
Commented by 由美 at 2010-11-02 22:19 x
こんばんは。
ブログの記事を興味深く読ませていただきました。私も西洋美術は大好きですが、現代絵画、特に抽象絵画は苦手です。何を描いているか、何を表現しようとしているか分からないからです。
今回desireさんの記事を読み、大きな間違いに気がつきました。抽象絵画は何を描いているか、何を表現しようとしているかを考えて見てはいけないということなのですね。
美術作品は感性で見るもの、それが基本ということでしょうか。大変勉強になりました。ありがとうございました。
Commented at 2010-11-02 22:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tadasu24 at 2010-11-03 01:06
私のブログにコメントをいただきありがとうございました。

川村記念美術館、以前より気にかかっています。
desire_sanさんの写真を見て、名画に会いに、行きたくなりました。
Commented by Takashi at 2010-11-03 06:12 x
おはようございます。
私は千葉県にすんでいますが、このような美術館があるのを知りませんでした。ブログを読ませていただき、早速行ってみようと思います。私の友人が芸大出身で抽象的絵画を実際に描いています。この友人も連れて行って、マーク・ロスコやバーネット・ニューマンのえを見て何と言うかすごく楽しみです。なにか面白いことを言ったら、ご連絡しますね。いずれにしても情報ありがとうございます。
Commented by rollingwest at 2010-11-03 06:49
佐倉は仕事でうく行ったものですが、このような立派な美術館があったとは知りませんでした。
Commented by nobuta-man at 2010-11-03 22:23 x
desireさん、コメントありがとうございます。さっそくdesireさんのブログにお邪魔させて頂きました。
日本はコレクションを持たない美術館が多い中、このような秀作を数多く常設できる川村記念美術館に脱帽致しました。
千葉にまた新しい美術館が誕生しました。こちらは日本人画家達の超写実絵画を集めた美術館とのことです。http://www.hoki-museum.jp/top.html
もし、何かのお役に立てればと思ったのですが、既にご存じかもしれませんね。
Commented by tomo at 2010-11-03 23:14 x
私のブログへご訪問頂きありがとうございました

素敵なレポートですね

また良かったらいらしてください

Commented by florentia55 at 2010-11-04 03:21 x
赤のロコスルームで 壁画に囲まれてみたいです。 なるべく自然の光で 
コレクターの趣味が 見え隠れする 美術館が好きです。 ここきっとそうですよね。  
贅沢な時間を 過ごされましたね。 で すごいのは ちゃんと ご報告してくださる。 
それも なんか ご一緒してるように 惑わされてしまいながら。。
良い休日を過ごしたようです。  またお邪魔します。   
Commented by のん木草 at 2010-11-04 04:41 x
佐倉は、一度だけ、ハナショウブを見に行ったことがあります。
こんなに、きれいで、立派な美術館があるとは、想像できなかったです。
川崎に住んでいると、千葉県はなんとなく、遠いと言う感じが強く、出かける機会が少ないですね。
Commented by kameria at 2010-11-04 14:51 x
川村記念美術館いいですね。
常設展示ではロスコの部屋が好きです。
庭も山野草が色々......夏にはヤマユリも咲いて......ゆっくり巡るのが楽しみです。
Commented by ムー at 2010-11-04 22:10 x
こんばんわ。
コメントいただきましてありがとうございます。

美術作品のことはよくわかりませんが、敷地内の自然散策路へは度々足を運んでいます。
四季折々楽しめ、お気に入りの場所なんですよ。
Commented by Gallery TRUST at 2010-11-05 14:35 x
こんにちは。ブログへの訪問ありがとうございました。
今日はいい天気で、川村美術館に行ったらさぞ気持ちがいいでしょうね。
私も一押しの川村記念美術館。特にレンブラントの「広つば帽を被った男」前ではいつも素通りできず立ち止まってしまいます。お気に入りです。
Commented by kirafune at 2010-11-05 23:46
なんてステキな美術館なんでしょう!
まるでヨーロッパの古城のようなデザインの建物ですね。
ちょっと遠いですが、行ってみたいと強く思いました。
広々とした敷地が気持ちよさそうですね。
Commented by felice_vita at 2010-11-06 08:04
こんにちは。美しい美術館ですね。しかもこの庭園、日本じゃないみたいです。(ヴェネツィアのお写真も素敵ですね。)
私も行ってみたいです!
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-11-06 20:18
今晩は。
 絵とは関係ありませんが、desire sanの趣味に絆されるように「音楽の夕べ」行ってきましたが、生の演奏は本当に素晴らしいですでね。
レコード戸は全く違う迫力と音色がありました。
癖になりそうです。
Commented by scharore at 2010-11-06 21:04 x
四季折々の花が楽しめる、すばらしい庭園ですよね。私も何度も訪れている場所です。ちょうど今頃はかわいいブルーのリンドウが咲いているはずですよ。
Commented by ディック at 2010-11-06 21:51 x
このシャガールとレンブラントはとてもいい作品ですね。実物を体験したことのある画家は、写真だけでも感じが想像できます。
マーク・ロスコの部屋、はいってみたいですね。どういう感じがするか、ちょっとわくわくします。
フランク・ステラですか、写真だけからだとがらくたのように見えます(笑)
もっとも、ヤノベケンジさんとか好きだから、実物を見たら気に入ってしまうかも知れません。
バーネット・ニューマンの企画展を予定に入れていて、これで初めて川村美術館も体験できる、と期待しているのですが、7月頃から苦しんでいる座骨神経痛がもう少し軽減しないと、遠出がきつい。
少し延期しなければならないかも知れませんが、おかげさまで、企画展を期待しなくても、よい作品があることがわかりました。
Commented by 6-gousitsu at 2010-11-07 18:30
こんばんわ、私のブログにコメントありがとうございます

いつもきれいな写真とすてきなレポートですね
いろいろな作品が取り揃えられているようで、好みが合えば楽しそうです。建物と日本庭園も違った味付けで不思議。
美術館自慢の四季折々の植物たちも素敵です
Commented by ろき at 2010-11-11 06:52 x
こんにちは、ブログにコメントありがとうございました。

面白い建築&庭園ですね。
広い空間に、ロスコのような抽象作品は映えますね。

シャガール、重力がない~ww

一日ゆったりと過ごすのにいい美術館ですね、わたしも行ってみたいです。
Commented by カレンの母 at 2010-11-11 20:38 x
ようこそ、千葉へ。
私は何度となく訪れている美術館です。
美術館の周りの庭も含めて大好きなところです。
レストラン横のショップにある、ピーナッツバターは絶品ですよ。
Commented by Salot at 2010-12-04 21:10 x
四季折々の花が楽しめる、すばらしい庭園ですよね。私も何度も訪れている場所です。ちょうど今頃はかわいいブルーのリンドウが咲いているはずですよ。
Commented by pengin at 2010-12-04 21:11 x
私も川村美術館が好きです。時々行きます。佐倉駅から送迎バス(マイクロバス)に乗って行きます。シャガールのダビデ王の夢と赤い太陽があるのですが、私は赤い太陽が好きで、時々会いに行くのです。
そして、レストランの入口にあるショップが好きで、お客様の誕生プレゼントを何か買ってきます。美術館の中のショップも良いです。マリー・ローランサン展のときも行きました。
Commented by Chakari at 2011-06-25 17:08 x
すっごくキレイですね~。日本じゃないみたいです。
ご紹介ありがとうございます。
Commented by Oga at 2011-06-25 17:08 x
ほんと、外国見たいです。
絵を見るだけでなく、雰囲気も楽しめますね。
Commented by Muuvie at 2011-06-25 17:09 x
建物が、まずお気に入りです。。
自然が感じられて、良いですね^^

展示物も、古いのと現代アートが展示。。
珍しいですね。。
こんなお城みたいな美術館、近くで良いですね
Commented by Richa at 2011-06-25 17:11 x
ホント日本じゃないみたいですね。素晴らしいところですね。せひ行って見ますよ。
Commented by sachi at 2011-06-25 17:15 x
千葉県とは思えませんね。確かにヨーロピアン風です。
成田空港には何度か行っていますが成田山、房総、フラミンゴ、まだ千葉県も行ったことのないところがたくさんありますね。千葉も広いよですね。
ここは佐倉市ですね。庭園の花がきれいだそうですね。探していつか行ってみたいと思います。