ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ツアー旅行では行けない心安らぐローマの素敵な観光スポット

永遠の都・ローマ街歩

WalkingRoman street in eternal city

a0113718_18325461.jpg



 永遠の都・ローマは、歴史の絵巻であり、賞賛されるに値する見逃すことのできない美しい宝物でした。 ローマの街は、西洋の街並みのモデルとなり、何世紀にもわたって都市文化の根拠を見ることができました。ローマの街通りは、私が想像していた以上に都市の真実を表しているように感じました。多様な観光案内や文学と非常に豊富な画像を通して、多くローマに関する本のが、主要な文化の発展を明確に教えてくれましたが、現在の都市の問題と矛盾を理解するためにも、ヨーロッパの歴史に最も深く関わってきた街・ローマは、美術、建築、西洋の文化史などあらゆる文化に興味を持っている私には刺激的な魅力ある街でした。






最初の写真は、ヴェネツィア広場とカピトリーノの丘の間に建設されたヴィットーリオ、国父の祭壇と呼ばれるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。建築家ジュゼッペ・サッコーニにより設計されたネオクラシック様式の建値ので、無名戦士の墓も兼ねています。祖国愛の勝利と労働の勝利を称えたローマの記念碑的な建物のひとつです。




a0113718_18365577.jpg




 ローマには、サン・ピエトロ広場、スペイン広場、ヴェネツィア広場、ナヴォーナ広場、ポポロ広場などたくさんの広場があり、様々な時代の寺院があります。ローマのバチカン美術館から 1 ブロック、サン ピエトロ大聖堂から 2 ブロック目のところには、カトリック教会の本拠地であるローマでは珍しい聖カタリナロシア正教会があります。


 

a0113718_18375064.jpg




 ローマは観光名所が限りなくありますが、ツアー旅行では絶対行けない、私の好きな心安らぐローマの素敵な観光スポットの旅行記書いてみました。





サントルソ教会


a0113718_18452901.jpg


 ローマには、市内のたくさんの教会や修道院から多くの砦とヴァッレ・ダオスタ州の城など見どころがたくさんありました。 サントルソ教会は、12世紀の特別な歴史的ロマネスク様式の修道院は、旧新約聖書と福音からの場面を描いた美しい彫刻が施された複合的建物で、外の中庭には、自然の伝説雄大なドルソライムツリーが1530年の周りに聖なるによって植えられ、国の記念碑となりました。




a0113718_18473407.jpg




アクイロ・サンタ・マリア教会

 パンテオンから、北東に3分歩とアクイロ・サンタ・マリア教会に着きました。ファサードや外壁は美しくすてきな雰囲気でした。 教会の前の広場も美しく、小さなカプラニカ広場に面してマリア教会が美しい外観を保っていました。ファサードはバロック様式簡素で心休まる場所でした。




a0113718_18391222.jpg





ミルヴィオ橋

 ミルヴィオ橋は、ローマ、ParioliTor diQuinto地区とVigna Clara地区を横断する橋です。1943年に崩壊し、すでに建設された構造物が戦争により損傷を受け、1947年にのみ再開し、1951年に完成しました。ポポロ広場から北にのびるフラミニア街道をまっすぐ北に進み、イタリアで3番目の長さを誇るローマを流れるテヴェレ川を渡るところに、ミルヴィオ橋がありました。ミルヴィオ橋、文学で最もロマンチックな場所で、は常に常緑の永遠の場所のロマンスは残っていました。ここ数十年愛の物語で有名になったミルヴィオ橋は、多くのイタリアの若者を始め、多様な人々を引き付けることができる街で最も象徴的な場所の一つででることは、ここに来るとよくわかります。すでにユークリッド広場、ヴィラ・マンゾーニとミルヴィオ橋の住居を建設し始めていたアルマンド・ブラジーニがデザインするために呼ばれ、ローマの勝利のアーチを模倣した巨大な記念碑的なアーチが作られたそうです。この近くの街には、おいしい店やお菓子のお店がたくさんありまとした。



a0113718_18404607.jpg





ヴィラデステネ

 ローマの東30kmにあるティボリには、ローマテルミニ駅からティボリ駅まで電車で1時間乗ってティボリ駅に行き、駅からからティボリのヴィラデステネまでは歩いて20分ほどで着くことができました。世界遺産に登録されているエステ家別荘であるティボリのヴィラデステネは16世紀半ばにフェラーラのエステ家出身である当時の枢機卿イッポリートの邸宅で、山の斜面の傾斜を利用したイタリア式庭園があり、美しい庭、泉、噴水が静かな山の麓に広がっていました世界のどこでも見たことのないような庭園、噴水は美しい素晴らしい庭の景観は、どこに視線を向けても、目を奪われてしまう、まさにイタリアのルネッサンス時代の傑作でした。




a0113718_18415781.jpg






このブログを見た方は、下のマークをクリックお願いいたします。



by desire_san | 2018-12-21 23:07 | イタリア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/238903338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2018-12-21 21:53
長い間お付き合いありがとうございました。いつまでもお元気で・・。Goodbye so long
Commented by desire_san at 2018-12-22 14:00
rollingwestさん  いつも私のブログを見て頂いてありがとうございます。


rollingwestさんのブログの更新も楽しみにしております。


今後とも末永くよろしくお願いいたします。

Commented by rollingwest at 2018-12-23 06:32
ブログメイトの方で半年近くお返事がなくなっている方は「縁がなくなってしまったのだろうか?」と思ってしまい、そのままのお別れになるのも失礼なので毎年12月下旬に該当者様にお礼を兼ねて最後の挨拶をさせて頂きました。年末はブログ1年間のお気に入り登録者の整理・確認をする必要もあるので、師走時の恒例習慣となっております。お返事が返ってきたので安心しました。また相互交流頂ければ幸いです。来年もまたよろしくお願いいたします。
Commented by desire_san at 2018-12-23 14:03
rollingwestさん  しばらくご連絡をきしあげず大変失礼いたしました。

先月から入退院を繰り返していて、コメント頂いていましたのにご連絡できなくて申し訳ございませんでした。

おかげさまで少しずつ体調不良も改善しております。

来年もよろしくお願い致します。

Commented by rollingwest at 2018-12-24 16:17
何とそうでしたか!大変でしたね。こちらこそ失礼なコメントを入れて恥じております。また来年もよろしくお願いします。お体ご自愛ください。
Commented by dd907 at 2018-12-25 17:17
メリークリスマス、desireさん。今年もありがとうございました。トルコドラマは如何だったでしょうか?と感想をお尋ねしようと思いましたが、体調を崩されたとの事。どちらが不調なのか心配です。ご無理なさらずお大事にして下さい。早く回復することを祈っています。