ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

黒と白を基調にしながら、色彩感覚に溢れ、華やかな印象の マネの最後の傑作

マネ『フォリー・ベルジェールのバー』

Édouard Manet  A Bar at the Folies-Bergère


黒と白を基調にしながら、色彩感覚に溢れ、華やかな印象の マネの最後の傑作_a0113718_14135436.jpg

1882年 油彩 コートールド・ギャラリー、ロンドン



マネの最後の傑作といわれるのが 『フォリー・ベルジェールのバー』は亡くなる1年前、50歳の時の作品です。『フォリー・ベルジェールのバー』は、エドゥアール・マネの最後の主要作品で1882年に、サロン・ド・パリに出品されました。マネが最も印象派に近づいた作品とも言えますが、印象派との決定的な違いは黒の多用です。この絵は、黒と白を基調にしながら、色彩感覚に溢れ、華やかな第一印象を与えてくれる作品になっています。





A Bar at the Folies-Bergère is a painting by Édouard Manet, considered tobe his last major work. It was painted in 1882 and exhibited at the Paris Salonof that year. It depicts a scene in the Folies Bergère nightclub in Paris. Thepainting originally belonged to the composer Emmanuel Chabrier, a close friendof Manet, and hung over his piano. It is now in the Courtauld Gallery inLondon.



花の都と呼ばれる、フランス・パリ。パリの華やかな夜は多くの劇場や酒場などにあふれていました。マネもそんなパリの夜を愛し、の鋭い観察眼で、都会の夜の表も裏も描きました。


ミュージックホール『フォリー・ベルジェール』のバーが描かれ、中央に描かれたバーメイドの後ろの鏡に写るミュージックホールの様子が描かれています。舞台を見ながら飲んだり食べたりする場所で、壁際に設けられたバ-で、バーメイドがカウンタ-に両手をついてこちらに向かって立っていいます。彼女は若さと美貌を備えていますが、何か寂しそうです。はっきりした輪郭と色彩をもった前列の静物(ボトルはラベルの文字まで読めます)に対し、鏡の中はぼんやりと描かれ、マネの愛したパリが、病にあるマネから今や遠くへ行ってしまったことを暗示しています。


フォリー・ベルジェールが娼婦を抱える施設であることは広く知られており、モーパッサンはバーメイドを「酒と愛の売り子」と表現しているように、劇場で酒を提供する彼女たちは時には自分を売る娼婦でもありました。カウンターにあるオレンジの入った皿が暗示されるように、うつろな表情のバーメイドが娼婦です。この作品には、そんな華やかな都会の表と裏も描かれているのです。


後方で楽しむ観客たちの上に、空中ブランコ乗りの足だけが描かれています。劇場「フォリー=ベルジェール」はバレエやコンサートだけでなく、曲芸や見世物まで幅広く催す場所でした。客席を明るくする円い照明が至る所に描かれていますが、当時最先端のガス灯でした。鏡に中の観客席は全て荒いタッチで描かれているのに対し、バーカウンターの上に置かれた酒瓶などはとても丁寧に描かれています。マネは花と花瓶も、それだけで作品として成立するほど見事いています。


食べ物や飲物を売る若い女性と、背後の大きな鏡です。鏡に映し出されているのは、客席から舞台を見ている紳士淑女たちです。フォリー・ベルジェールではバレエや曲芸などが行われ、左上には踊り子の足がのぞいているので、舞台ではちょうど空中ブランコのショ-が行なわれていることがわかります。きらびやかな照明、何百人という着飾った人々が映し出された鏡の中のぼんやりした映像と、手前のビュッフェの上の色とりどりのビン、果物鉢の中のオレンジ、コップの2輪のバラなどの色と形のはっきりした前景との対比が見事に表現されています。当時の風俗が写実的に描かれ、上流階級から下層階級まで、時代の明と暗を表現した作品です。愛してやまなかったパリの生活への思い出、死を前にした孤独感や喪失感、ウェイトレスの表情は、そんなマネの複雑な心境をあらわしているようにも思えます。


この絵を観ている人は女性と正面から向かい合っているわけですが、その向かい合った帽子を被り紳士的な服装の「私」と彼女の後ろ姿が鏡の右側に映っています。カウンターと鏡は平行になっているとすれば、人物だけがこんな映り方をすることはありえません。鏡の位置の不確かさ、バーメイドの後姿が右へずれていて、バーメイドが応対している紳士が手前には存在せず、カウンターに置かれたビンの位置と数に相違があります。バーメイドは紳士とは向き合っておらず、紳士は画面の左側にいます。絵を観る人はバーメイドの正面ではなく、すこし離れた右側に立っていることになり、バーメイドは少し左を向いています。背中姿が描かれていない紳士の視線の先にいるのは、マネが前年に『秋』で描いた白い服の女性・メリー・ローランです。左端の瓶のラベルに「Manet 1882」と書かれています。彼女は忙しくカウンターにいる女性であり、客と対峙している最中です。マネは店の様子と同時に、客の立場にある鑑賞者に彼女の表情を見せたかったのだと思われます。



この絵画は「動」の要素を排除し「静」を表してします。それは背景に描かれた鏡の中の世界「動」と対称的です。華やかなカフェ、賑やかで楽しそうな観客、そして空中ブランコ。鏡の中の世界は、彼女や鑑賞者にとっては所詮虚像であり、彼女の表情がそれを暗示しています。実像であるこの女性の心理的な描写を「動」に対する「静」に位置付ける中で描こうとしているわけです。カウンターの左右に置かれたボトルと彼女の頭部が作り出す三角形がさらに「静」の安定性と強めています。



ここにはマネの意図が含まれています。マネはわざわざ正面向きの構図を用いて、しかも正面向きならば二人の姿は女性の影に隠れてしまうので、不自然なまでに右に描いています。右の部分では彼女が客の男と対面していますが、カウンターの前に立つこの男の視点がこの絵の視点でありこの視点になっています。絵を観ている私たちは彼女と対面しているこの男と同じ視点にいながら、一方で、もっと引いたところから第三者的な視点でこの二人の様子を眺めることができるのです。



こちらを見つめるバーメイドの瞳は、今なおその謎を私たちに問いかけていますバーメイドの腕は実際より長く力強く絵き、女性としての魅力を際立たせています。この場面で一番弱い立場の彼女を一番力強い存在感で描いているようです。無表情の裏に喜びや悲しみが含まれ、前に進もうとする意欲を含んでいます。運命の波にもまれながら、たくまし運命に立ち向かおうとしているようです。マネは市井に生きる人々をありのままに描きました。下層の人々にも平等の視線で描いています。懸命に生きる人は皆美しい、底辺に生きる人々を未来に託した人間賛歌がこの絵画の最大のテーマかも知れません。



フォリー・ベルジュールは、歌やショーが楽しめるパリでも人気のカフェ・コンセールでした。まさに、世界でも有数の華やかな劇場で、マネもここによく通い、青春を謳歌していたと言われています。この作品が最後の大作になるだろうと考えたマネは、その舞台にでかけて、すばやく描いたスケッチをもとに、アトリエの中で最終的な構図を決定したようです。マネは何度もフォリー・ベルジェールへ足を運び、最終的には、シュゾンという名のモデルのバーメイドを自宅へ招き、室内にバーカウンターの一部を再現し絵を完成させました。この時、マネは病と闘っていて、この作品が完成した翌年の1883年、病でこの世を去りました。






参考文献

Michel Foucault (原著), 阿部 崇 ()『マネの絵画』2006

フランソワーズ カシャン (), 藤田 治彦 () 『マネ:近代絵画の誕生』2008

三浦 篤 ()エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命 (角川選書) 2018

「アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~」画家が描いたパリの夜







by desire_san | 2019-12-11 14:07 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/239831436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kane at 2020-02-14 14:26 x
マネのこのとても美しい作品はわたくしも大好きな絵のひとつです。ですが、見れば見るほど不思議な絵ですよね。と言うか、写真でなく絵だからこそ描けた、その異質な現実感を高く評価しなくてはならないのかもしれませんね。印象派の画家とはいいながら、ほかの印象派の画家のたちの作風とはやや距離を感じますけれど、それでも、とても明るくカラフルな雰囲気は当時にあって新しい作風を感じさせて好ましいし、くっきりと描いた緻密で写実的なタッチによって現実感が気持ち良く伝わってくるように思います。でも、フォリー・ベルジェールといえば娼館として良く知られていた酒場、だとしたら、このバーカウンターの少女もシルクハットの男性に一夜の声をかけられているのでしょうかねぇ。こちらを向いた、日々のむなしさを思っているのか、清純ながら虚ろな表情の現実の少女、そして鏡の中でどこか崩れ荒んだ後ろ姿を見せる、もうひとつの世界に生きる彼女、そう考えてしまうとなんだか可哀想。