ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った自然とアート   

グノー『ファウスト』

Charles Gounod "Faust"

a0113718_21080144.jpg



 グノーの『ファウスト』は、ドイツの文豪ゲーテの『ファウスト』1部「グレートヒェン悲話」の章を題材に、シャルル・グノーによって作曲されたオペラで、美しいアリアや二重唱などの名曲が散りばめられた19世紀フランス・オペラの真髄といえるグランドオペラの傑作です。1883年のMETのコケラ落としを飾った『ファウスト』の舞台は、人気、実力ともにテノールの第一人者、ヨナス・カウフマン(ファウスト)を始め、ルネ・パーペ(メフィストフェレス)、マリーナ・ポプラフスカヤ(マルグリット)という最高の実力派キャストを揃え、指揮はカナダの俊英、ネゼ=セガン。この作品では現代最高の舞台を 東銀座の東劇・METライブビューイングで観てきました。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-09-18 15:30 | オペラ | Trackback | Comments(2)
ミケランジェロ 『ダヴィデ=アポロ』 
Michelangelo  "David Apollo"


a0113718_21305109.jpg




 「ミケランジェロと理想の身体」展が国立西洋美術館で619日〜924日開催されています。日本初公開の彫刻作品『ダヴィデ=アポロ』を中心に、ミケランジェロに影響を与えた古代ギリシャ・ローマ作品やミケランジェロから影響を受けたルネサンスの作品50点を展示し、大理石およびブロンズ彫刻、壁画、油彩、素描、陶器など多様な作品を「幼少期から青年期の男性表現」「アスリートと戦士」「神々と英雄」などの切り口で紹介し、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの身体美の表現に迫る展覧会となっていました。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-09-12 15:55 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(17)

スポレート サンタ・マリア・アッスンタ聖堂

SpoletoCathedral Cattedrale diSanta Maria Assunta


a0113718_15221437.jpg

 ウンブリア州のなだらかな緑の丘陵地帯に広がる変化に富んだ美しい風景。ルネッサンスの数々の傑作は、この地方の美しい自然と芸術の融合、平和と穏やかさから生まれました。芸術と信仰の中世の街アッシジは、イタリアを代表する聖人聖フランチェスコと彼を描いた傑作があり、カレンディマッジョといった伝統的な古式行事の時には多くの人々を迎えます。州都ペルージャは丘の上にある古い歴史ある街で、イタリアでも指折の芸術・建築遺産があり、大学やイベントで多くの外国人も集まる国際的な街です。山や丘に点在するグッビオ、オルヴィエート、スポレートなどの小さな村々にもすばらしい芸術遺産です。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-09-08 17:01 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(1)

フラ・アンジェリコ 『聖母戴冠』

Hula Angelico "Virgin Crown"


a0113718_17392013.jpg

 

 

 フラ・アンジェリコは、15世紀前半のフィレンツェを代表する画家であり、本名はグイ-ド・ディ・ピエトロ (Guido di Pietro) 1400-1455)で、フラ・アンジェリコは「修道士アンジェリコ」を意味する通称です。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-08-29 14:38 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(3)
バレエ『眠れる森の美女』

Ballet"Sleeping Beauty"


a0113718_18480373.jpg



 グランドバレエの最高傑作『眠れる森の美女』を新国立劇場が誇る小野絢子、福岡雄大、本島美和の舞台で鑑賞してきましたので、『眠れる森の美女』を音楽的見地から整理してみました。また、プリマバレリーナ、小野絢子さんの表現力と魅力をレポートしてみました。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-08-12 22:09 | バレエ・演劇 | Trackback | Comments(8)

ベートーヴェン『フィデリオ』

Beethoven “Fidelio”


a0113718_22455901.jpg


『フィデリオ』は、偉大な楽聖・ベートーヴェン唯一のオペラで、金字塔ともいえる渾身の作品です。正義と自由、夫婦愛を讃える ベートーヴェン『フィデリォ』を新国立劇場20周年記念特別講演として新製作されました。大作曲家ワーグナーの曽孫であり、バイロイト音楽祭総監督であるカタリーナ・ワーグナー演出という注目の舞台を体験してきました。 



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-06-20 21:14 | オペラ | Trackback | Comments(10)
サン・ジミニャーノ
SanGimignano
a0113718_09540995.jpg

 


トスカーナに流れるエルサの渓谷を見下ろす丘に築かれた "美しい塔の街" は、中世の街です。この町の歴史はトルリア人の定住から始まり、サン・ジミニャーノの街の名前は398年になくなったモデナの司教、聖ジミニャーノからとられたそうです。現在の人口は約7千人、中世の町並みがサン・ジミニャーノ歴史地区としてユネスコの世界遺産に登録されています。



More全体を見る
[PR]
# by desire_san | 2018-06-01 03:51 | イタリア | Trackback | Comments(23)

グリューネヴァルト

イーゼンハイム祭壇画『磔刑』

MatthiasGrünewald “IsenheimAltarpiece`


a0113718_18144806.jpg


 グリューネヴァルトの代表作であるこの祭壇画は、フランスとドイツの国境に修道院に安置されていた時のオリジナルの状態を説明したものによれば、現在のフランスのアルザス地方に位置する、コルマールにあるウンターリンデン美術館に収蔵されています。コルマールへは、リヨンから高速列車で来ることができました。 元はコルマールの南方20kmほどに位置するイーゼンハイムにありました。この作品は、イーゼンハイムの聖アントニウス会修道院付属の施療院の礼拝堂にあったものであり、修道会の守護聖人聖アントニウスの木像を安置する1511年‐1515年頃に制作された彩色木彫祭壇です。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-05-29 18:25 | 北方ルネサンスとフランドル美術 | Trackback | Comments(5)

ピエロ・デラ・フランチェスカの魅力

Piero della Francesca


a0113718_23052544.jpg




 ピエロ・デラ・フランチェスカの描く描写の様式は、民衆的物語に深遠で壮大な品格を与え、叙事詩の領域まで高めています。遠近法と短縮法を馳駆したピエロ・デラ・フランチェスカの甘味なる新様式は、16世紀初頭のヴェネツィア絵画の影響を予感させます。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-05-25 18:33 | イタリア・ルネサンス美術の旅 | Trackback | Comments(8)

ル・ピュイ=アン=ヴレー

Le Puy-en-Velay


a0113718_17124132.jpg




 フランスの中心部にあるオーヴェルニュ・ローヌアルプ地方は火山地帯で、火山活動により隆起した奇岩が多く見られます。ル・ピュイ・アン・ヴレーもそのひとつです。町には2つの奇岩が聳え、その上に建てられた聖母像と礼拝堂が町を見下ろす奇想の景観は、世界のここでしか見られないものです。



More 全体を読む
[PR]
# by desire_san | 2018-05-25 17:22 | ロマネスク美術の旅 | Trackback | Comments(1)

by desire_san