ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ダ・ヴィンチの最高傑作『最後の晩餐』の体感

ダ・ヴィンチミュージアム    日比谷公園特設会場
Leonardo da Vinci Museum:
Reproduced in the image of "The Last Supper" of Da Vinci masterpiece

a0113718_1244729.jpg


東京日比谷公園で、「特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密」という展示会があり。ルネサンス美術に詳しくも、イタリア現地でたくさんの作品を見ておられる恩師の先生に同行して見て来ました。



展示室に入ると、天才科学者・発明家としてのダ・ヴィンチを表現するために、革新的な発想が詰込まれた手稿ノートに基づき、ダ・ヴィンチの発明を立体的に再現したコーナーがありました。数学、物理学、天文学、植物学、土木工学、光学の幅広い科学分野に対するダ・ヴィンチの才能が具現化されていて、楽しめました。

 「モナ・リザ」25の秘密と題して、モナ・リザの微笑みやまつ毛が無いことを最新科学を馳駆して解析し、ダ・ヴィンチが最初に描いた当時の「モナ・リザ」をシミュレーションしていました。その次のコーナーでは、ダ・ヴィンチの絵画作品のレプリカが展示されていました。

a0113718_12455283.jpg Secret of the smile of "Mona Lisa" has been explained using the latest science and technology. They were to simulate da Vinci drew the first to "Mona Lisa".Replica of the masterpiece of Leonardo da Vinci painting was on display

 ダ・ヴィンチの作品は、新婚旅行で行ったルーブル美術館で「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「聖アンナと聖母子」、ウフィツィ美術館で「キリストの洗礼」(ヴェロッキオと共作) 「胎告知」をみたことがあります。日本には、古くは「モナ・リザ」、1993年に「荒野の聖ヒエロニムス」、2003年にはポーランドのツァルトリスキー美術館から「白テンを抱く貴婦人」、2007年には「受胎告知」が来日しています。

 「白テンを抱く貴婦人」は、少し斜め方向を見つめる純潔の少女のようなな視線と透明感のある肌の質感の表現が魅力的で、会場が夜の横浜美術館で人も少なかったため、この絵の前に1時間以上釘付けにされた思い出があります。「受胎告知」はダ・ヴィンチが20歳頃の作品だそうですが、画面構成が見事で遠景にも空気感があり、母マリアと天使ガブリエルも気品に満ち、表情の描写も絶妙、この絵も夜の人が少ない東京西洋美術館で閉館まで釘付けにされました。

a0113718_12473251.jpg
 

この展示会で圧巻だったのは、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の壁画「最後の晩餐」を170億画素の撮影素子を使って壁画空間を実物大で映像再現したものでした。主イエスが十二人の使徒に対し「この中に私を裏切るものがいる」と発言した劇的な場面で、イエスと弟子たちの複雑な心理描写が見事に表現したダ・ヴィンチの最高傑作といえる作品です。展示会にあった名画のレプリカとは、全く違って、色彩から細部゛の表現まで絵画作品として鑑賞できるものでした。a0113718_12501515.jpg私は本物の「最後の晩餐」は見た事がありませんが、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の「最後の晩餐」を実際に見たことのある恩師の先生も、この映像再現は実物の魅力を十分再現しているとおっしゃっていました。



Masterpiece of Leonardo da Vinci is the "Last Supper" mural of the monastery of Santa Maria delle Grazie in Milan.
"Last Supper" has been reproduced in the picture to scale with the shooting of a pixel element 17 billion in the exhibition hall.
People actually saw the "Last Supper" was surprised at the perfection of image reproduction wearing of "The Last Supper".

 本物のダ・ヴィンチの作品がひとつも着ていないので、あまり期待を持っていなかったのですが、この「最後の晩餐」の再現映像を見ただけでも、この展示会に来て良かったと思いました。
(2010.12.14)















にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
[PR]
by desire_san | 2011-03-01 18:28 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback(2) | Comments(36)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/12062290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Art & Bell b.. at 2011-02-07 11:15
タイトル : 特別展「ダ・ヴィンチ-モナリザの25の秘密」 @日比谷公..
 ブログ仲間のTakさんから連絡があり、月曜日のプレビューに参加する機会をいただいた。この展覧会は「ダ・ヴィンチ-モナリザ25に秘密」というタイトルであるが、通常の美術館ではなく、日比谷公園の花壇の中に特設された建物内で開催されている。 入るとすぐの所にはモナ・リザに変身した黒柳徹子に微笑みかけられ、イヤホーンから彼女独特の声が聞こえてくる。 ここでもパスカル・コットが活躍しており、《モナ・リザ》を徹底的に解析している。↓はそれを説明した会場の展示。上段中央が当時のモナリザの再現。    顔料の退...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-06-18 21:28
タイトル : ダ・ヴィンチはなぜ絵画作品が少ないのか
レオナルド・ダ・ヴィンチ展—天才の肖像 Leonardo da Vinci - Portrait of genius  東京都美術館で特別展、「ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵 レオナルド・ダ・ヴィンチ展—天才の肖像」が開催されていますので見てきました。個人的印象として、本展は美術展というより、むしろダ・ヴィンチの万能の天才としての至高の記録を主体に展示されていたように思いました。  イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチは、イタリア・フィレンツェ近郊のヴィンチ村で...... more
Commented by chee-a-ki at 2011-02-06 20:33
こんばんは。コメントありがとうございます。
本物のダ・ヴィンチの作品がひとつもきていない、ということで同様にあまり期待していませんでしたが、なかなか楽しめましたよね。
ルーブルで本物をご覧になったことがあるなんて羨ましいです~。
またときどき拝見させていただきます。
Commented by middle-of-nowhere at 2011-02-06 21:30
ご訪問&コメントありがとうございました。
170億画素・・・想像がつかない天文学的な数字ですね。そのリアルさと迫力を、私もこの目で見てみたいです。
音楽、オペラ、バレエには私もとても興味があります。また遊びに来ますね!
Commented by noro2happy at 2011-02-06 22:59
さっそくお邪魔させていただきました。
私も30年くらい前にルーブルで「モナ・リザ」を見ましたが、思ったより小さくてビックリしたことを覚えています。
本物ではなかったけれど、美術館員しか見られない額縁の後ろとか見れて、とても興味深かったです。
Commented by ゆりこ at 2011-02-07 00:09 x
こんばんは。「特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密」に私も行きました。「最後の晩餐」の壁画空間を実物大での映像再現はすばらしかったですね。私はラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の実物を見ていますが、見劣りしなかったのがすごいと思いました。実物は、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院で15分しかみせてくれないので、もう一度本物の感動を味わえてよかったです。
Commented by casadelsole at 2011-02-07 09:31
コメントありがとうございます。
とっても素敵なブログですね。
いつか本物を見に行きたいです!
Commented by Masayuki_Mori at 2011-02-07 11:50 x
こんにちは。このような展示があると知りませんでした。情報ありがとうございます。
Commented by Marry_05865 at 2011-02-07 15:51 x
こんにちは。「白テンを抱く貴婦人」は見て、その美しさに感激しました。「受胎告知」もすばらしい美しさに感激しました。ダ・ヴィンチは残されている作品が少ないのに、最高の画家として称えられている理由が、この2作品を見ただけでも分かりました。「最後の晩餐」も一度でいいから本物を見たいと思っています。
Commented by Jonasan at 2011-02-07 22:06 x
こんばんは。「最後の晩餐」の映像再現はすごかったですね。私も本物を見た事がありますが、あの映像は今までの映像やレプリカと違って、本物を見ている感動が得られました。最高の映像技術を使うとここまでできるのかと、驚きました。展示会は今月20日で終わってしまうようですが、せっかくですので、東京西洋美術館あたりの常設展示に設置して、いつでも見れるようにして欲しいですね。
Commented by Reonald at 2011-02-07 23:01 x
ブログを読ませていただきました。過去にダ・ヴィンチの作品が色々きているのは知りませんでした。私は本物を見た事がないので、ダ・ヴィンチの作品のレプリカが揃っているのが良かったです。発明を形にしたものがかざられていて、面白い企画だと思いました。
Commented by Patch_It_Up at 2011-02-08 00:24
マイブログへご訪問ありがとうございます。
ダ・ヴィンチは謎めいた側面があり過ぎて、「研究のし過ぎ」とも言えますね。
つい先日も、モナリザのモデルは同性愛関係にあった弟子であるとの報道がありました。
私は画家なので、作品が放つダイレクトな魅力をそのまま受け入れるので、創作の背景とかをあまり気にしません。その意味で、本展はそれほど勉強になりませんでした。
desire_sanさんの意に反するコメントで申し訳ありませんでした。
Commented by Norakura at 2011-02-08 12:41 x
こんにちは。ブログを拝見しました。日本にもいろいろダ・ヴィンチの作品が来日しているのですね。「最後の晩餐」の映像体験は、良い体験をされましたね。

ブログのほかの内容も少しは意見しました。多様な内容を奥深く記載されているのに驚きました。また時々お邪魔させていただきます。
Commented by Hazime_Nukaya at 2011-02-08 20:52 x
私もレオナルド・ダ・ヴィンチのファンで、ルーブルにも行きましたし、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院にも行きました。レオナルド・ダ・ヴィンチの作品は、数は少ないですが、他の芸術家の追随を許さない魅力があると思います。それにしても、「最後の晩餐」を本物を大観できるほど映像で再現したというのは凄いですね。美術に感性の高い貴方が感動するくらいですから、相当なレベルと想像します。私も見てみたかったです。
Commented by Aira at 2011-02-09 00:08 x
こんばんは。
私も日比谷公園の「特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密」に行きました。モナリザを多面的に解析している企画が面白かったです。
今年は、レンブランドやフェルメールが来るようで楽しみにしています。
Commented by たまゆら at 2011-02-09 12:28 x
こんにちは。、「特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密」の企画展があることを知りませんでした。情報ありがとうございます。今月20日で終わりですね。終わる前に行くことにします。また、いろいろな情報を期待しています。
Commented by marcoporo at 2011-02-10 12:40 x
こんにちは。行きました!
面白かったです。名画のレプリカはイマイチのできでしたが、「最後の晩餐」の映像は、本当に映像化と眼を疑うほど、すばらしかったですね。
Commented by Satohi at 2011-02-10 15:51 x
こんにちは。いろいろなものを見逃さずに見ていますね。私はこのような企画展があるのも知りませんでした。日比谷公園内に特設会場が設けられているようですね。もうすぐ終わりのようなので、急いで行って見る事にします。
Commented by 慶子_Kinoshita at 2011-02-10 20:59 x
お久しぶりです。ブログをご案内いただきありがとうございます。
山の風景写真、イタリアの写真から、オペラ、美術、バレエまで多彩なブログですね。それぞれの内容が充実しているのにも驚きました。このブログで本が出版できるんじゃないですか。 (*δ。δ)  
また、時々訪問させていただきますね。
Commented by Haruna_Takahash at 2011-02-11 18:27 x
お久しぶりです。ブログをご案内いただき、ありがとうございます。拝見させていただきまししたよ。内容も読んでいて面白く、写真も綺麗ですばらしいですね。特にイタリア一人旅の写真は感激しました。まだ一部しか見ていませんが、時間を見つけて見せて頂きますね。
これからもよろしくお願いします。
Commented by やっくん at 2011-02-11 19:37 x
ルーブルでダヴィンチの絵を見たことを思い出しました。もう十数年前のことですが。どちらかと言えば気持ちはオルセーの方に向いていましたから、明確な記憶はないのですけど「モナリザ」だけは頭に焼き付いています
Commented by Akiko_kouno at 2011-02-11 22:55 x
素敵なブログですね。 こんな素晴らしい作品が展示してあるのは知りませんでした。  丁寧な説明でに詳しい内容なので私も日比谷の「特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密」の企画展に行ってこの展示を見たくなりました。イタリアの旅のブログも読ませていだきました。情報満載で大変参考になりました。
Commented by tkomakusa1t at 2011-02-12 14:22
昔、上野の森でダヴィンチを見た記憶があります。
最後の晩餐を映像再現した。。。。見たかったです。
Commented by ディック at 2011-02-12 21:02 x
「どうせレプリカ展示だろ」と私も思っていました。
そうですか、dezire さんがこう書かれているほどなら、2月20日までだから、16〜17日頃、なんとか都合をつけて行ってみたい、と思います。
Commented by 本手打ちそば 蕎友館 店主 at 2011-02-13 16:16 x
静岡 富士宮 そば ブログへのご訪問、コメント真にありがとうございます(笑)お邪魔します。大塚国際美術館でダヴィンチの「最後の晩餐」の修復前の陶板画と修復後の陶板画が2枚向かい合わせに展示されている部屋また行きたいです。
素敵なブログですね。またお邪魔させてください。 
Commented by rollingwest at 2011-02-13 20:14
07年のダビンチ展(受胎告知)を鑑賞して、あらためて歴史的偉人の足跡を辿り、スーパーマンの印象をさらに深めました。日比谷でも展示しているんですねエ。機会があれば行ってみようと思います。
Commented by 下町のセザンヌ at 2011-02-13 21:25 x
Dezireさんのブログを読ませて頂きました。30年以上も前に「最後の晩餐」を見たのですが、当時は修復前であった為現在の様な色彩のそれでは無く、少しがっかりして出て来た事をかすかに覚えています。その後、修復の段階でもこの絵画の様々な”秘密”が解き明かされました。またを訪問できたら、たまらない魅力でしょうね。また、もう一度現地で鑑賞したいと思っています。
Commented by Koara_54 at 2011-02-13 21:32 x
素敵なブログですね。大変丁寧に詳しく書いておられるので日比谷公演へ行ってこの展示を見たくなりました。 イタリア旅行のブログも拝見しました。イタリアにはまだ行っていませんので大変参考になりました。、情報有難うございました。
Commented by 売上アップ支援隊 at 2011-02-14 09:22 x
コメントありがとうございます。
ブログに大した事を書いてなくてすみません(>_<)
ダヴィンチ展は初めて見ましたが、行くまでは大したことはないだろうなぁ・・・なーんて思っていましたが、知らないうちにダヴィンチの凄さに引き込まれていました。今までにいくつかの美術館に行きましたが、こんなに引き込まれた事はなかったので、良い経験となりました。
また行ってみたいです(^_^)
ありがとうございました。
Commented by igas402 at 2011-02-15 12:06 x
このページを見てダヴィンチ展を知りました。そういえば駅の広告にあったなーと。昨日いってきました。月曜なので人がすくなくゆっくりとみれました。
受胎告知はダヴィンチの作じゃないと入り口近くの美術年譜であったような気がするのですが。その時はしょっくでした。帰ってから読み違いではと反省しているのです。だってあんなに素晴らしいのが。
美術に詳しいDesireartさん本当のことをお教えください。
発明の模型はミラノのダヴィンチ博物館のを持ってきたような気がするのですが、これに付いてもお教えください。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-02-15 13:26
こんにちは、
 いつもながらダ・ヴィンチの幅広い能力は驚異的です。
若かりし頃に目的もなく住んでいたロンドンとパリでダ・ヴィンチの絵も心行くまで観賞することができました。
 NHKで「白テンを抱く貴婦人」や「最後の晩餐」の復元映像を見ました。
描かれた頃は少し雰囲気が違っていたのかも知れませんが、年を経てもその魅力が衰えないことに改めて感服するばかりです。
Commented by あいこう整骨院 at 2011-02-15 20:43 x
こんばんは。レプリカでも本物でも作品を見れるのなら構わないと考えていましたが、ブログを読ませて頂き本物を見てみたいなあと思ってしまいました。「最後の晩餐」は本当に素晴らしかったですね。眺めていたかったですが解剖図に夢中になり辿り着いたのが閉館ぎりぎりだったのであまり良く見れませんでした…。最終日の20日にリベンジできたらなあと思っています。
Commented by desire_san at 2011-02-16 00:14
皆様、私のブログにコメントいただき、ありがとうございます。
igas402さんのご質問について。「受胎告知」はダヴィンチの真作です。
若き日のダヴィンチが精魂を込めて描いたすばらしい作品です。個人的にはダヴィンチの作品の中で3本の指に入るほど好きな作品です。
発明の模型の由来は、申し訳ありませんが、私には分かりません。
Commented by keiko-primavera at 2011-02-16 00:17
ブログにコメントをいただきありがとうございました
ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ25の秘密~ は 京都から慣れない東京を訪ね歩いた折 たまたま始まったばかりの展覧会でしたが 今はもう終盤ですね
私のダ・ヴィンチ歴は
ウフィツィ美術館でご覧になったのと同じ作品を見たのと 「白テンを抱く貴婦人」は京都市美術館に巡回で来た時に見ました
そしてサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院で「最後の晩餐」を実際に見たことがあります
確かにあの展示はすごかったと思います
でもここまでご興味がおありの方なら 是非実物をご覧になられる機会があると良いですね
今回の展示の時の感動とまた違った感じをお持ちになるかもしれないな・・・という気がします
美術の教科書などで子供の頃からよく目にするポピュラーな絵画も 実物を見ると 「こんなものか」とさらっとやり過ごす気分になるものもあれば 思いもしなかった感動に襲われ 涙し 何度も何度もその絵の前に戻ってきているうちに閉館時刻になってしまうようなこともあるからです
私はまだルーブルに行っていないので モナ・リザを見て自分がどんな気分になるのか とても楽しみです
Commented by ももちゃん at 2011-02-19 21:11 x
私も見ました。
手帳のスケッチが、実際の形になっていて面白かったです。
Commented by 駒の小屋 at 2011-02-24 10:40 x
子供のころ、上野にモナリザが来た時に両親に連れられて見に行きました。
大人になった今、再びモナリザに会いにフランスに行きたいです。

Commented by gablin at 2011-08-13 08:27
こんにちは! 私も最後の晩餐の本物を現地で観ましたが、修復前のもっと地味な感じの色合いでした。ちょうど修復していたときなので、そのあとこんなに鮮やかになったんですねー。
Commented by desire_san at 2011-08-13 16:36
gablinさん、

やっぱり「最後の晩餐」を見ると本物は違うでしようね。
いつか本物を見てみたいです。