ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色

マテーラの雪景色

Matera in Italy

旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_11350931.jpg


マテーラは、文化と伝統の偉大な遺産を保存している信じられないほどの岩の多い風景の中心です。マテーラ、欧州文化首都2019は、世界で最も古い都市の1つであり、旧石器時代まで、10、000年以上の歴史を通じて、現在に至るまで人間の居住地の守護者です。










旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_19381255.jpg




岩に掘られた自然の洞窟から発展し、その後、2つの自然の山、サッソカヴェオソとサッソバリサーノ内のますます複雑な構造でモデル化されたため、石の街とも呼ばれます。マテーラの洞窟住居を1993年ユネスコは世界遺産に登録しました。この登録の際に、初めてユネスコが文化的景観の概念をその基準と動機に用い、後に世界の他のサイトの登録を動機付けるために使用されます。20141017日、マテーラは2019年の欧州文化首都に指定されました。




旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_19384733.jpg









旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_19391531.jpg







 キリスト降誕のシーンとの類似性を完全に実現するのを見る可能性があります。日没時のサッシの線を描く柔らかな光、車がないこと、洞窟や宮殿を囲むパノラマの広さは、一年中いつでも見事です。薄いマントルに包まれた家の叙情的な印象一方、雪の量は寒い時期の独占的な特権です。とても甘い光景はありそうもないようです。







旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_19395921.jpg







旧石器時代から人が住み続けた石の芸術の街の雪景色_a0113718_19403863.jpg
















by desire_san | 2022-01-08 01:06 | アメリカ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/241327467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by You_Genki at 2022-01-10 15:18 x
マテーラは行きましたが雪景色は見た事が有りません。

おとぎ話の世界のようです。

生活は大変なようですが、何処の岩窟住居も、意外に快適だそうですね。







Commented by Aiko_hero at 2022-01-10 15:20 x
世界中を旅していらっしゃいますね。

これは、凄く素晴らしいですよ。



Commented by Eiiko_Inoue at 2022-01-10 15:26 x
素敵な雪景色ですね

雪をかぶらない映像は見たことが多いですが、雪帽子の写真は、少ないですね。

イタリアの建物は、現実から離れた不思議な感覚を覚えます。

夢の空間みたいで惹きつけられます。

長い歴史がありますねぇ~威厳を感じます。

世界中に岩をくりぬいたお家がありますが_日本では聞きませんね。





Commented by TabiBito_Sasurai at 2022-01-10 15:35 x
dezireさんこんばんは!

毎回、素敵な写真と観光地を、教えて頂きありがとうございます。

イタリアは日本に似て、南北に長い国なので、冬にはスキー場も有るとか・・・?

私はここ「マテーラ」には行っておりませんが、dezireさんはこの時期に行かれたんですか・・?
素晴らしいですね


イタリアと言えば、もう一度「ローマ」に行ってみたいです。




Commented by Keiko_Kinoshita at 2022-01-10 17:44 x
マテーラは1663年にバジリカータの州都となり繁栄期を迎えました。しかし1806年にポテンツァに州都が移され、その後の経済逼迫の影響もあり衰退していきました。その後、長らく小作農民の住居であったサッシは、南イタリアの貧しさの象徴でした。19世紀までは比較的快適な住環境であったが、20世紀初頭より、人口が急速に増加し、元々は畜舎であった採光も水の流れも劣悪な洞窟も住居として使用されるようになりました。1950年代に法整備を行い、これにもとづきマテーラ郊外に新たな集合住宅を建設し、サッシ地区の住民を強制的に移住させました。しかし150以上の石窟聖堂や3,000戸ほどの洞穴住居、地下水路で各戸の貯水槽に上水を供給するシステムなど、ユニークな文化的資産が見直され、1993年にユネスコの世界文化遺産に指定された。 これを契機に訪れる観光客も増え、これを対象とした宿泊施設、食堂、工芸品の販売店などが増え、現在は洞窟住居の5分の1ほどが再利用されてすんでいます。