人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

カテゴリ:ローマ美術の旅( 9 )

サンタ・プラッセーデ大聖堂

Basilica of Saint Praxedes

a0113718_09445428.jpg



 サンタ・プラッセーデの聖堂は、ローマでも最も有名なサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂からすぐそばのモンティ地区、エスキリンの丘の上に位置する神聖な建物です。その歴史を教皇パスクアレ1世、西暦2世紀に住んでいた若い殉教者・プラッセーデに由来します。何世紀にもわたってローマ中世初期の芸術と歴史の両方の機能を備え、9世紀から保存されている保存状態の良いモザイクを有し、サンピエトロの当時のバシリカの特徴をたどることによって造られました。



More 全体を読む
by desire_san | 2019-06-22 09:59 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(2)

ヴィラ・ファルネジーナ

VillaFarnesina

a0113718_17081333.jpg



ヴィラ・ファルネジーナは、ルネサンスの宝石ともいわれ、完成当時、ローマ中のインテリや貴族達の集まるサロンともなった美しい館でした。現在は、ガリレオ・ガリレイなどが会員として活動していたこともあり、1603年創立の世界的にも由緒ある学会であるAccademia Nazionaledei Linceiという国立科学アカデミーが管理しています。特別な来客に対しては、ヴィラ・ファルネジーナを迎賓館としても利用しています。内部にはルネサンス時代のフレスコ画があり、小さな庭園も一般公開されていました。



More 全体を読む
by desire_san | 2019-05-13 21:20 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(8)

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会

SantaMaria della Pace

a0113718_15341520.jpg

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会は、ナヴォーナ広場の北部から西へ約100m、サンタマリアデルアニマ教会の隣にある第5ローマリオーネ ポンテに位置しています。15世紀の外側に4対の支柱で支えられたバロック様式のファサードと内部の繊細で素晴らしい内装と絶妙なモニュメントが残っています。ルネサンス期最大の建築家・ドナト・ブラマンテの最初の仕事、近隣の回廊もよく知られています。



More 全体を観る
by desire_san | 2019-05-09 01:20 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(4)

マッシモ宮殿

TheVilla of Livia in the Palazzo Massimo

a0113718_00562689.jpg


 マッシモ宮殿は、枢機卿フェリーチェペレッティの別荘で、ネグローニ家の敷地に建てられました。1981年に、イタリアの州はディオクレティアヌスの浴場で、主要な建物が近くにあるローマ国立博物館の建物と別館を取得し、博物館は1998 年に完成しました。最上階の3階の第2室には、博物館で最も美しいフレスコ画と言われる”リヴィア家のフレスコ画が展示されています。ヴィラディリヴィアのガーデンルームは-1863年に発見され、庭園のフレスコ画が描かれた地下空洞に付けられた名前で、第二ポンペイ様式として知られているローマの庭の最も古い壁画の一つです。



More 全体を観る
by desire_san | 2019-05-02 03:47 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(6)

サン・マウリツィオ教会

San Maurizio Church in theMaggiore Monastery

a0113718_18015971.jpg


サン・マウリツィオ・アル・モナステロ・マッジョーレ修道院は、16世紀に再建され、すでにベネディクト会に属する街で最も重要な女性修道院で、初期のキリスト教徒起源のミラノの教会です。外見上はとても簡素な造りなので訪れる人が少ないですが、内部は広大な色とりどりのフレスコ画で内部は色とりどりのフレスコ画で装飾されておりミラノの "システィーナ礼拝堂"と呼ばれています



More 全体を観る
by desire_san | 2019-04-16 02:16 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(0)
ジェズ教会

Churchof the Gesù

a0113718_19080128.jpg




ジェズ教会は、ヴェネツィア広場に近い中心部ジェズ広場に面ししていて、ローマでも屈指の内部装飾の美しい教会ということで、一度行って見ることにしました。



More 全体を観る
by desire_san | 2019-04-09 00:15 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(0)

永遠の都・ローマ街歩

WalkingRoman street in eternal city

a0113718_18325461.jpg



 永遠の都・ローマは、歴史の絵巻であり、賞賛されるに値する見逃すことのできない美しい宝物でした。 ローマの街は、西洋の街並みのモデルとなり、何世紀にもわたって都市文化の根拠を見ることができました。ローマの街通りは、私が想像していた以上に都市の真実を表しているように感じました。多様な観光案内や文学と非常に豊富な画像を通して、多くローマに関する本のが、主要な文化の発展を明確に教えてくれましたが、現在の都市の問題と矛盾を理解するためにも、ヨーロッパの歴史に最も深く関わってきた街・ローマは、美術、建築、西洋の文化史などあらゆる文化に興味を持っている私には刺激的な魅力ある街でした。



More 全体を見る
by desire_san | 2018-12-21 23:07 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(6)
カラヴァッジョ      天才画家の38年の生涯 

Just38 years of the life of the genius painter. Caravaggio

a0113718_07121534.jpg

カラヴァッジョ『果物籠』1596年頃 アンブルジアーナ絵画館(ミラノ)


 『果物籠』は天才カラヴァッジョの静物描写の頂点といえる作品です。この作品は、若き修行時代から持っていた写実的描写力の恐るべき才能を持っていたカラヴァッジョを如実に感辞させる作品です。幾多の画家が描いてきた瑞々しく美しい果物の描写のみに留まらず、枯れ朽ちる葉や腐敗する果実のような醜い部分まで徹底したリアリズムで描写してその現実を見る人に伝えています。カラヴァッジョは若き日からから晩年にまで生涯現実を見つめ、徹底したリアリズムで現実を描写し、後世に多大な影響を与えました。その妥協を許さない性格がゆえに、彼は人生を波乱万丈の人生を歩むことになります。



More全体を読む
by desire_san | 2016-06-03 11:00 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(33)
ボルゲーゼ美術館展

a0113718_22161583.jpg


More全体を読む
by desire_san | 2010-03-21 22:26 | ローマ美術の旅 | Trackback | Comments(17)