ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

17世紀の面影を残す歴史的情緒にスタイリッシュな活気の融合した町

アムステルダム 

Amsterdam

a0113718_09121819.jpg


 アムステルダムはオランダ最大の都市でオランダの首都ですが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館などの首都機能のほとんどはデン・ハーグにあります。アムステルダムの魅力は17世紀の面影を残す歴史的情緒に現代都市の活気がうまく溶け合っている世界でも数少ない独特の美しさにあると思います。小ぶりな建物、街路、運河、広場が与える親密性はこの街特有のもので、初めてアムステルダムを訪れた私もある種の親近感と安らぎを覚えます。





Amsterdamis the capital of the Netherlands in the Netherlands largest city. Amsterdam'scharm is the beauty that is melted together with historical emotional andstylish atmosphere to leave the vestiges of the 17th century. Emotional some buildings and streets, canals, open space will feelthe intimacy to us. For the first time visited theAmsterdam I felt a sense of intimacy and comfort.


 アムステルダムアムステルダムは13世紀に漁村として開かれ、アムステル川をダムでせき止めたことが町の名前の由来となっています。北海へと開口することになり、ゾイデル海の一番奥にあるアムステルダムが海陸の接点として注目されることとなりました。 自由都市となり、14世紀にはハンザ同盟との貿易により発展し、バルト海交易の中心地となりました。



a0113718_09230919.jpg


 16世紀には当時ネーデルラント17州を支配していたスペイン王フェリペ2世対する反乱が起こり、八十年戦争へ発展ました。アントウェルペンがスペインに降伏すると、アントウェルペンの新教徒商人がアムステルダムへと続々と移住し、地中海交易や新大陸、アジアからの交易をも手に入れ、アムステルダムは世界商業・金融の中心地となっていきました。独立を獲得したオランダ共和国はその宗教的寛容さで知られ、スペインやポルトガルからユダヤ人が、アントウェルペンから豪商が、フランスからユグノーが安住の地を求めてアムステルダムにやって来ました。


 17世紀初頭、アムステルダムは世界で最も裕福な都市で、アムステルダムの商人は船団をアジアへと派遣し、船団はジャワ島から東方の物産を積んで帰国しまくた。東方貿易の独占権を持ったオランダ東インド会社が設立され、アムステルダムの港を発する商船は、北アメリカ大陸やアフリカ大陸を始め、インドネシアやブラジルなども含めた広大な交易網を築きました。アムステルダムは欧州で世界を牽引する最も重要な交易市場となり、世界初の常設取引所としてアムステルダム証券取引所が設けられました。へーレン運河、プリンセン運河、ケイザー運河といった運河が同心円状に建設され、アムステルダムの運河網が形を整えていったのもこの時代です。 


 オランダはこの時代世界でもっとも出版の自由や言論の自由、思想の自由が保障されている国であり、宗教的にも寛容であったため、ヨーロッパ各国から文化人が亡命し、オランダ、特に最大都市であるアムステルダムに居を構えました。アムステルダムは文化の中心とりました。


a0113718_09221590.jpg


 多くの名所やミュージアムが約1609m平方内に存在するのもこの町の魅力です。アムステルダムはミュージアム密度世界一を誇るミュージアムの宝庫で、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、アンネ・フランクの家、エルミタージュ美術館など文化的名所がたくさんあります。アムステルダムにはダム広場の王宮、アムステルダム博物館、アルティス動物園、ユダヤ歴史資料館、レンブラントの家などの名所があります。歴史ある運河地区はユネスコ世界遺産に認定されました。


 アムステルダムの街は、ステルダム中央駅を中心に5本の運河により扇の形に発展しています。一番内側シンゲルの内側には、ダム広場、ムント広場、などがあります。



a0113718_09200763.jpg

 ダム広場は、オランダの首都アムステルダムの中心部にある広場で、アムステル川をせき止める堰(ダム)のあった場所です。「アムステルダム」の市名の語源であり、ダム広場はアムステルダムの旧市街の中心地です。広場は南北約100m、東西約200mの長方形で、広場から北へダムラック通り、南へローキン通りが伸びています。これらはアムステル川の旧河道を埋め立てたものです。正面には「王宮」があります、これはもともと市役所として建てられたものである。この右には戴冠式が行われた「新教会」があります。ダム広場を囲むように、「戦没者慰霊塔」、「マダム・タッソーの蝋人形館」、そしていくつかのデパート等が建ち並んでいます これらの道路によって広場は東西2つの部分に分けられる。そのうち東側に第二次世界大戦戦没者記念塔、広場の西よりからは北へニューヴェンダイク通り、南へカルファー通り(が伸びています。これらはもともとアムステル川左岸の自然堤防上の道路であり、いずれも歩行者専用で道路沿いは商店街となっています。


 DamSquare, or simply the Dam (Dutch: de Dam), is a town square in Amsterdam, thecapital of the Netherlands. Its notable buildings and frequent events make itone of the most well-known and important locations in the city.


 ダム広場の近くには東京駅・丸の内駅舎のモデルともなったムステルダム中央駅があります。ネオルネッサンス様式の重厚な赤レンガ造りの建物は。アムステルダムのシンボルのひとつです



a0113718_09205319.jpg



 Nearthe Dam Square there is Amsterdam Central Station.  Of thebuilding of the massive red brick neo-Renaissance style, Amsterdam CentralStation is one of symbol of this town.


 マヘレの跳ね橋は、アムステル川に架かる跳ね橋で、1671年に造られ、アムステルダムで唯一の木造の跳ね橋です、橋は不定期に開閉し、夜にはライトアップされます。


TheMagere Brug is a bridge over the river Amstel in the city centre of Amsterdam.It connects the banks of the river at Church Street, between Emperors' Canaland Princes' Canal.


 「世界一美しい春の庭園」と言われるキューケンホフ公園は世界的に知られる春の庭園として知られ、32ヘクタールの園内では、チューリップ、スイセン、ヒヤシンスなど700万株以上の花々咲き乱れ、その色と香りを競っています。屋内展示場であるパビリオンでは、切り花や鉢植え、フラワーアレンジメントなどの展示イベントを随時開催しています。毎年2か月間だけ楽しめる特別な春の庭園で、32ヘクタールの敷地には、チューリップをはじめ、水仙やヒヤシンスなど、その数700万株の球根花が咲き乱れています。キューケンホフ公園の由来は、ヤコバ・ファン・バイエルン伯爵夫人の所有地で、狩りや、野菜やハーブの栽培が行われて、キッチンに提供されていたと言われています。


a0113718_09212198.jpg


Keukenhofis het mooiste lentepark ter wereld! Ruim zeven miljoen tulpen, narcissen enhyacinten zorgen acht weken lang voor 32 hectare aan geur en kleur. Het parkbiedt daarnaast ook dertig wekelijks wisselende bloemenshows, zeven.






When you click the following characters you can see the photo gallery.
下記の文字をクリックすると写真ギラリーを見ることができます。








このブログをご覧になった方は下のマークをクリックしていただくよう、お願いします。

If you saw this blog please have clicked the mark of the above.




[PR]
by desire_san | 2016-07-08 12:27 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/22975338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by desire_san