ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

ローマ帝国とイスラムの迫害を逃れたキリスト教徒の居住地

カッパドキア Ⅰ
Kapadokya and Christianity fine arts

a0113718_21223928.jpg



 
 カッパドキアは6000万年前の火山噴火による火山灰や溶岩が厚さ100mに及び堆積して凝灰岩となりが、これが途方もない歳月を経て風雨に曝され浸食されてできた無数の奇岩が連なる自然の造形芸術といえます。石器時代、青銅器時代から、この凝灰岩は柔らかく削りやすいため、岩盤を掘り抜いて人が住んでいたといわれています。  




Cappadociais a plateau in the Anatolian plateau center of more than 1000 meters above sealevel , rock zone is spread over 100km ² near . Rock formations shaped like achimney and mushrooms mushroom , landscape boulders towering is a wonder ofnature exactly . This mysterious landscape was created by eroded hard and softstrata strata overlap.





a0113718_21254133.jpg




 カッパドキアは6000万年前の火山噴火による火山灰や溶岩が厚さ100mに及び堆積して凝灰岩となりが、これが途方もない歳月を経て風雨に曝され浸食されてできた無数の奇岩が連なる自然の造形芸術といえます。石器時代、青銅器時代から、この凝灰岩は柔らかく削りやすいため、岩盤を掘り抜いて人が住んでいたといわれています。





a0113718_21303068.jpg
 

 




 更に8世紀頃にはイスラム教徒の迫害や聖像破壊を逃れた、地下都市や岩窟の中で隠れ住むキリスト教徒たちが急増し数多くの地下都市も作られました。10世紀のビザンチン初期には400以上の岩窟教会や修道院があったといわれています。





InCappadocia the hidden life of Christians was told in this land of rockformations. Monks of Christian fled the oppression of the Roman Empire , wasmoved to Cappadocia . They make the church and residence in hollowed out softrock . The cave church which was made in the 12th century , frescoes of thetime is just left because the light does not sting . Besieged by Islamic Persiaand in this area , Christians had been threatened constantly . They askedunderground place to hide temporarily from enemy for it. Underground city wasdiscovered in 1965 , is a huge span eight floors underground , to 65 m depth .It was promoted to dig freely according wine factory on the first floorbasement , dining room on the second floor of the basement , living room ,bedroom , in capacity . The passage connecting the fifth floor underground , inorder to block the passage when the enemy has been hit , there was alsomechanism to close the passage and rolled even one ton of the big stones . Aspace of the bottom layer has become a church that was dug in the shape of thecross . The bottom most of the underground city , Christians of Cappadocia , Iwas a forum of prayer to God.





a0113718_2132857.jpg





a0113718_21431639.jpg





 カッパドキアに移り住んだキリスト教徒を精神的に支えたのは、4世紀の最も重要なキリスト教神学者でカイサリア(現在のカイセリ)の司教を勤めた聖バシレイオスでした。聖バシレイオスは若いキリスト教徒たちの宿泊所をつくり、カイサリアをこの地方のキリスト教の中心地にしました。




a0113718_21344173.jpg
 
 



 父と子と聖霊の三位一体論を唱え聖体礼儀の奉神礼文を整備しキリスト教の神学を確立し、聖人として崇敬されていました。聖人として崇敬されていました。「主を作り出すものは自由である」「目上の者には絶対服従」「隣人を愛し、隣人を愛するものは隣人より多く所有することはない」という言葉を残しました。カッパドキアに移り住んだキリスト教徒たちは、聖バシレイオスの教えに従い、自給自足の謙虚な暮らしをしていました。






a0113718_213726.jpg





St.Basil who worked the bishop of Kaisaria (present Kayseri) by the most importantChristianity theologian in the 4th century supported mentally the Christian whomoved to Cappadocia.






a0113718_2275062.jpg




St.Basi built young Christians' lodging and made Kaisaria the center of theChristianity of this district.The Trinity theory of a father, a child, and theHoly Spirit was advocated, Rebun of holy body courtesy was improved, thetheology of Christianity was established, and it was venerated as a Saint.







a0113718_2244741.jpg





Itwas venerated as a Saint.It left the word of "not owning more things whichlove a neighbor and love a neighbor than a neighbor."The Christians whomoved to Cappadocia were doing the humble life of self-sufficiency according tothe instruction of St. Basi.

St.Basil who worked the bishop of Kaisaria (present Kayseri) by the most importantChristianity theologian in the 4th century supported mentally the Christian whomoved to Cappadocia.  



ギョレメ野外博物館には、キリスト教徒たちが生活した食堂や寝床の跡も数多くみられ、彼らの生活の営みを感じます。洞窟教会も数多く保存され、ビザンチン初期のフレスコ画が数多く残っています。光が差し込まない所に洞窟教会が作られたため、フレスコ画の保存状態が良く、当時の色は鮮明に残っています。






a0113718_21374016.jpg






 カッパドキアのフレスコ画は修道士たちが信仰心をもって描いたため、表現は素朴で精密ではありませんが、この地方独特の伝統技法と融合し、ある種の活力を感じます。この地方色によるものか、他ではあまり見られない青を基調としたものも数多く見られます、特にカランルク・キリセ(暗闇の教会 11世紀)の壁面に描かれたフレスコ画は迫力があります。




a0113718_21384232.jpg





Manymarks of the dining-room and bed where Christians lived are also seen, andbusiness of them life is felt for a Goreme field museum.Many cave churches werealso saved and many fresco painting in early stages of Byzantine oneremains.Since the cave church was made by the place which light does notinsert, the preservation state of fresco painting is good and the color ofthose days remains vividly.






a0113718_21422578.jpg





 カッパドキアに移り住んだキリスト教徒たちは、敵から一時的に身を隠すため地下都市も多く築きました。地下5階、深さ65メートルに及び、ワイン製造所、食堂、居間、寝室、収容人数に合わせて自由に掘り進められました。敵の侵入をふさぐため、1トンもの大きな石を転がして通路を閉じる仕掛けも作りました。最下層には十字架の形に掘られた神への祈りの場を設けたそうです。




 


a0113718_21584572.jpg






Christianswho moved to Cappadocia, has established many underground cities to hidethemselves temporarily from the enemy. The Oyobi 5 basement, to 65 m depth, andwas promoted to dig freely according wine factory, dining, living room,bedroom, in capacity. In order to block the invasion of the enemy, and I alsomade trick to close the passageway also rolled one ton of the big stones. Itseems to have a forum of prayer to God that was dug in the shape of a cross inthe bottom layer.






a0113718_21573929.jpg







 ギョレメ野外博物館の住居跡は、住居や教会のある洞穴が岩の上の方に造られ、アップダウンが厳しく、当時のキリスト教徒たちの厳しい生活がうかがわれました。今回は行きませんでしたが、カイマクル地下都市は腰をかがめて歩かなければならないほど天井が低く、それが地下5階、深さ50メートル以上にも及ぶ地下都市を形成しているそうですので、恐ろしく厳しい生活環境だったようです。このカイマクルの地下都市には約2000人が生活しており、当時300以上あつた地下都市を合わせると12000人以上の人が住んでいたそうです。こんなところにも身を隠して、自らの信仰を守っていた当時のキリスト教徒たちの生活が想像され、灌漑深いものがありました。






a0113718_21591667.jpg







Thedwellings of the Goreme Open Air Museum, a cave with a church and residence ismade towards the rock, up-down is severe, harsh life of Christians at the timewere suggesting. I did not go this time, but the ceiling is low enough to nothave to walk and bent over to the Kaymakli underground city, because it seemsto form an underground city that spans five floors underground, even more than50 meters depth, it seems to have been terribly harsh living environment. About2000 people are living in the underground city of Kaymakli this, people of 12000 or more people seems to have lived Taken together Atsuta underground city300 or more at that time. Life of Christians at the time you hiding such aplace, was protecting the faith of their own is imagination, there wassomething deep irrigation.









a0113718_21593357.jpg







カッバドキアノ壁画
文字をクリックすると、壁画の画像にリンクします。





この記事を読んだ方はここをクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





[PR]
by desire_san | 2014-05-06 22:27 | トルコ | Trackback(3) | Comments(42)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/14229468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2011-12-23 12:48
タイトル : ローマ帝国・ビザンチン帝国の都
イスタンブール Ⅰ  İstanbul and Byzantine arts イスタンブールはギリシアの植民都市として、コンスタンティノーブル イスタンブールと名前を変え、ローマ帝国、東ローマ帝国、ラテン帝国(第4回十字軍)、オスマン帝国の4大帝国の1600年以上にわたる都として2000年以上地中海と黒海を結ぶ交易の中心として栄えてきました。 イスタンブールは紀元前7世紀ころギリシアの植民都市ビザンチオンとして開かれました。3方向を海に囲まれ、東西の文化・交易の要であったビザンチ...... more
Tracked from Art & Bell b.. at 2011-12-25 20:19
タイトル : 龍の西洋画
「干支の西洋画」をホームページのほうにまとめはじめて今年で9年目。一昨年から、このブログに本文と画像をあげて、ホームページからリンクすることにした。  中国や日本の美術作品にはでは龍は数限りなく出てくるが、西洋の場合には物語に関連している場合が多いようである。そして空想上の動物である「ドラゴン」と「怪獣」や「悪魔」との境界はやや不明瞭なのだが、あまり細かいことにはこだわらずに干支の「龍」に相当する画をピックアップした。 1.聖ゲオルギウス: 白馬にまたがるこの聖人の龍退治・王女救出の場面を...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2011-12-26 09:38
タイトル : グローバル世界の中でささやかなに生きる人々
カッパドキア Ⅱ  life of people of Kapadokya  カッパドキアへは、イスタンブールからトルコ航空の国内線でカイセリ空港まで行き、バスでカッパドキアへ入りました。カッパドキアの観光は、現地のトルコ人の人に個人ガイドを頼み、その人の車で、カッパドキアの景観の名所を廻ってもらいました。そのトルコの方から、カッパドキアに住む人たちの生活についていろいろ話を聞くことができました。  個人ガイドをしてくれた人は、普段は洞窟レストランを経営しており、...... more
Commented by kirafune at 2011-12-23 16:23
杉山寧さんの絵画でしたが、
カッパドキアという所を初めて知ったとき、
いつか行ってみたいなと思ったものでした。
desire_san のお写真で、鮮明に彼の地の様子を
知ることができ、嬉しいです。
Commented by rollingwest at 2011-12-24 08:53
カッパドキアは是非とも一度訪れて見たい場所です。迫害を逃れたキリスト教徒の地下都市は認識していましたが、石器・青銅器時代から、岩盤を掘り抜いて人が住んでいた先時代からの基盤があったからなのですね。凝灰岩は柔らかく削りやすいためか・・、納得です。
Commented by zondag_y at 2011-12-24 14:18
すごいですね〜。
厳しい自然の中で隠れ住んだキリスト教徒たちの執念を感じますね。

そして、隠れながらも、美しい芸術作品を作り続けたのは信仰の力なのでしょうか。

desire-sanさんの記事を読んでますます行きたくなりました。

Commented by あみ at 2011-12-24 17:52 x
素晴らしいお写真見せていただきました。半年前に友人も、カッパドキアにツアで観光されましたが、やはり素晴らしいところだと思います。
機会が有れば、行ってみたいと思っている場所の一つです。いろいろキリスト教徒の説明ありがとうございます。新たに知識を得ました。ありがとうございます~。
Commented by yaku at 2011-12-24 19:22 x
こんばんは

カッパドキアの写真を見させてもらいました。
日本にある神社仏閣を中心にした世界遺産とは一味違いますね。
古代の歴史を感じさせます。

Commented by tadasu24 at 2011-12-24 21:05
 desire_san様 
コメントをいただき、ありがとうございました。

カッパドキアのフレスコ画、青い色がきれいに残っているのですね。ただ、こんなに狭そうで、苦しそうな場所は、苦手なので、行けないと思っております。写真、楽しませて頂きました。
Commented by 駒の小屋 at 2011-12-24 21:14 x
いろいろな国々を歩いて回っていらっしゃいますね。
カッパドキアは世界中の人があこがれる場所。私もいつかは行ってみたいです。

ゆっくりと旅をすることほど贅沢な気分に浸れるものはありません。
うらやましいです。
Commented by ferah at 2011-12-25 04:04 x
10年くらい前にカッパドキアを旅行したのを思い出しました。
当時は子供が小さくガイドさんの話もあまり聞ける状態じゃなかったので改めて勉強させてもらいました。
写真も素敵です。
地下都市は本当に腰をかがめてしか進めないのでもうヘルニア持ちの私はもう無理ですがカッパにまた行きたくなりました。
Commented by ひろか at 2011-12-25 05:16 x
冬のカッパドキアも、いいですね!写真がお上手で羨ましいです!私のブログはとてもとても写真がしょぼいので・・・。
他の旅行記の記事も、これからゆっくり拝読させていただきます。
Commented by ateliercinicini at 2011-12-25 05:57
カッパドキアで見られる自然の造形力と信仰心の結晶。
どちらも圧倒的な迫力がありますね。
Commented by Aira at 2011-12-25 06:02 x
カッパドキアは奇岩がたくさんある変わった景色の場所である子は写真などを見て知っていましたが、キリスト教徒が住み着いていたという話は初めて知りました。

トルコにはいろいろな歴史があることを教えていただき、ありがとうございました。
Commented by desire_san at 2011-12-25 06:10
皆様、ブログにいろいろコメントをいただき、ありがとうございまた。

カッパドキアは世界に類を見ない独特の風景で大変新鮮でした。

カッパドキアに住む人々について年内にももう1回ご紹介したいと思います。

その時カッパドキアのバラエティーに富んだ風景の写真を載せたいと思いますので、是非またご訪問お願いします。
Commented by ゆりこ at 2011-12-25 07:18 x
こんにちは。

カッパドキアは世界自然遺産とばかり思っていましたが、キリスト教の歴史がありも文化遺産でもあることを知りました。

迫害を逃れて、厳しい状況で生きてきたキリスト教徒にとっては奇岩にによる独特の風景は、神が与えてくれた砦のように感じていたのかもしれませんね。
Commented by teppeiyama at 2011-12-25 08:00
僕も年明けにカッパドキアに行くことになってるんです。
その頃は雪で真っ白なカッパドキアになりそうで楽しみです。
Commented by takahashi_chiharu at 2011-12-25 08:30
いつも当方ブログへのご訪問ありがとうございます。
厳めしい岩々の写真が美しいですね。
これを見るだけでも、ここに住まわれた当時の方々のご苦労が偲ばれます。
Commented by ももの at 2011-12-25 09:15 x
かなり前のことですが,テレビでカッパドキアの遺跡をかなり詳しく紹介していました。一度は行ってみたいところですね。
この種の大自然の真っ只中に長年存在している遺産には,いつもそうですが,よく保存されているものだ!と驚くばかりです。
Commented by 智子 at 2011-12-25 11:25 x
こんにちは。

私はトルコ1周のツアーでカッパドキアに行きました。
現地のガイドさんと添乗員の方に連れられて1日でたくさん廻ったので写真をみてここも行ったなと思い出しました。
ギョレメ野外博物館は団体客がたくさん来ており、ものすごい行列で、やっと入れても、次の団体が待っていて、壁画もあったようなのですがゆっくり見れませんでした。
カイマクル地下都市も行きましたが、天井が低くて屈んで歩いたので腰が痛くなってしまいました。dezireさんのブログを読んでこんなところに2000人も暮らしていたと知り驚きました。
カッパドキアに移り住んだキリスト教徒の話はツアーでは聞けなかったので、大変勉強になりました。
Commented by 5-saturn at 2011-12-25 11:43
こんにちは

カッパドキアはまだ行ったことがありませんが、岩盤をくりぬいた洞穴住宅跡など南西フランスのロックガジャックで見た崖の洞穴を彷彿とさせます。
Commented by かりふらわ at 2011-12-25 12:39 x
いくら石が柔らかいとは言っても、深く深く掘り進むのは苦労もあったでしょうね。その根気の機動力が、宗教と言うのが興味深いです。
フレスコ画が綺麗に残っていますね。この岩の景色の中で、鮮やかな青が使われたのは、そういう明るさを人が欲していたのかな、とも思います。
Commented by chocolat_cosmos at 2011-12-25 15:01
こんにちは。

カッパドキアのあの岩々の地下深く、厳しい環境のもとあつい信仰心をもって暮らす人々の営みがあったこと、そして、こんなに素晴らしいフレスコ画が残されていること、初めて知りました。強く印象に残る青色ですね。
desireさんの美しいお写真の青空と、古の人々の敬虔な祈りが呼応するよう素晴らしい記事でした。ありがとうございました。
Commented by mickwood at 2011-12-25 15:32
こんにちは。 改めて、カッパドキアの成り立ち、自然、歴史、本当に勉強になりました〜。 迫り来る奇岩と青空のコントラスト、素晴らしい写真と記事で、ますます一度は是非、行って見たくくなります。いつになるかわかりませんが、、、(笑) 過酷な環境にあっても、持ち続ける信仰心。凄いですね〜。信じる事の強さを思います。
Commented by Ruiese at 2011-12-25 16:19 x
カッパドキアに迫害を付けたキリスト教徒たちが移り住んで、信仰を守って暮らしていたという話は、胸をうちました。地下深く掘られた地下都市に住んでいたとは、本当に過酷な生活だったのですね。

カッパドキアは奇妙な形の岩の風景があるだけと思って、あまり興味がありませんでしたが、dezireさんのブログをよんで、一度行ってみたくなりました。
Commented by cardiacsurgery at 2011-12-25 20:18
こんばんは。明年は辰年ですが、龍退治で有名な聖ゲオルギウスはカッパドキアの出身だそうですね。「龍の西洋画」という記事を書いてみました。TBします。
Commented by tami-potter at 2011-12-25 21:55
ブログにコメントありがとうございます。
奇妙な顔のような岩ですね。
中にこんなすばらしい芸術作品が描かれているなんて
想像できませんでした。
いつかトルコを訪れてみたくなりました。
Commented by yamapi2008 at 2011-12-25 23:07
カッパドキアについて岩の造形が独特の場所、位しか知りませんでしたが信仰篤いキリスト教徒達が慎ましく暮らしていたのですね。
詳しく書かれていて勉強になりました。

次回の「バラエティーに富んだ風景の写真」も楽しみにしていますね。
Commented by kurukuru at 2011-12-26 01:56 x
フレスコ画の保存状態の良さには驚きますね。
青がとても美しいです。
Commented by はろ at 2011-12-26 07:52 x
いつも勉強させてもらってます。
続編も楽しみにしてます!
Commented by Haruna_Takahash at 2011-12-26 16:13 x
大変興味をもって読ませていただきました。特に、聖バシレイオスのことに触れられている内容は大変勉強になりました。
迫害を逃れたキリスト教徒と聖バシレイオスとの出会いは、この地に映ったキリスト教徒には運命的な出会いだったのですね。
カッパドキアにこのような人々の生活があることを知り、また行ってみたくなりました。
Commented by 慶子_Kinoshita at 2011-12-26 19:16 x
トルコのカッパドキアというと、奇妙な岩の景色で、恥ずかしながら私は人が住むところではないと今まで思っていました。
カッパドキアが迫害を逃れてキリスト教徒が移り住んだ信仰の地であるというお話は初めてしりました。
厳しい条件で信仰を守って質素に暮らしていた人々のお話は心に沁みました。
ありがとうございました。
Commented by Masayuki_Mori at 2011-12-27 11:21 x
カッパドキアは紀元前7000年ころから人が住んでいたそうです。紀元前1900年ころにはヒッタイト人の交易で栄えていたそうです。当時は肥沃な土地で農業も盛んだったという研究報告もあります。次回で書かれているように地球温暖化の影響で。現在のような水が少なく農業に向かない荒野のような土地になってしまったのかもしれません。イスタンブールがローマ帝国の首都になった時代はその領土の中にあつたそうで、その当時ローマ帝国はキリスト教徒を弾圧しており、このころからカッパドキアに迫害を逃れてキリスト教徒たちが移り住んできたようです。
Commented by はるこ at 2011-12-28 00:40 x
まず名前が面白いです。
カッパドキア、ギョロメ野外博物館、カイマクル地下都市。
文字変換でいろいろ出て来て。笑っていました、、
ここに、しかも地下に、当時のキリスト教信者たちが
潜んで敵から身を守っていた、、、
だからこんな形なんですね、、
すごい芸術!
「芸術家は自然を模倣するのが仕事だ」って、、
(たしかセザンヌが言った)言うのiは本当ですね。
Commented by john-yorizo at 2011-12-28 12:04
こんにちは。

カッパドキアに行きたくなりました。
沢山の写真と分かりやすい文章でそう感じました。
現地の人の生活にもすごく興味を持てました。

キリスト教徒が移り住んだ地であるということぐらいしか知らなかったんですけど、より興味を持てました。

まだ、この記事しか読んでいませんが、これから他の記事もじっくり読みます〜

ありがとうございました。
Commented by Nykaya at 2011-12-28 14:44 x
こんにちは。

カッパドキアのキリスト教徒が住んでいた洞窟の様子や洞窟内に作られた教会の壁画など、珍しい写真を楽しませていただきました。
世界にはいろいろな人々の生活と命の歴史があることを改めて感じました。
Commented by KEN_yokohama at 2011-12-29 06:38 x
現地案内人へのインタビューと写真から、トルコ絨毯、石窟群、地下都市などカッパドキアの地勢と歴史について具体的に仔細に読み取れました、

最近見直したNHK制作の「46億年の地球大進化」ですが、微生物から人類までの「生きもの」の進化が、全球燃焼や全球凍結さえ生き抜いてきたことに感動しましたが、厳しい環境が登場したからこそ大進化したという事実に驚きました。

この地の歴史はまさに「環境適応力」に優れた人の暮らしの集積だったようですね。
Commented by 6-gousitsu at 2012-01-02 23:05
こんばんわ
すばらしいです、凄いものを作りあげたのですね
曇りの日や青空の日があるようですがいつ頃の写真ですか?
地図をみて勉強したいと思います。
Commented by まり at 2012-01-03 17:34 x
どの写真も、ものすごい迫力ですね
現地でご覧になった時の思いは、一生物ですね
Commented by fsnoteashiato at 2014-05-07 10:37
初めまして。コメントをありがとうございます。
綺麗な写真~!懐かしいです。
これから度々お邪魔させていただきますね。
私の旅した時代はフィルムカメラ;デジカメが欲しかったです;
Commented by desire_san at 2014-05-07 13:42
fsnoteashiatoさん、ありがとうございます。
私の写真を見て、懐かしいと言っていただき、嬉しいです!
海外に行くと、膨大な写真を撮っています。よろしかったら、また覗いてください。
Commented by Ich at 2014-05-08 12:36 x
まさに自然と人間の小宇宙共存ですね。その当時の厳しい社会情勢の中で知恵を出し合ったクリスチャンたちの姿がフレスコ画よりも窺え圧倒されます。いつも深いものを有り難うございます。
Commented by desire_san at 2014-05-08 18:29
Ich さん、ありがとうございます。
カッパドキアとここに住み着いたキリスト教たちの物語は心を打たれました。
Commented by em-pm at 2015-04-27 16:28
こんにちは!
わたしのブログ史上初^^のトラックバック 
ありがとうございました。
これから カッパドキア地方のことを記事にする予定ですが
細かい説明などdesire_sanのブログにリンクさせて
いただきたいと思いますが大丈夫でしょうか?
Commented by desire_san at 2015-04-28 08:10
em-pmさん、ご丁寧にありがとうございます。
カッパドキアの私のブログをリンクしていただくことは大歓迎です。よろしくお願い致します。

by desire_san