ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

優雅で品格のあるクラシック・バレエの傑作

バレエ「白鳥の湖」
Ballet "lake of a swan"


 『白鳥の湖』は音楽にもバレエにも優れた品格と優雅さをもつ、 『ジゼル』と並んでクラシックバレエを代表する傑作です。プリマ・バレリーナでこの作品を踊ったことのない人はいないといえる作品で、その時代の世界を代表するプリマ・バレリーナの舞台があり、多くの映像が残っています。その中から、代表的な生の舞台の感想を紹介します。



"Thelake of a swan" has dignity and grace excellent in music and ballet, It isa masterpiece which represents classical ballet along with"Gisele."The prima ballerina who has not danced this work is a workwhich can be referred to as absent, he has a stage of the prima ballerinarepresenting the world of that time, and many images remain.The comment of thetypical raw stage are introduced out of it.



  『白鳥の湖』の舞台は今まで4回観ています。その中で最初の印象に残った『白鳥の湖』の舞台は、1998年の新国立劇場オペラ劇場でのダーシー・バッセルの舞台でした。ダーシー・バッセルは体が柔らかく動きがなめらかで、彼女のオデット/オディールは優美で叙情性がありました。

Thestage of "the lake of a swan" is seen 4 times until now. The stage ofthe "lake of a swan" which remained in the first impression in it wasa stage of Darcey Bussell in the New National Theater opera theater in 1998.Thebody is soft, Darcey Bussell had the smooth motion, her Odette / Odile weregraceful, and there was lyricism.


 次に『白鳥の湖』の印象に残る舞台に出会ったのは、2007年のグルジア国立バレエでのアナニアシヴィリの舞台でした。私が観た最高のオデット/オディールは、アナニアシヴィリだったと思います。アナニアシヴィリのオデットは、完璧なまでの造形美にしっとりとした叙情性、哀しさ、儚さ、突然の恋に対する怯え、凍りついたような表情など、演技を超えた無類の表現力と風格、それは、バレリーナの踊る白鳥ではなく、まさに白鳥そのものでした。一転してオディールでは、高度な技巧を織り交ぜた妖艶で情熱的ともいえる華やかさで、超絶技巧の「黒鳥と王子のグラン・パ・ド・ドゥ」を余裕の笑顔を絶やさず、圧倒的な輝きを持って軽々と踊り抜きます。まさに、アナニアシヴィリの多彩な魅力が濃縮した舞台でした。


Next,the stage of Nina Ananiashvili in Georgia national ballet in 2007 met with thestage which remains in the impression of "the lake of a swan." I think thatthe highest Odette / Odile was Nina Ananiashvili.The incomparable power ofexpression and dignity, and it beyond performances, such as lyricism gentlymade into modeling beauty raw [ with perfect Odette of the Nina Ananiashvili ],sadness, transiency, and expression to sudden love that frightened and froze,were not a swan which a ballerina dances, but were just the swan itself.Thesmiling face of a margin not being wiped out but dancing "the grand pas dedeux of Kurotori and a prince" of techniques matched by none by thebrightness for which advanced art was suddenly woven in by Odile and whichmight be fascinating and it might say to be passionate, is lightly kept withoverwhelming brightness.It was the stage which a variegated charm of NinaAnaniashvili just condensed.


アナニアシヴィリは「白鳥の湖」の役について次のように語っています。「まずオデットがいて、この役はとても悲しい役として踊らなくてはならず、悲しい白鳥の物語、そして愛をどれほど彼女が恐れているかを表情で見せなければなりません。もしこの愛が真実でなければ、オデットは死ぬか、死ぬまで白鳥でいなければならないからです。オディールを踊るときには別人として踊る必要があります。美しく悪い女で、王子をどうすれば魅了できるかを判っているのがオディールです。」再びオデットでは、白鳥の羽のように優雅で哀しく表現に戻ります。


NinaAnaniashvili is telling as follows about the role of "the lake of a swan."There must be Odette first, this role must be danced as a very sad role,and it must be shown with expression whether she fears the tale of a sad swan,and love however.It is because there must be Odette by a swan until he dies ordies if this love is not true.When dancing Odile, it is necessary to dance asanother person.It is Odile which is understood whether to act as a prince tocharm how by a bad beautiful woman. " By Odette, it returns to expressiongracefully and sadly like the feather of a swan again.


 そして最も記憶に新しいのがザハロワの「白鳥の湖」です。ザハロワのオデットは、美しい容姿とプロポーションから繰り出される美しいポーズと優雅で滑らかな動きはため息をつくほどです。オディールでは、オデットのたおやかな白鳥とは一転して躍動感のある高度のテクニックを披露します。


"lakeof a swan" of Svetlana Zakharova was the fresh in memory.The appearancewith Zakharova's beautiful Odette, the beautiful pause which it lets out fromproportion, and the graceful and smooth motion. .In Odile the advancedtechnique which turns around and has a feeling of a lively motion is announcedas Odette's graceful swan.


3人とも世界を代表するバレリーナで、それぞれ完成度の高い舞台でした。各々十分満足できる舞台でしたが、あえて比較間すれば、アナニアシヴィリの神がかり的表現力が強烈に印象に残りました。















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by desire_san | 2010-01-23 17:03 | バレエ・演劇 | Trackback(1) | Comments(11)
トラックバックURL : https://desireart.exblog.jp/tb/9741387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-02-26 06:53
タイトル : クラシック・バレエ音楽の最高傑作の魅力
バレエ「白鳥の湖」 Tchaikovsky "Swan Lake"  新国立劇場で「白鳥の湖」を見てきました。バレエといえば誰もが「白鳥の湖」を思い浮かべますが、意外にあまり「白鳥の湖」の舞台を見たことがなく、日本人キャストで「白鳥の湖」を見たのはこれが初めてでした。 Music of "Swan Lake" is especially excellent in the ballet music. Tchaikovsky has given the friendly and gorge...... more
Commented by lanolanolano at 2010-01-23 18:27
コメントありがとうございました。
アナニアシヴィリはまだ現役なのですねぇ。
子どものこと中心でいろいろ疎くなり、ザハロワの舞台は生で見たこともないのですが、いつか見てみたいです。日本のほうが有名なかたがあちこちから集まって踊ってくださるのかもしれませんね。
Commented by やっくん at 2010-01-23 19:02 x
私の友人で女性ですがバレエをやっています。彼女に話せばきっと行きたかったと言うでしょうね。その彼女と、昨年は宝塚を見に行きましたよ。
Commented by ちえちえ at 2010-01-23 19:27 x
コメント、ありがとうございました。
バレエやオペラに詳しくていらっしゃるのですね。尊敬します。
また、山もお好きなんですね。私も結婚前は登山が好きで、特に白馬岳が大好きです。
いろいろお話が合いそうですね。また、お邪魔します。
Commented by いっこさん at 2010-01-23 20:13 x
私のブログにコメントありがとうございました。
同じ作品のバレエでも踊り手や舞台装置、衣装などによって印象が変わりますよね。
Commented by kitori at 2010-01-24 02:21 x
こんばんは☆
ご訪問&コメントどうもありがとうございました。
今回のザハロワの降板は本当に残念でしたね。
ウヴァーロフが好調だっただけに二人の作り出す素晴らしい舞台が観たかったです・・・。
Commented by whitemirror at 2010-01-24 16:30
ご訪問、コメントありがとうございます。
バレエ,私も大好きです。
美しいですよねえ。
なかなか日本での公演は席がお高くていかれないのですが、それでもどうしても見たいものだけは〜〜〜。
とがんばってます。
アナニワシヴィリは表情が豊かで大好きです。
Commented by すがわら ひろこ at 2010-01-24 17:41 x
 素敵なバレーの写真で、私はパソコンに書くだけがやっとできるので、写真もいれられません。感動の場面です。ありがとう。
ほかの写真も素敵で、またみたいので、お気に入りに入れて、楽しみたいと思います。コメントありがとうございました。
Commented by cocodargent at 2010-01-28 19:24
こんにちは。
ブログへのご訪問とコメント有り難うございました。
最近なかなかバレエを観に行かれません。日本はお値段が高いですが、色々なビッグスターが来日するのでいいですよね。
バレエにのみならず、アーティストによって同じものが違って見えるのが面白いところです。こんな風に表現できたら楽しいんだろうななんて思ったりします。
Commented by kokkom at 2010-01-31 10:25
おはようございます。
私のブログに書き込み有難うございました。
大昔にバレエを習っていたことがあります、でもバレエを見に行く機会はありませんでした。
随分詳しくて羨ましいです、又素敵な写真や感想を読ませていただくのを楽しみにしています。
Commented by saru1628 at 2010-02-01 06:58
はじめましてコメントありがとうございます。綺麗な写真です。また遊びに来ます。
Commented by iwamoto at 2010-03-01 20:08 x
オデットとオディールを同じダンサーが踊るということが、驚異ですよね。
脅威かもしれません。 アナニアシヴィリが健在とのこと、嬉しいニュースでした。 ギエムも好きですけど(笑)
それから、鳥としては黒鳥の方が好きです。