ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

世界最大級の美術品コレクション

メトロポリタン美術館展
Metropolitan Museum of Art : The world's largest art collection
a0113718_13563533.jpg


 ニューヨーク・メトロポリタン美術館が所蔵する世界最大規模を誇るコレクションから、古代から20世紀まで約4000年にわたる西洋美術のエッセンスを紹介する展覧会が東京都美術館で開催されました。



 今回の美術展のコンセプトは、自然を切り口として、「理想化された自然」「自然の中の人々」、「動物たち」「草花と庭」・・・のように7つ章に分け、古代メソポタミア文明から現代までの絵画、工芸品、彫刻、写真作品などのエッセンスを紹介する展示となっていました。企画側の意図は理解できるのですが、題材がひとくくりにできるという理由で、異質の美術品を雑居させたという印象はぬぐえませんでした。表現形態も、美に対する観念も違う美術品をただ例えば「動物」「草花」を表現しているというだけで連続してみることに意味があるのかと私には思えてしまうのです。傑作名画志向の私としては、企画側の意図とは関係なく、心に残った絵画を選んで鑑賞してきました。

a0113718_13574399.jpgクロード・ロラン 『日の出』
 クロード・ロランが活躍した17世紀のフランスでは、古典的風景画は神話の理想郷を描くものでした。ロランの作品も神話、聖書を主題とした作品として描いていますが、人物は小さく描かれ実質的に風景画の表現となっています。日の出、日没の光の効果を生かし空と大気の強調しつつ調和のとれ、詩情性を持った理想的な風景画を描きました。クロード・ロランはこの時代の傑出した風景画と言えます。

Claude Lolland "Sunrise"
In France in the 17th century where Claude Lolland played an active part, the classic landscape drew the Utopia of the myth. Although the work of the loran is also drawn as a work which made a myth and the Bible the theme, a person is drawn small and has become expression of the landscape substantially. Harmony could be taken having employed the effect of the light of sunrise and sunset efficiently and empty and the atmosphere emphasizing, and the ideal landscape with poetic-state-of-mind nature was drawn. Claude Lolland can be said to be the landscape with which this time was prominent.

ティントレット 『モーゼの発見』
ファラオの娘がモーゼに母乳をあてがっている場面を描いています。ヴェネツィア派の巨匠・ティントレットの 色彩感が美しい作品です。

a0113718_1359580.jpgレンブラント・ファン・レイン 『フローラ』
 春・花・愛の女神であるフローラを描いた作品で、頭に草花を載せた帽子をかぶり、白い服と黄色いスカートの姿で頭だけ左を向いて描かれています。若くして亡くなった妻のサスキアを理想化して美しく描いた作品と言われています。レンブラントには珍しくタッチを強調していて温かみを感じます。背景は暗く、フローラは全身に光が当たっており、凛として毅然とした気品あるフローラ像を描いていますが、伏し目の表情に憂いを含んでいます。スカートにくるまれた摘み取られた花は儚さを象徴していると言われ、若さ、愛、美の儚さを描いているようにも見えます。


Rembrandt van Rijn "Flora"
With the work describing the flora which is a goddess of - flower and love in spring, the hat which put the flower on the head is worn, and in the figure of white dress and a yellow skirt, only the head turns to the left and is drawn. It is called the work which made it young, idealized Saskia, and was drawn beautifully. Emphasizing the touch uniquely to Rembrandt, warmth is felt. A background is dark, and although light strikes upon the whole body and the flora is drawing the firm graceful flora image valiantly, it contains anxiety in the expression of downcast eyes. The gathered flower which was covered by the skirt is said to symbolize transiency, and seems to draw the transiency of youth, love, and beauty.

a0113718_1402796.jpgウジェーヌ・ドラクロワ  『嵐の中で眠るキリスト』 
 聖書の物語をロマン派的な劇的な表現で描いています。10人が乗った小さな船が嵐の海の中で、オールを漕いでいる人、両手を挙げて驚いている人、舳先の方で頭から光を放つキリストは眠っています。怯えた弟子がキリストを起こすとキリストはその弟子に神への信仰が足りないと言いました。激しいタッチで、動揺する弟子たちと水の不穏な気配を表現しています。

Eugene Delacroix
"Christ who sleeps in a storm"
The Biblical tale is drawn by dramatic romanticists expression. Those to whom the small ship by which ten persons rode is rowing the oar in the tempestuous sea, those who are surprised to raise both hands, and Christ who emits light flatly. When the frightened pupil woke up Christ, Christ told the pupil that the faith to God was insufficient. The disquieting sign of the pupils shaken by intense touch and water is expressed.

a0113718_144381.jpgジャン=フランソワ・ミレー 『麦穂の山:秋』
 広大な畑、3つの大きな麦穂の山、その手前に羊たちの群れと羊飼いたち、遠くの空は黒い雲が広がり、これから天気が荒れてくるのを予感させます。大きな麦穂と羊たちの群れの調和、静かで広大な畑と天気が変わりそうな空との静と動の対比、陰影のドラマ性と考え抜かれた画面構成が魅力です。

Jean-Francis Millet
"The mountain of Wheat spike: Autumn"
A presentiment of black clouds spreading in a vast field, three big mountains of 麦穂, and this side of those, and the weather of the group of sheep, and [ shepherds and long distance empty ] being ruined in them after this is made to have. Harmony of the big group of Wheat spike and sheep,

a0113718_144258.jpgフィンセント・ファン・ゴッホ 『歩きはじめ、ミレーに拠る』
 農夫をテーマとするミレーの作品が終世ゴッホの手本だったようで、この作品もミレーの作品をゴッホが模写した作品だそうです。小さな畑、伸ばす小さな子供と後ろで支える母、しゃがんで子供を受け止めようとする農夫。薄緑色の爽やかな色合いに微笑ましい光景。ゴッホが自分の狂気と闘っていたサン・レミ療養所時代の作品でとは思えない温かく微笑ましい作品ですが、厚塗のうねるようなタッチはゴッホ独自のものです。

Fin cent Juan Gogh
"He begins to walk and it depends on Millet."
It is said that this work is also a work in which Gogh copied Millet's work as Millet's work on the theme of a farmer was Gogh's model all its life time. A small field, the mother that supports behind with the small child who lengthens, the farmer who is going to squat down and is going to catch a child.

a0113718_1461089.jpgルイス・コンフォート・ティファニー 『ハイビスカスとオウムの窓』
 作者はティファニー社創業者の息子でステンドグラスの研究を重ね、ガラス工芸の「ティファニー・スタジオ」を立ち上げ米国のアールヌーボーの旗手でした。下から見上げる鳥に顔を近づける上の鳥は前を見据え羽を雄々しくかかげて、なにか相手を夢中にさせるような話をしようとしているようです。鳥がとまっている枝には大輪の花が咲き、背景は金色に光輝きます。明るい未来を暗示させるような物語性と華麗な装飾性が一体となったまさにステンドグラスの芸術紺です。

Lewis comfort Tiffany
"Window of a hibiscus and Aum"
It was the Tiffany founder's son, and the author repeated research of stained glass, started the "Tiffany studio" of glass technology, and was a standard-bearer of U.S. art nouveau.It seems that it is going to carry out whether a bird when bringing a face close to the bird looked up at from the bottom gazes at a front, and is manly in feather, and a talk which can be smelling and makes some partners crazy.A large flower blooms on the branch at which the bird has stopped, and a background shines golden.narrativeness which the bright future is made to suggest, and splendid fanciness were united -- it is just the art dark blue of stained glass.

a0113718_147921.jpgオディロン・ルドン 『中国の花瓶に活けられたブーケ』
 ぼんやりとした背景の中に色彩豊かな花が宝石のようです。ルドンが色彩画家として開花したころの作品です。

Lewis comfort Tiffany
"Window of a hibiscus and Aum"
It was the Tiffany founder's son, and the author repeated research of stained glass, started the "Tiffany studio" of glass technology, and was a standard-bearer of U.S. art nouveau.It seems that it is going to carry out whether a bird when bringing a face close to the bird looked up at from the bottom gazes at a front, and is manly in feather, and a talk which can be smelling and makes some partners crazy.A large flower blooms on the branch at which the bird has stopped, and a background shines golden.narrativeness which the bright future is made to suggest, and splendid fanciness were united -- it is just the art dark blue of stained glass.

ジョン・コンスタブル 『主教の庭から見たソールズベリー大聖堂』
 奥の大聖堂の建物はタッチを残さず精密な写実描写で描かれていますが、手前の木々はタッチを残しした描写表現で、そのコントラストが画面に変化を与えています。このような表現法のため、コンスタブルの風景画は非常に斬新的に見えます。注文主のソールズベリー司教、ジョン・フィッシャー夫妻が左下に小さく描かれています。

a0113718_1484984.jpgフィンセント・ファン・ゴッホ 『糸杉』
 ゴッホの「糸杉」だ。1889年、南フランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスにあるカトリック精神療養院「サン・ポール」に入院した直後に描かれた作品で、糸杉が画面の半分を占め、糸杉は幾重にも塗り重ねられた絵の具でうっそうと生い茂るような立体感を持って立体感を持って描かれています。糸杉は炎が燃えるようにうねりながら天に伸びています。森も空のタッチもうねるように歪み、細い三日月が浮かんでいるが空は青く、昼なのか夜なのか分からない妙な静寂を感じさせます。ゴッホの激しい感情、精神の乱れを叩きつけたように表現した不思議な心象風景です。ゴッホは糸杉を古代エジプトのオベリスクと同じくらい美しい線とバランスを持ったモチーフと考え、ひまわりと同じくらい重要なモチーフとして何度も描いていました。

Fin cent Juan Gogh " Cypress "
It is Gogh's " Cypress." With the work drawn immediately after hospitalizing in Catholic mind hospital care "Sun Paul" in Sun Remi in south France in 1889,糸杉 occupies the half of a screen and Cypress is drawn with a cubic effect with a cubic effect which grows thick thickly with the paints recoated several times over.糸杉 is extended in the heavens, surging so that a flame may burn.Although woods are also distorted so that an empty touch may also surge, and the thin new crescent is appearing, empty is blue, and the strange silence which does not understand whether it is daytime and whether it is night is impressed.It is the wonderful imaged scenery expressed as disorder of Gogh's intense feeling and soul was struck.Gogh considered Cypress to be the motif which had a beautiful line and balance like the obelisk of ancient Egypt, and was drawing as an important motif like the sunflower repeatedly.

a0113718_1493733.jpgジョセフ・マロード・ウィリアムス・ターナー
『ヴェネツィア、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の前廊から望む』
 ヴェネツィアの太陽と水の織り成す華やかな光を表現して、ロマン主義的都市景観を表現した作品で1835年にロンドンのロイヤルアカデミーで展示され、タイムズ紙が「ターナーの最も優れた作品」のひとつと報じるほど絶賛された作品です。ターナーはクロード・ロランの光の表現を更に進化させ、モネの印象派の先駆けとなるような前衛的な光の表現を実現させました。ヴェネツィアの水、船、空の光が美しく、人々活気も表現されていて輝かしい画面となっています。
 カナレットの「ヴェネツィア:サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の前廊から望む」 という同じようなモチーフの作品もこの美術展では展示されていましたが、実際のヴェネツィアの風景はカナレットの表現の方が近いのでしょうが、ヴェネツィアに一度行った人はターナーの作品を観てヴェネツィアの魅力を心に甦らせ、再びヴェネツィアの空気を味わうことができます。

Williams Turner
"It wishes from front gallery of Venice and the Santa Maria della salute church."
It is the work extolled, so that it was exhibited in Royal Academy of London in 1835 with the work which expressed a gay light which the sun of Venice and water weave, and expressed the romanticism townscape and Times reported one of "the works which were most excellent in Turner. "Turner further evolved expression of the light of Claude Lolland, and realized expression of an avant-garde light which serves as a forerunner of Monet's impressionist school. It is beautiful, people vigor is also expressed and the light of the water of Venice, a ship, and empty serves as a shining screen.


















にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
[PR]
by desire_san | 2013-01-04 14:12 | 美術展 & アート | Trackback(3) | Comments(33)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/17095990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2013-01-04 14:16
タイトル : 来日したレンブランドの名画を回顧して
レンブラント、光と、闇と、  東京西洋美術館で「レンブラント、光と、闇と、」と題する美術展が開催されています。「光の探求」「闇の誘惑」「天才が秘めた明暗表現」と美術展の副題にありました。レンブランドの絵画の世界について、過去に来日した名画も含めて考えてみました。 絵画が来日するとほとんど欠かさず見ている画家が2人います。一人がレオナルド・ダ・ビンチで、もう一人がレンブラントです。なぜ「欠かさず」というと、ダ・ビンチとレンブラントは、本物の絵画に直接眼で触れないと良さが全く分からないからで...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-01-04 14:16
タイトル : 没後120年:こうして私はゴッホになった
ゴッホ展  オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館の2 大コレクションの協力を受け、ゴッホのほぼ全時代を網羅した約120点の作品を集めた大規模な美術展が国立新美術館で開催されました。ゴッホとともに同時代の画家の名作も展示されており、中身の濃い美術展でした。 この美術展ではゴッホのほぼ全時代の作品が網羅されており、制作年代と画風の変遷を細かく追いかけてみるとこの美術展が何倍にも楽しめました。美術館の展示にあわせて、ゴッホの生涯を追いながら作品を見て行きたいと思います。 ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2013-12-13 15:03
タイトル : 光の天才?印象派の先駆者?魂の叫び?・・・ターナーの魅力
ターナー Joseph Mallord William Turner  18世紀末から19世紀のイギリスのロマン主義の画家で、イギリスを代表する国民的画家ターナーの私の知る限りでは最大の大規模な回顧展が、東京都美術館で開催されました。 Joseph Mallord William Turner,was a British Romantic landscape painter, water-colourist, and printmaker. Turner is one of the g...... more
Commented by はるこ at 2013-01-04 14:39 x
ゴッホがミレーの絵を模写していたのは知りませんでした。
でもわかるような気がします。
大好きなルドンやターナーも見れるのですね、、
すばらしいですね〜
ティファニーのガラス工芸、、大好きです♥
Commented by Satoshi at 2013-01-04 17:56 x
いわれるように、今回のメトロポリタン美術館展の企画は分かりにくかったですね。 メトロポリタン美術館展が所蔵する美術品は膨大で、その全容を紹介仕様というのは無理があったようにおもいました。おそらく貸してくれる作品がいろいろのジャンルのものだったので無理にこじつけたのでしょうね。
コッホの「糸杉」とターナーの「ヴェネツィア、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の前廊から望む」を見れたのは良かったと思います。
Commented by 智子 at 2013-01-04 17:59 x
こんにちは。
ゴッホの「糸杉」はすばらしい作品でしたね。
しばらく釘付けになってしまいました。
ティファニーの「ハイビスカスとオウムの窓」もすごくステキで
見とれてしまいました。
意味の分からないものもありましたが、
半日楽しめてよかったとおもいました。
Commented by tabinotochu at 2013-01-04 20:31
あけましておめでとうございます。
いつもコメントありがとうございます。
メトロポリタン展は、雑然としていた感がありましたが、大変面白く見させていただきました。絵画主体でなかったことから、いまひとつに見えたかもしれませんね。いろいろな好みがあってよいと思います。
いつも素敵なレイアウトですね。相当な努力をされていることがわかり、尊敬します。
これからもよろしくお願いします。
Commented by desire_san at 2013-01-04 21:16
はるこさん、Satoshiさん、智子さん、 tabinotochuさん 
コメントいただきありがとうございます。
今回のメトロポリタン美術館展では絵画以外の美術品が数多く展示され賛否両論がありますが、 tabinotochuさんが言われるように相当努力して考えこの形になったのだと思います。私は西洋絵画が好きですが、魅力的な作品がたくさんあり、ティファニーの「ハイビスカスとオウムの窓」のような珍しい作品も見られよかったと思いました。
Commented by nokogirisou at 2013-01-04 21:40
すばらしく、くわしく、すてきなblogで感銘を受けました。「異質の美術品を雑居させたという印象」は私も同感です。あまりにも多彩すぎてこのようにまとめるしかなかったのかなと思いました。私はゴッホとターナーが特に印象に残っております。またお邪魔させてください。
Commented by desire_san at 2013-01-05 05:06
nokogirisouさん、ご訪問いただきありがとうございます。
私もゴッホとターナーが強く印象に残っています。
ゴッホの芸術については、トラックバックしてある2010年のブログでレブューしていますのでご参照ください。
その他の画家についても機会があるとレブューするようにしていますのでご興味がありましたら覗いてください。
Commented by Haruna_Takahash at 2013-01-05 06:05 x
レンブラントの 『フローラ』は彼のサスキアを描いた作品では微妙な陰影の表現が少なく代表作とは言えないかもしれませんが、サスキアに対する愛情を感ずる作品でした。ミレーの 『麦穂の山:秋』はスケールの大きい作品でミレーの作品群の中でも傑作と言えるのではないでしょうか。ゴッホの 『糸杉』もゴッホの一連の糸杉をモチーフとした作品の中でも画面が整理されていて「星月夜」のような他のモチーフと組み合わせた作品を除いては、糸杉を表現した最高傑作と言えるのではないでしょうか。
Commented by Aira at 2013-01-05 06:11 x
絵画も良いものがたくさんありましたが、今回おもしろいと思ったのは、自然をテーマにして、猫の肖像、牛の頭、蛙の分銅などいろいろな時代文化からいろいろな見て楽しいものが陳列されていたことでした。タペストリーやタイルなどその文化の生活野中を飾られていたものがみられたのも良かったと思いました。
Commented by drss0123noborui at 2013-01-05 08:55
井上登です。ブログに深みがあり、私にとって知らないことを知る機会となります。写真も綺麗で解説が勉強になります。
ブログをしっかり読んでからメトロポリタン美術館展に行ってきます。
Commented by toshikomambo at 2013-01-05 09:01
こんにちは。NYに長く住んでいる者です。メトロポリタン美術館(MET)のAngel treeのブログ訪問ありがとうございます。こちらのブログは本格的な美術ブログですね。素晴らしい!是非NYのMETに来て下さい。NYには沢山の美術館がありますがやっぱりMETが一番素晴らしいですね。年に何度も行ってしまいます。友達がMETでボランティアをしているのでボランティアメンバーのパーティにも行ったことがあります。そのときはエジプト館であったのですが素敵でした。美術館のあの独特な空間が大好きです。Toshiko
Commented by ichigodays at 2013-01-05 09:41
ご訪問ありがとうございました。
とてもよくまとめられた記事ですね。
Commented by tabinotochu at 2013-01-05 09:52
その後、英語の部分を挿入されたのですね。率直に驚きました(いい意味です)。応援しています。
Commented by Nukaya at 2013-01-05 13:58 x
メトロポリタン美術館からゴッホの「糸杉」とターナーの「ヴェネツィアの大運河」が来たのですね。この前派尾形光琳の「八橋図屏風」が来日しましたね。ニューヨーク市マンハッタンのメトロポリタン美術館は3年前に行きました。広範囲で膨大なコレクションで1回行っただけではどんなものがあるのか全貌が計り知れませんでした。特に記憶に残ったのが、グレコの「トレド風景」、フェルメールの「水差しを持つ若い女」、スーラの「サーカス」などでした。
Commented by desire_san at 2013-01-05 14:09
Takahashiさん、Airaさん、井上さん  コメントありがとうございます。
同じ美術展に行ってもいろいろな見方があり、おもしろいです。いろいろな方のご意見やご感想をいただけるとのは勉強になりますね。
Commented by desire_san at 2013-01-05 14:11
Toshikoさん、Nukayaさん、コメントありがとうございます。
私もいつかニューヨークのメトロポリタン美術館を訪問してみたいです。1回では見きれそうもありませんね。
Commented by desire_san at 2013-01-05 14:13
ichigodaysさん、tabinotochuさん ブログをよんでいただきありがとうございます。
英語を入れてるのは、Fasebookを通じて海外の方も読んで頂いているからです。
Commented by rollingwest at 2013-01-05 16:06
年明けも高尚なる記事でスタートですね!文化の香り、糸杉の如し
Commented by hisanee5 at 2013-01-05 23:24
はじめまして 私のブログにコメントをありがとうございました
とても詳しくまとめられてますね
私は単純に好きな絵をあまり深く考えずにさら~っと見ていますが最近は解説の機械を借りてみるようにしています

実際のメトロポリタン美術館に行ってみたくなりました

今年も色々素敵な絵が来るようなので日程が合えば見たいなとおもっております
Commented by nori-126 at 2013-01-05 23:26
私のブログにコメントいただきありがとうございました。詳しい絵の解説に感銘しました。今後もよろしくお願いします。
Commented by seqtaxus08 at 2013-01-06 01:39
desire_san様、辺境の拙ブログまでご訪問有り難うございました。
まず貴ブログの充実度、文化的、空間的な旅の軌跡に感嘆しました。
私などは今回のMET展の旅だけで、お腹いっぱいになったような…。
文句のつけようの無い、この名品ばかりのコレクションは流石です。
目玉のゴッホは勿論ですが、私好みの作品に会えたのも僥倖でした。
曰く、バルティス、ルドン、ホッパー、オキーフ…単発的でしたが。
Commented by pretty-bacchus at 2013-01-06 03:25
あけましておめでとうございます。
話題豊富なブログを本年も楽しみにしています。

Commented by desire_san at 2013-01-06 13:16
rollingwestさん、 nori-126さん、 pretty-bacchusさん、コメントありがとうございます。
今年も内容のある記事を書くよう努力しますので、よろししくお願い致します。
Commented by desire_san at 2013-01-06 13:20
hisanee5さん、seqtaxus08さん、コメントありがとうございます。
メトロポリタン美術館は遺跡から現代絵画まで幅広い収納品を所蔵していることが今回の美術展から知りました。いつか一度実際メトロポリタン美術館に行って系統的に美術を鑑賞してきたいですね。とても1日では見れないようですが。
Commented by akiotakahashi at 2013-01-06 22:09
初めて訪問させていただきました。文化芸術の幅広い趣味、知識に感心しました。
小生も年末に行きましたが、メトロポリタン美術館の幅広い収集に驚くとともに、ゴッホ、ミレー、ルノアールも見慣れた画風でない秀作に才能レベルの高さを知りました。
Commented by marupuri23 at 2013-01-06 22:35
あけましておめでとうございます!本年も貴ブログの発展と充実をお祈り致しております。

先日は拙ブログへコメントいただきありがとうございました。
今回の美術展では絵画や彫刻、工芸品などバラエティに富んでいて、私は結構楽しんだクチです。
それにしても、これだけ多岐にわたる所蔵品があって、さすがですね。日本美術のコレクションも充実しているそうなので、お里帰り展などあればと思うのですが…。

ターナーの絵、良かったですよね。詳しい解説を読ませていただき、「なるほど~」と勉強になりました。
また、美術展の記事を楽しみにしています。私もできるだけ記事にと思っているのですが、なかなか…。
Commented by okko-no1 at 2013-01-07 06:54
こんにちは。先日はブログにコメントをありがとうございました。とても凝ったブログですね!絵画への深いご理解に感銘を受けました。英語も堪能でいらっしゃるんですね。
私もこの展覧会の展開にはなんだか違和感がありましたが、絵があって写真があって彫刻があって…という流れは、変化に富んでそれはそれで楽しかったです。
以前ヨーロッパでうんざりするほどターナーを見た時にはあまり印象に残りませんでしたが、こうして改めて見るとやっぱり美しいなぁと思います。何につけ味わいが変わってゆくのは、年を重ねることへのギフトですね。
Commented by ruki_fevrier at 2013-01-07 08:49
おはようございます。
こういう美術館展覧会はどうしても散漫な印象になってしまうのは否めませんね。
テーマをつけても、どうしても頑張ってる感が出てしまって。
あの膨大なコレクションからの抜粋なので、しょうがないかなーと思いつつ回りました。

こうしてdesireさんがあげてらっしゃる絵を見ると、すごい作品がたくさん来ていたんだなぁと思います。
日本にいながらにして、日本語解説で見れるってすごいな、と最近思います。
今年もたくさんの展覧会記事、楽しみにしています!
Commented by desire_san at 2013-01-08 20:16
akiotakahashiさん、marupuri23さん、okko-no1さん、ruki_fevrierさん
   コメントいただきありがとうございます。
メトロポリタン美術館は多岐にわたる所蔵品があるので展示の仕方は無図解のでしょうね。絵画でいえばコッホの「糸杉」やターナー「ヴェネツィア・・・」など一部を除くとその画家の画風を体表する作品をそろえたとは言えないような気がしました。それそそれとして東京でこれだけ美術の名品を見られるのは ruki_fevrierさん書かれているように恵まれていると思いますね。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2013-01-09 10:43
こんにちは。遅くなりましたが、先月私のブログのファンになって頂いて有難うございます。私も先日メトロポリタン展に行ってきたので(記事:http://autumnnew.exblog.jp/17099098)、こちらの記事を興味深く拝見しました。

以前メトロポリタン美術館には行ったのですけれど、広大過ぎて、半日程でヨーロッパ絵画に絞って見たのみで、今回、当時見た記憶なかったルノワールの「浜辺の人物」など含め、色々多彩なジャンル、時代の作品鑑賞出来たのは良かったです。

挙げられてる中では特に、ルドンの「中国の花瓶に活けられたブーケ」
やターナーの「ヴェネツィア、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の前廊から望むが」が印象的だったです。
Commented by yamanteg at 2013-01-10 13:14
ゴッホ、ドラクロワ・・・・・・素晴らしいですね。
近年とくにクロード・ロランやターナーの光と影の調和に魅かれています。
Commented by yumitea630 at 2013-01-12 21:04
私のブログにコメントいただき、ありがとうございました!
気づくのが遅くなり、申し訳ありません。
コメントのお返事にも書きましたが、私は美術に全く詳しくないので、desire_sanさんの知識や文章力に圧倒されました…。
これからはこちらを拝読してから美術展に行きたい、と思います。
外国の旅行記も大変興味があるので、これから他の記事も読ませていただきます。
Commented by marinji at 2013-01-17 00:40
遅くなってしまいましたが、ブログにコメントいただき、ありがとうございました。
こちらのブログを拝見させていただいて、ティファニーのステンドグラスや、ルドン、ターナーも素敵だったなーと思い出しました。ありがとうございます。

by desire_san