ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ブラームス、メンデルスゾーンやビートルズを育てた水と緑の都

ハンブルク
Hamburg
a0113718_5124482.jpg


 ハンブルクは、ベルリンに次ぐドイツ第二の都市で,ドイツ最大の港町です。港町といっても日本の港町のイメージとは少し違っていて、ドイツを流れるエルベ川河口から約100km程度入ったところにある港町です。川をせき止めて造った人口湖のアフスター湖、マロニエの緑豊かな公園やマロニエの並木道と美しく静かな街並みを散策してみると、波止場町とリゾート地の両方の顔を持ち、旅情的雰囲気やさわやかさあふれる街であり、水と緑の都という雰囲気の街です。ハンブルグの橋の数はその数2428で、水の都ヴェネツィアよりも多いそうです。





Hamburgis the second largest city in Germany and the ninth largest city in theEuropean Union. It is also the thirteenth largest German state. It is home toover 1.8 million people, while the Hamburg Metropolitan Region has more than 5million inhabitants. On the river Elbe, the port of Hamburg is the secondlargest port in Europe (after the Port of Rotterdam) and tenth largestworldwide.



 ハンブルクはベルリン同様に、一市単独で連邦州を構成する特別市となっています。また、ブレーメン市と同様に、中世以来自由都市としての地位を現代まで保っています。一方欧州屈指の歓楽街もあり、経済的にも重要ですが、ブラームスやメンデルスゾーンが生まれた町でもあり、ブラームスのモニュメントのあるブラームス通りもあるほどで、芸術も盛んです。ハンブルグ私立美術館にはゴーギャン、ジャコメッテイ、ムンク、ピカソなどの傑作があります。ハンブルグの美術館では企画展も盛んで、バウル・クレー展などが特に人気があるようです。

 市の中央にアルスター湖があり、エリカ街道の起点にもなっています。ハンブルク港桟橋からは遊覧船も出ており、川と湖から美しい街並みを味わうことができます。

a0113718_5134714.jpg


a0113718_5141671.jpg ハンブルク市庁舎はハンブルクの象徴のひとつで、19世紀末ハンブルクが非常に豊かで繁栄していたときに建てられた田ため、宮殿のように豪華な建物です。ネオ・ルネサンス方式で建てられており、重厚な内装もすばらしく部屋数は647室もあり、イギリスのバッキンガム宮殿よりも6部屋多いのがハンブルの自慢話だそうです。湿地帯で地盤がもろかったため、建設には,4000本もの樫の木の柱を打ち込んで基礎工事が行われたそうです。市庁舎は現在もハンブルク州政府および州議会の議事堂として使用されています

a0113718_5173954.jpg庁舎正面の中央にバルコニーには神聖ローマ皇帝の像が20体並びます。バルコニー右には、12世紀にハンブルクに商業特権を与えた皇帝フリードリッヒ赤髭王バルコニー左には9世紀にザクセン族を平定したカール大帝、バルコニー右には12世紀にハンブルクに商業特権を与えた皇帝フリードリッヒ赤髭王バルバロッサの像があります。市庁舎正面、バルコニー上方にはハンブルクの紋章があり、バルコニー上部には、ハンブルクの守護女神ハンモニアのモザイク画と「先人たちの勝ちとった自由を後世の人々が厳粛に守らんことを」の意味のラテン語の銘文が刻まれています。







a0113718_5152546.jpg


a0113718_5164018.jpg 市庁舎のロビーは一般に開放されており自由に入ることができます。天井には複雑なアーチから構成されるヴォールトが架けられています。ヴォールトとは、アーチを平行に押し出した形状を特徴とする天井の建築構造をいいます。市庁舎中庭には噴水があり、ハンブルクで大流行したコレラの犠牲者追憶のために作られ噴水の中央には,健康と衛生を司るギリシア神話の女神ヒュギエイアが疫病をあらわす竜を制している像があります。

a0113718_5182875.jpg
a0113718_5185224.jpgThe town hall is a richly decorated Neo-Renaissance building finished in 1897. The tower is 112 metreshigh. Its façade, 111 m long, depicts the emperors of the Holy Roman Empire, since Hamburg was, as a Free Imperial City, only under the sovereignty of the emperor. The Chilehaus, a brick stone office building built in 1922 and designed by architect Fritz Höger, is shaped like an ocean liner.

 


ハンブルグはドイツ最大の港町であったことから、ハンブルクの運河沿いには、100年以上前に建てられた美しい赤レンガ建築が連なる世界最大の倉庫街があります。100年以上の歴史を持つ建物で、倉庫街に張り巡らされた水路には,20もの橋が架けられています。北ドイツの伝統的なレンガ造りゴシック建築の影響を強く受け,階段状の切り妻や塔など特徴的な装飾が施されています。建物の片側の入口は通り,もう一方は水路に面しており、水路の船から建物内へ直接商品が荷揚げできるように造られてます。美しい倉庫街が運河の水面に映り、ロマンチックな雰囲気を感じさせます。今は役割を終え、アパートを始めいろいろな用途に使われています・倉庫街の赤レンガの古い建物の中には、世界最大級の鉄道模型が展示されています。ハンブルグには赤レンガのオフィスビルが多くあります。外観は古風ですが、中は近代的なオフィスビルのつくりになっているそうです。


a0113718_5201277.jpg


Hamburg has the warehouse district of the world's largest consisting with a lot of beautiful red brick building The Hamburg warehouse district, strongly affected by the brick Gothic traditional architecture of north Germany, decoration characteristic such as tower and gable step-like is applied.

a0113718_5203450.jpg


 ハンブルクは波乱万丈の歴史を歩んできました。ハンブルクは6世紀に、エルベ川河口に港湾都市として生まれました。バイキングの襲来に悩まされた苦しい時期もありましたが、9世紀初めカール大帝によって前哨基地ハンマブルクの城塞が築かれ、キリスト教の布教のため大聖堂が建設されました。この大聖堂は北ヨーロッパのキリスト教文化の中心となりました。しかし敵対民族に攻撃も続きました。

 1189年には神聖ローマ帝国のフリードリヒ1世から船舶航行の特許状をうけ商業上の特権がみとめられ、関税特権、経済特権を得て交易都市としても発展しました。1241年にはリューベックと、1249年にはブレーメンと防衛同盟をむすび、シャウエンブルク伯爵に完全な自治を許され、貨幣製造権も与えられました。これは後のハンザ同盟に発展していきます。1618年神聖ローマ皇帝から自由都市の特権を与えられ、自治権を獲得維持しました。1529年には宗教改革派をうけいれ、ルター派やカルバン派とユダヤ人がこの町に避難してきました。

a0113718_5215455.jpg


 
 その後三十年戦争でハンブルクの商業は打撃を受け、ナポレオン戦争ではナポレオン軍隊に占領さました。しかしナポレオンの没落後は再び自由都市となり、ドイツ連邦に加盟しました。しかし安らぎの時は少なくハンブルク大火災で市街地は大きな被害をうけ、コレラの大流行で大量の死者が出しました。ハンブルクは波乱にとんだ運命は更に続きます。1918年のハンブルクの人民蜂起はドイツ帝国崩壊の先駆けとなりました。一時社会主義のレーテ共和国が樹立されて、アルトナ、ハールブルク、ワンツベックなどを併合しました。しかし、第二次世界大戦では潜水艦基地がおかれたこともあり、連合国軍のハンブルク空襲で壊滅的破壊を受けまました。1949年にドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立し、ひとつの州となり再び復興しましたが、ドイツの中では古い建物が少ない近代都市に生まれ変わりました。

a0113718_5231026.jpg


 ドイツ帝国時代も、ハンブルクは独立を維持しました。このため王侯貴族の支配のない自由都市の気風が育ち、それがハンブルク市民の誇りとなっています。市民にはプロテスタントが多数いますが、カトリックの地盤もあり、保守色の強いキリスト教社会同盟が政治的に強い勢力を持っており、南ドイツ最大の都市・ミュンヘンとは違った気質があるようです。


a0113718_5395584.jpg ハンブルグの労働者階級の住む地域は、政府がカラフルな建物を造り整備しているとのことです。高級マンションもありますが、まだ格差は大きいようです。労働者階級らはトルコ人やポーランド人も多く、外国のような雰囲気の場所もあります。ドイツ人は町にごみを捨てず、自分の家の周りを清潔にしており、周囲の人にもそれを要求します。しかし、トルコ人などはそういうことはあまり気にしない習慣のようで、場所によっては摩擦もあるようです。

 ハンブルグは現在ヨーロッパでも最も裕福な街といわれ、世界有数の資産家も含めてたくさんの富裕層が住む町としても知られています。そのため市民の生活レベルは高いですが、港町でたくさんの人が集まることもあり、歓楽街が発達しています。このようなハンブルクの歓楽街の「インドラ・クラブ」で、無名時代のビートルズは、毎晩、長時間演奏を続け、ミュージシャンとして実力をつけてきました。ジョン・レノンが「僕はハンブルクで育った」と言っているように、ハンブルクは「ビートルズ」が育ち世に出た街ともいえます。




ハンブルク 写真ギャラリー  文字をクリックするとリンクします。

Hamburg Photo Gallery 
When you click a character, you can see the another phoh album of Split.










写真ブログブログランキング参加用リンク一覧
このページを訪問した方、ここをクイックして下さい。

[PR]
by desire_san | 2014-01-13 05:42 | ドイツ(南) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/19334770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Keiko_Kinoshita at 2014-01-13 06:37 x
ハンブルクの市庁舎は、お城のような堂々たる威容を誇る建物ですね。倉庫街も雰囲気がありますね。アルスター湖、外アルスター湖のある美しい街でその畔にセレブな豪邸が並び、自由の空気がみなぎり、大金持ちにも貧乏人にも胸いっぱいに呼吸のできる、住民の幸せ度が高い街という評判もあるそうです。東京のオリンピック招致のキャッチフレーズの美辞麗句が並び地上の楽園と思っている外国人もいるとか。ハンブルク住んでみないとほんとうに幸せ度が高い街かはわかりませんね。
Commented by Ich at 2014-01-13 12:28 x
このようにしっかりとハンブルクの街の説明を拝読し、ドイツ滞在時に訪れなかったことが悔やまれます。ブレーメンへは参りましたのですが通り過ぎただけでした。惜しいことをしました。
ブラームスの生まれ故郷でもありましたが、このような歴史の深さにあらためて感じ入っております。商業都市のイメージだけでしたので、大変楽しませていただきました。
Commented by desire_san at 2014-01-13 23:31
Kinoshitaさん、ハンブルグはざっと見た限り、湖とその周辺の日本では豪邸に分類されるような豪華な邸宅や別荘、豪華な市庁舎など表面上は非常に美しい街のように感じました。しかし、一方で観光客は行かないような歓楽街など貧しい人が集まる地域があり、表と裏の顔があるようです。ニューヨークや東京のような大都市的な性格のある町なので、私は見ていませんが、光と影の両面を持った町かもしれません。
Commented by desire_san at 2014-01-13 23:36
Ich さん、私も今回ざっと数時間しかハンブルグを見ていないので、表面的にしかこの大きな町を見ていません。ブラームス、メンデルスゾーンからビートルズまでこの街で育ったということですから。ウイーンなどに匹敵する歴史の深さを秘めた街ではないかとさえ思えます。機会があったら、ゆっくりハンブルグに滞在して深く知ってみたい街ですね。
Commented by rollingwest at 2014-01-15 06:55
ハンブルグと聞いてハンバーグしか思い浮かばないRWです。(苦笑)
Commented by desire_san at 2014-01-15 14:17
rollingwestさん  ハンバーグは、ハンブルクで労働者の食事として流行したタルタルステーキとがもとになっています。その後アメリカでマクドナルドが安価に大量に量産する方法を確立して世界に広めました。一方で安い賃金と過酷な労働を基づき安価な製品を量産したため、低賃金労働モデルとなり、そのモデルが日本の外食産業の低賃金労働の起源になっているという指摘もあります。そのような意味では、今のハンバークは、ハンブルグという町の性格とは無縁ともいえます。
Commented by tkomakusa1t at 2014-01-16 06:08
ブラームス、メンデルスゾーンからビートルズが育った街なのですね。
ハンバ-グはこんな歴史があったのですか知りませんでした。
ギャラリ-の最初の写真と下から二番目の写真が特に好きです。
水もに映った光が良いですね。
Commented by desire_san at 2014-01-16 23:56
tkomakusa1tさん、ギラリーの写真も見ていだいてありがとうございます。excite2ブログの画像容量制限の50%を超えてきたので、他のブログに分散させリンクさせてます。リンク先まで見てくださり大変うれしいです。