ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人

竹内 栖鳳

Takeuchi Seihō

近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_15540964.jpg



 近代日本画の先駆者で戦前の京都画壇を代表する巨匠、竹内栖鳳の初期から晩年に至る栖鳳の名品、洒脱な作品で近代日本画壇の未来を切り開いていった姿を示し、栖鳳の代表作、重要作を鑑賞してきました。





Takeuchi Seihō was the pseudonymof a Japanese painter of the nihonga genre, active from the Meiji through theearly Shōwa period. One of the founders of nihonga, his works spanned half acentury and he was regarded as master of the prewar Kyoto circle of painters.



1章 画家としての出発 | 1882 ̶1891

竹内 栖鳳は、京都に生まれ、竹内栖鳳は四条派の幸野楳嶺に入門し、四条派の表現技法などを厳格な指導され、北越地方の写生や京都社寺でいろいろな画風の異なる古画や雪舟の作品などの模写で修練を重ねました。古画の模写や様々な伝統的な画題を伝統的な筆致で描いた作品が展示されていました。「芙蓉」は、栖鳳が18歳の時に描いた作品です


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_15595571.jpg


Takeuchi Seihō was a disciple ofKōno Bairei of the Maruyama-Shijo school of traditional painting, one of thefirst modern painting competitions in Japan, which launched him on his career.



 栖鳳は、早くからその才能を開花させ、四条派の幸野楳嶺の門下となってすぐに頭角を現し、「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれるようになりました。京都府画学校(現:京都市立芸術大学)を卒業後、若手画家の先鋭として30代で京都画壇を代表する画家となりました。この頃から野狐の毛の質感、繊細な線、豊かな色彩と絵のうまさでは完成の域に達している作品が、どことなくみずみずしさを讃えています。奉納した絵馬には。23歳の幅栖鳳の気迫が感じられます。この時期に広い古画や様々な流派の技法を学んだことが、その後の栖鳳の活躍の礎となったことが分かりました。




2章 京都から世界へ | 1892 ̶1908

 栖鳳は、円山派、四条派、狩野派といった複数の絵画の流派の筆遣いを1枚の作品に表現しました。竹内栖鳳は四条派を基礎としていますが積極的に他派の筆法を画に取り入れ、栖鳳は狩野派の他に西洋の写実画法などを意欲的に取り入れて、狩野派や大和絵など多様なジャンルを一枚の絵に織り交ぜた作品を制作し、画壇の古い習慣を打ち破ろうとしました。栖鳳は、革新的な画風を示して日本画の革新運動の一翼を担いました。異なる流派の技法を混在させたことは、新しい時代の予兆として期待されました。


 光琳、若冲、応挙。世界が認める天才絵師を輩出してきた京都の先人たちが築き上げてきた技法や描写力の才すべてを手中に収め日本画に革命を起こした画家・竹内栖鳳。栖鳳は、これまでの日本画になかった陰影表現や写実など、西洋の技法を次々と導入し、誰も見たことのない日本画に挑戦し「獣を描けばその体臭までも表す」とまで賞された並外れた描写力、動物画は今にも動き出しそうな躍動感で見る人に迫ってきます。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16141552.jpg


 例えば、「喜雀図」では、大きな金地に小さな雀を飛ばすだけで、雀が空で遊ぶ絵画画面を見事に造りだしています。栖鳳は技巧のみでは生み出せない執念の観察力がと奔放な発想力で、円熟期の栖鳳が目指した、さらなる挑戦、誰も見たことのない日本画で・日本画に革命を起こしました。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16150616.jpg




 一方で、栖鳳は江戸中期の京都でおこった円山派の実物観察、それに続く四条派による対象の本質の把握と闊達な筆遣いによる表現を発展させて、実物観察という西洋美術の手法をもとに、西洋と肩を並べられるような美術を生み出そうという気概でこれら伝統絵画の根本的理念を掘り起こそうとしたのです。



近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16160853.jpg


 パリ万博が開催された1900年、36歳の時、栖鳳は、7か月にわたってロンドン、オランダ、ベルギーなどをまわり、西洋美術に触れることで大きな刺激を受け、実物をよく観察することの重要性を実感しました。また、ターナー、コローなどから強い影響を受けました。帰国すると、ヨーロッパ帰国後はアントワープで取材したライオンを題材にした「獅子」を発表し、一等金牌を受賞、瀟洒な作品で魅力を開花させていきました。円山四条派の写生を軸にした画風に、西洋美術の要素をとり入れた新しい表現を生み出していきました。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16170093.jpg
「金獅」 明治34(1901)年頃




 繊細な線でライオンの鬣や毛を表現し、スケール感のある造形で、ライオンをスケール大きく描いていました。ライオンの表情は思慮深げです。「虎獅図」では虎と対峙するライオンの闘志を気迫ある強い線で描いています。



During the ExpositionUniverselle in Paris (1900), he toured Europe, where he studied Western art.After returning to Japan he established a unique style, combining the realisttechniques of the traditional Japanese Maruyama–Shijo school with Western formsof realism borrowed from the techniques of Turner and Corot. This subsequentlybecame one of the principal styles of modern Nihonga. His favorite subjectswere animals -often in amusing poses, such as a monkey riding on a horse. Hewas also noted for his landscapes.



 またヨーロッパ風景を西洋絵画的な写実性を帯びた表現で描きました。西洋美術の実物観察に基づく写生に、日本の伝統絵画が得意とする対象の本質を描き出す手法を融合させることでした。西洋美術に肩を並べるという広い視野で日本伝統絵画の表現を見直そうとしました。「ベニスの月」は日本画ベニスで描いたようで、洋画とは異質の独特の味わいがあります。「飼われたる猿と兎」「羅馬之図(ろーまのず)」もこの頃の作品です。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16212554.jpg



 また、歴史上の事象、京都の景観中に西洋画の表現を意識し万博への出品や京都の美術染織業界にもかかわり美術染織の仕事も残しました。



近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16225250.jpg

「ベニスの月」(ビロード友禅) 1907年 大英博物館

The Trustees of the BritishMuseum. All rights reserved.

 



 大英博物館所蔵の、栖鳳作の原画(髙島屋史料館)をもとに製作されたビロード友禅「ベニスの月」(1907)が展示されていました。栖鳳は明治期、京都が世界へ販路を開拓していた美術染織の製作にもかかわっていました。友禅の原画を描くだけでなく、日本画・洋画の別に関係なく他の画家が描いた原画に助言を与えて、美術染織の製作に貢献しました。作品は、海外で通用する日本美術を追求する栖鳳の研究姿勢がうかがえます。明治の京都の美術染織は注目を集めていましたが、原画と染織作品両方が現存しているこの作品はきわめて貴重だそうです。




3章 新たなる試みの時代 | 1909 ̶1926

 竹内栖鳳は、第一回文展から審査員を務めたりし京都画壇で画壇の地位を確立してリードする存在となり、多数の弟子を抱える私塾竹杖会で指導者として優れた才能を発揮し、上村松園はじめ、土田麦僊や小野竹喬などを育て、若い世代の育成にも才能を発揮しました。


栖鳳は山水表現でも西洋絵画的な遠近法を導入した風景表現でもない風景画を描こうとしました。栖鳳の風景画には、コローの風景画の表現を導入した作品も見られます。生き物の生命感に肉迫するなど、新たな表現を意欲的に研究しました。




近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16260096.jpg



栖鳳は、江戸絵画の様々な流派、水墨画からコロー、ターナーに至るまで様々な技法を試みて新しい表現に挑戦し、また異質の技法を組み合わせて、今まで見たことのないような絵画の画面を創造しました。


 栖鳳は人物画研究にも力を注ぎ、人物の動作の優美さだけでなく、一瞬の仕草のなかに心情を描き出す作品を描きました。 この時期の傑作「絵になる最初」(大正21913)年)では、モデルが初めて裸になる恥らの表現が顔ににじみ出て、その内面描写がテーマとなっています。



近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_16272509.jpg



 自らの信じた道を邁進し、若い感性で新感覚の作品を発表していきます。大画面を破綻なくまとめる確実な技量と然たる迫力を備えた筆法は、近代を代表する日本画の開拓者でした。洗練された感性と優れた筆技によって動物、風景、人物と様々な主題を手掛けました。栖鳳が描き出す、いきものや自然がみせる一瞬の姿を軽やかに捉えた作品は、作品の前に立つと、あたかもその対象にじかに触れているかのような感覚におそわれます。丹念な実物観察を行いながらも、外形写生ではなく、あくまでも対象の本質をつかむことにあった新鮮な魅力を放ちました。



近代日本画を構築した巨人として、「東の大観、西の栖鳳」と並び称されましたが、その作品群を比べてみると、純粋な日本画技法で完成度の高い華やかな美しさを追求した大観に対し、栖鳳は常に新しい技法とそれを組み合わせて独自の世界を創造することに情熱を燃やし、繊細でかつ斬新でウイットに富んだ美意識を追求した栖鳳とは美意識の違いがあります。また栖鳳は、日本絵画の革新をめざして日本の諸流派の技法だけでなく、西洋画も学び大気や空気感をも表現しようとしたのに対し、横山大観や菱田春草らは、19世紀のフランスの屋外で太陽光下で風景画を描こいた外光派に学び、伝統的な技法である線描ではなく、色の濃淡や明暗のぼかしによって空気感を表現しようとしました。日本の伝統的技法を否定した横山大観らの作品に対して、竹内栖鳳は批判的だったと言われています。


大気や空気を描くことは、岡倉天心の指導の下、表現しようとしたこ4ととも軌を一にします(実際には栖鳳は、大観の表現を批判していましたがそれは、浮世絵に例えるなら歌麿と北斎の資質の違い以上に大きな違いのようにも感じました。



近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_17030738.jpg





4章 新天地をもとめて |1927 ̶1942

 竹内栖鳳は昭和に入っても東本願寺の障壁画に取り組むなど精力的に制作しました。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_17002250.jpg



 この時期の栖鳳は、より洗練された筆致で対象を素早く的確に表現するようになり、自然を見つめる自身のあたたかいまなざしを作品の前面に出すようになりました。「班猫」では緑色の瞳が魅力的です。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_17011540.jpg


常に実物観察による写生から出発し、写生から画絹に表現するまでの間にさまざまな取捨選択の仕方が年齢とともに変化して、栖鳳が生涯を通して追究した写生を水というモティーフの中に探っていきます。「緑池」という作品でも緑色を効果的に使い、蛙の、水から出ている部分と水の中の部分で、水の澄んでいる感じ、顔を出した瞬間は水面は乱れ、その波紋は広がり揺らめきが小さくなって水面は落ち着いてゆくようすや水面に映り込んだ青葉の揺らめきある瞬間を表現しています。歳ともに画風は穏やかになり、若き日の気迫は薄れますが、繊細な表現の画力は晩年も落ちませんでした。


近代日本画壇を開拓した京都画壇の美の巨人_a0113718_22313556.jpg




























by desire_san | 2022-07-15 17:04 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/241517053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。