ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか

龍安寺 石庭

RyoanjiTemple "Stone Garden"

枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_19501125.jpg





枯山水の石庭で有名な世界遺産 龍安寺は、京都で最も有名な観光名所の一つです。枯山水の代表格ともいえる「龍安寺の石庭」。方丈南庭の70坪に造られた石と苔だけの庭園、15石で5つの石組を構成しており、石庭には黄金比や遠近法という西欧手法がとられている。









The stone garden of RyoanjiTemple is also famous as a dry garden. The flow of water is expressed bydrawing a line on the white sand, likening a stone to an island. The stonegarden of Ryoanji Temple, which is recognized as a World Heritage Site, isconsidered to be a space where the beauty of Zen is extremely high, and itattracts the hearts of visitors.




枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20041737.jpg





京都の名刹、大雲山龍安寺は、臨済宗の大本山・妙心寺派の寺院で、妙心寺との関係が深く、山内塔頭と同様の扱いを受けおより、本尊は釈迦如来です。創建は宝徳二年(1450)、足利将軍の管領職にあった細川勝元が、徳大寺公の山荘を譲り受け、妙心寺第五世は義天玄承禅師を開山に迎え創建しました。龍安寺は、京都市右京区龍安寺御陵下町にある臨済宗妙心寺派の寺院で、金閣寺、龍安寺、仁和寺。世界遺産をめぐる散歩路となっています。





枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20053359.jpg




龍安寺の石庭は、枯山水の庭園としても有名。石を島に見立て、白砂に線を描くことで水の流れを表現しています。国の史跡及び特別名勝に指定されている龍安寺の石庭は、由緒正しき庭園。禅の美を極めた空間とされ、訪れた人々の心を奪います。



龍安寺石庭は、枯山水で有名な庭園で、正式な名称は龍安寺方丈庭園です。龍安寺の石庭の縦横比は、最も美しい比とされている黄金比で、石庭を囲う油土塀は方丈側が高くなるように傾斜をつけて奥行き感を生み出すなど、絵画における額縁のように龍安寺の石庭を際立たせます。方丈庭園は、幅 25 メートル、奥行 10 メートルほどの空間に白砂を敷き詰め、東から5個、2個、3個、2個、3個を合わせて15の大小の石を配置しています。黄金比とは最も美しい比「1:1.618」と言われています。この石庭がまさしく黄金比で、さらにその対角線上に石組みが据えられています。石庭が方丈から石庭の奥()に向かって高くなるような傾斜がつけられていて、これにより遠近感が強調され、奥行き感が生まれています。このような手法は西欧のルネサンス期(1416世紀)の教会や庭園などで流行、その後日本にも取り入れられ、小堀遠州の作庭した南禅寺や大徳寺の方丈庭園などにみられます。




異なる視点からも、通説では15石を同時には眺められないですが、15石がすべて映っていて、手前から3石、5石、7石の七五三石組にもなっています。奇数は永続性を示す縁起の良い数字とされ、室町時代以降このような手法がよく使われました。全部で15個の石が配置されているものの、どの角度から見ても必ず14個しか石が見えないという不思議な造り。東洋の世界で完璧を表す15という数字から1つ少なくすることで、不完全な庭を表現しているそうです。





枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20101676.jpg




龍安寺の石庭 東部の5つの石で構成された石組は、中央の石は龍安寺の石庭で最も大きく、苔島で三尊石に組まれています。また苔島から少し離れたところ平石が2石据えている。このような意匠から五尊とも考えられます。南部には、2石で組まれており、石庭のなかで遠山を表現しています。龍安寺の石庭 西部の石組は立石、横石、横石より高さがなく地面に伏せているような伏石で組まれていて、伏石だけ青石です。次の石組は2石で組まれ、右側は石庭のなかで唯一角張った石であり目線が集まります。こう一方の角度からだと2石にみえますが、視点を変えると3石であることが分かります。西部の石組の3つめの石が分かりにくく、8もっと右側(西側)から眺められれば良いのですがが、これ以上は移動できなくて石庭で最も認識しにくい石で、この石組は三尊石です。





枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20112516.jpg




龍安寺の石庭は、視覚芸術における重要な革命の時代といわれている室町時代(1333-1573)に作られましたが、設計者は不明です。岩は象徴的な存在と考えられています。岩は、川を渡る子連の虎とか精神を意味する漢字を表すものと考えられています。そのような象徴的な解釈は、庭を見て感じる視覚的印象とは無関係で、初めて見る人さえ惹き付ける魅力は謎になっていました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




中心軸変換法という生体の視覚系や画像処理における形態の表現形式を用いて、局所的な対称軸を計算し、龍安寺の庭の空間的な構造を解析した報告もあります。龍安寺の庭の空間的な構図は、全体としては、推奨鑑賞場所から伸びていく木のかたちをしています。木は2分枝構造をしていて、この2分枝パターンは繰り返されています。幹から分岐するまで長さは、先にいくにしたがって短くなっています。このようなパターンの特徴は自然の「木」のもつ特徴に似ています。ヒトは、形態の中心軸に無意識的に敏感であるといわれています。




枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20124156.jpg



石庭のもつ画像的情報量は、木の「幹」に相当する場所から眺めるとき最大になります。このような場所は、本堂の中心は伝統的にそこから眺めたら好ましいとされていた場所)の近くを通る線上にあります。現在の岩の配置を部分的に変更したり、石を増やしたりすると、形態的特徴が消滅することが判ります。これは、眼に見えない視覚的構造が、偶然にではなく意図的に作られたものであることの証拠です。科学的手法によって、龍安寺の石庭の秘められた構造を見なおすと、それが自然風景の抽象的で最も簡素化された形の表現になっていて、この秘められたかたちの無意識的な知覚が、この秘められたかたちの無意識的な知覚が、謎とされていた庭の魅力に寄与していると説明しています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





『龍安寺石庭』に行くと、何時間もその空間にいたいという気持ちになります。それは、全くことなる世界ですが、ミケランジェロの天井画に覆われたヴァチカンのシスティーナ礼拝堂、バルセロナのサクラダファミリア、イスタンブールのブルーモスクなど傑出した芸術空間の中に身を置いたときと似た感覚かも知れません。バッハ『マタイ受難曲』は宗教性が強いので少し違うかも知れませんが、バッハの『フーガの技法』を聴いているときには近いような気がします。





枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20134618.jpg




バッハ『フーガの技法』の研究報告によると、「本来は関連性がないもの同士を、複数同時に調和させる」という“同時成立”というものがあり、「本来は成立しない関連性において、何と何がどのような形で成立しているのか?」を具体的に説明できる可能性が出てきました。



物理法則や自然法則に則っているものも含まれていることになります。人間の感覚は自然法則に含まれますが、上記の条件のみであれば、条件を満たしながら、自然法則に則った、素直に美しいと思われる作品を創作すれば良い事になります。龍安寺の石庭においては、“不自然ながら何かが成立している点”の説明が必要だと考えられます。



『龍安寺石庭』も『フーガの技法』もすぐには理解ができず、「何が良いのかわからないけど、不思議な魅力がある」という感情を惹起させ、鑑賞者を困惑させます。これらの作品には「本来は関連がないもの同士を、複数同時に調和させる多機能性の発明」があると考えます。このような作品は追随者がほとんどおらず、孤立した状態になることが多いのも特徴の一つです。龍安寺の石庭は他の京都の建築や庭園とは異質であり、バッハの『フーガの技法』はバロック音楽の文脈で語る事ができません。



芸術作品を鑑賞した際には、意識の上でわかる良し悪しや、感動があったかが重要視されると思います。人類の歴史を通じて世界的に芸術作品が「高尚なもの」として敬意を払われてきた理由として考えられるのが、“多機能性”、“同時成立”が作品に含まれ、それが人間の潜在意識に直接影響を与え、進歩を促すことが、芸術の本質であると考えることもできます。





枯山水の石庭で有名な世界遺産「龍安寺の石庭」になぜ人は魅せられるのか_a0113718_20145891.jpg




「人間の心とは何か?」という心理学的な視点で考えると、強い反応が出る作品を鑑賞する事により、“感動”という、意識の上で認識できる領域とは別の心の領域があることもわかるはずです。この分野の研究ではまだわかっていないことが多く、広大な未知の領域が眠っているというと非常に大きな可能性があるかもしれません。







参考資料

臨済宗 妙心寺派 大雲山 龍安寺公式ホームページ

監修:井上靖、千宗室『龍安寺 枯山水の海(日本の庭園美)』

細野透『謎深き庭 龍安寺石庭:十五の石をめぐる五十五の推理』

https://note.com/familyshinri/n/n146d645a8ae4

渡辺俊介『芸術と潜在意識 1:龍安寺の石庭を解明する』

渡辺俊介「芸術と潜在意識 11:芸術の本質を考える」2020

ゲルト・ファン・トンダ、マイケル、ラオンズ、江島義道

『日本禅庭園に秘められた視覚的かたち』

http://www.kasrl.org/JVX5011B_text.pdf










この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村










by desire_san | 2022-07-20 11:28 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/241523034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Suzume at 2022-07-10 13:52 x
竜安寺といえば石庭ですが久しぶりに拝見出来て、やはり素晴らしいなあと思います。。いろんなものを排除して簡素化した美、家でもいらない物を断捨離してすっきり暮らしたいと改めて思いました、ちなみに我が家は臨済宗です。


Commented by dezire-san at 2022-07-10 13:59 x
このあと枯山水の庭が沢山日本で作られましたが、ここまで雑念を排除して簡素化した庭は作れませんでした。





Commented by Komachi at 2022-07-10 14:03 x
京都の寺廻りを楽しんだ時に行きました。
私は京都が実家に近いので良く出かけておりました。石庭の中にある料亭で食事を戴きましたが、日本人は私たち親子だけで他は異国のひとばかりでした。通訳を仕事にしてる彼は皆さんの質問に一生懸命答えていました。日本の侘び、サビを説明するのは大変ですが理解しようとしている外国の人には素敵な石庭ですね。





Commented by Yasukatu at 2022-07-31 16:27 x
米国、ロサンゼルス出身の前衛音楽家、実験音楽家として名高いジョン・ケージ(JohnCage/1912~1992)が現在、世界文化遺産登録の「龍安寺」の「石庭」からインスピレーションを受け作曲した大作「龍安寺」を紹介したい。 この作品は彼独特の偶然性「チャンス・オペレーション」と呼ばれる作曲手法によるもので楽器編成はフルート、オーボエ、トロンボーン、コントラバス、打楽器、に声楽が加わる。 そもそも彼が最初にこの「龍安寺」を訪れたのは1962年のことで「東洋思想」や「禅」への関心は大変高かかったようである。