dezire_photo & art

desireart.exblog.jp ブログトップ

2018年春の連ドラ、俳優の演技と内容から選んだベスト5

2018年の春の連ドラ「ベスト5」


2018年、4月から始った連ドラを数回ですが、一通り見て、脚本の面白さ、主役級の俳優の演技などから、ベスト5を選んでみました。



ドラマの題名をクリックすると、ドラマのホームページにリンクして、詳しい内容を見ることができます。

 





モンテクリスト伯・華麗なる復讐

 アレクサンドル・デュマの名作『モンテクリスト伯』を原作とし、現代の日本に移して物語が展開する。初めて難しい主役を演ずるディーン・フジオカは、アジアで活躍していた俳優らしく、厳しい主役の演技を熱演していて、見ごたえがありました。モンテクリスト伯に生まれ変わったディーン・フジオカは、貴族の気品と風格があり、非常に魅力的で、今後が益々楽しみです。







シグナル

 出演  坂口健太郎主演 北村一輝、吉瀬美智子ドラマ「シグナル」は、韓国の人気ドラマ の日本版リメイクです。オリジナルの韓国ドラマ「シグナル」は、  【演出】キム・ウォンソク   【脚本】キム・ウニ  【出演】イ・ジェフン、キム・ヘス、 チョ・ジヌン

さすが韓国の人気ドラマで、脚本が非常に優れていて面白いと思いました。韓国のオリジナル版には、さすがに及びませんが、坂口健太郎と北村一輝の熱演は好感が持てました。吉瀬美智子の存在感が弱いのが気になりますが、韓国のオリジナル版と比べるのは気の毒かもしれませんが、毎回見ていて充分楽しめるドラマといえると思います。





 2006年から2017年までテレビ朝日系の「水曜21時」枠(水曜 21:00 - 21:54)で放送された人気刑事ドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係』の主役、 渡瀬恒彦が亡くなったため、この時間帯に 渡瀬恒彦にかわり、 寺尾聰が入り、主役、 井ノ原快彦で、他は『警視庁捜査一課9係』メンバーで、新シリーズ『特捜9』が始まりました。主役の井ノ原は長期間このドラマで演技に厳しい渡瀬恒彦にきたえられただけあって、俳優として成長が著しく、主役らしい演技を見せていた。吹越満ら演技派の脇役陣も、演技を適度に抑えて、主役の井ノ原を支え、まとまりの良いドラマに仕上がっています。







 阿川佐和子による小説『正義のセ』のドラマ化。生真面目で理不尽なことが許せない性格で、何事にも一生懸命に取り組むが融通が利かない世間知らずなヒロイン凜々子を吉高由里子が演じています。 久しぶりのひとり主役の吉高由里子が、今まで出演したドラマとは全く違う役を見事に演じていました。眼に涙を浮かべて、正義感を訴える場面は秀逸です。凜々子の検察事務官役の安田顕の好演も、吉高由里子上手にフォローして、彼女の演技を引き立ています。最近多い若い女優を主演としたドラマとは、格の違いを感じました。






 1992年度第38回小学館漫画賞青年一般部門受賞作品『宮本から君へ』のドラマ化。 演技力に定評のある池松壮亮が、社会の理不尽の中で変化していく青年をどう演ずるか、池松壮亮の演技に期待していましたが、池松壮亮はどこにでもいる普通の青年を魅力的に演じていました。宮本が恋心を持っている甲田美沙子が、恋人に振られて宮本に慰めてもらいに来たとは、自分は降られた恋人の代わりではないと、真冬の海に飛び込んで自分を主張する場面は秀逸。

天才を主役にしたドラマが多い中で、池松壮亮は、どこにでもいる普通の青年を魅力的に演じられる希に見る演技力のある俳優であると改めて感じました。






次点

 直木賞作家・山本文緒による長編小説『あなたには帰る家がある』のドラマ化作品。 中谷美紀。木村多江の演技派女優陣に、玉木宏、ユースケ・サンタマリア が挑形の様だが、現在の所、いまひとつ中谷美紀。木村多江の演技が単調で、演技力が生きていないように感ずる。今後の展開に期待したい。






その他

 視聴率トップのTBS日曜9時の『ブラックペアン』は、ドラマ設定に無理がある。似たような設定でスーパードクターが活躍する例では、毎回高視聴率を維持している『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』があるが、大門未知子は、「組織に縛られず自由に生きる」という人生観は一理あり、米倉涼子の演技は、大門未知子のキャラクターに説得力があり共感が持てる。それに対して、『ブラックペアン』の二宮和也演ずる「オペ室の悪魔」と呼ばれる天才外科医・渡海征司郎は、今まで見る限りでは、人間味や人間的魅力が感じられない。主役がひとりだげやたらにカッコいい?キムタクドラマを見ているような感じがしました。



 「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」は、『花より男子』の上流階級の御曹司約が、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力と演技のできる俳優が揃っていたのに対して、今回は、期待の男性アイドルグループ「King & Prince」平野紫耀はさすがにイケメンだが、コレクト5はみんな、演技は素人ばかりで、杉咲花だけが空回り。申し訳ないが ”学芸会”を見せられているようでした。






このブログを見た方は、下のマークをクリックお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村 クラシックブログへ




[PR]
by desire_san | 2018-04-25 13:03 | 写真 & トピツク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/238498049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

心に残った自然とアート   


by desire_san
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite