人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

厳島神社
Itsukushima Shrine
a0113718_15363895.jpg


厳島神社は、広島湾に浮かぶ厳島の北東部の弥山北麓にあります。社殿は本殿・拝殿・高舞台・回廊・不明門など6棟が国宝に、能舞台・長橋・反橋・五重塔・多宝塔など14棟が重要文化財に指定されており、神社全体が「厳島神社」としてユネスコの世界文化遺産にとして登録されています。また、厳島全体は「安芸の宮島」として日本三景の一つになっています。

More全体を見る
by desire_san | 2012-12-29 17:30 | 日本の美術・文化遺産 | Trackback | Comments(29)
シャルダン「食前の祈り」
Chardin "The prayer of time before the meal"
a0113718_6285657.jpg


 東京の三菱一号館美術館で、国内で初めての本格的なシャルダン展が開催されています。寡作の画家シャルダンの作品が、最高傑作と言われる「食前の祈り」を始め38点が集結し、シャルダンの作品の全貌を知るよい機会となりました。

More全体を読む
by desire_san | 2012-12-24 06:38 | 美術展 & アート | Trackback(3) | Comments(35)
バレエ「シンデレラ」
Ballet "Cinderella":Fairy tale & Fantastic ballet for Christmas

a0113718_21583701.jpg



 例年、クリスマスの時期に新国立劇場では、この時期の人気バレエとして、「くるみ割り人形」か「シンデレラ」上演されます。今年はバレエ「シンデレラ」が上演されました。


More前提を読む
by desire_san | 2012-12-22 03:33 | バレエ・演劇 | Trackback(1) | Comments(15)
平木収「写真のこころ」
"heart of a photograph"  How to feel the heart and the photograph
a0113718_14343093.jpg

写真:裏磐梯・達沢の不動滝 Photo Tatsusawa- Fudodaki in Urabandai ,Fukushima

 この本は、著者の最初で最後の著作で、カメラ雑誌に載せられた文章・対談から選りすぐって編集したものです。著者の写真評論の活動を凝縮し、自分の人生と写真史を踏まえながら、1970年代後半から20世紀末にいたる写真界の断面を表現しています。

More全体を読む
by desire_san | 2012-12-16 22:38 | 風景写真 & 女性 | Trackback | Comments(6)
リヒテンシュタイン展
The hidden treasures of the splendid marquis house
a0113718_1934489.jpg


 ヨーロッパの小国・リヒテンシュタインの侯爵家の壮大なコレクションを紹介する美術展が六本木の国立新美術館で開催されています。この美術展はリヒテンシュタインの侯爵家の宮殿に入ったような雰囲気を観客に味わってもらおうという意図が感じられる企画でした。

More全体を読む
by desire_san | 2012-12-15 20:03 | 美術展 & アート | Trackback(3) | Comments(25)
ロバート・キャパ
Robert Capa
a0113718_2235436.jpg

戦場写真の神様的存在である報道写真家ロバート・キャパの写真のほぼ全貌を展示した「ゲルダ・タロー、ロバート・キャパ、二人の写真家」が横浜美術館で開催されていましたので久しぶりにロバート・キャパの写真を見てきました。

More全体を読む
by desire_san | 2012-12-10 00:31 | 美術展 & アート | Trackback | Comments(30)

ロッシーニ『セビリアの理髪師』

 Rossini  "barber of Sevilla"


a0113718_17522243.jpg



 「セビリアの理髪師」はロッシーニが作曲したいかにもイタリア的な明るく生き生きとした快活なオペラだと思います。今まで観た「セビリアの理髪師」では、時代設定は18世紀で、ヒロインのロジーナは高貴で気品のある令嬢という設定で、有名な「今の歌号は」など気品の中に自立心の強い気高さを感ずる私のもってとも好きなアリアでした。しかし、今回のヨーゼフ・E.ケップリンガーの演出はかなり大胆なもので、今まで全く違う「セビリアの理髪師」を鑑賞することができました。







 

More全体を読む
by desire_san | 2012-12-09 17:24 | オペラ | Trackback(1) | Comments(18)
ヘンデル『メサイア』
Handel "Messiah"
a0113718_6103213.jpg


年末のクラシック音楽といえば「第9」を聞く人が圧倒的に多く、コンサートも「第9」一色の感があります。しかし私は、年末に「第9」を聴きたいと思ったことは一度もありません。私にとって年末に聴きたい音楽といえば迷わず「メサイア」で、過去に通算5回「メサイア」を聴いています。意外に12月の「メサイア」のコンサートは少なく、唯一時間的に聴くことができたのがこのサントリーホールの演奏でした。



More全体を読む
by desire_san | 2012-12-07 22:54 | 音楽・オーディオ | Trackback | Comments(38)