ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

ループル美術館展

ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画
The Louvre Museum exhibition and the 17th century Europe pictures

ルーヴル美術館の美術展だけあって傑作の目白押し。気に入ったものを挙げても、レンブラント「縁なし帽子をかぶり、金の鎖をつけた自画像」、フェルメール「レースを編む女」、ルーベンス「ユノに欺かれるイクシオン」ヨルダーンス「4人の福音書は記者」、フランス・ハルク、ラ・トゥール「大工ヨセフ」、ムリーリョ「無原罪の聖母」・・・・、画家としてはベラスケス、プッサン、クロード・ロラン、ライスダールなどバロック代表的な画家がほとんど揃っていました。コルトーナ、ドルチ、ドメニキーノ、グェルチーノといった日本ではあまり紹介されたことのない画家の作品もきていました。





TheLacemaker is a painting by the Dutch artist Johannes Vermeer (1632–1675),completed between 1669–1670 and held in the Louvre, Paris. The work shows ayoung woman dressed in a yellow shawl, holding up a pair of bobbins in her lefthand as she carefully places a pin in the pillow on which she is making herbobbin lace. At 24.5 cm x 21 cm (9.6 in x 8.3 in), the work is the smallest ofVermeer's paintings,[1] but in many ways one of his most abstract and unusual


 最も好きな作品を選ぶとすればと、フェルメールの「レースを編む女」でしょうか。30cm足らずの非常に小さい作品ですが、そこに肉体と精神を持った女性が時空を超えて実在するような存在感が素晴らしく、この時代の作品として珍しく背景も含めて絵全体に明るさと繊細さがあふれていました。印象派の画家たちも絶賛しています。ルノワールの「世界で最も美しい絵画の一つ」と言い、カミーユ・ピサロも「印象派の絵に近いものがある」と指摘しています。手前に垂れ下がるように描かれた糸のまとまりの部分の表現は、2世紀年以上後の印象派の画家のようなタッチです。2007年に国立新美術館で展示されたアムステルダム国立美術館所の「牛乳を注ぐ女」とともにフェルメールの世界の魅力を最も感じた名画でした。


The girl is set against a blank wall, probably because the artist sought to eliminate any external distractions from the central image. As with his The Astronomer (1668) and The Geographer (1669), it is obvious that the artist undertook careful study before he executed the work; the art of lacemaking is portrayed closely and accurately.[3] Vermeer probably used a camera obscura while composing the work: many optical effects typical of photography can be seen, in particular the blurring of the foreground.[1] By rendering areas of the canvas as out-of-focus, Vermeer is able to suggest depth of field in a manner unusual of Dutch Baroque painting of the era

 日本に来るのは珍しい作品としては貧しい農民の姿を精神性を含めて描いたルナン兄弟「農民の家族」が印象的でした。フェルメール、ラ・トゥール、ムリーリョなどに魅せられて会期中3回も国立西洋美術館に通ってしまいました。
国立西洋美術館〔2009年2月28日~6月14日







にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
この記事を読んだ方は上のマークをクリックして下さい。
[PR]
by desire_san | 2009-10-12 11:23 | 美術展 & アート | Trackback(3) | Comments(5)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/8337825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ご~けんのAudio &.. at 2009-07-09 18:13
タイトル : ハーグからデルフトへ(6/4)
アムステルダムから電車で40-50分、お目当てはもちろんフェルメールの絵を見ることです。ここマウリッツハウス美術館では、「デルフトの眺望」、「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」、「ディアナとニンフたち」の3点がありました。やはり撮影禁止だったため、これらは絵葉書からSCANしたものです。ようやく逢えたターバンの少女、そしてデルフトの眺望は想像以上に素晴らしい作品でした。館内を巡りながら、何度この部屋に戻ってきたか、、。本物を現地で見ることは時間の制約もなく、心ゆくまで作品を味わう意味で、やはり...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2012-07-24 09:19
タイトル : 人気絶頂のフェルメールの「美少女」
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」 Johannes Vermeer"Girl with a Pearl Earring" フェルメール「真珠の耳飾りの少女」は、売り出し中の人気若手女優、武井咲さんに「真珠の耳飾りの少女」に同じ衣装で作品そっくりののポーズをとらせたり、連日のテレビ番組での宣伝、更には上野の商店街あげての宣伝などが効を証してか、平日でも美術館に入るのに30分~1時間待ち、さらに美術館の中で、「真珠の耳飾りで1時間待ちのフィーバー状態のようです。せっかく日本に来ているので一度...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2012-07-24 09:21
タイトル : 過去に来日した作品も回顧してフェルメールの魅力を探る
フェルメール Johannes Vermeer 今年は昨年末から3月までBunkamuraザミュージアムで「フェルメールからのラブレター展」で3点のフェルメールの作品が来日しました。フェルメールは作品数が非常に少ないにも関わらず、日本でのフェルメールの人気が高く、最近は常にフェルメールの作品が1点でもあれば、その美術展の看板になっています。フェルメールの作品の魅力はどこにあるのかを、過去に日本に来たフェルメールの作品と美術展のカタログなど文献も参照しなが...... more
Commented by メリー at 2009-06-04 09:10 x
ルーブル美術館?美術館に見に行ったのですか。絵鑑賞するのが好きなのですか。写真でもすごいのですから、実際見たらもっと違った面が見られたかも~~ 
Commented by desire_san at 2009-06-04 15:47
メリー さん、コメントありがとうございます。
これらの絵画は上野の国立西洋美出館の「ルーブル美術館」で見ることができます。会期末なので結構混んでいるようです。
Commented by ルブール at 2009-06-09 12:54 x
ルーブル展、圧巻たる作品群に、驚愕の連続だったことと思います。もう会期末ですね。わたしも久しぶりにこれら巨匠たちの作品たちと再会したいと思います。
Commented by dezire at 2009-06-09 22:09 x
国立西洋美術館の「ルーヴル美術館展」はも展示されている内容から見ると、おそらく今年のベスト1の内容だと思います。
Commented by ina at 2009-06-10 13:28 x
フェルメールの絵は、構図的には平凡であるので、そのまま写真にすると平凡な写真になると思います
。単純化された構図ゆえに計算された色彩によって人々を魅了する美が表現されるのかと考えています

by desire_san