ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

心の疲れやストレス解消に効果的なクラシック音楽

心を癒すクラシック音楽




現代のこのような状況下で、クラシック音楽の名曲は心を癒します。

心を癒し、ストレスを和らげる効果があがある名曲と、私が愛聴している名演奏をご紹介します。





グレゴリオ聖歌

グレゴリオ聖歌は、西方教会の単旋律聖歌の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽です。

グレゴリオ聖歌の音楽は、呼吸のリズムに基づいて、空間の印象を与えます。仕事、集中、瞑想に優れ、ストレスを和らげる効果があります。


愛聴する名演奏

『グレゴリオ聖歌集』

ドム・イスマエル・フェルナンデス・デ・ラ・クエスタ神父 / サント・ドミンゴ・デ・シロス修道院聖歌隊






ヘンデル『合奏協奏曲』

デカルトが生きたバロック時代になると、その音楽を楽しむ人間である自分とは何か、「我」とは何かが、研ぎ澄まされていきます。それまでは世界があって、その神秘的な調和の法則にひざまずく一人の自分がいたのですが、デカルトによれば、今や世界はこの「自分=我」なしには存在せず、音楽も存在しなくなったのです。音楽の目的が人間自身になったということだったのです。

バロッ音楽、バッハ、ヘンデル、コレッリのゆっくりとした動きは、安定感、秩序、安心感を与え、知的作業のための刺激的な環境を作り出します。音楽は、聴く人の精神的機能に加えて、精神的な構造は音楽にも影響されます。音楽には特定のリズム、旋律のフレーズ、作品、特定の音楽的な雰囲気があります。音楽は、集中力、創造性、さらには精神的リラックスにもつながります。

ヘンデル『合奏協奏曲』作品6(12)は、ヘンデルの作品の中で最も端正で魅力的な作品で、汲めども尽きないインスピレーション、叡智に満ちた音楽性、純粋な音楽的魅力にあふれた作品といえます。



愛聴する名演奏

ヘンデル『合奏協奏曲全集』

カール・リヒター: ミュンヘン・バッハ管弦楽団 【録音】1970






ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き

心は音楽に反応する、例えば、患者の心臓が美しい音階やリズムの変化に異なって反応することを発見しました。休憩や静かな通路は、一部の人々のストレスや緊張を引き起こす可能性があります。モーツァルトの音楽の透明性と明瞭性は、集中力、記憶力、空間知覚を向上させます。


愛聴する名演奏

モーツァルト『ピアノ・ソナタ第8番・第10番・第11番』

マリア・ジョアン・ピリス【録音】1989






モーツァルト 交響曲第40

モーツァルトの音楽が癒される、その多くの精神的および肉体的な病気において特に強い治癒力を持っています。「心血管系の不安、うつ病、病気に有益な効果がある」とのことです。

モーツァルトの音楽はまた、集中力、記憶力、創造性、エネルギーを高め、免疫システムに良い影響を与えます。私たちが呼吸。音楽が心地よい音であるとき、すべての音が空気を動かし、鼓膜を撫でたり叩いたりする「音響圧力」を及ぼします。楽の主な影響は私たちの体全体にあります。


愛聴する名演奏

モーツァルト:交響曲第40&41番 【録音】1970

カール・ベーム,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団






ベートーヴェン 交響曲第7番

オーケストラ聴くことにより、心拍、脳のリズム、肺の呼吸、血液の循環の速度、細胞の振動、神経系の脈動、リズムと外部周波数に適応しようとします。音楽が私たちの生体リズムと一致する場合、調和が支配します。音楽の周波数、が、私たちの神経系の周波数と共鳴し、落ち着いた幸福感をもたらします。物理的現象は、いわゆるリラクゼーション音楽の心を落ち着かせる効果も説明します。脳のリズムは音楽のリズムに順応し、その強度を遅くし、時々私たちは深い眠りに落ちます。音楽の創造性は、脳の基本的な機能の1つでもあります。音楽の初期の学習は、脳の空間表現の領域における神経回路の発達を促します。ベートーヴェンのこの案額は、はテクノとは対照的に、うつ病と不安にプラスの影響を与えます。


愛聴する名演奏

ベートーヴェン: 交響曲第5番『運命』、第7番 【録音】1975

カルロス・クライバー&ウィーン・フィル






ショパン「ワルツ集」

ロマンチックなショパンのピアノ曲は、最高の悲しみから神秘的な高揚感まで、さまざまな感情を網羅しているため、最も感情的な音です。「3拍子」の活性化している音楽を聞くと、心臓が少し速く鼓動します。心地よい音楽を聞くと、落ち着きます。音楽を聞くことは、脳卒中から脳をよりよく回復させるのに役立ちます。ロマンチック: 最高の悲しみから神秘的な高揚感まで、さまざまな感情を網羅しているため、最も感情的な音楽(ショパン、リスト、ワーグナー)です。ロマンチックなショパン音楽のように、すべての人間の感情のように心の刺激を呼び起こすことができます。


愛聴する名演奏

ショパン: ワルツ集(全14曲) 【録音】1975

アルトゥール・ルービンシュタイン




参考資料

馬場 存 ()『音楽に癒され,音楽で癒す』2018

阪上 正巳 ()『音楽療法と精神医学』2015

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






このブログを見た方は、下記をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村










by desire_san | 2010-09-28 03:00 | 音楽・オーディオ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/240783437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snowdrop-momo at 2021-04-22 07:45
おはようございます。
師の作風を徹底して吸収し尽くしたラファエロが、いかにして独自の作風を開花させていったのか。興味は尽きません。
大きなテーマにじっくりアプローチしてこられたのですね。
続きを拝読するのを心待ちにしております。
Commented by desire_san at 2021-04-22 21:14
snowdrop-momoさん、コメントありがとうございます。

師ペルジーノの画風を吸収してたラファエロが、どのようにしてペルジーノの影響から脱皮していったかを書きたいと思っていますが、なかなか表現するのが難しく、筆が止まってしまってしまっています。

ラファエロの画風が変わるのは、フィレンツェでダ・ビンチの影響を受けた時と、ミケランジェロの影響を受けた時と、もう一回あると考えています。

整理するのに、しばらく時間を頂きたくお願いいたします。