人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

古代ローマの水道橋と旧市街は世界遺産

セゴビア
Segovia
a0113718_4222174.jpg


 セゴビアは、スペインのカスティーリャ・イ・レオン州セゴビア県の県都で、古代ローマの水道橋と旧市街は世界遺産に登録されています。



Segovia is a city in the autonomous region of Castile and León, Spain.The old city of Segovia and its Aqueduct were declared World Heritage by UNESCO. Within the environment of the old city, stand diversity of historic buildings both civil and religious, not just catholics but also Jews, like the district that served this minority, which commemorates the different cultures in the city. One of the best examples of this cultural diversity is represented by the former synagogue, now the church of Corpus, and the Jewish cemetery located in "El Pinarillo" with its interpretation center in the most important Jewish palace of the Spanish aljamas,

a0113718_4243816.jpg


 セゴビアの水道橋は 紀元1世紀ごろに造られた水道橋で、全長728m、アーチの数は166個とスペインの水道橋としては最大の規模の水道橋だそうです。水道橋を築いている各石は接合剤を一切使わず建設されているそうで、橋の上部を通ってセコピアの街に水を供給していたそうです。訪れた日はちょうドパペソット祭りという子供のお祭りの日で、多くの人でにぎわっていました。セゴビアの水道橋の上の方まで登ると、長く狭い高台の上に壮大に広がる旧市街が一望できました。

The Aqueduct of Segovia, located Plaza del Azoguejo, is the defining historical feature of the city, dating from the late 1st or early 2nd century.[2] Acknowledged as the most important Roman civil engineering work in Spain, it consists of about 25,000 granite blocks held together without any mortar, and spans 818 meters with more than 170 arches, the highest being 29 meters high.

a0113718_4254564.jpg


 サン・マルティン教会は17世紀ローマ時代のカスティーリャを象徴する教会で、柱廊に囲まれた三つの中庭、三つのアプス、丸天井の上にムデハル様式の塔がそびえます。細工の施された柱の上に大理石のサン・マルティンの肖像とファサードの四本の柱の彫像があります。何か行事があったのがこの教会の前は多くの人で賑わっていました。

a0113718_4263178.jpg


 サン・エステバン教会は13世紀に建てられたロマネスク様式の教会で三つのネーブからなり、13世紀には中庭と塔が追加建築され、ロマネスク建築様式の最も美しい教会の一つとされていました。しかし火事あって崩壊され20世紀初期に再建されました。再建築の際、バロック様式の柱頭に代わってしまいましたが、この変化によって6層に積み上げられたアーチの窓を持ち高さ53mの塔は気品が失われることはなく、スペインの鐘楼の中でも「塔の女王」と呼ばれ町の横顔となっています。この教会の内部には、サンティアゴ教会から移されたカルヴァリオ(十字架の道)が保管されているそうです。

a0113718_4265430.jpg


 旧市街の中心マヨール広場には後期ゴシック様式の大聖堂があります。16世紀から18世紀にかけて建てられその優雅な姿から「カテドラルの貴婦人」と呼ばれていたゴシック様式の大聖堂でした。1520年戦争中で破壊旧大聖堂に代わり。セゴビアの大聖堂となりました。中に入ると、内部は奥行き105m、幅50mの規模を持ち、内装や内部の彫刻は宗教性と芸術性を感ずる見事な空間でした。内部は古いロマネスク様式の雰囲気を醸し出し、平和の聖母の祭壇画、三部作の祭壇画、美しいバロック様式の遺物、聖歌隊の屋台、聖埋葬のチャペル、絵画や彫刻など壮大さと調和が両立した美しい空間を形成していました


a0113718_4274892.jpg


The Segovia Cathedral is the last Gothic cathedral built in Spain. It is considered the masterpiece of Basque-Castilian Gothic and is known as "The Lady of Cathedrals." This is the third largest cathedral in the city,[citation needed] and retains the cloister of the second, located opposite the castle and destroyed during the Revolt of the Comuneros in 1520. In his works he worked Juan and Rodrigo Gil de Hontañón, and other teachers of Spanish architecture. It was consecrated in 1768 and has dimensions of 105 meters long, 50 meters wide and 33 high in the nave, has 18 chapels and has three doors.

a0113718_4291667.jpg


a0113718_432530.jpg 旧市街を散策した後旧市街の城壁の外に続くに下って行きました。眼下には田舎の景色が広がってきました。すると左側に旧市街の西端、川を介して岩山に建てられている城が見えてきました。これがローマ時代城塞のあった場所に13世紀初めに築かれフェリペ2世がこの城の王座の間で結婚式を挙げた城を19世紀後半に復元したアルカサルです。ディズニー映画『白雪姫』の城のモデルとなった城として有名になりましたが、青空に映えて美しい姿を見せてくれました。

The Alcazar of Segovia, the royal palace located on top of a rock between the rivers Eresma and Clamores, is documented for the first time in 1122, although it may exist in earlier time. It was one of the favorite residences of the kings of Castile, built in the transition from Romanesque to Gothic and Mudéjar decor highlighting its ample rooms. The building is structured around two courtyards and has two towers, the Keep and John II. It was a favorite residence of Alfonso X the Wise and Henry IV, and Isabella the Catholic left him to be crowned Queen of Castile in the main square. Devastated by fire in 1862, was later rebuilt. Now houses the General Militar de Segovia archive and museum of the Royal School of Artillery, managed by the Board of the Alcazar.

a0113718_4293672.jpg


セゴビアは古代から人が住んでおりアルカサルにはケルト人の城があったと言われていまいす。ローマ時代には、クルニア行政区に属していました。11世紀、カスティーリャ王アルフォンソ6世がトレドを征服したのち、セゴビアに司教座を創建しキリスト教徒を植民させました。中世の終わりにセゴビアは最盛期を迎え、ゴシック様式の建築物が建てられ、アルカサルは王室の宮殿されました。セゴビアは毛織物産業が盛んな諸都市で16世紀末は人口2万7千にまでなりました。その後衰退しましたが、18世紀には毛織物産業の再興が図られ、19世紀から経済が再び活性化し人口も回復しました。

a0113718_4341154.jpg











セゴビア 写真ギャラリー  文字をクリックするとリンクします。
セゴビア大聖堂 写真ギャラリー

Segovia Photo Gallery
Segovia Cathedral Photo Gallery 
When you click a character, you can see the another phoh album of Split.














にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
このページを訪問した方、ここをクイックして下さい。
by desire_san | 2014-07-18 04:41 | スペイン | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/20009266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-08-08 12:20
タイトル : 水道橋や円形競技場などローマ時代の遺跡のある街
タラゴナTarragona タラゴナはカタルーニャ州タラゴナ県の県都、港湾都市で物流の要所です。古代ローマ時代に築かれ、今でも円形劇場、ラス・ファレラス水道橋、サント・アントーニの門、バラーの凱旋門などの遺跡など、古代ローマ時代の遺跡が数多く残されており、タッラコの考古遺跡群としてユネスコ世界遺産に登録されています。12世紀に建設が始まったロマネスクからバロックの大聖堂、地中海のバルコニー - 海を見下ろす遊歩道などの観光名所もあります。... more
Commented by Andrera der S at 2014-07-18 12:05 x
セゴビアに在住しているAndreraと申します。セゴビアを美しい写真で紹介していただいてありがとうございます。お時間がなくて見られなかったかもしれませんが、セゴビアにはご紹介のほかに、中世文化を今に伝える美しい建造物がたくさんあります。12世紀半ばに建設されたサンティスマ・トリニダド教会、11世紀後半のもので、セゴビアの中で最も古い教会・サン・フアン・デ・ロス・カバリェーロス教会、セゴビアのローマ教会の代表的教会であるサン・ミリャン教会、13世紀に建てられたサン・フスト教会、サマラマラへ向かう途中にあるべラ・クルス教会、コルプス・クリスティ教会(旧ユダヤ教会)、サン・アントニオ・エル・レアル修道院、サンタ・マリア・デル・パラル修道院。カルメリタス・デスカルサス修道院、聖フエンシスラ聖堂、サンタ・クルス・ラ・レアル修道院など美術に増毛の深いdezireさんにはぜひ見ていただきたいすばらしい中世建築です。機会がありましたらセゴビアにもう一度いらしてください。
Commented by 智子 at 2014-07-18 14:27 x
こんにちは。数年前ツアーでスペインにゆ行って、セゴビアの古代ローマの水道橋をみました。その大きな五体ローマの建造物が今もしっかりと残っていることに驚かされました。こんな大きな橋を、クレーン車などもない時代にどうやって作ったのが、不思議でなりません。ほんとうにどのようにして作ったのでしょうね。
Commented by Haruna_Takahash at 2014-07-18 16:04 x
美しいセゴビアの写真を拝見し、思い出がよみがえってきました。セゴビアは多くの作家にインスピレーションを与えた街として知られています。それは、水道橋、アルカサル、大聖堂の存在以上に、セゴビアはヨーロッパ最大の濃度で芸術性を感じさせる老朽化したロマネスク様式の石に同じ生活で、来る人々の魂を明るい光で包ようなところがあると思います。
Commented by Keiko_Kinoshita at 2014-07-18 16:17 x
セゴビアに行かれたのですね。私は死後との関係でセゴビアに10日間滞在ました、滞在しみて観光名所を廻っている時と全く違うこの街の顔があることを知りました。セゴビアはサンビセンテ、サンタクルスラリアル、パラル、カルメルやベラクルス教会の修道院、ドミニコ派僧侶からマルタ騎士団のシトー、カルメル、ジェロニモス騎士まで神秘主義の光で照らしています。 その同じ光が頻繁にセゴビアの映画の舞台にもなっています。スポットライトやスレートのスナップに慣れているある場合は、生まれた映画の魔法をかけているのようです。この街には、戦争と平和、愛と憎しみ、喜劇と悲劇の過去と未来を偽装するため自分の顔を貸している。それはこの街自身の日々の多くの物語持生んでいるように思いました。
Commented by youpi at 2014-07-21 04:06 x
ブログを初めて数年経ちますが、初めてTrackbackを頂きました。
ありがとうございました。お陰で素晴らしいスペインの建築を見ることが出来ました。
Commented by pallet-sorairo at 2014-07-23 16:51
初めまして。
私も初めてのTrackbackを頂きました。
こういうことに疎くて失礼しているかもしれません。
あしからずご容赦くださいますよう。
Commented by nobukoueda at 2014-08-11 14:07
すみません。私もトラックバックあると気がついたのはいまでした。
この古代水道橋に行きたかったですが、あまり調べてもいず、数年前にドイツに滞在していた時にトリアーの古代ローマ遺跡の跡などまた、他のドイツの街でも古代ローマ時代の遺跡をみていたので今回はまあ、いいかと他をみてまわっていたのですが、こんなにも壮大で立派であったとは、何度も行けるものではないのでもっと事前によく調べておくべきでしたね。でもこちらを拝見してまたいつか機会があったら今度は行ってみたいと思っています。
色々有り難うございます。スペイン日記はまだまだこれからしばらく続きます、よろしく願います。
Commented by desire_san at 2014-08-11 16:03
nobukouedaさん、ご丁寧にありがとうございます。
スペイン日記、楽しみに読ませていただいています。
私もスペイン旅行記を続けますが、イタリア旅行記と併行して住めているので、しばらくかかると思いますが、よろしかったら覗いてください。