ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

花の百名山

花の百名山
One hundred famous mountains of Beautiful flowers
a0113718_19594696.jpg
白馬連峰〔北アルプス〕

田中澄江の『花の百名山』に掲載された百の名山。代表的な高山祝物が見られる山という観点で選んでいるため、高山祝物を求めて山旅をする人にとっては良い指標になると思います。百名山となっているが、名峰を選んでいるわけではないらしく、尾瀬沼、沼の平、雨龍沼、葦毛湿原、五色ケ原、志賀高原、天狗高原といった山名でなく高山植物の美しい地域も選ばれています




花の百名山印は登頂済
NO/山名:山の花
1.高尾山:スミレ
2.大楠山:フユノハナワラビ
3.御前山:カタクリ
4.三頭山:ハシリドコロ
5.幕山:タツナミソウ
6.武甲山:セツブンソウ
7.高鈴山:センブリ
8.天城山:ヒメシャラ
9.三筋山:ホソバコガク
10.相模大山:ウラシマソウ
11.川苔山:アズマイチゲ
12.雲取山:フシグロセンノウ
13.地蔵岳:アツモリソウ
14.黒檜山:クサタチバナ
15.至仏山:アズマギク
16.大岳山:イワウチワ
17.高水山:ツルリンドウ
18.鶏頂山:ショウジョウバカマ
19.大菩薩峠:ギンバイソウ
20.武州御嶽:ウケラ
21.生藤山:ホタルカズラ
22.石割山:オオバギバオウシ
23.尾瀬沼:ギョウジャニンニク
24.八幡平:イソツツジ
25.大滝根山:シロヤシオ
26.鎌倉岳:コバノトネリコ
27.早池峰山:チシマコザクラ
28.田代山:キンコウカ
29.鳥海山:チョウカイフスマ
30.月山:ウズラバハクサンチドリ
31.羽黒山ミヤマヨメナ
32.栗駒山:ヒナザクラ
33.安達太良山:ツリガネツツジ
34.五葉山:ミネザクラ
35.利尻山:シコタンハコベ
36.礼文岳:レブンソウ
37.余市岳:エゾカンゾウ
38.夕張岳:ユウバリソウ
39.大千軒岳:サルメンエビネ
40.斜里岳:タカネナデシコ
41.大雪山:イワウメ
42.アポイ岳:アポイマンテマ
43.富良野岳:ハクサンイチゲ
44.十勝岳:イワブクロ
45.沼の平:サンカヨウ
46.羅臼岳:チシマツガザクラ
a0113718_19575077.jpg
羅臼岳〔北海道・知床〕

47.樽前山:ウラジロタデ
48.雌阿寒岳:メアカンフスマ
49.空沼岳:オクトリカブト
50.雨龍沼:ヒオウギアヤメ
51.国師ケ岳:クモイコザクラ
52.葦毛湿原:シラタマホシクサ
53.金峰山:シャクナゲ
54.白山:ミネズオウ
55.立山:イワイチョウ
56.薬師岳:キバナノシャクナゲ
57.黒部五郎岳;チングルマ
58.五色ケ原:クロユリ
59.弓折岳:ムシトリスミレ
60.双六岳:コバイケイソウ
61.仙丈岳:シナノナデシコ
62.根子岳:ウメバチソウ
63.苗場山:ツルコケモモ
64.霧ノ塔:トキソウ
65.守屋山:ザゼンソウ
66.黒斑山:ヒメシャジン
67.浅間山ムラサキ
68.槍ケ岳トウヤクリンドウ
69.白馬岳コマクサ
70.木曽駒ケ岳:ヒメウスユキソウ
71.木曽御嶽:リンネソウ
72.西穂高岳:センジュガンピ
73.戸隠山:クリンソウ
74.火打山:ハクサンコザクラ
75.縞枯山:オサバグサ
76.爺ケ岳:カライトソウ
77.鹿島槍ケ岳:タカネツメクサ
78.五頭山:オオイワカガミ
79.高峰山:コウリンカ
80.霧ケ峰:ヤナギラン
81.志賀高原:イブキジャコソウ
82.浜石岳:ヤマユリ
83.三上山:イワナシ
84.藤原岳:アワコバイモ
85.雲仙山:ヒロハノアマナ
86.二上山雄岳:テイショウソウ
87.葛城山:ミヤマラッキョウ
88.愛宕山:オタカラコウ
89.御池岳:ヤマエンゴサク
90.大台ケ原山:イナモリソウ
91.大山:ダイセンクワガタ
92.天狗高原:ユキモチソウ
93.東赤石山:コイチヨウラン
94.横倉山:オオバノトンボソウ
95.石槌山:キレンゲショウマ
96.丸笹山:ワチガイソウ
97.剣山:クリンユキフデ
98.韓国岳:マイヅルソウ
99.久住山:ツクシフウロ
100.祖母山:カキラン
[PR]
by desire_san | 2009-05-31 12:59 | 日本の名峰 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/8328546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ホルヘ・ゴンサーレス at 2009-06-02 10:24 x
花の百名山は花の時期が短いので、その山の花の盛りのときに登るということがなかなか難しいですね。実際花の百名山は私の場合花が旬でない時に登っていることが多いです。そんな中、利尻と礼文は花まっさかりのときに好天のときに登れたのがよかったです。礼文島の西海岸8時間コースや桃岩周辺の散策はとくにお勧めです。
Commented by ふどう at 2009-06-04 01:44 x
ここにしか咲かない花・・・
あるいは、ここでこその花・・・があり
それを目的に登る方も多いと聞きます。

たまたま、イイデリンドウを7月の飯豊山で見たりした時は
嬉しかったですけど、それを目的に登ることはありませんでした。

ただ、キタダケソウだけはなんとか見たいものです。。。。

数少ない自分の登頂記録のなかで最も印象的だったお花畑は
幌尻岳の山頂直下のすり鉢ですw
Commented by desire_san at 2009-06-04 15:51
ホルヘ・ゴンサーレスさん
礼文の情報をありがとうございます。今度礼文に行くとき是非行ったみたいと思います。

Commented by desire_san at 2009-06-04 15:55
ふどうさん
イイデリンドウの飯豊山は私も感激しました。飯豊は高山植物の種類の多い山ですね。
Commented by かとっぺ at 2009-06-10 17:26 x
趣味人の一枚目の写真はどちらの山なんでしょうか?
色彩に溢れる山がとても美しかった!

by desire_san