人気ブログランキング |
ブログトップ

dezire_photo & art

desireart.exblog.jp

心に残った旅・芸術とアートとの出会い   

ウルビーノ

Urbino

a0113718_18134384.jpg




 ウルビーノは、イタリアのルネサンスの最も重要な中心の一つであり、貴重な建築遺産と街並みを保持している歴史的中心部はユネスコの世界遺産となっています。 ルネッサンス建築の宝庫といわれる街全体かが美術館のフィレンツェのミニチュアのような街ですが、主要な観光地から離れているため、今も当時の街並みと静けさを保っている街です。その魅力を求めて、この街を訪ねてみました。



More 全体を観る
# by desire_san | 2018-12-03 17:35 | イタリア | Trackback | Comments(0)

スカーナとオルチャ渓谷の旅

Attraction of Italy · Tuscany

a0113718_11231426.jpg



 トスカーナは、イタリア人や多くの外国人に大いに愛される、イタリア語の故郷であり、ルネサンスの発祥地で、偉大芸術家、画家、発明家、詩人を生み出し、美術、文化、歴史において重要な役割を果たしてきた地域です。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-12-01 14:15 | イタリア | Trackback | Comments(2)

サン=サーンス『サムソンとデリラ』

"Samson et Dalila" Grand opera by Camille Saint-Saëns

a0113718_21092071.jpg


 『サムソンとデリラ』は,旧約聖書「士師記」第13章から第16章のサムソンの物語に基づいて、カミーユ・サン=サーンスが作曲した3幕からなるオペラで、サン=サーンスのオペラの代表作です。 この絢爛たる音楽で綴った、誘惑する女と破滅する男のドラマティックなオペラの傑作が、E・ガランチャとR・アラーニャの伝説的共演で、メトロポリタンオペラで上演当されたので、METライブビューイングで鑑賞してきました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2018-11-28 15:40 | オペラ | Trackback | Comments(4)

バレエ『不思議の国のアリス』

Alice's Adventures in Wonderland — Royal Opera House


a0113718_22173407.jpg


 2011年に英国ロイヤル・バレエで世界初演オーストラリア・バレエとの共同制作された『不思議の国のアリス』を、新国立劇場バレエ団により、日本のバレエ団として初めて上演されました。 世界中で愛され続けているルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を題材とした、エンターテインメント性と芸術性を兼ね備えた華やかでパワフルな舞台として各国で話題作になっているということで、国立劇場バレエ団の舞台を鑑賞してきました。



More 全体を読む
# by desire_san | 2018-11-25 22:37 | バレエ・演劇 | Trackback | Comments(3)

フィレンツェ 

Florence

a0113718_10244288.jpg



イタリア・トスカーナ州にある欧州文化首都フィレンツェフィレンツェは街全体が美術館のような、芸術と文化が息づく美しい街でした。初めてフィレンツェの街を歩いて魅せられて、ふたたびフィレンツェを訪れました。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-11-23 20:26 | イタリア | Trackback | Comments(8)
ルーベンス   来日した名画を回顧して
Peter Paul Rubens

a0113718_18563017.jpg



 東京の国立西洋美術館で、17世紀ヨーロッパ・バロック美術を代表する画家、ルーベンスと同時代の美術を紹介する、近年最大規模のルーベンス展といえる「ルーベンス展―バロックの誕生」が2019120日(日)まで開催されています。しかし、ルーベンスの絵画は、同じ上野で開催されているフェルメールやレンブラントと比べて、日本人の趣味には合わず、どこが良いのかわからないという感想がおおいようです。そこで、ルーベンスの絵画の魅力についてまとめてみました。



More全体を読む
# by desire_san | 2018-11-14 19:34 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(6) | Comments(58)

シエーナ

Siena

a0113718_01035034.jpg



 中世ルネッサンス期に栄えたイタリアの都市国家。その中心はトスカーナ地方に点在しています。フィレンツェから列車で1時間30分のシエーナは、三つの丘の上にあり、三つの丘が合わさった中心に世界で最も美しい広場と言われる古代劇場に似た半円形のカンポ広場があります。舞台にあたるところにパラッツォ・ブッブリコと呼ばれる中世以来のゴシック建築・市庁舎があり、高貴な姿をした鐘楼の塔が立っています。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-11-01 18:07 | イタリア | Trackback | Comments(8)

モーツァルト『魔笛』

Mozart "Die Zauberflöte (The Magic Flute)"

a0113718_11272471.jpg

新国立劇場オペラの大野和士新芸術監督第1シーズンは、新制作のモーツァルト『魔笛』の開幕いたします。『魔笛』は、モーツァルトが亡くなった1791年までは、ウィーン一般市民が子供から大人まで楽しめるジングシュピール(歌芝居)として作曲された名作で、モーツァルトの宝石のような美しい音楽と幻想的で夢のある脚本により世界中で愛されるオペラです。今回の舞台は、魔笛は2005年モネ劇場で初演以来、世界50数劇場で上演して高い評価を得ている、南アフリカ出身の現代美術家でもあるケンブリッジ演出の舞台でした。



More 全体を見る
# by desire_san | 2018-10-19 12:25 | オペラ | Trackback | Comments(12)

藤田嗣治

TsuguharuFoujita


a0113718_17304079.jpg


 画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)は明治半ばの日本で生まれ、20世紀初めはエコール・ド・パリを代表される人気画家となり、晩年にはフランス国籍を取得して80年を超える人生の約半分をフランスで暮らしました。藤田嗣治没後50年目にあたり、日本、フランスなどの美術館の協力を経て、画家・レオナール・フジタの全貌を展示する大回顧展が東京都美術館で開催されました。 藤田嗣治の生涯の作品を網羅した今回の展示の機会に、藤田嗣治の作品を真っすぐ見つめれば、作品が放つ七色の多彩な光のいずれかが心に届いていると感じました。

More 全体を読む
# by desire_san | 2018-10-12 16:15 | 美術展 & アート | Trackback(1) | Comments(14)
フェルメール
Johannes Vermeer


a0113718_14573103.jpg

フェルメール「真珠の首飾りの少女」



 今年10月まで上野の森美術館で日本美術展史上最多、8点のフェルメール作品が集うフェルメール展が始まりました。。フェルメールは作品数が非常に少ないにも関わらず、日本でのフェルメールの人気が高く、最近は常にフェルメールの作品が1点でもあれば、その美術展の看板になっています。フェルメールの作品の魅力はどこにあるのかを、過去に日本に来たフェルメールの作品と美術展のカタログなど文献も参照しながら検討してみました。



More全体を読む
# by desire_san | 2018-10-12 16:14 | 北方ルネサンスとフランドル美術の旅 | Trackback(10) | Comments(81)