ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

フェルメールが愛した「オランダの真珠」と呼ばれるデルフトの美しい街並み

デルフト

Delft

a0113718_08405971.jpg


 デルフトは、デン・ハーグ市街地の南に隣接していてデン・ハーグから電車で10分も行くとこの街に着はきます。デン・ハーグと一体となって広域市街を形成しています。オランダの古都であり著明な観光地ですが、デルフト工科大学を擁しているため、学生の街でもあります。





Delftis a city and a municipality in the Netherlands. It is located in the provinceof South Holland, to the north of Rotterdam and south of The Hague. Delft is knownfor its historic town centre with canals, Delft Blue pottery, the DelftUniversity of Technology, painter Johannes Vermeer and scientist Antony vanLeeuwenhoek, and its association with the royal House of Orange-Nassau.



a0113718_08435561.jpg



 フェルメールが生まれ育ったこの街には世界中からフェルメールのファンが訪れます。あの絵と同じ風景を、この目で見てみたい。恐らくは、雨上がりの朝、7時ちょっと過ぎ、世界中のフェルメール・ファンは、ここに佇むことを願っているのでしょう。



a0113718_08501933.jpg



 フェルメールが『デルフトの眺望』を描いた場所は駅の東口からちょっと南に下がったところで、駅から歩いて5分ほどのところです。スヒー川が流れています。これは運河で、この川がちょうど90度曲がっているその南岸。そこから川越しに町を見て描いたようです。フェルメールお気に入りの場所だったようです。写真は私がそこで撮った写真です。フェルメールが描いた『デルフトの眺望』とかなり違うのは、400年の時が過ぎたことと、フェルメールの『デルフトの眺望』は画面構成のため建物の位置をフェルメールがかなり動かしているためです。


フェルメールの『デルフトの眺望』

未字を区立まするとリンクして。画像と説明を見ることができます。


Thepainter Johannes Vermeer (1632–1675) was born in Delft. Vermeer used Delftstreets and home interiors as the subject or background of his paintings.Several other famous painters lived and worked in Delft at that time, such asPieter de Hoogh, Carel Fabritius, Nicolaes Maes, Gerard Houckgeest and HendrickCornelisz. van Vliet. They all were members of the Delft School. The DelftSchool is known for its images of domestic life, views of households, churchinteriors, courtyards, squares and the streets of Delft. The painters alsoproduced pictures showing historic events, flower paintings, portraits forpatrons and the court, and decorative pieces of art.


a0113718_08565064.jpg


 画家フェルメールは生涯のほとんどをデルフトで過ごしました。謎の多いフェルメールですが、生涯過ごしたデルフトの街には、画家の足跡が数多く残っています。フェルメールの墓は市内の旧教会にある。印象的な青はウルトラマリンで彩色された『真珠の耳飾りの少女』のターバンの色は、フェルメール・ブルーとして有名ですが。この色もこのデルフトで生まれました。





Delftis one of the oldest Dutch cities. The old town contains several monuments thatbear witness to its past as a thriving commercial city in the Golden Age.Despite a serious town fire in the 16th century and a devastating explosion ofweapons magazine in the 17th century, which spared only a few buildings, Delfthas a well-preserved, crossed by canals historic townscape which is dominatedby Brabant Gothic and mansions of the Renaissance and the has preserved thetypical character of the old Dutch cities. After Amsterdam, Delft has becomethe most popular tourist destinations in the Netherlands and received each yeararound one million visitors.



a0113718_10485631.jpg


 デルフトは、運河と石畳のひっそりとした小さな街です。運河が古い街並みを映しています。駅から10分ほどで新教会と市庁舎が向かい合っている大きな広場、マルクト広場に到着します。マルクト広場に建つ市庁舎は14世紀の建物、新教会はゴシック様式の建物です。鐘楼は高さ高さ約109m、379段の階段を上るとデルフトの街が一望できます。




 マルクト広場から旧教会までは運河沿いを歩きます。新教会の裏側を流れる運河を歩いて東門に向かいます。東門付近には運河と古い建物が織りなす美しいに出会う子ができます。


a0113718_10551820.jpg

 旧教会は13世紀から15世紀にかけて建てられた教会で、運河沿いに眺める旧教会の姿はデルフトでも最も美しい風景の一つです。内部にはフェルメールの墓もあり、ステンドクラスが美しい教会です。


 デルフトは、フェルメールの他に、ピーテル・デ・ホーホやカレル・ファブリティウス、ニコラース・マースなどもデルフトに住み、デルフトで創作活動をしました。また東インド会社の拠点ともなった街でもあります。





 デルフトの歴史は12世紀頃から始まりましたa0113718_10570794.jpg1572年には、八十年戦争の主導者であったオラニエ公ウィレム1世がデルフトに居を構ええました。デルフト旧市街のマルクト広場にある新教会には、ウィレム1世の子孫である現オランダ王室の代々のメンバーも眠っています。17世紀中頃には、弾薬庫の火薬が代爆発を起こし、デルフト市街の4分の1が破壊さました。死者100人以上、数千人が負傷する大惨事でした。



HistoryDelft is known especially by William of Orange, who from 1572 moved hisresidence in the fortified town, where he was assassinated in 1584. He isburied in the Nieuwe Kerk; in the crypt of the church members of the royalfamily are buried since then. Delft therefore leads the nickname Prinsenstad.


a0113718_10444324.jpg

TheDelft Explosion, also known in history as the Delft Thunderclap, occurred on 12October 1654 when a gunpowder store exploded, destroying much of the city. Overa hundred people were killed and thousands were wounded.









下記の文字をクリックすると写真ギラリーを見ることができます。
デルフト 写真ギャラリー










このブログを見た方は下記のマークをクリックしていただくよう、お願いします。






[PR]
by desire_san | 2016-08-27 09:08 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/23169546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jelize-rose at 2016-09-17 01:49
トラックバックをいただきましてありがとうございました。
とても素敵な街ですね。機会を作っていつか行きたいと思います。フェルメールの映画をKLMのフライトの時に観たのでとても興味深く記事を読ませていただきました。
Commented by desire_san at 2016-09-18 19:12
jelize-roseさん、ご丁寧にありがとうございます。
フェルメールが生涯この町を離れなかった理由が。この町を歩いてみるとわかるような気がしました。

by desire_san