ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

2010年の連続ドラマから

2010年秋の新連ドラ・ベスト5

2010年秋から放送された連ドラから、独断と偏見でベスト5を選んでみました。 順不動です。

●「黄金の豚」 http://www.ntv.co.jp/buta/
  貧困から詐欺師になった堤 芯子が架空の機関である「会計検査庁」にスカウトされ、正義感に燃える世間知らずの新人キャリアや挫折してやる気をなくしている公務員らとともに、既得の利権や脱税に挑む毎回1話か完結のドラマ。漫画のような内容だが、篠原 涼子、岡田 将生、大泉 洋、もたい まさこ、生瀬 勝など実力派の演技を見るのが楽しい。特にの破天荒な強さと可愛らしさを巧みに表現した演技は秀逸。また、岡田 将生が回を追って生長していく姿を巧みに演じている。大泉 洋と篠原 涼子のかけ合いも面白く、もたい まさこ、生瀬 勝久の味のある演技も光る。面白さという点では、この秋のドラマでは群を抜いている。
出演 篠原 涼子、岡田 将生、大泉 洋、もたい まさこ、生瀬 勝久、宇津井 健

●「蒼穹の昴」 http://www.nhk.or.jp/subaru/
 浅田次郎原作のドラマ化の日本語での再放送。落日の大国・清王朝末期の最高権力者・西太后と若い皇帝、二人の若者の運命、情、夢と希望などを、権謀術数、激動の時代とともに描く。紫禁城の原寸大セットの横店映像スタジオや世界遺産に登録されている頤和園で撮影され、スケールの大きな作品となっている。
主演 田中裕子

●「秘密」 http://www.tv-asahi.co.jp/himitsu/
滝田洋二郎監督、広末涼子・小林薫主演で映画化された東野圭吾の小説のドラマ化。杉田平介の妻・直子と11歳の娘・藻奈美がバスの転落事故に遭遇し、直子の身体と藻奈美の魂が死んでしまい、直子の魂が宿った藻奈美の身体が生き残ってしまうという架空の設定の下、直子が藻奈美として人生を行き直すという物語。
出演 志田未来、佐々木蔵之介、本仮屋ユイカ、堀内敬子、石田ひかり

●「PERFECT REPORT」 http://www.fujitv.co.jp/PERFECTREPORT/index.html
落ちこぼれのレッテルを貼られた記者たちが集まる遊軍取材班。ネタの真実を追い始めると誰の言うことも聞かず突っ走っていまい組織のお荷物になつている敏腕キャリアウーマンがリーダーとなり、報じられたニュースの真実を追求していく。
出演 松雪泰子、小出恵介、要潤、小日向文世

●「相棒」 http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/
 2002年10月より連続ドラマとしてスタートした好評のドラマの第9シリーズ。
出演 水谷豊、及川光博、六角精児、山西惇、益戸育江

《番外》
●「チャンス」 http://www.nhk.or.jp/dodra/chance/ (2010年から始まり秋に終了)
証券会社に勤めるキャリアウーマン藍田沙矢子が、株価操作取引で窮地に陥り、絶望のあまり厳寒の北海道をさまよい、迷い込んだサラブレッドの生産牧場での一頭の馬に命を救われる。その馬は子馬を生んで世を去る。彼女は子馬・チャンスとともに人生を変えていく。
出演 藤原紀香、市川亀治郎、堀部圭亮、浅野和之、加賀まりこ

●「ケイゾク」 
   1999年1月8日から1999年3月19日まで放送された日本のテレビの連続ドラマの再放送。10年前の中谷美紀の天然ボケと鋭敏の両面を持つヒロインの演技が絶妙。
  出演 中谷美紀、渡部篤郎、竜雷太
[PR]
by desire_san | 2009-02-10 19:09 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/11519774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tara at 2010-11-15 09:11 x
「黄金の豚」が好きで毎週見てます。
お上を相手に裁きが下るところが、水戸黄門や暴れん坊将軍を見ているようで平成時代劇って感じですね。やはり、日本人は最後にバシッと白黒はっきりさせて、ハッピーエンドを好む文化なのでしょうか。
Commented by desire_san at 2010-11-18 01:08
「黄金の豚」は話が話が現実味に欠けてるというご指摘もありますが、私もその通りだと思います。そんなに現実は甘くないから日本が
どんどん悪い方向に行くのが分かっていても誰も止められないのも事実です。

ただ注目すべきは、このドラマは「フィクションです」の前に、「事実に基づいた・・・」とコメントしている点です。面白おかしくドラマを作って多くの人に見せて、世の中にはこうしいう悪がはびこっていることを伝えるているところに、このドラマの存在感を感じます。
Commented by Yumi at 2010-12-08 10:21 x
「SPEC」がなせ入っていないのですか?加瀬亮が今までとは違う演技ですごくいいですし、主演の戸田恵梨香も頑張っています。番外に挙げている「ケイゾク」 の中谷美紀の演技と比べるのは酷ですが、今回のベスト5に入れても良いと思います。まだ見ていなかったら、ぜひ見てください。
Commented by ゆりこ at 2010-12-14 09:19 x
映画の広末さんも小林薫さんも名演でした。今回のドラマの方は、イメージがかなり違う気がしましたが、志田未来さんも佐々木蔵之助さんもよくがんばっていて、敢闘賞を差し上げたいくらいです。志田未来さんは子役の頃から注目していましたが、大人っぽい演技も上手になりましたね。今の俳優さんはみな背が高く、志田未来さんが身長が伸びないのが自由としては決定的に不利なのが気にかかります。安達祐美さんも「家なき子」や「ガラスの仮面」のときはあんなに上手だったのに、今はあまり使われていませんね。志田未来さんも年をとったらあまり使われなくなったらもったいないですし、がかわいそうですね。余計な心配かも知れませんが。
Commented by Ruiese at 2010-12-21 15:44 x
desireさんが挙げていませんが、「SPEC」の加瀬亮と「流星」の竹之内豊がとても素敵でした。「SPEC」の戸田エリカと「流星」の上戸彩も良い演技をしていると思いました。ベスト10というとdesireさんの選んだものが妥当かもしれませんね。
Commented by たまゆら at 2010-12-21 17:57 x
こんにちは。「蒼穹の昴」をいつも見ています。本物のどこかの宮殿を使っているのか舞台セットなのか分かりませんが、清王朝の華やかな背景に華やかな衣装がすばらしくきれいです。西太后を取り巻く古い習慣や、自己保身しか考えていない高官たちを見て、清が列国に植民地化されていったのは当然だと思いました。
その点、当時の日本は江戸幕府の古い体質を改革し、廃藩置県など古い体質をねこそぎ改革していき、列強から植民地化されませんでした。明治の当時の政治家はすごいいと思います。下級武士から実力で権力をつかんだ人だつたからでしょうか。
それに引き換え、現代の日本は「蒼穹の昴」に描かれた清王朝のように思います。選挙で負けることを恐れて、選挙に影響する層や組織の顔色ばかりうかがって、なんの改革も進まないまま、若者は就職で気できず、世の中は悪くなるばかりです。日本の政治家は、西太后の顔色をうかがって、自己保身しか考えていない高官とダブってしまって悲しいです。
Commented by Sachi at 2010-12-22 19:54 x
今晩は。 テレビで映画「秘密」を見ましたよ。広末涼子の演技がすごく良かったですね。テレビでは良く分かりにくかったのですが、ほんとうは直子が、藻奈美として人生をやり直したかったため、魂が藻奈美に戻ったように演じていたのですね。私ももし若い身体に乗り移ることが出来たら、今の主人とは別の若い男性と人生をやり直したくなるかも(笑)ちょっと残酷な結末でしたね。
Commented by のんのん at 2010-12-26 10:27 x
「流れ星」を挙げていませんが、私は良かったと思いました。竹之内豊さんが珍しく(笑)味を出していて、上戸彩とのコンビも違和感がなく、良かったと思いました。

by desire_san