人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ダンテの『神曲』 ”地獄篇” “煉獄篇” “天国篇” で構成したオペラ

プッチーニ『三部作』

外套修道女・アンジェリカジァンニ・スキッキ

Giacomo Puccini. Il tabarro”“SuorAngelica”“Gianni Schicchi


a0113718_03513959.jpg



 ジャコモ・プッチーニは、『蝶々夫人』の完成後、それまでの抒情的悲劇ドラマの世界から脱して、新しいオペラに踏み出そうと考えていました。当初は、20世紀初頭のセーヌ河の人夫たちの薄汚い生活を描き、殺人が行われるという異常な雰囲気は、プッチーニにとって新オペラへの打開のためには、適切な材料に感じられました。オッフェンバックのオペラ『ホフマン物語』の3部構成もプッチーニにヒントを与えました。






Puccini, after thecompletion of "Madame Butterfly", to be out from the world of lyricaltragedy drama, had been thinking of step forward in the new opera.  Trilogyopera "Trilogy" of Puccini is the opera Puccinitried to consist of "Hell" "purgatory Hen" "heavenHen", following "DivineComedy" of Dante, .


 三部作というのは、もともと3枚の絵という意味で、宗教絵画の祭壇画のような3幅の連作を楽しむ習慣をオペラにも当てはめようとしました。


a0113718_18565898.jpg 『外套』は1916年に完成しました。他の2作の題材はめどが立っていませんでしたが、フォルツァーノという劇作家から『修道女・アンジェリカ』と『ジァンニ・スキッキ』の提供を受けました。プッチーニが『修道女・アンジェリカ』を作曲しているとき、フォルツァーノは3部作の第3部『ジァンニ・スキッキ』の台本を持ってきました。この物語はダンテの『神曲』第30歌からヒントを得たものでした。


 『ジァンニ・スキッキ』は好評で迎えられましたが、他の3作は不評でした。プッチーニが最高傑作と自負していた『修道女・アンジェリカ』は特に恐ろしく不評でした。『三部作』の初演はローマのコンスタンツィ劇場で行われ、『ジァンニ・スキッキ』は喝采を受けました。この傾向はロンドンでも同じで、『ジァンニ・スキッキ』が独走を続けて人気を保ちました。


『外套』a0113718_18515967.jpg

 ダンテの『神曲』の地獄篇に相当します。ディリズモ風の陰惨な悲劇です。ディリズモとは、日常的な情景、出来事、人物を生き生きと描いていく手法で、その現実社会をその背後の社会情勢や思想と変わりなく、喜びも悲しみも一つの真実と表現します。音楽は、強烈で直接的な劇的効果を単純明快に狙います。ソロの激しいフレーズをもつ管弦楽は熱狂的な状態を表現します。鋭利な気迫は一瞬にして燃え尽きてしまう傾向もあります。


Il tabarro is an opera in one act by Giacomo Puccini toan Italian libretto by Giuseppe Adami, based on Didier Gold's play Lahouppelande. It is the first of the trio of operas known as Il trittico.  Michelewonders aloud if Giorgetta is still faithful to him and ponders who might havechanged her so much. He reviews the list of men who have shared in their livesbut dismisses each of them as improbable. Michele lights his pipe and Luigi,seeing it from afar, thinks that it is Giorgetta's signal. He returns to thebarge and is confronted by Michele. In the ensuing fight, Michele gets theupper hand and forces Luigi to confess his affair before killing him and hidingthe body under his cloak. Giorgetta returns to the barge, feigning remorse, andMichele opens wide the cloak to reveal her dead lover.


『修道女・アンジェリカ』a0113718_18534264.jpg

 ダンテの『神曲』でいえば、煉獄篇ということになります。『修道女・アンジェリカ』の物語は、17世紀の末期ひとりの修道女が罪情熱の結果産み落とした息子の死を知って希望を失い、修道院内で自ら命を絶とうというものでした。登場人物はすべて女性で、男声の力強い表現に欠ける危険はありますが、プッチーニはそれをクリアーしました。『三部作』の中で最も評判が悪かったですが、プッチーニはこの作品に最も自信と愛情を感じていました。


Suor Angelica is an opera in one act by Giacomo Puccini toan original Italian libretto by Giovacchino Forzano.  Nunin the 17th century of the end alone is to lose hope to know the death of theson of worm drops a result of sin passion, it was that you Tetractys their ownlife in the monastery.


『ジァンニ・スキッキ』a0113718_18551455.jpg

ダンテの『神曲』では天国篇に相当します。プッチーニ全作品中でも珍しい喜劇です。ワーグナーが『マイスタージンガー』、ヴェルディが『ファルスタッフ』と歴代のオペラの巨匠が奥の深い喜劇を作曲しましたが、プッチーニも60歳になり、『三部作』の第3作に唯一の喜劇を作曲しました。ジァンニは13世紀末フィレンツェに実在した人物と言われています。この痛快な機知と笑いの人間喜劇は、19世紀前半に幕を下ろしたイタリア・オペラブッファのリバイバルともいえ、この種の作品の中で傑作と言われています。


GianniSchicchi is a comic opera in one act byGiacomo Puccini to an Italian libretto by Giovacchino Forzano, The aria "Omio babbino caro" is one of Puccini's best known, and one of the mostpopular arias in opera.


 『三部作』のそれぞれの作品は、『外套』はディリズモ風の陰惨な悲劇、『修道女・アンジェリカ』、宗教的・抒情的作品、『ジァンニ・スキッキ』はオペラブッフアの伝統を引く喜劇と特徴づけることができます。情熱と情熱の相まった『外套』宗教的神秘感のある『修道女・アンジェリカ』、生き生きとした人間ドラマ『ジァンニ・スキッキ』、これらが最終的に相補って統一されたドラマ体験をすることができます。プッチーニのオペラの3つの要素とは「甘味な抒情性」「激しい感情表現による劇的緊張」「笑いの役割を果たす人物をどんなドラマにも登場させる喜劇性」だと思います。特に最後の「喜劇性」は、甘みやうまみを効果的に仕上げる香辛料のようなもので、これがプッチーニのオペラの重要な特徴と考えられます。
















このブログを見たら、に「ほんブログ村」の文字をクリックしてください。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村








 



by desire_san | 2016-01-24 15:30 | オペラ | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/22275191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山脇由美 at 2016-01-25 09:14 x
プッチーニにとって「蝶々夫人」後、彼を煩わす出来事が続き、西部の娘」後、1幕ものを集めた「三部作」の第1部「外套」の題材決定するまでまで約3年かかりました。。その原因はお書きになっているように抒情的な悲劇ドラマの世界から脱出し、新しいオペラに踏み出そうと考えていです。各幕が対照を示す1幕をみ合わせた三部作というアイデアは、「トスカ」の直後から思いついていました。当初はダンテの“神曲”の題材の翻案を考ましたが、原作の構成にならって“地獄篇”、“煉獄篇”、“天国篇”の名を取って構成しようと思いました。。三部作元来3枚の絵という意味で、古くより教会で見られる祭壇画の方式です。三面に分かれていて中央の絵に左右の絵を閉じることもできます。三幅の連作を楽しむという習慣がもあました。レスピーギの管弦楽曲「ボッティチエッリの三作 「春」、「東方の博士(学者)の礼拝」、「ヴィーナス誕生」)はこの例です。プッチーニはこうした三作概念をオペラに当てはめようとしたようです。
Commented by Keiko_Kinoshita at 2016-01-25 09:20 x
プッチーニが三部作を作るにあたって、20世紀初頭のセーヌ河の人夫たちの薄汚れた生活を描き、妻の不倫と殺人が行われるという異常な雰囲気は、ヴェリズモ・オペラへ近づきたかったプッチーニには新オペラへの打開のために適材と感じられました。。パリのグラン・ギニョールの芝居小屋で上演している一晩に3つの短い芝居も参考になりました。
Commented by Nukaya at 2016-01-25 09:28 x
「修道女アンジェリカ」の物語は17世紀の末頃、一人の修道女がかって罪深い情熱の結果産み落とした男の子の死を知って希望を失い、修道院内で自ら命を絶とうとするもので、プッチーニの興味を惹き「蝶々夫人」につながる抒情性を見い出しました。特殊な過去を秘め、私生児をもうけている修道女の話は、ヴェリスモ的な題材で、プッチーニは絵に描いたような清らかな修道女ではない人間像を、宗教的な次元の中で表現したかったようです。。3作の中で最も評判が悪かっが、プッチーニ自身は三部作の中で最も自信があり、特別な思い入れもあったようです。
Commented by Masayuki_Mori at 2016-01-25 09:37 x
私は「外套」についてコメントさせていただきます。当時イタリアの大衆に人気があったのはマスカーニとレオンカヴァッロのオペラでした。19世紀末文学思潮に対応する決定的なイタリア・オペラの口火が、「カヴァレリア・ルスティカーナと「道化師でした。これらのオペラはヴェリズモ・オペラと呼ばれ、日常的な情景、出来事、人物を生き生きと描いていくもので、現実世界をその背後の社会情勢や思想と関わりなく、日常的な喜びも悲しみも一つの真実として表現していました。音楽手法も強烈で直接的な劇的効果を単純明快にねらい、ソロ旋律の激しいフレーズ管弦楽は興奮のるつぼを表現します。このシャープな気迫は長編ものには向かず、一瞬にして燃えつきてしまうもので、1幕ものの形を取るのもこのためでしょう。ヴェリスモは瞬間的なブームだったようですが、後のオペラ大きな影響を与えました。
Commented by Haruma_Takahssh at 2016-01-25 09:45 x
私はプッチーニの三部作の中では「ジャンニ・スキッキ」が好きです。プッチーニの全作品では、他はオペレッタ風の「燕く」らいでめずらしい喜劇です。ジャンニは13世紀末フィレンツェに実在した人物といわれ、ダンテの「神曲」“煉獄篇”第30歌にジャンについて短い記述が見られます。この痛快な機知と笑いの人間喜劇要素は、すべてジョヴァッキーノ・フォルツァーノの台本によるものです。このオペラは、オペラ・ブッファのリヴァイヴァルですが、その中での傑作といえます。また、ヴァーグナードイツ)が用いたライトモチーフを駆使しているのも興味ある点で、例えば“おくやみのモティーフ”や“ジャンニ・スキッキのモチーフ”等に用いています。
Commented by Anreercotia at 2016-01-25 15:42 x
プッチーニ・オペラの人気の鍵は、わかりやすく泣けるストーリーと、巧みなオーケストレーションにロマンティックな旋律を組み込んだ音楽の魅力にあるといえそうです。リアリズムに慣れた現代人には、オペラの物語はとかく大時代的に、あるいは荒唐無稽に感じられがちですが、作曲家自身が台本にこだわったプッチーニのオペラは、物語が整理され、登場人物の性格づけが分かりやすい上に、細かいところまで目がゆきとどき、非現実性が最大限排除されているため、オペラになじみのないひとでも抵抗なく入っていけるようです。またプッチーニのオペラでは、情景や人物の心理が音楽でたくみに描写され、美しいアリアが物語のクライマックスを彩るようになっているので、クラシック音楽になじみがないひとでも、映画音楽に近い感覚で音楽を楽しめるようになっています。
Commented by Tetfelomerrt at 2016-01-25 15:44 x
プッチーニのオペラは、「ヴェリズモ」の範囲をはるかに超えています。「ヴェリズモ」に見られる過剰な表現は最小限に抑えられていますが、一方で要所要所に使われ、最大限の効果をあげています。また、ドラマや人物の感情をオーケストラに語らせる管弦楽法は、ワーグナーの開拓した音楽語法の影響ですが、プッチーニはそれを、自分の流儀に合わせて消化し、コンパクトで印象の強いものにしました。さらに、オーケストレーションの色彩感や楽器の使い方のうまさ(音色の引き出し方など)には、ドビュッシーらフランスの作曲家の影響が指摘されています(ちなみにプッチーニがもっとも愛したオペラは、ビゼーの《カルメン》でした)。プッチーニは母国イタリアにとどまらず、国境を超えて過去や同時代の大作曲家の作風を吸収し、自分のものとしたのです。
 また、繰り返しになりますが、物語が分かりやすいメロドラマで、しかも「泣かせる」ことを大いに意識していることも、プッチーニの特徴だといえるでしょう。青春物語(《ラ・ボエーム》)、歴史もの(《トスカ》)、ジャポニスム(《蝶々夫人》)、エキゾチズムとグランド・オペラ(《トゥーランドット》)と、1作1作新しいジャンルに挑戦していったのも、大作曲家たるゆえんです。ただ本質的には、背景が壮大であっても、室内的なメロドラマであることは変わりなく、重厚な大河ドラマを好んだヴェルディとは、対照的な趣味を持っていました。
 プッチーニ後まもなく、映画が登場し、オペラは大規模娯楽の地位を追われます。以後のイタリア・オペラは、大衆から遠いところへ行ってしまいますが、その境目に位置し、もっとも大衆に近い場所まで「オペラ」を連れて行ったのが、プッチーニだったのです。