人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ミケランジェロのミステリー

ヴァチカンとミケランジェロ
Mystery of the Vatican and Michelangelo
a0113718_13334255.jpg




My hobby is to travel to see live art. I like Rome and Florence.

From ancient Greece to modern art, .Rome is full of art.
I'm not interested in the ancient heritage.
I am not rich enough to go to Italy to see the contemporary art.

My interest is in the art from medieval mosaic to Renaissance and Baroque paintings.

In particular, to appreciate the picture that was painted on walls and ceilings him is the main purpose of my trip.
We can not see them in the art exhibition ever to come to Japan,

I first went to the Vatican Museums. In the Room of Raphael. I saw Discussion the Eucharist and The School of Athens.

In the Sistine Chapel, I saw The Last Judgement and Ceiling painting of the Creation of Michelangelo.

In. St. Peter's Basilica, we can see the masterpiece of Michelangelo at his young age.

Virgin Mary with arms the dead body of Jesus Christ is represented as a young woman than Jesus Christ.

In one theory, Michelangelo expressed not the Virgin Mary but Mary Magdalene,

In the Catholic Mary Magdalene is a woman from the reformed prostitute.


I Suppose that Michelangelo did not think Mary Magdalene prostitute, and considered her as disciples of Christ, or lover of Christ.

It is amusing when Michelangelo made the art such as this in headquarters of Catholicism.

Michelangelo was served to the Pope for taking advantage of his talent, and did not respect the pope,. I'm guessing.

There are a lot of churches and palaces decorated with mosaics, Renaissance painting, Baroque painting in Rome.

In Rome we can see a lot in the square made by artists such as Michelangelo.

There are many beautiful squares in Rome Saint Peter's Square, Plaza de Espana, Piazza Navona, Trevi Fountain, quare Kanpidorio, such as the Piazza del Popolo./

There are 41 World Heritage Sites in Italy, including 11 world heritage city.
by desire_san | 2010-09-07 13:34 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/16129122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-09-07 15:40
こんにちは 
 私は妻と二人でイタリア旅行をして、その文化遺産や地中海沿岸の景勝地は感嘆以外何ものもありませんでした。
日本と比べ全てが重厚な歴史遺産であり、文明の歴史が宗教の歴史であることを改めて感じました。
ただ、貴方のように美術や建築に知識がありませんの薄っぺらい観光旅行でした。
 システィーナ礼拝堂でクリスチャンでもない私は外国人に混じりながら天井を見上げましたが、事前にもう少し知識を詰め込んで見たかったとの思い出があります。
Commented by はるこ at 2012-09-11 00:17 x
自分が何が好みか、何が好みでないか、
きちんとわかってらっしゃってすばらしいと思いました。
ローマ、ヴァチカン、、、
これに詳しい日本人女性がミュンヘンにいますが、もう85歳。
彼女PC持ってないのが残念です。
彼女は50年以上ヨーロッパ生活で、カトリック信者で絵描きです。
カトリック信者は世界中安く旅行出来るみたいよ。
泊まる所と食べ物は、教会が面倒見てくれるんですって。
イタリアでは
「教養とマナーが出来てないと娼婦になれない」って言いますね。
有名な料理で、
「娼婦のパスタ」というのがありますよ〜
Commented by desire_san at 2012-09-14 00:36
1944tourist2004jpさん、コメントありがとうございます。
私も生まれて初めてシスティーナ礼拝堂の旅を警句してるので、勉強中です。
Commented by desire_san at 2012-09-14 00:40
はるこ さん、コメントありがとうございます。
カトリック信者の方が読まれると、怒られそうな内容なので、あえて英語で書きました。私は特定の宗教に属していませんが、キリスト教、イスラム教、仏教などの宗教にこめられた祈りや信仰の価値は信じています。
Commented by ディック at 2012-09-15 17:01 x
確かに、建物の壁や天蓋などに描かれた絵画は美術展では見ることができません。
8月8日に心臓の手術をして、いま無事なようにこのまま不整脈が止まっていてくれれば、ぼくにもいずれイタリアなどへ出かけて行く道が開かれるかも知れません。いましばらくは様子見で、10月には京都などへ出かけて行く予定にしています。