ブログトップ | ログイン

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

芸術と自然の美を巡る旅  

究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰

ワーグナー『トリスタンとイゾルデ
Wagner "Tristan and Isolde"

究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_16242890.jpg

 「トリスタンとイゾルデ」は愛と死の美学を音楽で表現したヴァーグナー芸術の最高峰ともいえる作品です。この楽劇は、最後の協和音「救済」に向かう葛藤を描いた壮大なドラマであると言え、大河のうねりは聴くものの心を毟裂き、そして清らかに透きとおった高次の解決を迎えるその瞬間、我々は鳥肌の立つ思いを覚えます。





Wagner freed himself from the conventional style of opera and evolved hisstyle more freely and boldly. His most famous work is Tristan and Isolde. Thereare few characters and few dramatic movements, and the inner world of the twomain characters is the main focus of the work. The story progresses while themusic and lyrics are closely related, and new attempts are made on the musicalside to support this.





《あらすじ》

究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_10305691.jpg

第一幕:コーンウォールに向かう船の上

アイルランドの王女、イゾルデは自分の婚約者を殺した仇と知らず、トリスタンを介抱するうち、愛するようになります。時が経って、トリスタンは、イゾルデをコーンウォールのマルケ王に嫁がせるように計り、迎え来る役を引き受けます。歳をとったマルケ王との政略結婚を強いられ、仇を愛してしまった罪とでイゾルデは苦しみます。彼女は、侍女ブランゲーネに死の薬を用意させ、その薬の入った杯をトリスタンに飲ませます。イゾルデも一緒に死のうとその杯を飲みますが、実はその薬は侍女ブランゲーネが摩り替えた愛の秘薬でした。


愛の秘薬の力で、心の中に押さていた愛に目覚め、トリスタンとイゾルデは情愛に燃え上がります。我に返り、侍女ブランゲーネの口から薬が愛の秘薬であると聞いてイゾルデは唖然とした時、船はコーンウォールの港に着き、イゾルデはマルケ王に嫁いで行きます。



第2幕:コーンウォールの城内にあるイゾルデの館の前

居室の前庭で、密会を重ねるトリスタンとイゾルデ。しかし、家臣のメロートはトリスタンに嫉妬して、マルケ王にふたりの密会の場を見せようと陰謀を企てます。


究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_10393631.jpg マルケ王が狩りに出た夜、メロートの計略と知らず、イゾルデはトリスタンと宮殿の庭で密会します。抱き合い恋の炎が燃え上がるふたりの所にマルケ王が戻って来ます。妻と、忠実な勇士だったトリスタンの逢い引きを知り、マルケ王は衝撃のため落胆します。トリスタンは剣を抜いてメロートを挑発します。メロートもマルケ王の恥辱をそそぐため剣を抜きますかが、トリスタンは剣を抜いて、自らメロートの剣に身をまかせ、負荷での傷を負います。







第3幕:コーンウォールから海を隔てたカレオールの古城の跡

自分の城に戻ったトリスタンは、傷が癒えず昏睡状態です。従者のクルヴェナルは主人を哀れみイゾルデを呼びにやります。長い時が過ぎ、やっとイゾルデが到着しますが、トリスタンは彼女の腕の中で息をひきとります。秘薬に翻弄されたふたりの愛のいきさつを知ったマルケ王は、二人を赦そうと後を追って来ますが、マルケ王の一行を襲撃と誤解したクルヴェナルは、戦いを挑んでメロートと刺し、自分も討たれてしまいます。悲しみに沈むマルケ王と侍女ブランゲーネが見守るなか、イゾルデは愛する人の亡骸に寄り添い、悲嘆のなかで昇天していきます。


なお。載せている画像は「トリスタンとイゾルデ」の禁断の愛の世界を描いたラファエロ前派を中心とした絵画です。




《トリスタンとイゾルデ」の音楽》

究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_1035940.jpg

 第1幕、前奏曲からライトモチーフ{動機)を馳駆した物語を予見させるような音楽です。弦楽器のためらうような響きから始まり、クラリネットのトリスタンの動機、愛の動機、憧れの動機、愛の魔酒の動機と続きます。ヴァイオリンが愛の動機を歌い音楽は最高潮になります。前奏曲から聴く人を高揚させていきます。


 幕が開くと、冒頭「水夫の歌」が流れ、イゾルデが「西の方に目が向くが、船は東(コーンウォール)に向う」と歌い、彼女の心の奥に潜む怒りと苦しみを死の動機も交えて表現します。底を巧みに表現しています。

 イゾルデは「私のために選ばれながら・・」と憧れの動機に載せてイゾルデが「タントロスの歌」でトリスタンとの過去のいきさつを歌います。歌が進むに連れて、イゾルデの怒りがこみ上げてきて激しい怒りの表現になっていきます。「トリスタンが謝罪に来なければ上陸することはできない」とイゾルデが歌って、トリスタンを呼び、毒薬を用意させます。トリスタンが「姫、お望みのことをおおせ下さい」と歌うと、イゾルデはトリスタンに死の薬を差し出します。イゾルデの歌が段々高揚していきます。「裏切り者。貴方のために飲むのよ」イゾルデが歌い、ふたりで薬を飲み干します。しかし実はこの薬は毒薬ではなく愛の秘薬で音楽が一変します。今まで押さえ気味に歌っていましたが、ふたりは高揚して爆発したように輝き出し、甘味な陶酔的な世界に入ります。二人の愛は燃え上がり、官能的な愛の二重唱「ああ、心の波が高まる」を歌います。抑えていたお互いの愛の心が高揚します。抑えていたふたりの愛が高揚していく音楽は大変ドラマティックです。

究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_11571098.jpg 第2幕は光の動機、フルートの憧れの動機、クラリネットの焦燥の動機、歓喜の動機、が演奏される前奏曲。幕が開くと、イゾルデがトリスタンの愛を語る「まだ聴こえて・・「愛の女神のお望みは」」で恋する女の心を表現して歌います。トリスタンが登場し「トリスタン!イゾルデ!」と抱き合い30分にわたる愛の二重唱が歌われます。危うく甘味で官能的な愛と死の動機を含む音楽、「夜の歌」は悦楽の極みに達し聴く人も官能的な世界に引き込まれる魅惑的な音楽が続きます。ブランゲーネが甘味な「見張りの歌」でふたりに警告すると、二人は抱擁を続け「聞いてください恋人よ」「それならば一緒に死のう」と一層官能的な歌を歌いあいます。突然照明が夜から昼へ反転して、マルケ王の到着ます。二人の裏切りを知ったマルケ王は「トリスタンをこんなにあいていいたのに」「後妻を取らない戸決めていたのに、トリスタンに強く押されて妻を迎えたのに」と嘆きを歌います。沈黙の後トリスタンが「一緒に死のう」イゾルデが私もついていきます」と非常に甘く美しい歌を歌います。トリスタンはメロートの剣に身を投げ出し、幕が閉じます。

 第3幕では孤独の動機、嘆きの動機による前奏曲に続いて幕が開き、トリスタンが深手の傷を負って瀕死の状態から目を覚まし嘆きの歌から始まり、内省的な静かな歌、情熱的に激しく自己表現したイゾルデに対する愛の歌、錯乱状態になり「イゾルデが来る」「その船にイゾルデが乗っていて」と感情が激しく揺れ動く様子が見事に音楽で表現されています。テノールは声量、音域、体力。気力の限界に挑戦するようなアリアの連続が、イゾルデが到着するまで続きます。イゾルデが到着しますが、トリスタンは「この太陽」の一言の後、息絶えます。イゾルデは「私よ。私よ」と音楽の拍子、速度が目まぐるしく変化しイゾルデの心の乱れを歌で表現します。マルケ王が到着し、イゾルデは目を覚まし、愛と死を歌った「穏やかな、静かな、彼の微笑」を歌い上げながら昇天していって幕を閉じます。



 イゾルデの昇天は、ワーグナーはヴェネツィア派の巨匠、ティツィアーノの名画「聖母被昇天」をイメージして作曲したと言われています。その話を知ったので、画集でこの作品を見てから聴きに行きましたが、確かに、イゾルデの昇天の音楽はティツィアーノの名画「聖母被昇天」のイメージそのものでした。

 日常世界から離脱した異常な情愛の世界を、ワーグナーは半音階とトリスタン和声と呼ばれる和声法を用いて無調音楽に通じるような斬新な音楽で表現しました。ワーグナーにとってはドラマが目的であり、音楽はそれを表現する手段として、ドラマと音楽を融合し、愛とエロスと死の究極の芸術作品を作りました。「無銘の芸術行為」を唱えたワーグナーは自らのオペラを、音楽,文学,演出,造形美術などの総合した芸術作品として、「楽劇」と名づけました。


 ワーグナーの音楽は、ひとつの旋律が終わる前に次の旋律を音楽が途切れることなく重ねていく無限旋律で、聴く人に休む時間を与えず、更に様々なライトモチーフを音楽の中に潜ませて、聴く人を特殊な世界に導いていって陶酔させてしまう魔力のような力があります。「トリスタンとイゾルデ」はその極地ともいえる作品で、頭で考えると理解できない世界に、聴く人を音楽の力で強引に引き込んでしまいます。



「トリスタン和声」は、機能和声法をぎりぎりの所まで拡大解釈して見せたワーグナーの偉大なる手腕の発露です。トリスタン和声が解決したその和音に、Dの音が含まれていることです。我々は次の小節で完全に和声が解決されたような錯覚を覚えるのですが、じつはその和音は「未解決」な和音にすぎません。こうした語法は曲全体にわたって使用されています。和音の解決が再び次の不協を生み、問題は次々と提起され、解決されないまま引き継がれていくことになります。この延々と続く和声のうねりは、トリスタンとイゾルデ二人の永遠に解決されることのないであろう愛を意味しています。


 さらに重要なのは、トリスタン和声の持つ独特な生理的効果です。この絶妙な和声は、なぜか官能的に響きます。これこそがこの楽劇の魅力です。この音楽以前に、これほど官能美をたたえた音が鳴り響いたことはなかったでしょう。この法悦感を喚起する原理は、「四度音程」の累積に基づいた音の選択にあるようです。実際、この原理は楽劇を隅ずみまで支配しています。結果として麻薬的効果が聴衆を陶酔の世界へと誘い、音楽的快感の虜とさせるのです。我々はこの和声のもつ圧倒的な煽情効果の前になすすべもありません。楽理を超越した仮想の世界、その抗い難いメフィスト的求心力の効果。幻影への陶酔。無意識の内に抑圧されている過去の苦痛や恐怖などの感情を排出し、心の緊張から解放への憧憬。情動の浄化。「音楽」というものの魅力を余すところなく表現しつくした芸術中の芸術。それが「トリスタンとイゾルデ」なのです。


 トリスタンの魅力はなにも和声だけではありません。上の楽譜(左)に赤色でしめしたメロディーライン(モティーフ)は単純な上行性の半音階進行です。しかし、トリスタン和声に乗ったこの音の動きは、上へ上へ、高いところへ高いところへ、という至高なものへの憧憬を思わせます。もちろん、トリスタンとイゾルデ二人の至上な愛への憧れを示しているのでしょう。しかし、彼らの羨望も未解決のままに終わっています。実ることのない愛。切なくも悲痛な終焉を想像させる旋律です。この4つの音からなるモティーフもまた、楽劇中で何度も繰り返し現れます。しかも、その度に、解決を見ることなく音の渦へと消えていくのです。そして、二人の理想世界への憧れは望蜀として膨張し、最後には二人の死という形で結実します。その瞬間、憧れのモチーフは、和声も極めて純粋な主和音に解決されるのです。このモティーフが不安に満ちたトリスタン和声と共に初めて聴衆の前に提示されてから、じつに3時間以上たった終結部で、ようやく死(浄化)による解決を迎えるわけです。



 確かに、ワーグナーの音楽を聴きながら舞台を観ていると、永遠の愛=死を選んで昇天していくトリスタンとイゾルデに共感させられてしまうのです。ワーグナーの音楽は、聴く人を力づくに特殊な世界に導いていって陶酔させてしまう魔力のような力があります。「トリスタンとイゾルデ」はワーグナーの音楽でも特に強い魔力を持った作品で、日常ありえないような世界の擬似大変をすることができました。


「トリスタンとイゾルデ」の音楽的な魅力は、極めて絶妙なバランスの和音の使い方です。不安定な音に聞こえる和声と極めて単純な落ち着いた和声とバランスさています。複雑怪奇な「トリスタン和声」は機能和声法をギリギリまで拡大解釈して見せる手腕、ストレスの解決には次の不協和音を生み、延々と続く和声のうねりは、トリスタンとイゾルデ二人の永遠に解決されることのない愛を感じさせます。トリスタン和声は官能美をたたえた音を鳴り響かせ、法悦感を喚起する麻薬的効果が聴衆を陶酔の世界へと誘い音楽的快感の虜とさせます。楽理を超越した仮想によるカタルシス的な憧憬と情動の浄化、幻影への陶酔の求心効果、「音楽」の魅力を表現しつくした芸術中の芸術、これがワーグナーの楽劇であり、トリスタンとイゾルデ」なのだと思います。




《トリスタンとイゾルデ」の世界》

『トリスタンとイゾルデ』も究極の愛と死の物語です。許婚を殺したトリスタンに対して、イゾルデは激しい憎しみの感情の裏側に、深い愛の気持ちを秘めていました。イゾルデは、自分がマルケ王への謙譲物だと告げるための使者として来たトリスタンに対し、自分の愛が裏切られたと感じ、激しい怒りを感じまました。しかし、トリスタンも心の底ではイゾルデを愛していました。社会の規範と自分の名誉心といった昼の世界が恋心を抑制していたのです。


 しかし、愛の秘薬はトリスタンを名誉心などの抑制から解き放ち、イゾルデも愛の秘薬を飲むことにより憎悪や怒りの気持ちから開放されます。二人は昼の世界から、情熱的に愛し合うよう夜の世界の人となります。ここで愛の秘薬とは何かが気になりますが、トーマス・マンは「愛の秘薬は水でも良かった」と言っています。薬の効果などどうでもよくて、ふたりは死の薬を一緒に飲むほど心の中では愛し合っていたということです。



 しかし、社会規範や性の規範から逸脱することは、昼の世界を呪い、社会秩序と敵対することであり、魂を夜の世界に捧げることは、死をも享受することを意味します。



究極の愛を描いたワーグナー芸術の最高峰_a0113718_12404233.jpg






 死の毒薬と思って愛の秘薬を飲んだ時点から、ふたりは死を意識しており、永遠の愛に陶酔することは、死を覚悟することでもあります。トリスタンがメロートに闘いを挑み、相手の剣に身を投げ出すことは、昼の世界ではかなわぬイゾルデへの愛のために死を選ぶことを意味します。



  愛の究極のために死を選ぶという考え方は、社会規範を厳しい当時の社会を考える有りうる話かも知れませんが、やはり現代社会に住む私たちには理解しにくいことです。まして、ワーグナーの世界は、愛のために死を選ぶのではなく、愛=死、魂の救済=死という世界を描いており、私には理屈では全く理解できません。

ワーグナーの思想のなかでは、真の恋愛とは相手の属性に対するものではなく、恋愛は恋人同士の性的一体化にあります。失恋者は一体化から逃れられていないから精神分裂が多いと考えます。「あなたはトリスタン、私はイゾルデ、もはやトリスタンではない。」イゾルデも同時にこれと同じ事を逆から言います。最後に救済は、例えば「さまよえるオランダ人」ではゼンタの愛が救済につながりますが、「パルジファル」では聖なる愚か者があらゆる性的な誘惑を断ち切ることで、アムフォルタス王やクンドリーを救済する、初期と後期の作品で一貫性がありません。あえて共通性を求めるのならば「共悩」という言葉で表現できるのかもしれません。共悩はワーグナー初期からの重要なモチーフで、「オランダ人」の中でゼンタはオランダ人の不幸な境遇に同情し、オランダ人は救済を願うがゆえにゼンタを愛します。「暗い炎がこの胸に燃えているのを私は感じる/不幸な身の私は、この炎を恋と呼んでよいのだろうか/いやいや、これは救いを求める憧憬なのだ」ここでの苦悩は厭世的な苦悩です。太古の昔にはすべてに巨大なエネルギーがあり、神話や儀式は宇宙の始めのときのエネルギーを回復しようとする試みと考えます。ワーグナー楽劇を創作することで現代に宗教的儀式の世界を作りだました。この世界(異界)は徹底して反秩序、夜の世界、苦悩から解放された世界です。これは一種の子宮回帰願望かもしれません。「トリスタンとイゾルデ」の演出で子宮を想起させる舞台にあるばあいもあります。ワーグナーは「トリスタンとイゾルデ」が完全に演奏された場合、聴衆は気が狂うのではないかと心配したといわれています。ワーグナーはこの楽劇の思想的を予想していたのかもしれません。


 確かに、ワーグナーの音楽を聴きながら舞台を観ていると、永遠の愛=死を選んで昇天していくトリスタンとイゾルデに共感させられてしまうのです。ワーグナーの音楽は、聴く人を力づくに特殊な世界に導いていって陶酔させてしまう魔力のような力があります。「トリスタンとイゾルデ」はワーグナーの音楽でも特に強い魔力を持った作品で、日常ありえないような世界の擬似体験をすることができました。






参考文献:新国立劇場トリスタンとイゾルデ」パンレット

     音楽の友社編・スタンダードオペラ鑑賞ブック「ドイツオペラ」

     三宅新二「ヴァーグナーのオペラ女性像」鳥影社










このブログを満たす方は下記のマークをクリックしていただくよう、お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村






by desire_san | 2022-08-13 01:15 | オペラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/241550934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。