ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

名女優・高峰秀子の代表作

林芙美子「浮雲」と太宰治「ヴィヨンの妻」

a0113718_13311987.jpg
  清澄庭園

成瀬巳喜男監督が昭和30年に作った、日本の映画史に残る大女優・高峰秀子映画の代表作「浮雲」がNHKのBS放送で、最新のデジタルが高画質に生まれ変わって、放送されました。「浮雲」は、昭和30年のキネマ旬報第一位と、監督賞、主演女優賞、主演男優賞を独占した日本映画史上に残る名作です。




戦時中南方でヒロイン幸田ゆき子(高峰秀子)は、妻がいる男・富岡兼吾(森雅之)と恋をして、宿命のようにこの輪とこの男を追っていき、最期は屋久島まで着いて行って、医者もいないこの島で病気で死んでいく。森雅之演ずる富岡は、ゆき子に引かれていくが、愛情のなくなった妻と別れることもできず、旅で知り合った別の女とも浮気してしまう、優柔不断のどうしようもない男。富岡は、ゆき子を幸せにする力が自分にないことを知っているから、ゆき子に自分と別れるよう勧めるが、富岡にすがっていく生き方しかできないゆき子の女の哀れさが、ぞっとするような凄みで描かれていていて、心に焼きつくような映画でした。

周りにはろくな男しかいない、男運のわるい女性を描いた映画は数多くおります。最近では、太宰治原作の「ヴィヨンの妻」があります。

佐知(松たか子)の夫である小説家・大谷(浅野忠信)が酒代を踏み倒した居酒屋で、肩代わりのためで働く。しかし、大谷は、生きることに苦しみ酒や女に溺れ他の女と出て行ってしまう。佐知はどうしようもない男・大谷を好きになってしまった男運のない女だか、小説家の夫に振り回され、彼女に好意を寄せる男に心が揺れるが、逆境の中でも明るく生き生きとしなやかに生きていく。

「浮雲」のゆき子も「ヴィヨンの妻」の佐知も、魅力的な女性です。佐知は逆境を力強く生きる魅力的な女性ですが、覚悟のない男を死ぬまで追って行くゆき子も決して弱い女ではないのです。ゆき子も佐知も、そこに登場するどうしようもない男たちと比べると、自分に正直に力強く生きています。

原作を読んでいないので、原作がどう違うか分かりませんが、男運のわるい女性を昭和30年の価値観で描いたのが「浮雲」、現代の価値観で描いたのが「ヴィヨンの妻」のようにも思えます。

どちらの映画も、成功しているのは、どうしようもない男の相手役に、その時代を代表する名優をもってきていることです。富岡役の森雅之も、大谷役の浅野忠信も、男としては甲斐性がない情けない男なのに、女性に愛されるのが不可解に思えない、人間的なかすかな魅力を巧みに演じています。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by desire_san | 2011-01-10 13:31 | 日本の旅と文学 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/12532638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirafune at 2011-05-07 12:13
品行方正、実直で、人のいい男より、どうしようもないワルの男に惹かれる女心、なんとなくわかるような気がします。
二つの映画、観てみたくなりました。
Commented by hijikata at 2011-05-07 13:37 x
私も同じ様な事を感じました。高峰秀子演ずるゆき子は男運は「悪い」とは思いませんが太宰治と森雅之(役)に男としてなんであんな男にと思いました。ここが「モテる男」の女性にしか解からない部分を感じました。「どこ」と言われると的確に「これ」とは言えませんが。何故か「浮雲」を観ている時に太宰治=津島修二を思い浮かべていました。
Commented by rollingwest at 2011-05-07 18:36
先日BS録画しようと思って、忘れてしまい本当に悔やんでいます。今日は、録画した「新平家物語」(溝口健二監督)を楽しみました。昭和30年前後の映画って真面目につくっており歴史考証もしっかりしていて本当に素晴らしいですね。最近のNHK大河のおちゃらけぶりが鼻につく中で、日本映画の黄金時代を満喫しました。
Commented by yamanteg at 2011-05-07 19:38
いわゆる無頼派でも太宰治のそれは、暗い題材だけど読んだあと明るい印象を受けるといわれています。
生きる希望を捨てきれない、ということでしょうか。

本人は自殺3回目だかに、やっと成功し一人明るく?死んでいきました。
Commented by yamanteg at 2011-05-07 19:42
高峰秀子といえば:
「カルメン故郷に帰る」が総天然色だったせいもあり(古いでしょう)まぶしかった。

「二十四の瞳」は未だ見ていない。
最近録画したので見るつもりです。
Commented by mikarra at 2011-05-12 20:57 x
「浮雲」は若い時観ました。森雅之の名演技に こんな男は厭だいやだと思いながら惹かれるだろうな と思いました。
暗い映画ですが とても印象に残っています。
森雅之は 実際にも共演した女優がみんな惚れてしまうような役者だったようです。亭主には向きませんが・・・・
Commented by はるこ at 2011-05-13 00:19 x
どうしようもない男なのになぜかもてる男、、
いますね今もいっぱい。
ちゃんとした男が持っていない、どうしようもない優しさを持ってるから、バランス的に、もてるのかもしれません。
母性本能が思わず働いてしまうんだと思います。
Commented by don-viajero at 2011-05-13 20:35
突然のご訪問、ありがとうございます。
天気の良い本場アルプスは、さぞや
感動ものなのでしょうね!

もう少し・・・。歳を重ねた暁には
カミさんと連れ立って行きたいものです・・・。
Commented by tanuma at 2011-05-27 11:27 x
恋に恋する。人生を変えてしまう謎の特性ですね。今も分からない不思議な心理特性、なぜ人は命までかけてしまうのでしょう。