人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

日本の敦煌とも呼ばれる石仏群

臼杵の石仏
Usuki Stone Buddhas
a0113718_8331074.jpg


 大分県は石仏の宝庫で、臼杵の石仏群をはじめ、日本でも有数の優れた石仏を見ることができます。中でも日本でも珍しい美しい造形の石仏が集まっていて、日本の敦煌と呼ぶ人もいます。



a0113718_833427.jpg


The Usuki Stone Buddhas are a collection of stone sculptures of Buddhas, in Usuki, Ōita Prefecture, Japan.The Usuki Stone Buddhas were estimated to be carved during the 12th century, and consist of four groups of stone Buddhas. They are the first national treasures in Kyūshū, and also the first stone Buddhas selected as national treasures

a0113718_8341592.jpg


 この地方は、白鳳時代のころから仏教が栄えていました。平安初期には多くの仏像がこの地の寺に奉納され、すぐれた作品が今も残っています。藤原時代には、浄土信仰や末世思想が広がりました、阿弥陀の浄土に生まれることに切なる思いを持った人々が増え、永久性のうる医師の阿弥陀如来に極楽浄土を願う人々の思いが背景となって、石仏が多く作られたようです。臼杵地方は、藤原時代から優秀な石仏を生み出す土壌があったようで、日本では珍しい優れた石仏群がこの地に残されたようです。

a0113718_8345086.jpg


a0113718_8351235.jpg


a0113718_8353940.jpg


a0113718_8355565.jpg











にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
by desire_san | 2013-11-20 00:37 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/18925837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Keiko_Kinoshita at 2013-11-07 09:16 x
バラエティに富んだ豊富な話題にいつも感服して拝見しています。
臼杵の石仏は、いつか行って見たいと思っていましたが、写真を拝見し、日本では珍しいすばらしい仏像群ですね。私も一度行って見たくなりました。日本中から世界中まで、文化のあるところならどこでも行かれてしまうバイタリティには驚きです。
Commented by Haruna_Takahash at 2013-11-07 13:35 x
こんにちは。
臼杵の石仏の話はきいたことがありますが、実際に行ってこられたのですね。道端にあるような日本の石仏は素朴な者が多いですが、臼杵の石仏は造形もしっかりしていて、見どころがありますね。不便なところなのでなかなかいけませんので。このような写真を見せていただき、ありがとうございます。
Commented by 藻篇綬陀魯 at 2013-11-07 13:45 x
始めまして。
日本の敦煌と書かれていたので訪問してきました。敦煌は行ったばかりですが、全然違いますね。こちらはいかにも日本的な石窟という感じです。
敦煌は砂漠に囲まれた凄いところです。もし、行かれていないようでしたら、私のブログをご覧ください。ただ、行くのが大変で、あまりお勧めしませんが。敦煌を見たくて中国に行きましたが、もう中国の旅行はたくさんですね。
Commented by 徳永一 at 2013-11-07 21:28 x
臼杵の石仏愛好会の者です。ご紹介ありがとうございます。
臼杵の石仏は、阿蘇山の大噴火によって堆積した火山灰から生じた阿蘇溶結凝灰岩という彫刻に適した軟質の石に彫られています。全部で60余体の磨崖仏ます。平安末期から鎌倉に彫とみられ、中国から呼んだ蓮城法師が大磨崖仏を彫り、当時は岩肌に彫られた磨崖仏には全て着彩が施され、まさに日本の投稿のようだったと言い伝えられています。
Commented by とっし。 at 2013-11-08 00:17 x
撮影 取材 まとめ
見習いたい所沢山あります。
人に思いを伝える方法
色々あるのですね(*^^*)

ありがとうございます\(^^)/
Commented by tkomakusa1t at 2013-11-08 16:39
臼杵の石仏初めて知りました。
色のついた石仏もあるのですね。全部で60余体の磨崖仏すごい数
です。
ご存知かもしれませんが房総にも鋸山日本寺に石仏があります。
日本寺大仏; 百尺観音; 千五百羅漢; 地獄のぞき
何回行っても飽きないです。
臼杵の石仏。。。メモしておきます遠いですね。
Commented by desire_san at 2013-11-08 16:58
Kinoshitaさん、Takahashiさん、ありがとうございます。
臼杵の石仏は、日本ではめずらい彫刻に適した軟質の石に彫られた芸術性の高い石仏で、ほとんどすべてが国宝に指定されています。別府や湯布院に行かれる機会があったら、ぜひ一度見られることをお勧めします。
Commented by desire_san at 2013-11-08 17:01
藻篇綬陀魯さん、敦煌は想像を絶するところのようでも比べるのは無理でしょうね。一度敦煌に行きたいとは思いますが、中国なので治安、安全などが心配ですね。
Commented by desire_san at 2013-11-08 17:03
徳永一さん、現地愛好家からのコメント、ありがとうございます。阿蘇山の大噴火によって堆積した火山灰から生じた阿蘇溶結凝灰岩を用いた彫刻というのは初めて知りました。保存にもご苦労が多いと拝察します。
Commented by desire_san at 2013-11-08 17:06
とっしさん、おかげさまで毎日200人以上の方の私のブログを見てくださっています。他人にいろいろなことを伝え、たくさんの方が見てくださるのはねある種の喜びがありますね。
Commented by desire_san at 2013-11-08 17:08
tkomakusa1tさん、ご指摘のように日本は数多くの石仏があり、それぞれの表情がありますね。石仏に出会える旅は心が休まります。
Commented by CitizenCotta at 2013-11-11 00:13
こんばんは、初めてコメントさせていただきます。こんな石仏群が日本にあるなんて初めて知りました。保存状態もいいですね。関東在住でなかなか行けそうにないのでYouTubeでも「見学」してみました。