ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

ルーベンスの故郷、ヨーロッパ第2の港、ダイヤモンドの街アントワープ

アントウェルペン

Antwerp

a0113718_16522097.jpg

 アントウェルペンは、ヨーロッパ第2の港を持ち、賑やかで活気溢れる総人口は約50万人。面積は204.51 km²のベルギー第2の大都市です。アントウェルペンは、画家ルーベンスの故郷、ダイヤモンドの街、クリエイターの街など、さまざまな顔を持ち、世界中から多種多様の目的の人々がアントウェルペンを訪れてきます。 アントウェルペンの街はどこを歩いても、中世の時代から続く長い歴史と、格調ある伝統を感じさせる美しさがあります。英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルスと呼ばれることもあり、アントウェルペン市内には、3件の世界遺産が登録されています。アントウェルペンにはアントウェルペン王立芸術学院があり、優れたファッション・デザイナーを輩出して、国際的に活躍しています。ワーグナーのオペラ『ローエングリン』は、10世紀のアントウェルペンを舞台としています。





Antwerpis a city in Belgium, the capital of Antwerp province in the region ofFlanders. Antwerp is the most populous city proper in Belgium. Antwerpis on the River Scheldt, linked to the North Sea by the Westerschelde estuary.The Port of Antwerp is one of the biggest in the world, ranking second inEurope.Antwerp has long been an important city both economically andculturally.

.Antwerphosted the 1920 Summer Olympics.



a0113718_16533654.jpg 聖母大聖堂(ノートルダム大寺院)は、高さ123mの優美な鐘楼から毎時美しい鐘の音色を響かせるアントウェルペンの街の象徴的存在の大聖堂です。 白を基調とした女性的な美しさの聖堂内には、「フランダースの犬」の少年ネロが憧れてやまなかったバロックの巨匠ルーベンスの祭壇画が複数奉られています。中でも中央祭壇に掲げられた「聖母被昇天」と、左右の翼廊に飾られた「キリストの昇架」「キリストの降架」の連作は、バロックの巨匠ルーベンス独特のダイナミックな構図に描かれた聖書の物語の一場面を静謐で厳かな気持ちで感ずることができます。



ノートルダム大聖堂(アントウェルペン)

文字をクリッマすると、画像と詳しい説明を見ることができます。


Cathedralof Our Lady. This church was begun in the 14th century and finished in 1518.The church has four works by Rubens, viz. "The Descent from theCross", "The Elevation of the Cross", "The Resurrection ofChrist" and "The Assumption"St. James' Church, is more ornatethan the cathedral. It contains the tomb of RubensThe Church of St. Paul has abeautiful baroque interior.


聖母大聖堂の足元に広がるマルクト広場に面して建つアントワープの市役所は、16世紀当時のネーデルラント地方では珍しいルネッサンス様式で、左右対称の均衡美の堂々とした雰囲気に建設され、現役も市役所として機能しています。ノートルダム大聖堂と市庁舎は、ベルギーとフランスの鐘楼群の一部とし、またギエット邸はル・コルビュジエの建築群として、世界遺産に登録されています。



a0113718_16561621.jpg



 市庁舎とギルドハウスに周囲を囲まれた美しい広場の中心には、ベルギーでは誰もが知っている英雄ブラヴォーがスヘルデ川沿いに住む巨人アンティゴーンを退治した場面をモチーフにした噴水が建っています。「グルン広場」は聖母大聖堂の南側に位置する広場で、、13世紀以来商業活動の中心地として賑わい、現在でもカフェやレストランが周辺に広がり、アントワープの中心となっています。大通り側には巨匠ルーベンスの銅像が建っています。


a0113718_17041433.jpg


MuseumVleeshuis is a fine Gothic brick-built building sited a short distance to theNorth-West of the Grote Markt. Originally used as a home for the Butchers Guildthese days it holds a musical instrument collection (including some originalRuckers harpsichords) and is home to occasional concerts.



a0113718_16595396.jpg



a0113718_17010647.jpg

 ベルギーが誇るバロック絵画の巨匠ペーテル・パウル・ルーベンスが、1610年頃から1640年に亡くなるまでの約30年間を過ごした自宅とアトリエが、現在美術館として公開されています。館内はルーベンスと同時代の家具や調度品で飾られ、芸術家として最高の栄誉を得ながら外交官としても活躍したルーベンスの華やかな暮らしぶりを知ることができます。 
ルーベンスの自画像をはじめとする
10点の絵画作品も展示されています。


AntwerpCity Hall dates from 1565, and is a Belfry in Renaissance style CentralStation is a railway station designed by Louis Delacenserie that was completedin 1905. It has two monumental neo-baroque façades, a large metal and glassdome and a gilt and marble interior.


a0113718_17021372.jpg

 ベルギー国鉄のアントウェルペン中央駅は、宮殿かと思うばかりの豪華な建物で。20世紀の初頭にネオ・バロック様式で建設されました。その見事な景観から「鉄道の大聖堂」とも呼ばれ、重厚な石造りのターミナルと鉄とガラスを用いた巨大なドームが美しく調和しています。




 王立美術館は、14世紀以降のフランドル絵画を中心にもヤン・ファン・エイクやハンス・メムリンク、ブリューゲル、ルーベンスのコレクションが充実していることで知られ、特にジャン・フーケの『ムランの聖母子像』とルーベンスの『東方三博士の礼拝』が有名だそうですが、残念ながら時間がなくて行くことができませんでした。



 アントウェルペンは、15世紀来、ダイヤモンド産業の中心地で、中央駅付近のダイヤモンド専用の取引場や関連会社のオフィスが集中する「ダイヤモンド街」に建つこの州立ダイヤモンド博物館は、世界最大規模のダイヤモンドに特化した専門博物館だそうです。熟練の研磨職人による加工の実演や、貴重なジュエリーコレクションをもることができます。



a0113718_17055547.jpg プランタン モレトゥス印刷博物館は、16世紀半ばにクリストフ・プランタンが開き、世界で初めて産業印刷が行われた工房が印刷博物館として2005年に単独の博物館として初めてユネスコの世界遺産に登録されています。(博物館群としては1999年に「ベルリンの博物館島」が先んじています。)館内には、印刷以前の写本や古い書籍、そして実際に使われた手動の印刷機がずらりと並び、印刷の歴史や書物が製本になるまでの行程を学ぶことができます。また、展示物だけではなく、庭園を含む建物そのものも必見なので、バロックの巨匠ルーベンスやブリューゲルらとも親交があった工房当主の見事な邸宅や室内装飾見事です。所蔵されている文字資料は世界の記憶に登録されています。



Plantin-MoretusMuseum preserves the house of the printer Christoffel Plantijn and hissuccessor Jan Moretus.The Saint-Boniface Church is an Anglican church andheadseat of the archdeanery North-West Europe.



ステーン城は、巨人アンティゴーンが住んでいたというスヘルデ川の岸辺に建つ中世の要塞で、13世紀に石造の要塞に改築された際、アントウェルペン初の石造建造物だったことから「steen(石)」の城と呼ばれるようになり、最も古い歴史的建造物のひとつとしてアントウェルペンの街の人の誇りとなっています。



a0113718_17065929.jpg


AlthoughAntwerp was formerly a fortified city, hardly anything remains of the formerenceinte, only some remains of the city wall can be seen near the Vleeshuismuseum at the corner of Bloedberg and Burchtgracht. A replica of a castle namedSteen has been partly rebuilt near the Scheldt-quais in the 19th century.




a0113718_16581956.jpg













このブログを見た方は下記のマークをクリックしていただくよう、お願いします。





[PR]
by desire_san | 2016-09-16 12:30 | オランダ・ベルギー・ルクセンフセルグ | Trackback(2) | Comments(3)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/23216871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-09-15 17:30
タイトル : ルーベンスの宗教画の傑作 4 点を保有する聖母マリアに捧..
ノートルダム大聖堂(アントウェルペン)TheCathedral of Our Lady  アントウェルペンの青の広場の中央に立つルーベンスの像を目にすると、この町は「ルーベンスの故郷」であることを実感します。像の向こうにバシリカ様式の古い教会堂が見えてきます。その堂内に収められている二点の三連祭壇画がルーベンスの像をこの場所に建立させたのだと考えたほうが適切なのかもしれません。とにかくその像は故郷の町に建つフランドルの類まれな風格を備えたルーベンスなのです。... more
Tracked from dezire_photo.. at 2016-09-15 17:30
タイトル : ルーベンスが描いたノートルダム大聖堂が誇るキリスト教絵画..
ルーベンス『キリスト降架』と『キリスト昇架』"The Descent from the Cross"&"TheElevation of the Cross"  アントウェルペンのノートルダム大聖堂には、ルーベンス「キリスト降架」と「キリスト昇架」という美術史上に燦然と輝く宗教絵画の2点の傑作が展示されています。「キリスト昇架」と「キリスト降架」適当に離して展示してあります。一方の位置から他方を眺めると、それぞれの違いがはっきりします。それぞれの主調をつかむことができますこのように並べることで...... more
Commented by rollingwest at 2016-09-16 05:44
各国の旗が華やかにたなびきクラッシックで芸術的な建物!さすがヨーロッパという風景ですね!
Commented by jelize-rose at 2016-09-27 01:47
トラックバックありがとうございました。
アントワープの大聖堂は、有名なルーベンスの絵画やその教会の規模もですが、床と前方の椅子、プライベート空間もとても興味深いです。住んでる所からほど近いので時々遊びに行く大好きな街の一つで嬉しくなりました。
Commented by desire_san at 2016-09-27 08:46
jelize-roseさん、コメントありがとうございます。
アントワープのお近くにおすみになっているのですね。すばらいしことですね。アントワープの大聖堂はルーベンスの名画が4つもふり。一日中いたくなるような最高に素晴らしいくうかんでした。、

by desire_san