ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ヴェルディが最後に世界に残したオペラプッファの傑作

ヴェルディ『ファルスタッフ』

GiuseppeVerdi ”Falstaff”




『ファルスタッフ』は、多数の傑作オペラを作曲したヴェルディの最後のオペラです。今まで手がけたことのないオペラブッファであり、シェークスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』と『ヘンリー四世』」を下敷きにした台本草案に基づいています。80歳のヴェルディが最後制作したオペラブッファで、ドタバタ喜劇のようありながら、悟りの世界に誘われるような清澄なコメディーに仕上がっています。





Falstaff is a comic opera in three acts by the Italian composer Giuseppe Verdi. The libretto was adapted by Arrigo Boito from Shakespeare's The Merry Wives of Windsor and scenes from Henry IV, parts 1 and 2. The work premiered on 9 February 1893 at La Scala, Milan.Verdi wrote Falstaff, which was the last of his 28 operas, as he was approaching the age of 80.




伝統的なオペラプッファには興味を示さず、ヴェルディにとって舞台作品の理想であったシェークスピアの『マクベス』『オテロ』を始め、沢山に優れた人間の悲劇に生涯取り組んできたオペラの巨人ヴェルディは、作曲を通じて感情移入ししながら人生を問い続け、人間の性格をオペラに映し続けました。人間の真実を表現しようとするヴェルディにとっては、『マクベス』や『オテロ』の中にみられる人間がもつ強さと弱さのアンバランスに共感したのだと思います。それまでの『マクベス』『オテロ』といったシェークスピアの作品は力のこもったヴェルディ・オペラという感じでしたが、この作品は、今までと違ってシェークスピアの匂いを強く感ずる作品でした。




a0113718_16122306.jpg



ヴェルディは、老境に立って人間の普遍的な喜劇性が見えるようになり、技法の円熟とともにそれが表現できるようになって到達した境地と言えます。『ファルスタッフ』の特徴は、主役が放蕩の指南役だった今は時代錯誤の孤独な老人ということで、音楽は韻文で書かれ台本に相応しく上品で美しいですが、華やかで美しいアリアはあまりありません。しかし、言葉と結びついた音楽が延々と続き、今までオペラブッファとは一味違う輝かさがあるのです。第一幕、第2幕は九重唱の合唱で盛り上がり、最後の第3幕は、ロマン主義時代のオペラを厳格なフーガしかも、喜劇調のファルスタッフの音頭でリズムカルなフーガという意外性は心憎いと感ずるほど見事です。「世の中はすべて冗談、人はふざけるために生まれた。誠実もあやふや、理性だってあやふや」ファルスタッフの台詞を次々と受け継ぎ、十人のソロと混声合唱見事なフーガで締め括ります。「世の中総て冗談」と言って去っていく姿は、ヴェルディの数多くのシェークスピア作品の中でも人間の生術と人生の悟りを感じさせます。




a0113718_16132330.jpg



当然オペラ『ファルスタッフ』の舞台は、タイトルロールを誰が演ずるかで全く違った舞台になることは容易に予測できますので、魅力のあるバリトン歌手の舞台を選んで観賞してきました。



最初に観た新国立劇場の舞台のタイトルロールは1970年以降で最も魅力のあるバリトン歌手といわれていたウィーン生まれのドイツ人・バリトン歌手・ベルント・ヴァイクルでした。ヴァイクルは元々ワーグナーを得意とする人で、高域に伸びのある明るく柔らかい歌声が魅力でした。



a0113718_16071364.jpg



それから2年ぶりに、サントリーホールで聴いた『ファルスタッフ』は、イタリアのバリトン歌手で、彫りの深いノーブルな声と歌い崩しのない折り目正しい歌唱で最も正統的なヴェルディ・バリトンと言われたレナート・ブルゾン。オーケストラを舞台に上げたことによりオーケストラの音楽が前面に出てきていると感ずる部分もありましたが、ブルゾンはヴァイクルのような華やかさはありませんでしたが感情や内面的な表現力に魅力がありました。オペラの役作りに対する考え方が違うのではないかと思いました。ホールオペラという形式にも関わらず、今回のブルゾンの舞台の方が、新国立劇場のヴァイクルの舞台よりが演劇的な雰囲気、シェークスピアの匂いを強く感じました。この作品の最大の聴き所は主要人物9人によるデュエットですが、自分を励ますように歌うファルスタッフのアリアが私の心に強く残り、私自身も大いに励まされました。これもブルゾンの表現力に負うところが大きいと思いますが、ヴェルディの総決算のオペラだけあって観賞するたびに新しい発見のある奥の深い作品だということかもしれません。とにかく『ファルスタッフ』というオペラが好きになりました。



a0113718_16052333.jpg



そして今回再び、ブラジル、サンパウロ市生まれのより若い世代のバリトン歌手・ロベルト・デ・カンディアで『ファルスタッフ』で鑑賞してきました。ガンディアは、リハリの良い巧みな無頼な表現力や語り口もよく、声は少し軽めでしたがよく響き歌は上手で、1幕と3幕のアリアは自然で無理のなく無難に歌言い切りました。リハリの良い巧みな無頼な表現力や語り口、時々見せる威厳、大真面目ゆえのユーモアの表現適切で、シリカルな表現を意識した歌いぶりも良かったと思います。ただ、ブルゾンの感情や内面的な微妙な表現力を味わった体験からすると少し軽い印象を受けました。



それを見越してか、今回の舞では、人気のソプラノ歌手・エヴァ・メイではフォード夫人アリーチェ役で出演していました。容姿と歌に気品あふれるエヴァ・メイの透明感のある歌声はカンディアを引き立てます。容姿とともにとても気品あふれる歌唱でした。



a0113718_16095770.jpg


フォードのマッティア・オリヴィエーリは二枚目で、声が軽くのびやかによく響きました。クイックリー夫人のエンケレイダ・シュコーザは少し細く気品があり、さわやかな歌唱でした。ページ夫人メグの鳥木弥生、バルドルフォの糸賀修平、医師カイウスの青地英幸の日本人歌手も検討していて、軽妙なアンサンブルは輝いていました。三澤洋史の指揮する合唱も、音楽面で難易度の高い曲を見事にまとめていました。



リッツィ指揮する東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も非常に印象的でした。精密・緻密で音色はきれいで、フォルテは弾んでいてメリハリがありました。アンサンブルもとてもよく整理されていて、色彩感豊かな音楽で、難易度のとても高いこの漢学を、自然に美しく響かせていました。



a0113718_16104031.jpg



ジョナサン・ミラーの演出は、シェークスピアが生きた17世紀の生活を人間観察から来るリアルな人間の行動を舞台に乗せて再現することを目標としていたようです。17世紀オランダ絵画風のセットが、室内になり、最後はそこに木が生えて森になるのですが、室内のセットはフェルメール絵画を思わせます。本来英国が舞台のこの作品の舞台をオランダに移したのは、17世紀のオランダはスペインから独立を勝ち取り、市民による共和国を築き、市民を主人公にした絵画が発展しました。17世紀当時の人々の生活を克明に絵画として記録したのは、オランダ人しかいなかったのです。この発想は成功し、フェルメール風の、人々の生活を慣習がのぞき込んでみているような雰囲気は、この舞台には大変効果的でした。

2018年 新国立劇場・オペラパレス)





参考:

高崎 保男 () ヴェルディ全オペラ解説 3

  「シチリアの晩鐘」から「ファルスタッフ」2015

音楽之友社(編)スタンダード・オペラ鑑賞ブック〈2

  イタリア・オペラ〈下〉 音楽之友社 1998





このブログを見た方は、下のマークをクリックお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村 クラシックブログへ





by desire_san | 2019-01-26 16:16 | オペラ | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/238944299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jac_555 at 2019-01-27 16:18 x
「ファルスタッフ」は、シェークスピアの『ヘンリー四世』と『ウィンザーの陽気な女房たち』をもとに、アリゴ・ボイートが台本化を担当しました。ボイートは、自ら「メフィストーフェレ」というオペラも作曲した才人ですが、文筆も腕がたち、ヴェルディの前作「オテロ」(シェークスピアの「オセロ」原作)の台本化もした人物。その台本の出来の良さにヴェルディも手腕を認めていた人です。この作品の筋は、基本『ウィンザーの陽気な女房たち』に依っていますが、ファルスタッフの性格を示すため、第一幕に「名誉だと!泥棒め!」という、アリアを入れて、その性格をくっきりと浮かび上がらせています。これは、『オテロ』での「ヤーゴの信条(クレード)」と同じ効果を持つ心情告白です。しかし、「オテロ」の方の「信条」は、ボイートの創作ですが、「ファルスタッフ」の方は、『ヘンリー四世』の第1部5幕1場からとったもの。原作の台詞も、シェークスピアらしく含蓄に富んでいました。
Commented by Queem_merry at 2019-01-27 16:27 x
ファルスタッフはセリフと音楽、芝居が融合しているので、アリアらしいアリアはなくて、テンポのいい音楽やはり重厚。歌手の声も一流どころが揃って どの人の声もホール全体にとてもよく通っていました。第一幕では時々ロッシーニを思わせるような音楽もありましたが、第二場は緊迫感たっぷりのドタバタは楽しかったです。特に第三幕はヴェルディらしい感じでした。カゴに入れられたファルスタッフを川に放り投げるシーン。アリアっぽいところは第三幕の若い二人が歌う部分でしたが、音楽とともに進んでいきました。音楽が生き生きとしているので、とても短く感じたオペラでした。
Commented by Rappar_tesa at 2019-01-27 16:36 x
ファルスタッフ」はアンサンブル・オペラ、「アンサンブル・オペラ」はモーツアルトの「コジ・ファン・トゥッテ」に代表されるような 二重唱から五重唱、六重唱に至るまでの美しいハーモニーによるアンサンブルを想い起こします しかし「ファルスタッフ」は、第1幕第2場で歌われました。4人の女性のレチタティーボと四重唱で始まり、5人の男性の五重唱、若い二人の二重唱を経て、4人の女性が再度登場し、男性も加わって九重唱に拡大します。 これはまさにアンサンブル・オペラ、モーツアルトのような美しさは感じません。カルロ・リッツィの緻密な指揮で小気味よく進行していき、ファルスタッフ役のバリトンは、まわりの人たちと絶妙に掛け合います。道化のように笑いを誘いますが、そこがこのオペラの喜劇としての最大の特色、おかしさはオーケストレーションの描写の中に潜んでいるのです。オーケストラはけっして歌の伴奏ではなく、すべての音がドラマを形成しているのです。
Commented by snowdrop-nara at 2019-01-29 21:22
東京には個性的なオペラの来日公演も多いですね!
ファルスタッフはヴェルディのなかでは異色な印象がありますが、シェイクスピアの作風が反映しているためでしょうか。

desireさんのおかげでAIの絵画やCDの音楽などについて、思索を深めることができました。
まだ連載途中ですが、いつでもご感想など拝聴できると光栄です。
Commented by desire_san at 2019-01-30 17:11
snowdrop-naraさん  コメントありがとうございます。

ヴェルディは、シェイクスピアを尊敬しており、「マクベス」「オテロ」などシェイクスピアの文学作品を音楽の力で、より輝かしい舞台を創造しようと努めていました。「リア王」や「ベニスの商人」のオペラ化を検討していたようですが,実現せず、最後の作品が、この『ファルスタッフ』となりました。


Commented by doitsuwine at 2019-01-31 12:51
はじめまして。
doitsuwineと申します。
kirafuneさんのブログから入りました。
カテゴリを見ていると、自分のブログのように見えてきます。
この冬はヴェネツィアで美術鑑賞しました。
どちらかというと私は「食」の方に興味があります。
日本はもっぱら京都を愛しています。
Commented by desire_san at 2019-01-31 17:46
doitsuwineさん  私のブログにご訪問ありがとうございます。

私もヴェネツィアをはじめ、イタリアが大好きで,現地地に行かないとみられない美術、芸術を求めて、イタリアに出かけています。
日本では、京都や奈良で日本の芸術を感ずると、生きていることを実感なできますね。

いろいろ共通の感性でお話できそうで、大変うれしいですね。
これを機会によろしくお願い致します。