人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

カテゴリ:北方ルネサンスとフランドル美術の旅( 25 )

フェルメールとレンブラント

  オランダ黄金時代のオランダ絵画

Vermeerand Rembrandt: 17th century Dutch Golden Age

a0113718_06201351.jpg



 オランダは17世紀スペインからの独立した後、経済が急成長し貿易網を構築し世界に名だたる強国、富裕国として発展して黄金時代を築きました。この時代、新たな芸術文化が発展し、「光の画家」フェルメールやレンブラントをはじめフランス・ハルス、ヤン・ステーン、デ・ホーホなど絵画の分野で優れた画家を輩出しました。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代』展が開催されていましたので見てきました。




More全体を読む
by desire_san | 2015-03-16 05:56 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback | Comments(37)
マウリッツハイス美術館展
Mauritshuis Museum exhibition
a0113718_9134214.jpg


 東京、上野の東京都美術館の大改修後のリニューアルオープン第一弾の特別展として、フェルメールの人気作品「真珠の耳飾りの少女」を始め17世紀オランダ・フランドル絵画では世界屈指のコレクションを有するマウリッツハイス美術館の美術展が開催されました。



More全体を読む
by desire_san | 2012-09-13 09:53 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(7) | Comments(27)
ベルリン国立美術館展
Berlin National Gallery exhibition
a0113718_930931.jpg


 上野の余興西洋美樹館で、ルネサンスから18世紀までの絵画や彫刻を集めた「ベルリン国立美術館展」が排滓されました。ルネサンスからマニエリスム、バロックに至る彫刻が数多く展示され、珍しい展示構成になっていました。ここでは。特に印象に残った作品について書いてみました。

More全体を読む
by desire_san | 2012-09-04 09:41 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(7) | Comments(15)
フェルメールセンター・銀座
The Vermeer center in Ginza
a0113718_14231180.jpg


 「フェルメール・センター銀座」は、現存する全フェルメール作品を最新のデジタルマスタリング技術によって、彼が描いた当時の色調とテクスチャーを推測して、原寸大で、所蔵美術館と同じ額装を施して再現し、制作年代順に展示した企画です。

More全体を読む
by desire_san | 2012-08-25 14:24 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(7) | Comments(12)
フェルメール「真珠の耳飾りの少女
Johannes Vermeer"Girl with a Pearl Earring"
a0113718_7205120.jpg


フェルメール「真珠の耳飾りの少女」は、売り出し中の人気若手女優、武井咲さんに「真珠の耳飾りの少女」に同じ衣装で作品そっくりののポーズをとらせたり、連日のテレビ番組での宣伝、更には上野の商店街あげての宣伝などが効を証してか、平日でも美術館に入るのに30分~1時間待ち、さらに美術館の中で、「真珠の耳飾りで1時間待ちのフィーバー状態のようです。せっかく日本に来ているので一度見ておこうと、金曜日の夜の閉館30分前の間隙をねらっさて見てきました。

More全体を読む
by desire_san | 2012-07-09 00:29 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(3) | Comments(18)